ブラッドのあらすじ,キャスト,韓国ドラマ,登場人物,視聴率,ost

ブラッドのあらすじ,キャスト,韓国ドラマ,登場人物,視聴率,ost

韓国ドラマのブラッド(blood)は、全20話で2015年2月16日から2015年4月21日までの放送を予定している。
ブラッド あらすじは、不治の病の患者を治療し、命の尊さと正義のために孤軍奮闘するあるヴァンパイア外科医のヒーローストーリーと紹介されている。
ブラッド キャストは、星から来たあなたの主演を演じたチョン・ジヒョンの弟としてシークながらもラブリーな高校生を演じたアン・ジェヒョン。
エンジェルアイズで角膜の移植で第二の人生を手に入れたが、悲しい愛に苦しむ役を演じたク・ヘソン。
最近の韓国ドラマである最高の結婚と暖かい一言で活躍を見せてくれたチ・ジニが主演を演じる。
ク・ヘソンとチ・ジニは「お願い、キャプテン」でパイロットと整備士で演技をあわせたことがある。



韓国ドラマのブラッド(blood)は、チ・チャンウクとパク・ミニョン主演の「ヒーラー:全20話、2014年12月8日~2015年2月10日)」の後に続く作品だ。
ヒーラーの視聴率は最低視聴率5.7%から最高視聴率9.4%までを記録した。
洞時間帯に放送中の韓国ドラマは、キム・レウォン、キム・アジュン・チョ・ジェヒョン主演の「パンチ」とチャン・ヒョク、オ・ヨンソ主演の「輝くか狂うか」である。
韓国ドラマ「パンチ」は月・火ドラマの中で視聴率トップであり、「輝くか狂うか」が第2位を占めている。
前作「グッドドクター」でチュ・ウォン、ムン・チェウォン、チュ・サンウクの熱演で視聴率1位で、年末の授賞式でも多くの賞を出に入れた。
ブラッドの作家パク・ジェボムはケーブルドラマ「神のクイズ」シーズン1-4を執筆してから多くのファンを持つようにあり、地上波放送初作品「グッドドクター」でも彼の能力は認められた。



新人俳優アン・ジェヒョン、チョン・へインの演技にも注目したいのが筆者の立場だ。
チョン・ヘインは、イホンギ主演の「百年の花嫁」でイホンギの弟役をはじめ、チョン・ヨンファ主演の韓国ドラマ「三銃士」でもナチュラルな演技を披露した。
彼は、イ・ホンギ、チョン・ヨンファが所属しているFNCエンターテインメント所属だが、今回は、単独で出演するため最も注目したい。
アン・ジェヒョンは「星から来たあなた」、「君らは包囲された」でビジュアルをアピールしたが、今回の作品、韓国ドラマ「ブラッド」ではヴァンパイア外科医として活躍を見せる予定だ。
ヴァンパイアをテーマーにした韓国ドラマはヨン・ジョンフン主演の「ヴァンパイア検事」がシーズン2まで放映を終えて、現在シーズン3とスピンオフを準備している。
「ヴァンパイア検事3」と「ジャ・ヴァンパイア:ヴァンパイアスピンオフ」も2015年放映を目標に企画段階にあるそうなんで、こちらの方も期待している。
韓国ドラマのブラッド あらすじは、韓国内最高の癌病院を中心に、不治の病の患者を治療して命の尊さと正義のために孤軍奮闘する成長板が止まって20代半ばの容貌を持った30代のヴァンパイア外科医の成長ストーリー活躍とメロを盛り込んだファンタジーメディカルドラマである。

ブラッド あらすじ

ブラッド(blood) ヒーラー 後続

要約:KBS2 月・火 22:00~ 放映予定(全20話、2015年2月16日~4月21日)
あらすじ:不治の病の患者を治療し、命の尊さと正義のために孤軍奮闘するあるヴァンパイア外科医のヒーローストーリー
製作:キ・ミンス(演出)、パク・ジェボム(脚本)
公式ホームページ:kbs.co.kr/drama/blood/index.html
キャスト(出演):アン・ジェヒョン(パク・ジサン 役)、ク・ヘソン(ユリタ 役)、チ・ジニ(イ・ジェウク 役)、キム・ガプス(ユ・ソクジュ 役)

韓国ドラマ「ブラッド(blood)」の後には、ドクターフランケンシュタインが放映される予定である。
ドクターフランケンシュタインのあらすじは、普段は簡単に感情を出さない優れていた医術を持つ冷血者だが、愛する女性に出会って少しずつ変わっていく多重人格医師の話だ。
ドクターフランケンシュタインのキャストでユ・アインさんが名前を挙げている。
ドクターフランケンシュタインは、成均館スキャンダル、夜警日誌などを製作した「レモンレイン」が製作に勤めるそうだ。

ブラッド キャスト

ブラッドの企画意図

真の未来の力、「命を支配しようとすること」に対する警戒。

将来の権力は経済力でも、軍事力でもない。
まさに、命を支配し、統制するものである。
しかし、生命は決して人間の支配領域ではなく、そのようになってもならない。
生命は完全にそれ自体で、守られるべき自然だからである。
この作品を通じて、生命の価値は完全にそれ自体にあり、どんな利益と貪欲からも自由になるべきであることを言いたかった。

永遠の命の「ヴァンパイア」が有限である「人間」を治療する皮肉(アイロニー)と価値の発見

超自然的な永遠の命と自然治癒能力を持つ生命体ヴァンパイア。
様々な病気に苦しむ有限な人生の普通の人間たち。
永遠の命の存在が有限な人間を治療するときに感じる葛藤と懐疑を扱いたかった。
また、人生の価値は、単に生命の延長にあるのではなく、どのように生きるかにかかっていることを示してたかった。
加えて、人間の欲望と貪欲に対してはかないものであることを一緒に語りたいと思った。

弱者のこうけつを吸うヴァンパイアのような社会、すでに私たちは、巨大ヴァンパイアの社会の中で生きている。

この社会は、それ自体が巨大なヴァンパイアに違いない。
強者は弱者の血を吸い込んでいて、甲と乙に分かれて当たり前のように横暴を張ることもある。
しかし、弱者は抵抗はおろか、吸血されることについて無感覚なままに生きていく。
「ブラッド」は「巨大吸血社会」に対抗する「本物の吸血鬼(ヴァンパイア)」を介して強者の論理を批判する。
そして、医療現実と人間生命の価値を論じる非常に現実的かつ批判的な物語を広げてみようとしている。

ブラッドの企画意図をもって、ブラッド あらすじを紹介し、キャストの全作品なども紹介しました。
「パンチ」VS「輝くか狂うか」VS「ブラッド」の結果は?
月火ドラマの視聴率は現在、10%を超えることが非常に難しい現状ですが、パンチは12%を超えている状況です。
ヴァンパイア検事のostの中でイ・ジョンが歌う「愛に狂ってみる/사랑에 미쳐본다(サランエミチョボンダ)」も好きな曲だったけど・・・
ブラッド ostもイ・ジョンが歌って欲しい。
ブラッドのあらすじ,キャスト,韓国ドラマ,登場人物,視聴率,ostについてのポストはここまで。

韓国ドラマ ブラッド

Reference page that gives detailed publication information buyessayonline.ninja for every work you cite?

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ