キャリアを引く女のキャスト,相関図,チェ・ジウ,チュ・ジンモ,あらすじ,登場人物,ost,全16話

 

キャリアを引く女のキャスト,相関図,チェ・ジウ,チュ・ジンモ,あらすじ,登場人物,ost,全16話

キャリアを引く女のキャストは、チェ・ジウ、チュ・ジンモ、イ・ジュン、チョン・ヘビンが主演を演じる。
その他の人物を演じてドラマをより豊かに飾ってくれる俳優たちは、チャン・ヒョンソン、チンギョン、パク・ビョンウン、ペ・ヌリ、キム・ビョンチュンなどである。
キャリアを引く女の相関図は、大きく二つの法律事務所、チャ・クムジュ(チェ・ジウ)の周辺人物、ハム・ボクゴ(チュ・ジンモ)K-factというメディアが中心である。
男女主人公二人をつなげる事件とロマンスが大きな軸になるが、大筋はミステリー事件になる。
あらすじは、良く仕事のできる事務長だったが、弁護士法違反で実刑判決を受ける。
そして、深刻な経歴断絶を経験した女の主人公が試練の果てに夢を取り戻して立派な弁護士としてサクセスストーリーと紹介されている。
ostを歌う歌手は決まっていはいないが、チェ・ジウ主演のドラマであるため、K-POP歌手からチュ・ジンモまでそのリストに入れたい。
チェ・ジウ,チュ・ジンモ主演ドラマ、キャリアを引く女は全16話の構成で放送を予定しており、第1話は9月26日に放送される。




キャリアを引く女概要

タイトル:キャリアを引く女(韓国語:캐리어를 끄는 여자)全16話
編成:MBC 月・火 午後10:00~
방송예정일 2016.09.19~
放送予定日:2016年09月26日~
制作:カン・デソン、イ・ジェジン(演出)、クォン・ウンミ(脚本)
あらすじ:よく売れていた事務長だったが、弁護士法違反で実刑判決を受け、
深刻な経歴断絶を経験した女の主人公が試練の果てに夢を取り戻して立派な弁護士としてサクセスストーリー。
キャスト:チェ・ジウ、チュ・ジンモ、イ・ジュン、チョン・ヘビン、チャン・ヒョンソン、チンギョン、パク・ビョンウン、ペ・ヌリ、キム・ビョンチュンなど

ドラマを作る人たち
企画:イ・ジュファン(韓国語:이주환)「モンスター」「華やかな誘惑」「夜警日誌」「朱蒙(チュモン)」など多数企画
制作:チェ・ジンヒ(韓国語:최진희)
脚本:クォン・ウンミ(韓国語:권음미)「カプトンイ(tvN 2014)」「ロイヤルファミリー(MBC 2011)」「総合病院2(MBC 2008~2009)」など執筆
演出:カン・デソン(韓国語:강대선)「甘く殺伐としたファミリー」「黄金の虹」「アイドゥ・アイドゥ 〜素敵な靴は恋のはじまり」など演出
イ・ジェジン(韓国語:이재진)「いとしのクムサウォル」「願いを言ってみて」「黄金の虹」など演出




キャリアを引く女のキャスト,登場人物,相関図

キャリアを引く女 登場人物&キャストの詳細

チャ・クムジュ(차금주) cast チェ・ジウ(최지우)

法律事務所の事務長
瑞草洞(ソチョドン)トップ5に入る女性事務長、金の木 チャ・クムジュ!
恐怖もなく壁なくライバルもいない。
刑事顔負けの調査の実力に裁判所の周辺をぱっと穴に通すネットワーク。
夜中の1時でも2時でも、電話を受けると無条件に飛び出していく。

大きな旅行用キャリア「ジュジュ」に裁判書類を破れほどいっぱい入れ集めて、引いて回ってもびくともしない体力まで。
弁護士免許資格を除いてすべてを備えた解決士。
法学部卒業後、弁護士になるために司法試験を受けたが5回落ちた。
世に怖いものなしの彼女だが…

試験恐怖症がある。
5回目の試験でプレッシャーを負け試験場を飛び出したその以降に、司法試験への未練はあきらめた。
代わりに、就職して稼いだ金で妹ヘジュをロースクールで勉強させて弁護士作り上げたので、後悔はない。

キャリアを引く女 キャスト チェ・ジウ

キャリアを引く女 キャスト チェ・ジウ

キャリアを引く女 キャスト チェ・ジウ

キャリアを引く女 キャスト チェ・ジウ

ハムボクゴ(함복거) cast チュ・ジンモ(주진모)

K-fact 代表
パパラッチメディア、「K-fact」の代表。

嘱望されていた検事出身で、彼が突然マスコミ会社を立ち上げると言った時、誰もが舌打ちをした。
しかし、現在、韓国において、誰よりもホットなイシューの中心に立っている男だ。
チラシによると、バッググラウンド(裏背景)が財閥とも言われて、国家情報院(国情院)とも呼ばれている。

彼が手に入れた情報の本当の源泉を知っている人は誰もいない。
時には人々がどのようにその多くの情報を得るか聞いても、営業秘密のため教えられないと言い、笑い越すだけだ。
酒色に優れていると知られているが、実際に彼はbookホリックである。

テンプロ酒の席で、それとなく消えた彼をめぐって、
皆が女と一緒にいると言うが、いざ彼は,片方の部屋で読み残した本を読むことに没頭する高貴な面貌がある。

*テンプロとは、韓国の飲み屋(クラブ)の類型の一つである。
店、マダムあるいは部長などがホステスの奉仕料のうち10%だけを取るということから由来したという説と
韓國のクラブに従事する女性のうち上位10%を意味するものから由来したという説がある。

キャリアを引く女 キャスト チュ・ジンモ

キャリアを引く女 キャスト チュ・ジンモ

パク・ヘジュ(박혜주)cast チョン・ヘビン(전혜빈)

オソン法律事務所パートナー弁護士。
非常に幼い頃から「きついキジベ(女子)」という、話しを聞きながら育った。
心性が悪いわけではない。
父親が全財産を飛ばして逃げた家で、憎い憎いという継母に優しく接してママ-ママと愛嬌を振りまくて生き残ったためだ。

実際には、耐えられそうだったから我慢したのではない。
生きるためだった。
一滴の血も混ざったないクムジュからもらったお金で法学部、国家試験準備の末に堂々と司法試験に合格し、弁護士になった。
自分の姉の骨を折ったお金で立派になったと後ろ指を指す人々、意に介さない。
一人の力でも経済力がついたので、今からでも返せばよいと思っている。
しかし、それは全然…容易ではない。

キャリアを引く女 キャスト チョン・ヘビン

キャリアを引く女 キャスト チョン・ヘビン

キャリアを引く女 キャスト チョン・ヘビン

マ・ソグ(마석우)cast イ・ジュン(이준)

弁護士
顔さえ完璧なノェセクナム(脳がセクシーな男:スマートな男)。
言葉ではどこに行っても負けたことなく、性格に問題があると言う言葉を聞いたことがない。
超特急完全スペックを持っているが…

現実には、従業員一人もいない弁護士事務所を運営している一人の弁護士、
オフィス家賃も期限内に払えず、苦しむ生活型の弁護士だ。
裁判に行くときを除いて、いつもジーンズにマンツーマン姿である。

だから、彼を初めて見た人は、事務員と誤解することもある。
法の前に弱い人々を通り越せず、法の前に自由なパワーある人を見越せない。
法で戦って解決できない時は、直接訪ねて行って、水でもぶっかけないと気が済まない、正義感と覇気に満ちた…
ちょうど、この時代が望む弁護士の姿である。

キャリアを引く女 キャスト イ・ジュン

キャリアを引く女 相関図

キャリアを引く女 相関図

ゴールデンツリー

ク・ジヒョン(구지현)cast チンギョン(진경)

ゴールデンツリー代表。
弁護士
瑞草洞(ソチョドン)で勝訴率高く、デシベル高いことで有名な離婚訴訟専門の弁護士。
瑞草洞有名韓定食家の娘と生まれ何も不自由なく暮らしてきた。
天性が傍若無人であり、友人が一人もいない。

幼い頃、いじめにあって見たから、親しいふりをする人をよく信じない。
それでも、ひょっと結んだ一度友人は百年の友人だ。
性別、年齢、地位選ばず言うこと、言わんべきこと選ばない。
悪く言えば、トラブルメーカー、良く言えば、表と裏が変わらない後腐れがない。

ファン事務長(황사무장)cast キム・ビョンチュン(김병춘)

事務長
クムジュの先輩であり先生である。
そして、補助者で年輪のあるベテラン事務長。
ゆったりして胸が広い近所のおじさんのような印象だが、彼の感は間違ったことがない。
本人の胸一方を指し「ここにいる奴」と呼ばしてくる言葉は緊張して聞かなければならない。
その言葉が間違ったことは、ほぼないから。

オ・アンナ(오안나)cast ペ・ヌリ(배누리)

調査員
能力も義理も上位1%のゴールデンツリーIT専門調査員。
たまには、性別が疑われるほど気さくで、何事にもクールである。
工科大学出身のハッカーとして活躍していた中、クムジュにピックアップされてイェイル法律事務所で一緒に働いていた。

情報を検索する速度がすごく速い。
一度、集中し始めると、手が見えないほど。
代わりに口にはいつも何かをくわえている。
ハンバーガー、チキン、餅…ない時はガムでも噛む。
幸いなことに太るのは彼女の遺伝子にないようスキニーなスタイルを維持している。

K-fact

コ・グテ(고구태)cast チェ・デソン(최대성)

K-fact 編集長
社長であるボクゴを代理して、従業員を管理して、実質的な業務をする編集長。

ペク・ジンソ(백진서)cast チ・イス(지이수)

K-fact 記者
夜更かし、潜伏、尾行まで単独報道のためならできないことがない熱心な記者。

チェ・フンソク(최훈석)cast チェ・テファン(최태환)

K-fact ハム・ボクゴ秘書
親しいルックスのボクゴ秘書、アンナと常に絡み合う恋愛バカ。

その他の人物

イ・ドンス(이동수)cast チャン・ヒョンソン(장현성)

オソン法律事務所代表。
有名な部長検事出身でオソングループのアウトソーシングの法律事務所の代表に抜擢された人物。
どのような手を使ってもオソン法律事務所の高価な費用が絶対惜しくないようにしてくれることで定評がある。

検事時代には権力型不正と特検事件を引き受け、結構、正義らしい声を出した。
しかし、分かってみれば、彼の正義というのは、常に権力の行方のようなものであった。
結局、彼がオソングループにゴールインしたのを見て、人々は彼がオソンの大きな秘密を目つぶってくれていたはずと推測するだけだ。

カンプロ(강프로)cast パク・ビョンウン(박병은)

解決師
未婚で自由に暮らしている。
男性たちは兄のように生きなければならないと羨望するほどの財力と体力を兼ね備えた花中年。
フランス傭兵出身らしく整った体格と鋭い眼光に、外国語の実力まで備えている。

普段は温かいおじさんだが、本業である解決師の役割をする時は、なんとも言えない話し方と目つきが出てくる。
脅威をする時も、哲学的なセリフを楽しんで投げる。
「人間の近代化は終わった。これがお前に何を意味するのだろうか?その答えを知ると君は死にたくなるだろう…」

ソ・ジア(서지아)cast キム・ミンジ(김민지)

テンプロ、ブローカー。
いわゆるテンプロチョムオ(0.5)中間マダムであり、ブローカー。
成形感やアルコール気配ない、女子大生のように見える澄んだ知的な顔の美人。
ボクゴと関連するミステリーな人物。

*チョムオ(0.5)とは、テンプロより一ランク下の飲み屋を言って、
名称の由来は店、マダムあるいは部長などが接待員の奉仕料のうち15%を手にしたことから由来された。

イ・サンヨプ(이상엽)cast キム・ヨンピル(김영필)

事業家
クムジュの元夫
どこで気後れしたり、負けて見たことないけど、特に、優れた妻、クムジュのそばでは小さくなった。
結婚後、触る事業ごとに何度もつぶれている。
そうするうちに、自分自身を見上げる女性、ミソンに出会った。
その後、チャ・クムジュという女性は、彼にとってお金を稼いでくるATM機であるだけだ。
刑務所まで行って来た前ワイプに期待はないと思って、離婚を要求する。

ナ・ミソン(나미선)cast イム・ジヒョン(임지현)

サンヨプの不倫相手

きれいなルックスとスタイルで誰よりも楽に生きてきた。
サンヨプの会社の経理に入って、コピーしてお茶出しをする内に、サンヨプと目が合う。
ちょっとの間、言葉を交わすだけで、白痴美が感じられる。

幸いなことに自分自身をよく知っている。
機会が与えられた時、手に入れないといけない事を知っているため、サンヨプを意図して、自己のものにした。
ところが、離婚をして帰ってきたサンヨプの目つきが不審である。

チェ女史(최여사)cast チョン・ユジン(정유진)

クムジュ、ヘジュの母親。
クムジュの産みの母
やりたいことを我慢すると病気になる。
特に、言葉と…愛。

錐のような言葉と、複数回の結婚生活がクムジュを傷つけたのを知っているが、天性がそうなのをどうしろという!
それでも娘を愛する心だけは誰にも劣らない。
クムジュがヘジュとサンヨプの世話ばかりで、人生が終わったようで心が痛い。

ところが、二人がその恩恵を知らず、私の娘の後頭部を殴ったって。
久々に、クムジュにお母さんの役割をしなければならタイミングが来たようだ。
義理であれ、義理の娘であれ、私の手にかかってみろ!

チェ検事(최검사)cast ミン・ソンウク(민성욱)

ヘジュの元 内縁関係の男

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ