マイシークレットホテルのあらすじ,キャスト,登場人物,相関図,ネタバレ

マイシークレットホテルのあらすじ,キャスト,登場人物,相関図,ネタバレ

マイシークレットホテル あらすじは、韓国最高のホテルで、新郎と挙式支配人として7年ぶりに再会することにした元夫婦「サンヒョ(ユインナ)」と「ヘヨン(チンイハン)」の捻られて歪んだウェディング作戦と前代未聞の殺人事件を描いたキリンロマンスドラマだ。
キャストは、ユインナ、チンイハン、ナムグンミン、イヨンウン、ハヨンジュ、チェジョンウォン、キムボミ、オムスジョン、イグァンフン、アンギルガン、コユンフ、ファンソヒ、チェテファン、キムジェスンなどが登場人物を演じる。
相関図と登場人物の詳細は次回に掲載する予定である。
あらすじや企画意図はネタバレになることもあるけど、作家の執筆意図を知っておくと、ドラマをもっと楽しめる見所にもなる。





マイシークレットホテルに期待を寄せている理由は、チンイハンという俳優のため?
彼は奇皇后(キファンフ)でタルタル役を演じて、幅広い視聴者たちから愛されるようになったが、私の目に入ったのはドクタージン(Dr.JIN)でパクミニョンの兄として出演した時である。
キムジェジュンの友人であり、パクミニョンの兄役、そして、民のために戦うより住みやすい世界を夢見ていた人物を描き出した。
身分制度があって、女性が外で活躍ができなかった時代、皆の平等を夢見ていた青春を描いた彼の演技はもっとも優れたものだった。





ナムグンミンの演技も優れているけど、なぜか今まで演じていた配役のインパクトが薄いのが残なんだった。
ユインナは男性に高い人気を得ているし、彼女の発音は聞き取り安く、韓国語を習っている方には役に立ちそう。
マイシークレットホテルは「キリング・ロマンス」であることを前面に出しているが、その意味が簡単に伝わらないのが事実だ。
参考までに、1994年制作の香港映画『キリング・アンド・ロマンス 狂気の愛』(原題:殺手的童話)が役に立つかも。
監督はスティーブン・トン・ワイ(董王韋)、主演はアンディ・ラウ(劉徳華)とアニタ・ユン(袁詠儀)。
日本題では「殺人者の童話」と表記されることもある。

マイシークレットホテル あらすじ

別れた元夫の結婚式を準備せねばならない挙式支配人「サンヒョ(ユインナ)」、二度目の結婚式を元妻の世話にならざるを得ない「ヘヨン(チンイハン)」の愛の行方が気になる。
ザ・シークレットホテルの絶対実勢チョソンギョム(ナムグンミン)とサンヒョのラブライン、へヨンの現婚約者チョンスア(ハヨンジュ)の四角ロマンスと殺人事件がどのようにつながるのかも見所!

マイシークレットホテル企画意図

「元夫の結婚式、空から死体が落ちた!」
有り触れたロマンス物は去って行け!
今は「キリング・ロマンス」だ!

愛よりも最もなあるもの

恋愛の必要充分条件は愛であるが、結婚の必要充分条件は、愛ではない。 
正直に、時代をひっくるめて見ても、ひたすら愛だったことは一度もない。 
愛なしでの結婚が望ましくないけど、愛のために結婚することも危険同様のことだ。
「愛」だけでなく、「愛よりも最もなあるもの」。 
今は、それが必要だ!

高学歴、高年収、高感覚。備えることは全て整えた男女が愛のために結婚したが、完全に失敗した。 
そして、時間が経て非常にとてつもない状況で再会した。
偉そうな彼らに起こるとんでもないこと。 
彼らは「愛よりも最もなあるもの」を今回は見つけられるのか?

ユインナ

古典推理劇の妙味

「猟奇的犯行」、「きらびやかな科学捜査技法」、「過激な追撃戦」などを盛り込んでいる最近の捜査物のおかげで、ほとんどの捜査手法は、別に説明が必要ないほど慣れてきた。 
しかし、一方では、最先端の捜査技術の視聴者ではなく、直感的で人間の本性に対する理解だけで、犯人を積極的に推理できる古典的な推理小説が懐かしくなる。

限られたスペースと、必然的に発生する人間の葛藤、誤解、嫉妬、貪欲、裏切り、陰謀、脅迫、そして愛。 
これらのすべての人間的なものが一つに混ざって殺人が発生して、殺人を追跡する過程も、これらの人間的なものに対する理解のプロセス(過程)である。 
探偵のように、時には自ら探偵になって、犯人を推理しながら、私たちは結局、人間としての自分を振り返るようになる。

マイシークレットホテル

ロマンチックメローと古典的な推理劇の効果的な組み合わせ

「あの男とあの女がどのように結ばれるのか?」
「殺人を犯した人は誰だろう?」
このドラマは、この二つの質問に沿って進む。 
有り触れた韓国メロドラマにうんざりして、刺激的な映像と専門用語が飛び交うアメリカ刑事物に飽きた視聴者たちに風変りな楽しさをプレゼントするだろう。

マイシークレットホテル 相関図

マイシークレットホテル 相関図

マイシークレットホテル 1話 あらすじ 放送日:2014年8月18日

「ザ・シークレットホテル」で結婚すると3ヶ月以内に離婚するという噂が広がり、挙式予約率が急激に低下する。 
サンヒョ(ユインナ)は、この状況を克服するために、「上位1%の結婚式」を推進し、その主人公になる予備夫婦に会うが・・・
オーマイゴッド(Oh my god)!
予備新郎が、誰でもなく7年前にあんなに愛していた元夫へヨン(チンイハン)だって・・・!!!

ユインナ チンイハン

ユインナ チンイハン

ユインナ チンイハン

ユインナ チンイハン

ユインナ チンイハン

ユインナ チンイハン

チンイハン ハヨンジュ

チンイハン ハヨンジュ

チンイハン ハヨンジュ

チンイハン ハヨンジュ

マイシークレットホテル 1話 あらすじ

マイシークレットホテル 1話 あらすじ

「マイシークレットホテル」、ミステリー+ロマンスの複合ジャンルの人気続けるのか?

「マイシークレットホテル」が特別なジャンルの誕生を予告している。 
8月18日初放送を控えているtvNの新しい月火ドラマ「マイシークレットホテル」がロマンスにミステリーを加えた「マイシークレットホテル」だけの特別なジャンルに初放送に対する期待感を増している。 
「マイシークレットホテル」は、韓国最高のホテルで、新郎と挙式支配人として7年ぶりに再会した元夫婦。 
ナムサンヒョ(ユインナ)とクヘヨン(チンイハン)の無茶苦茶になった結婚式と前代未聞の殺人事件を描いた16部作キーリングロマンス物だ。

マイシークレットホテル

特に「マイシークレットホテル」は、ユインナ、チンイハン、ナムグンミン、イヨンウン、チェジョンウォン、ハヨンジュなど大勢の俳優がキャスティングを確定して熱い関心を受けている。
何よりもこのドラマは、ミステリーロマンスという複合ジャンルで他のラブコメとの差別化を追求する。
ホテルを背景に殺人事件が起きて、その殺人事件に主人公が異なる理由で絡み合いながら、緊張感あふれるストーリーが繰り広げられること。

マイシークレットホテル

だけでなく、ユインナは元夫チンイハン、ホテル内の職場の上司ナムグンミン(チョソンギョム)と危ういなロマンスまで一緒に描いていく見通しである。 
このようなミステリーロマンスは2013年から、視聴者に熱い愛を受けてきたことがある。 
代表作品には「君の声が聞こえる」、「主君の太陽」、「星から来たあなた」などがロマンス、スリラー、コメディ、ファンタジーなどさまざまなジャンルをよく混ぜ合わせたウェルメイドミステリーロマンス作品だ。 
これに「マイシークレットホテル」が複合ジャンルの人気熱風を引き継いで、2014年下半期もう一度視聴者たちの心をつかむことができるか帰趨が注目される。

ここまで、マイシークレットホテルのあらすじ,キャスト,登場人物,相関図,ネタバレ,企画意図を含めて、マイシークレットホテル 1話 あらすじの予告和訳までの紹介でした!
8月18日マイシークレットホテル 1話 への期待を込めて・・・
チンイハンさんファイト!

In discover this the discourse communities of the natural.

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ