三銃士のあらすじを企画意図から読む,韓国ドラマ2014 おすすめ

 

三銃士のあらすじを企画意図から読む,韓国ドラマ2014 おすすめ

企画意図から見る韓国ドラマ 三銃士のあらすじは?

ダルタニャン VS ソヒョン世子、ロマンチックフィクションと悲劇的な正史の組み合わせ・・・!

ドラマ「三銃士」は二百年近く経った今も愛され続けている小説「三銃士」と朝鮮時代の王世子の中で最も悲劇的であり、ドラマチックな人生を生きていたソヒョン世子の人生の軌跡を一つに編んだ。 
そして、全く新しい、韓国的「三銃士」を再創造し出そうとする。 
17世紀のフランスを背景に繰り広げられるダルタニャンの冒険談 VS 17世紀の朝鮮、その激動の時代を生きたソヒョン世子の人生の旅程。 
それぞれの話だけでも十分に魅力的な二つの物語が会って、より大きなシナジー効果を出すだけでなく、ポルトス、アラミスなど、魅力的な小説の中のキャラクター。 
そして、仁祖、チェ・ミョンギル、キム・ジャジョムなど朝鮮時代の実在の人物が一緒になって、楽しさも、深さも、感動も倍になるスペクタクルなドラマが繰り広げられるだろう。
ダルヒャン(チョン・ヨンファ)VS ソヒョン世子(イ・ジヌク)のロマンチックフィクションと悲劇的な正史の組み合わせの姿は8月17日に確認できる。





休む間なく緊迫に広がる大叙事詩・・・!

このドラマは、丙子胡乱の直前、戦雲が漂った1636年に開始され、ソヒョン世子が毒殺の危機に立たされる1646年までの延々10年にわたる主人公たちの運命を扱う。 
戦争、大陸の人質生活、明 – 青 – 朝鮮3国の熾烈な外交戦、武士たちの迫真感あふれる決闘など大河ドラマを超える膨大な事件を込める。
同時に、アメリカドラマを彷彿とさせる大胆かつスピーディーな展開で既存の時代劇が好きだった視聴者たちはもちろん、既存の時代劇に飽きていた視聴者たちも満足させることができる新しい時代劇になるだろう。
韓国ドラマ三銃士は2014おすすめの時代劇になるのか?





All for one, One for all(一人は万人のために,万人は一人のために)
*ドイツの保険学者マーネスが引用した有名な言葉“Einer für Alle, Alle für Einen”の英訳

混沌の時期に、一緒に力を合わせて敵の陰謀に立ち向かう戦士たちの爽快な冒険と痛快なアクションがこのドラマの核心である。 
各自の個性がはっきりして四人の武士たちは、それぞれの特技と主武器を装備して、17世紀の朝鮮と中国のさまざまな剣術と武器が登場する。 
ほとんど時代劇の背景である漢陽だけでなく、韓国ドラマ初の青の首都である瀋陽(シムヤン)を主要な舞台として取り上げ豪快的で涼しい映像美を見せるつもりだ。

韓国ドラマ三銃士

結局、手放さぬべきものは人間・・・!

私たちは希望を述べている。 
このドラマでのソヒョン世子とその友人は、当時の歴史の重さに押しつぶされていた青春の特権である愛と友情を逃してしまうつまらない人物ではない。 
彼らは敗戦の陰の中でも朝鮮の未来を描いて希望に満ちたし、窮屈な倫理慣習の中でも、浪漫とユーモアを失わなかった愉快な楽観主義者である。 
崖の端でも決してあきらめない主人公たちの人生を通して、人間、そして希望を言おうとしている。

ソヒョン世子(イ・ジヌク)

ダルヒャン(チョン・ヨンファ)

朝鮮仁祖時代を背景に、古典的な「三銃士」が生まれ変わる! 
江原道武人であり、貧しい家の両班出身で漢陽に出て来て武科に挑戦する「パク・ダルヒャン」が自称「三銃士」である「ソヒョン世子」と彼の護衛武士ホ・スンポ、アン・ミンソに出会う。 
そして、朝鮮と明清交代期の混乱した中国を行き来しながら繰り広げる刺激的なアクションロマンス活劇だ。

ヤン・ドングン

チョン・へイン

韓国ドラマおすすめ2014 三銃士のあらすじを企画意図を介して探ってみました!
あなたの選択はダルヒャンを演じるヨンファ?
ソヒョン世子を演じるイ・ジヌク?
ヤン・ドングンという俳優も演技力では誰にも負けない著力をもっているので、彼にも期待を寄せて良し。
ドラマ初挑戦チョン・へイン(アン・ミンソ役)の魅力にも期待しています。

Heres an example in the 1st grade lined writing paper authordate system:

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ