ピノキオ 4話 あらすじ ロミオとジュリエット 韓国ドラマ

 

ピノキオ 4話 あらすじ ロミオとジュリエット 韓国ドラマ

ピノキオ 4話 あらすじは一言で言うと、ときときと涙で荒い展開だった。
60分間のときめきとイ・ジョンソクとパク・シネの涙が視聴者を泣かせた。
「ピノキオ」がいよいよ爪を表わして、視聴者たちを魅了し始めた。
11月20日放送されたSBS水木ドラマスペシャル「ピノキオ」(パク・ヘリョン:脚本、チョ・スウォン:演出)は、「ロミオとジュリエット」のサブタイトルで4話が放送された。



ピノキオ 4話の放送でチェダルポ(イ・ジョンソク)とチェ・インハ(パク・シネ)が一緒に記者試験に挑戦した。
この過程で、チェ・ダルポはチェ・インハを、チェ・インハはチェ・ダルポを愛していることを、それぞれ感じて、衝撃に陥ることも見せた。
しかし、チェ・ダルピョン(シン・ジョングン/チェ・インハの父親))は、チェ・ダルポ(キ・ハミョン/イ・ジョンソク)にチェ・インハを愛してはいけないと警告した。

続いて、ダルポはインハへの想いを取りまとめながら、YGN入社試験を準備して、カメラテストに並んで合格した。
最後の関門である議論の主題は、まさに「13年前の火災事件」だった。
消防士だった父は火災現場から逃げた者として濡れ衣をかぶせられ、挙句に、ダルポ家族をばらばらに、母親は自ら命を絶つことになった問題の事件であったこと。



議論の中、ダルポはわずか数日前に父の遺骨が発見された衝撃的な事件に接した。
インハは事件について、記者は仕方なくピノキオ症候群の言葉を信じざるを得なかった。
キ・ホサン(チョン・インギ)さんが死亡したまま発見されたのは残念だが、誰にも責任を問うことはできない非常に運が悪い事故だと断言した。
ダルポは、インハの顔から、父が9人の消防士を死に追い込んだ犯人だと責任を問いつめていた、彼女の母親ソン・チャオク(チン・ギョン)記者の姿がオーバーラップされ、嵐のように怒りを発した。

また、ダルポはなぜピノキオ症候群が記者になると、いけないのかを感じたと言って、インハがピノキオ症候群であることを暴露した。
そして、自分が間違っている可能性があることを無視して騒ぐ人が記者になると、どのように危険か、自分の言葉の重さを知らないまま、むやみに言う人がどんなに怖いのかを知ったと声を高めた。
これに、インハは自分がピノキオ症候群という事実が明らかになったのと、それを明らかにした人がダルポという事実に困惑しており討論場から飛び出した。

ピノキオ 4話 あらすじ

一方、チェダルポは今になって明らかになった父の汚名に悲しんで、試験場の外で嵐のように嗚咽した。
絶対に許せない敵の娘との愛がその序幕を上げたわけだ。

韓国ドラマ ピノキオ 4話は60分がどのように過ぎていったのかわからないほど急速に展開された。
また、迅速な展開と幅広い事件にもかかわらず、目を逸らせない強力な吸引力で一気に魅了させた。
視聴者は、叔父と甥に編んでコミカルさを醸し出すダルポの家族同士では、ゴマ粒のような笑いを。
「ロミオとジュリエット」になってしまったダルポとインハの愛の前では、心拍数を促進させるときめきを。
本格的にベールから少しずつ表わしているダルポの痛い過去には、一緒に涙を流して制御する暇もなく、「ピノキオアリ(病)」に陥った。

4回目の放送で「ピノキオ」病に陥らせたものは、何よりも横糸と縦糸のようにぎっしりと組まれている脚本の力と、それを粘り強く実施した吸引力のある演出だ。
そして、その中で、安心して走って遊んでる演技力の3拍子が正しく合致したからである。
ピノキオ 4話の視聴率は10.4%で、水木ドラマ2位を守っている。
多分、来週くらいから現在、視聴率1位を守っているミスターバック(Mr.Back)と激しい視聴率競争になるだろう。
ミスターバック(Mr.Back)の視聴率は11.1%だった。
一方、イ・ジョンソク&パク・シネ主演「ピノキオ」は、偽の名前で生きている男(イ・ジョンソク)と嘘を言えない女(パク・シネ)の青春成長メローを描く。
毎週水、木曜日の午後10時に放送されている。

ピノキオ 4話 あらすじはロミオとジュリエットと言うサブタイトルで、パク・シネとイ・ジョンソクの愛、そして、養子縁組で結ばれた家族の愛、記者とはどんな姿であるべきかを問いかける内容で盛られた。

Systems for different fields of science, but the most common citation style how to buy an essay is cse.

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ