ヤギョンクン日誌 キャスト チョンイル?女子主人公は誰?

ヤギョンクン日誌 キャスト チョンイル?女子主人公は誰?

最近、最も気になる韓国ドラマの最新情報はヤギョンクン日誌 キャストに関する内容だ。
ヤギョンクン日誌 キャストが気になる理由は、可能であれば女子主人公と男子主人公がイケメンを演じられる外貌の所有者で演技力もある俳優を期待している。
現在、チョンイルと新人女優コソンヒが名を上げている。
個人的には、女子主人公はパクシネさんが演じて欲しいと期待していた。
韓国ドラマミスコリアは見てないから、コソンヒの演技力は言えないが・・・
リトルソンイェジンと呼ばれるキョンスジンの演技はユアイン主演の「密会」を通じて見た事があるので、個人的には彼女もドハのキャラクターに似合うかもと思ったこともある。
男装女子役は、イケメンですねのパクシネが演じたコミナム(コミニョ)、コーヒープリンス1号店のユンウンへ、成均館スキャンダルのパクミニョン(キムユンシク/キムユンンヒ)が韓国ドラマでは成功したケースである。
韓流ドラマサイトや韓国ドラマサイトを見ると簡単に見られると思うけど。

 






 

イケメンですねdvd、コーヒープリンス1号店dvd、成均館スキャンダルdvdは今でもたまに一気に見たりしている。
イケメンですねでは、チャングンソク、イホンギ、ジョンヨンファ、パクシネの組み合わせが最も最適なった。
コーヒープリンス1号店でもコンユがいなかったら、ユンウネの演技がそんなに素敵に見られたのか疑問である。
最後に、成均館スキャンダルにも、パクユチョン、ソンジュンギ、ユアイン、パクミニョンの組み合わせがとても良かった。
個人的な意見だけど、今回のヤギョンクン日誌でもキャストでドラマの人気が決まると思うのは、脚本、作家、演出、俳優全てが揃った時、最高の作品が出来上がるからだ。
イケメンですねを執筆したホン姉妹とシークレットガーデン、相続者たちを執筆したキムウンスク作家のセリフは韓国語独特の色が強いので和訳には限界があると思う。
そのため、イケメンですね dvd 日本版と韓国版には多少の差が生じるから両方見られるともっとドラマを楽しめるだろう。

 






 

チョンイル「ヤギョンクン日誌」の主人公?アゲイン太陽を抱く月の栄光?

俳優チョンイルが「ヤギョンクン日誌」の主人公に合流する見込みだ。 
チョンイルはMBC月火韓国ドラマキムジェジュン主演「トライアングル」の後続で編成された「ヤギョンクン日誌」の男性主人公の役割で出演を検討中だ。 
彼の所属事務所関係者は、「出演提案を受けて肯定的検討中だ。まだ契約書を作成したわけではない製作会社側と最終的な議論の段階だ」と述べた。 
チョンイルは2012年「太陽を抱いた月」で悲運の陽明(ヤンミョン)の役割を好演して人気を集めた。

チョンイル1

チョンイル3

2年ぶりに再びフュージョン時代劇に出演する予定だから、彼の変身に期待が集められる。 
一方、「ヤギョンクン日誌」は、朝鮮時代の魂を捕まる防犯パトロールヤギョンクンたちの物語だ。
「成均館スキャンダル」を作ったレモンレインが製作に出て、もう一つのウェルメイドフュージョン史劇の誕生を期待させている。 
7月放送予定でキャスティングに真っ最中だ。 
チョンイルは放映終了したMBC「黄金の虹」でソドヨン検査役で出演して視聴者たちの好評を引き出した。 
チョンイルは最近MBC「無限挑戦」のブラジルW杯応援団に合流して練習に邁進中である。

新人女優コソンヒ、ヤギョンクン日誌のヒロインに抜擢?

コソンヒ

新人俳優コソンヒがMBCの新しい月火ドラマ「ヤギョンクン日誌」のヒロインを務める。 
5月21日、複数の放送関係者によると、コソンヒは「ヤギョンクン日誌」でヒロインドハ役を演じ、デビュー後初主演を務める。 
ドハは、美しい外観と野生馬のような強靭さを持ったキャラクターで二人の男主人公の愛を受ける人物である。 
しかし、これに対して所属会社関係者は「現在、製作会社の答えを待っている」とし確答を先送りした。

コソンヒ1

コソンヒは去年封切りした映画「怒りの倫理学」でデビューした新人だ。
今年初め放映終了したMBCドラマ「ミスコリア」のヒロインイヨニとライバル関係を成すキムジェヒ役を担って、新人らしくない演技力とずば抜けた容貌で注目された。
今回「ヤギョンクン日誌」でデビュー2年目で初主演を引き受けて恐ろしく成長した。

「ヤギョンクン日誌」パクユチョン、ユアイン、ソンジュンギ、パクミニョンに続く青春スターは誰?

青春史劇 「ヤギョンクン日誌」がMBC新しいドラマ「トライアングル」の後続ドラマとして編成されて、「成均館スキャンダル」を結ぶ青春スターらが大挙誕生することができるか関心が熱い。 
2014年の夏に放映を予定にしている「ヤギョンクン日誌」は、朝鮮時代を背景に通行禁止時間にパトロールを回って悪霊を取った防犯パトロールヤギョンクンの話だ。 
鬼たちから宮廷や王を守護する4人の若いヤギョンクンは、朝鮮を守ろうと孤軍奮闘して愛と友情を大事にする。

ソンス1-1

ヤギョンクン日誌は、2010年「成均館大スキャンダル」の制作社が再び製作を引き受けたドラマで、「王と私」、「武人時代」を執筆したユドンユン作家と「光と影」、「朱蒙/チュモン」、「シンドン~高麗中興の功臣~」を演出したイジュファンPDが意気投合した。 
「成均館スキャンダル」は放映後、パクユチョン、ソンジュンギ、ユアイン、パクミニョンなど20代の青春スターたちに俳優としての確固たる地位を築いてくれた作品だった。
今回の「ヤギョンクン日誌」もどんな俳優たちをキャスティングして、青春スターとして排出するのかも関係者は、もちろん、大衆の期待が高い。 
光海君を守る紅一点ドハ、冷徹なエリート インオ、女性を敵視するムジン、聴覚障害を持ったチョルジュなどの主要人物に対する具体的なキャスティング輪郭は取れていないそうだ。 
しかし、「鬼を捕まるイケメン4人衆」を前面に打ち出すだけに、ビジュアルと演技、個性全てを備えた俳優たちが出演に欲を出しているというのが関係者たちの伝言だ。

ソンス9-1

特に四人の若いヤギョンクンの中で、唯一の紅一点の女性主人公役を誰が引き受けるのかが人々の注目を集めている。 
オンラインでネチズンたちの仮想キャスティングした写真を掲載しながら、「ヤギョンクン日誌」への関心を立証している。 
一方、「ヤギョンクン日誌」は、新しい月火ドラマ「トライアングル」の後続として放映される予定だ。

ヤギョンクン日誌は韓国型ヒーロー物の系譜を続けられるか?

MBCフュージョン史劇「ヤギョンクン日誌」が韓国型ヒーロー物を定着させることができるか関心が集まっている。
「ヤギョンクン日誌」は、朝鮮時代を背景に、韓国版「ゴーストバスターズ」と見れば良い。
夜間外出禁止令を発表し、パトロールに出るヤギョンクンが夜に歩き回る幽霊を捕まるという話だ。
ヤギョンクンに退魔師のイメージを加味させて新しく再誕生させた。
若いヤギョンクンの間で繰り広げられる愛と友情、冒険と成長がドラマに溶けた。

チョヌチ

▲映画「田禹治」のポスター(左)とドラマ「田禹治」のキャプチャ

製作会社は、レモンレインである。
すでにフュージョン史劇「成均館スキャンダル」を誕生させたことがある。
2010年放送された「成均館大スキャンダル」は、これまで謹厳して学問を磨く成均館を新たに解釈して人目を引いた。
当時、ドラマの違った視線は、若者たちに好評を受けた。

レモンレインは今回の時代劇を、今度はヒーロー物と融合させた。 
前作「成均館スキャンダル」で男装女が儒生に入ってロマンスを繰り広げたならば、今回の作品「ヤギョンクン日誌」は、退魔師ヤギョンクンたちの冒険と愛を描く。 
現在の主要配役のキャスティングはトップスター級が有力な候補に上がっているという。

「ヤギョンクン日誌」が注目を受けるのは韓国型ヒーロー物の系譜を引き継いでいくという点である。 
すでにドラマでは、「カクシタル」、「田禹治/チョンウチ」が登場して好評を受けた。 
これは、観客たちが私たちとお馴染みのヒーローの登場を求めているからである。 
他の星の人物、スーパーマンとハイテク兵器で武装したバットマンとは異なり、韓国のヒーローは、より親しみやすいものである。 
ガックシタルは日帝時代の独立闘士であり、田禹治/チョンウチは権力者の横暴から庶民を救う守護者だ。 
視聴者にすっきりしたカタルシスを感じさせてこれは視聴率につながった。

現在のキャスティングにも関心が集まっている。 
ドラマを導く俳優を決定するのは「開始が半分だ」と言う言葉のように重要である。 
「カクシタル」の成功は、前半1代カクシタルを引き受けたシンヒョンジュンがバカ演技と感情演技を同時に行き交ったからである。 
後を継いだ2代カクシタルだったチュウォンはずば抜けた容貌と苦を惜しまないアクション演技を披露した。 
映画「田禹治」は、カンドンウォンが才気溌剌な姿を披露し、ドラマ「田禹治/チョンウチ」は、チャテヒョンが引き受けてコミックに消化した。 
主演の好演は、作品の成功につながった。

ヤギョンクン日誌のキャストはまだ決まっていない。 
シナリオの完成度が高いといううわさが立って、マネジャーたちからの製作会社レモンレインに問い合わせの電話が続いている。 
実際に、韓流スターらもキャスティングが行き来しているという噂も聞こえてくる。 
性急なネチズンたちはオンラインコミュニティにキムウビン、イミンホ、パクシネ、パクボヨンを配役に似合う人物だと指折ったりした。

現在、映画やドラマはワントップ主人公を前に出すよりも、さまざまな人物を主人公に掲げている。 
これは、リスク負担を軽減し、興行を成功させようとする製作陣の意図だ。
相反した魅力の主人公たちが登場するのは、視聴者の立場でも魅力的である。 
加えて、これはキャラクターの魅力を比較対照させて、視聴率にも強い相乗効果を作り出す。

シナリオの完成度は「ヤギョンクン日誌」に対する大衆の関心を高めている。 
「王と私」、「武人時代」、「大物」を執筆したユドンユン作家がシナリオを引き受けた。 
線の太いドラマを主に書いたユドンユン作家がファンタジー時代劇をどのように解釈するのかももう一つの関心事だ。 
ユドンユン作家は、人間の心理を見事に描写することで定評があるため、キャラクターが生き生きと飛ぶと思われる。 
これは、高視聴率のもう一つのキーワードだ。 
「ヤギョンクン日誌」は、今年の夏からMBCを通じて放映される予定だ。
今後もヤギョンクン日誌 キャストについて関心を持って放映まで待っていたい。

Cse www.bestwritinghelpers.org has two ways of citing sources: the nameyear system and the citation

関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ