アイアンマンのキャスト,あらすじ,登場人物,相関図,ネタバレ,韓国ドラマ,ost?

アイアンマンのキャスト,あらすじ,登場人物,相関図,ネタバレ,韓国ドラマ,ost?

韓国ドラマアイアンマン キャストは、シン・セギョン、イ・ドンウクが主要な登場人物を演じる。
キャストの内容がネタバレになる可能性もあるので読みたくない方はパスして!
最近の韓ドラは男性二人、女性二人という四角関係のラブストーリーを描くのが多いが、アイアンマンは男女主人公だけをタイトルロールに立てている。
これは、ラブラインよりは、男子主人公イ・ドンウクが女子主人公シン・セギョンを介して、治癒されると言うドラマのコンセプトを意味するのか?
相関図の主な軸になるラブラインよりは、傷の治癒を前面に出した「大丈夫、愛だ」でも男女主人公と周辺人物が力を合わせて心の病を癒し、人間関係を通じてその答えを見つける内容で愛されている。



アイアンマン ostは癒しの声を誇る歌手が歌って欲しいのが一つの望み。
最近、韓国において、社会問題とも言われている人性教育を公教育を通じて法律で決める発意をしている状況だ。
軍隊ではいじめて人を殺したり、法律の甘さや天下り人事で船が沈み多くの学生たちが死んだりと社会問題が一気に起きているような状況だ。
以前は、家庭教育と言って礼儀や配慮などを学べる場が学校ではなく家庭だったのが、核家族になりシングル暮らしが増え、共働きが当たり前な社会へと変わっている。
だからこそ、人々は癒し、ヒーリングと言い添えて休む場を求めている。
あなたは寂しくないですか?
癒しが必要だと思いますか?
と問いかけるのではなく、誰か一人、私の心を、痛みを分かち合ってくれる一人がいればあなたは大丈夫だと言ってくれるようなドラマアイアンマンへの期待が高い理由かも。



アイアンマンのキャスト&登場人物

チュホンビン(36歳) cast イ・ドンウク

「すらりとした身長にハンサムな外貌、そしてゲーム会社CEO!」
外貌、名誉、富をすべて握ったより完璧な条件を持つ男チュホンビン。
しかし、このすべてのことをバラバラにしてくれるホンビンだけのその何か・・・
一つの文章にサンシオッが百ほど入る悪口と共に、二段蹴りを飛ばして肋骨を骨折させるなど、相手に厳しい侮蔑感を与え、数え切れないほどの多様な火を発散させる。

もちろん補償はたっぷりしてくれる。
侮蔑感以上のお金で、申し訳ない気持ちはちっともなく。
完璧なホンビンに一つあり過ぎてあふれるものが、よりによってサ・ガ・ジ(サカジ(싸가지)とは、礼儀しらずで見込みのない人をさす)

アイアンマン キャスト イ・ドンウク

「心が中ではなく外にあれば、触れられる心があれば」
雨上がりの朝、気がつけばホンビンの周辺には、鋭いナイフで精巧に切ったようにカットされたものがあちこちにあった。
目で見ても信じられない状況がホンビンに現れたのは、心が表出されてからだ。
洗い流せない過去の傷と怒りが心の中で、巻き沈んでいたものが鋭いナイフとなって、体に生えた。
彼を変化させた痛みは何であり、どこから始まったのだろうか。

「彼を揺らしたおなじみの香り、この香りはどこから来たのか」
怒りを抑制できなかったある日、雨が降ってホンビンの体では、ナイフが生えてきた。
その後、数日間は五感​​がその中でも、嗅覚が非常に敏感になっていたりした。
従業員にグを飛ばして補償するために訪れた病院で、鋭敏な嗅覚により神経が逆立っていたホンビンを揺らせたおなじみの香り。
そんなにも恋しがっていた、香りに沿って足を移すホンビン。
瞳がぬれて来る。
少しずつ近づいてくる香りの震源地。
しかし、彼女は彼が知っている人ではない。
「あのソンセドンと言う女は誰だ?」

チュホンビンの周辺人物

チャン(7歳) cast チョンユグン

「僕のパパはどこへ行った?僕のパパがバットマンだったらいいな。」
テヒが一人で育ててきた息子のチャン。
ママと二人だけでも幸せだが、時にはパパは誰なのか、どこにいるか気になる。
特に、ヒーロー映画を見ると、パパがその主人公ではないか、だから、パパがしっかり隠れているのではないかと思う。

お母さんが突然去って、チャンはパパを見つけるために韓国へ来た。
ところが、恐ろしいおじさんがお母さんはどこにいるかと責める。
メラク星にいるとやっと涙を止めて言ったが、このおじさんの目に涙が溜まるのが見える。
絶対、そうしないようなおじさんが・・・

アイアンマン キャスト チョン・ユグン

アイアンマン キャスト チョン・ユグン

“Rain rain go away, come again another day.”
チャンに唯一の家族であったお母さんが去って、一人残された世界に大きな恐怖を抱いているチャンにお母さんと同じくらい良い人ができた。
そのヌナ(姉)だけが僕と目を合わせくれて、笑ってくれて、心の不安をなくしてくれる。
だから、ずっとそのお姉さんと一緒にいたい。

ユンヨサ(夫人)(50代) cast イ・ミスク

「ひょっとして、特に身近く「お置きに」「なさいたく」「ならない」食べ物が「いらっしゃれば」容赦なくおしゃってくださいませ・・・」

ホンビン住んでいる邸宅の執事であるユン夫人は結婚前からこの家を管理してきた。
最初の所有者が滅びて、第二の所有者が入ってきたときは、子供のお母さんになった。
2番目、3番目の所有者が滅びて・・・
七回か八回の所有者、ホンビンが入ってきた時はお婆さんと言う呼び名を聞いていた。

このような所有者やあんな所有者の経験を積んでいただけ、主人の機嫌合わせるには問題なく、、かなり卑しい事も何でもなかったように見過ごせる。
しかし、今の所有者は、年齢も若々しいのに礼儀や配慮は何でこんなに備えてないのか・・・
今や、言葉使いで言葉尻を捉える。
一つの文章に同じ人を三回高め、食品まで、敬称を使ったとか・・・
なんて思うほどこの人は手に負えない・・・

アイアンマン イ・ミスク

「私たちの主人・・・正体が一体何なの?」
七・・・八回目の主人が入ってきて家にある物が切り取られている奇妙なことが起き始めた。
そして、主人の嗅覚は驚くほど優れており、良好なのが良いだろうとは見られないナイフのような性格で、この家は一日も静かに過ごせない日々が続く。
ところが、このような手に負えないような主人に息子がいるって。
その子がただ可愛そうだけだ。

コ秘書(28歳) cast ハンジョンス

「大変、申し訳ありませんでした。思わず避けてしまいました・・・」

大抵の業務は、ホンビンを遂行して神経質を受けること、打たれることで、非常に忠実なホンビンの遂行秘書だ。
UDT出身の合気道、柔術、武道、テコンドー有段者。
合わせれば百段程度の真の能力者。
実際の力で言えば、チュホンビン程度は百人かかってても怖くない。
ただ、彼が世話する方だからなのか、人に知れれてない借金があるのか、真心込めた忠誠に、限りなく譲って八つ当たりを受けてくれる。

しかし、時には体が本能的に先に動いてホンビンの怒りをさらに高めたりする。
また、ホンビンを最もよく知っている一人である。
ホンビンが知らないことさえも。

アイアンマン ハン・ジョンス

「六・・・何原則って?」

5W1H(六何原則)とは、歴史の記事、ニュースなどの文章を書く際に守らなければならない基本的な原則。
「誰が、いつ、どこで、何を、どのように、なぜ」の六つを指す。
(記事を作成する時などでの)六つの基本要素(すなわち、 「誰が・いつ・どこで・何を・なぜ・どのように」を指す語); 5W1H(ごダブリューいちエッチ).

頼もしい。
完全な忠臣である。
さらに、善良だ。
そして、脳はさらに善良だ。
彼の知識は、正確に身体能力と反比例する。
さらに、5W1H(六何原則)が何なのかさえ分からない非常に純粋な頭脳を持っていると見られる。
多分、そのような理由から、ホンビンのそばにいられるかも知れない。

チュホンジュ(17歳) cast イジュスン

誰かは生まれてみると父がヒュー・ジャックマンであり、ベッカムだ。
これは何、生まれてみると父は恐ろしいチュジャンウォンであり、兄はより恐ろしいチュホンビンである。
さらに、異母兄弟だからって冷たく接する。
唯一の癒しの場であるはずの母親は、虚栄心の塊。

アイアンマン イ・ジュスン

家族の枠の中に心を許す場がない可憐な青少年ホンジュは、ホンビンが兄の会社で作られたゲーム世界に情も与え、心も与え、一日24時間を捧げて住んでいる。
そんなある日、血気盛んな17歳を刺激するヌナ(姉)が現れ、その姉が至極丁寧に世話をする甥に嫉妬し始めるが・・・

ヨンミジョン(47歳) cast ?

ジャンウォンの二番目の妻、ホンジュのお母さん。
そして、ホンビンの継母。
テンプロ出身であり、梨花(イファ)女子大学「出てくるところだった」女

同じ染色体を持つ種族を見た場合、子供・大人を問わず、無条件反射的に外貌と学歴を比べて見て、自分一人で「級」を分けて接する厄介な趣味がある虚栄心いっぱいの彼女。
お金、名誉、権力が三位一体をなすジャンウォンが彼女のレーダーに引っかかってホンジュを産んだ。
そして、17年後、明らかに全てを手に入れているのに、何が不足しているのか・・・
最近はジャンウォンの後頭部を見ても息が詰まって息苦しい。

ソンセドン(29歳) cast シンセギョン

「そんなに怖い顔で見ないでください。楽に見てください。」

相手を理解し、配慮して、ねじって見るより正しく暖かい心で眺める人がセドンだ。
学校の先輩・後輩と一緒に苦労して開発した大切なゲームモンストゥールオが巨大ゲーム会社に渡させた後、これを取り戻すのために孤軍奮闘しながらも、ゲームを売り飛ばした先輩を惜しんだ。
また、悪魔を連想させる巨大ゲーム企業のCEOがゲームを返さないと恐ろしく怒っても、とんでもない提案をしてきたときにも、むしろ、奇妙な変態と思われてもセドンは腹を立てない。
むしろ、彼が痛ましい。
世の中を明るい瞳で、清い心で眺めるセドンは周辺までも彼女のエネルギーで、香りで満タンにしていく。

アイアンマン キャスト シン・セギョン

「君は本当に私の天使だ」

子供の頃からニックネームが「お母さん」だったセドンは人々を世話して回るのに一日が短かった。
友人も、貧しい後輩たちも、そして、道に迷った子供チャンも。
チャンは、生まれたばかりの鳥のように道に迷った自分を世話してくれたセドンがら離れようとしない。
守りたい温かい心のセドンの前に、このように完全に保護のみを必要とする子供は、セドンには大変厳しい瞬間に訪れた贈り物であり、天使であった​​。
しかし、この子のお父さんが、セドンがゲームを返してもらうべきチュホンビンだ。

ソンセドンの周辺人物

スンファン(29歳) cast シンスンファン

「おい、セドン・・・ソンセド~ン~!!!」

ニックネームは「少女」、大きな体に似合わない少女感性を持っている。
時には、そのニックネームを意識して、マチョのように振舞うときもあるが、それが彼の本性ではないことを間もなくみんなにばれてしまう。
セドンとは、中学校、高校、大学の同級生。
そして、セドンの元カレ!

アイアンマン シン・スンファン

長く畳み込みてきた心をセドンが受け入れてくれた時、彼は世界がピンク色に染まるようだったし、空を飛ぶように幸せだった。
しかし、現在は、元カレだが、スンファンの心の一角には永遠の恋人と残っている。
もちろん、セドンにはJust 男の人の友人であるだけで!

後輩5人組み

アイアンマン キャスト

ソンセドンの後輩5人組み
シン・セギョン(ソン・セドン)の同じゲーム会社ジェイソフトに通う貧しいゲーム開発者であり、常に事件事故を持って歩く世間知らずのキャラクター

キョンホ cast ソンウン
ジェギル cast キムジェヨン
スジェ cast カンダビン
ジョンジュン cast キムジンテ
ユンソク cast イスンホ

チュジャンウォン(60代) cast キム・ガプス

「何が難しくてそんな下手な真似をするんだ!」」

独善と独断が並大抵ではない、ホンビンの父親チュジャンウォン。
スマートな頭脳で彼ならではの方法で生を開拓した後、彼ならではの方法でなければ、全てが「お粗末」に見える。
ホンビンが子供の頃、一人しかいない息子だから力ある者に育てたいと思った。
ホンビンだけは一流と同様にいやそれよりもっと偉い人であって欲しかった。
だから、もっとも大切で貴重な息子を押し付けて、無視して、下級扱いしながら彼ならではの方法で愛した。
しかし、息子は成長するほど暴悪なって行く一方だ。
今は目も合わせようとしない息子ホンビンをどのようにすべきか・・・

アイアンマン キム・ガプス

「玄関のドアーたなぜこの形なんだ?男のくせに趣向とは!」

何がどこから間違ったのかわからない。
息子ホンビンは彼を赤の他人のように、いや、他人よりも悪い不倶戴天の敵のように接する。
今、息子の家のドアの前に立っている。
息子に近寄ろうとするが、固く閉ざされた扉。
彼はドアを開けてもらわない。
余計な扉に腹を立て、息子の趣向を「下級」で片付けることで励まして、調子に乗ったふりをして背を向ける父。
それがチュジャンウォンだ。

キムテヒ(38歳) cast ハンウンジョン

「君を今も愛しているが、去るしかない。」

キム・テヒ。
彼女はホンビンの初恋である。
すっきりとした性格で何でも原因と結果が明確で、答えが明白なことを好きな彼女が答えが出ない恋に落ちた。
テヒはジャンウォンの非難と侮辱を静かに受け入れ出しながら、ホンビンとの愛を守ることを疑ったことがなかった。
耐えるのがまさに愛だと自分自身を責めるほど疲れ果ててホンビンから去った。
「私はあなたを今も、とても愛するけど去るしかない。私が息を吸うために。そうしないと、私のお腹の中の私たちの子供を守れないから・・・」

アイアンマン ハン・ウンジョン

アイアンマン

アイアンマン キャスト

「チャン、お母さんはもうメラクの星へ行って休んでいるから」

テヒに小さな心配が一つあれば、お父さんをもっとも求めるチャンにいつ本当のお父さんの話をすべきかを工夫することくらいで、素朴で幸せな日常を生きていた。
しかし、不幸は彼女を避けて通らない。
目に入れても痛くない愛するチャンのそばをどのように発つべきか・・・
結局、チャンをホンビンの元へ行かすことを決心するが。

アイアンマンのキャスト,あらすじ,登場人物,相関図,ネタバレ,韓国ドラマ,ostの紹介でした。
イドンウクのファンたちには嬉しい知らせですね。
女の香り、ホテルキングを見ながら時間があったら、マイガールもおすすめ!
アイアンマンが始まるまで待ち遠しの方におすすめのイドンウクドラマを楽しみながら・・・

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ