イジュンギの朝鮮ガンマンのキャスト,ナムサンミなど5人5色のキャラクター公開!

イジュンギの朝鮮ガンマンのキャスト,ナムサンミなど5人5色のキャラクター公開!

イジュンギの朝鮮ガンマンはどのようなドラマなのか?
朝鮮ガンマンのキャストはイジュンギ、ナムサンミを中心にラブラインと復讐、そして、ヒーローなるまで男子主人公と絡み合う人々が相関図を成す。
あらすじは朝鮮から開化期へと時代の変化と家族のために剣を捨てて銃を取るしかなかった男が英雄ガンマンになっていく過程と彼の愛を描く。
イジュンギとナムサンミの再会が話題になっているのは、犬とオオカミの時間で二人の切ない愛が今にも記憶に残っているからだろう。
犬とオオカミの時間で一緒に出演していたチョンギョンホは無限の愛を通じてお茶の間へカムバックする事が決まって撮影中である。
イジュンギさんがアラン使道伝(2012年、MBC)を撮影した時期も真夏だったような記憶がある。
アラン使道伝ですばらしいアクションを披露した彼が、今回のドラマを通じてどのようなアクションを見せてくれるのかも期待をUPさせる。
活発にSNSなどを通じて、近況を知らせたりファンたちに常に感謝の気持ちと応援を伝えているイジュンギさん!
今回もイジュンギTwitter(ツイッター) には彼のキャラクターの紹介が記載されてネチズンたちに嬉しい知らせを与えた。





スマートフォンの普及に乗ってもっと活発になって行くSNS!
現代人には必要不可欠なものであるだろう。
スマートフォンがあればm海外のドラマを楽しめたり、無料で韓国のドラマやアメリカ、イギリスなど世界各国のドラマを楽しめる時代だ。
俳優のなかでも、Twitter、facebook、lineなどをうまく使う方が多い。
誰かとつながっていたいと言う現代人の気持ちかもしれない。
一人は寂しい!
悲しい時に誰かに癒されたり!
と思うときもあるだろう。
こんな時、韓国のドラマを見ると追憶への旅が実現されるような気がするときも・・・
dvdレンタルサービス、無料で見られる韓国ドラマを毎日探している私がいる。





朝鮮ガンマン5人のキャラクター電撃公開

「朝鮮のガンマン」が5人のキャラクターを公開して話題だ。 
イジュンギ、ナムサンミ、チョンヘビン、ハンジュワン、ユオソンの劇中のイメージと一行に圧縮されたエキスコピーでキャラクターが一目で入って来る。 
2014年6月25日初放送される放送界最高の期待作KBS 2TV新しい水木特別企画ドラマ「朝鮮のガンマン」(脚本:イジョンウ、ハンヒジョン/演出:キムジョンミン、チャヨンフン/制作:朝鮮ガンマン文化産業専門会社、KBSメディア)。 

朝鮮ガンマンポスター
ドラマを簡単に理解できるようにパクユンガン(イジュンギ)、チョンスイン(ナムサンミ)、チェヒェウォン(チョンヘビン)、キムホギョン(ハンジュワン)、チェウォンシン(ユオソン)5人衆のキャラクターを一目で見ることができる「朝鮮ガンマンのイメージ」を大放出した。 
また、6月12日は、5人のキャラクターが登場する2次ティーザー映像が6月12日夜「ゴールデンクロス」放送後に公開される予定で、視聴者の期待を高めている。 
「朝鮮ガンマン」を導いていく5人衆のキャラクターを紹介する。

朝鮮ガンマンのキャスト

パクユンガン(イジュンギ) 胸に剣を抱いたガンマン。

「守る君を。必ず・・・」

イジュンギ 朝鮮ガンマン

朝鮮第一剣客パクジンハン(チェジェソン)の息子。 
かつて父ほど優れた剣客となりたかった彼だったが、開化期という激変の時期、胸に剣を埋め込んだまま銃を持ち上げるしかなかった。
彼には守るべき家族や愛する女性がいるからだ。 
いつからか心深く愛するようになった女、チョンスイン。 
その心は一緒にする時も、そうでない時も、いつも彼女に向かっている。 
これまで明らかにできなかった心、今、彼女に向けた歩みを踏み出す始める。

チョンスイン(ナムサンミ) 新世界を胸に秘めた女。

「約束して、必ず生き残ると。」

ナムサンミ 朝鮮ガンマン

世の中に対する好奇心がいっぱいだったチョンスインが初恋の感情を感じるようになったのはパクユンガンと言う男のせいだった。
甘い愛を育てる時間もなく、目の前で消えてしまったパクユンガンをしのんで恋しがり、試練の時間を継続するスイン。
パクユンガンに対する恋しさと、どこで必ず生きているという切実さで激変の朝鮮を生き出す。

チェヒェウォン(チョンヘビン) 欲望の花火

「天下と変えても君を得たかった。」

チョンヘビン 朝鮮ガンマン

唯一の家族である父チェウォンシン(ユオソン)のそばを守っている彼女の内面は、より多くの財力を集めて世界を支配するという欲望に満ちている。 
誰も触れることはできない威厳を所有している鉄の女だが、彼女もパクユンガンに出会って愛の炎に包まれる。 
天下を持つという彼女の願望が一人の男を得るという夢に変わり、過酷な運命に置かれる。

キムホギョン(ハンジュワン) 孤独な革命家

「私に革命は、まさに君だった。」

ハンジュワン 朝鮮ガンマン

父さえ無視する腹違い子。
その束縛から抜け出そうと新たな世界を夢見、朝鮮の革命の中に彼がいた。 
そして、革命の道を一緒に歩んだ女性スインを愛するようになる。
しかし、彼女の胸の中にユンガンという男が支えていることを知ることになる。 
自分の母のように、自身を見つめない人を見つめながら、孤独と寂しさを抱いて革命の道を歩く。

チェウォンシン(ユオソン) 野望の狙撃手

「ただ一人も生かして帰らせない。」

ユオソン 朝鮮ガンマン

すぐにでも誰か死んでいくかのような殺気に満ちた目つきを放っている野望の狙撃手。 
銃を手に握ったときに彼の本性が現れる。 
無表情な顔で不気味な残酷感がにじみ出るチェウォンシンは劇中で起こるすべての陰謀の中心にいる。 
「ただ一人も生かして帰らせない」と開化思想家を一人ずつ処断していくこと。 
彼がパクユンガンと敵対する日も遠くない。

「朝鮮のガンマン」5人のキャラクター公開知らせを接したネチズンたちは、期待感の声を出している。
一方、「朝鮮のガンマン」は、朝鮮の最後の剣客がガンマンに生まれ変わり、民衆の英雄ガンマンになっていく過程を描いた感性アクションロマンスで、毎週水木夜10時放送される予定だ。

イジュンギの朝鮮ガンマンのキャスト,ナムサンミなど5人5色のキャラクターについて詳細な内容をみると益々期待感UP!

The nameyear or citationsequence system, just www.pro-academic-writers.com/ ask your teacher.

関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ