ヒーラーのキャスト,ユジテ,チチャンウク,パクミニョン,あらすじ,ネタバレを含む

 

ヒーラーのキャスト,ユジテ,チチャンウク,パクミニョン,あらすじ,ネタバレを含む

ヒーラー アイアンマン(仮題) 後続 (朝鮮ガンマン→アイアンマン→ヒーラー)

タイトル:ヒーラー(healer)「韓国語:힐러 (가제)」
要約:KBS2 水木 22時00分 放映予定(2014年11月~)
ジャンル:ロマンチックコメディー、スリラーなどの複合ジャンルのドラマ。
製作:ソン・ジナ(脚本)、イ・ジョンソプ(演出)
あらすじ:新米記者が正義たる記者に成長する過程を盛った作品だ。
キャスト:ユ・ジテ(キム・ムンホ役)チチャンウク、パクミニョン





韓国ドラマ ヒーラー キャスト,ユジテの出演確定!キム・ムンホ役

俳優ユジテがKBS新しい水木ドラマ ソン・ジナ作家の新作「ヒーラー」への出演を確定した。 
所属事務所ナムアクターズによると、彼はKBS2新しい水木ドラマ「ヒーラー(仮題)」のキム・ムンホ役にキャスティング提議を受けて、出演を確定した。 
今回の彼のお茶の間への復帰は2008年SBSドラマチェジウ、ユジテ主演「スターの恋人」以来、6年ぶりで、さらに話題を集める。
ユ・ジテが演技するキム・ムンホ役はメジャー放送局に勤務するスター記者で、劇の中心で過去の親の世代の縁から子供世代まで続いた事件の継ぎ目を唯一知っている人物だ。
ある日、わかった過去の事件の真実により、劇中の主要人物たちに意図的に接近して、彼らを手助け、真実と信念の間で葛藤することになる。





特に、この作品は、ドラマ「黎明の瞳」、「砂時計」、「カイスト」、「大望」、「太王四神記」などを執筆したソン・ジナ作家の新作であり、演出はドラマ「快刀ホン・ギルドン」、「製パン王キムタック」、「栄光のジェイン」のイ・ジョンソプPDが引き受けた。 
「ヒーラー」は、現在放映中のKBS2水木ドラマ「朝鮮ガンマン」、「アイアンマン」の後続作品で、2014年11月放送予定である。
これまで、映画俳優としてはもちろん、監督としても多彩な色を見せて好評受けてきたユ・ジテが、今回のドラマ「ヒーラー」で、真実と疑惑の間に立つ記者のキャラクターを、またどんな姿で演じるか注目される。 
一方、ユ・ジテは映画「ザ・テノール:リリコスピント」で最も華やかな時代、声を失った天才テノール、ペ・ジェチョル役を引き受けて熱演を広げたし、2014年下半期に韓国、中国、日本での放映を控えている。

ユジテ

ユジテ スターの恋人

ユジテ

ヒーラー キャスト&登場人物

主要人物

チチャンウク:メジャー放送局に勤務する新米記者役
ユジテ:メジャー放送局で勤務しているスター記者キムムンホ役
パクミニョン:メジャー放送局に勤務する新米記者役

チチャンウク

パクミニョン

パクミニョン

パクミニョン

新作「ヒーラー」のソン・チナ作家がジンクスを破るのか?

スター作家ソン・ジナがドラマのジンクスを破れるのか関心が集まっている。 
ソン・ジナ作家の新作は2014年11月放送予定のKBS2「ヒーラー」(仮題)で、新米の記者が正義たる記者に成長する過程を描いたロマンチックコメディにスリラーが加わった複合ジャンル物である。
俳優ユ・ジテが、劇中のスター記者で出てきて、20代の男女主人公役を置いて出演を肯定的に検討しているチ・チャンウクとパク・ミニョンもそれぞれ異なるスタイルの記者役割である。 

今回の作品は、主人公の職業が記者なので関係者の関心が高い。
今まで記者やPDなどの放送関係者の話を前面に出したドラマが興行で失敗した事例が多かったからだ。 
放送関係者を素材にした作品があまり高い視聴率を記録していなかったのがジンクスに挙げられるほどだ。 

ソンジナ作家

MBC「スポットライト」をはじめ、KBS2 「彼らが生きる世界」、SBS「ドラマの帝王」などがそうだった。
しかし、SBS「オンエア」は、ドラマPDと作家、俳優の話で興行に成功しており、2013年には、tvN「ナイン:九回の時間旅行」が記者とアンカーなどが主人公として登場し、作品性の高いドラマで好評を受けることはあった。 
ソン・ジナ作家は「ヒーラー」で地上波ドラマで初めて記者の職業世界に密度あるように扱って成功することができるか注目される。

あるドラマの関係者は、これまで法廷ドラマもずっとジンクスというほど興行で毎回失敗していた素材だった。 
しかし、2013年SBS「君の声が聞こえる」が初めて法廷ドラマのファンタジー素材を組み合わせて成功してジンクスを破った。 
もちろん、この間放映した法廷ドラマMBC「改過遷善」は、成績が良くなかった。 
まだファンが簡単に受け入れる素材ではないように見える。 
スポーツを素材にしたドラマたちも同じだ。 
MBC「最後の勝負」以後、MBC 「No Limit ~地面にヘディング~」、「トリプル」、SBS「ドリーム」などは興行とは距離が遠かった。 
今回の「ヒーラー」の記者たちの話もやはりドラマのファンがどのように興味を持つかは未知数だと見た。

イジョンソプPD

一方では、ソン・ジナ作家が最近のヒット作が出なくて、今回はヒット作になるかにも関係者たちの耳目が集中される。 
ソン作家はMBC 「黎明の瞳」、SBS「砂時計」、「カイスト」、MBC「太王四神記」などを執筆したスター作家だが、2012年野心をもって出したSBS「信義(シンイ)」の視聴率は期待に及ばなかった。 
さらに、今回の「ヒーラー」がスリラーを複合させたジャンル物とはいえ、ロマンチックコメディを前面出だして、これまでソン・チナ作家が見せなかった甘い魅力を見せてくれるかにも関心が集まっている。

信義/シンイ

信義/シンイ

信義/シンイ

ヒーラー(healer)の意味

ヒーラー(healer)の意味

*ゲーム
1.ゲームキャラクターのクラス中に攻撃するキャラクターの補助の役割をするキャラクターを呼ぶ名前。
2.回復系魔法を使用して、パーティー狩りでパーティーメンバーの消費される体力を回復させてくれる役割をします。

例)ヒーラーモンスター(Gila monster)     
[名詞]<動物>[同じ言葉]米国の毒トカゲ(毒トカゲ科の一つ)。

*healer 米国・英国 [|hi:lə(r)] 

1.(医学的方法ではなく、自然の力による)治療者
例文) a faith/spiritual healer:信仰/精神的な治癒者

2.癒しの力があること
例文) Time is a great healer.:時間は癒しの力が大きい「時間が薬」

ヒーラー(healer)  :治療する人。心霊療法士。心霊療法士。
ヒーラー:治療する人。医師。
ヒーラー【healer】:心身の癒しを促す働きかけを行う人。

韓国ドラマ ヒーラー キャスト,ユジテの出演確定!キム・ムンホ役について紹介しました。
ヒーラー(healer) って通常はあまり接しない言葉なので、その意味をまとめてみました!
ご参考までに・・・

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ