三銃士のキャスト,ヨンファ,あらすじ,登場人物,ネタバレ,相関図,韓ドラ2014 おすすめ

 

三銃士のキャスト,ヨンファ,あらすじ,登場人物,ネタバレ,相関図,韓ドラ2014 おすすめ

2014年韓国ドラマおすすめは断然、時代劇!
2014年時代劇中でおすすめの韓国ドラマは、tvNヨンファ主演「三銃士」、チョン・ユンホ主演「夜警日誌」、ハンソッキュ主演の「秘密の門((サブタイトル:儀軌殺人事件)」をあげられる。
ここでは、ヨンファ主演「三銃士」のキャスト、あらすじ、登場人物を紹介する予定だ。
キャスト&登場人物の詳細は公式ホームページを参考に和訳(翻訳)をして、その他メディアの情報を整理したものである。
三銃士のネタバレも含まれてるので、ご注意を・・・
相関図は、ダルヒャン(ヨンファ)と三銃士、朝鮮の王室と大臣、そして、朝鮮を危機に陥れようとする人たちが主な軸をなします。
韓ドラ2014 おすすめと言えば、時代劇!
その中でもイジヌク、ヨンファ主演の三銃士?って言える! 





韓国ドラマ「夜警日誌」キャストは、チョンイル、チョンユンホ、ソイェジ、コソンヒが主演を演じる。
以前、ユチョン、ソンジュンギ、パクミニョン、ユアイン主演の「成均館スキャンダル」を製作したレモンレインが製作することが知られ、多くの話題を集めた。
その一方、tvNでは日曜ドラマの開拓として、ヨンファ主演「三銃士」をシーズン制で放映することを明らかにして、キムビョンスPD、ソンジェジョン作家への関心も高い。
その理由は、イジヌク主演「ナイン:9回の時間旅行」の製作陳がもう一度、力を合わせる作品だからだ。
韓国ドラマ 三銃士はイ・ジヌク、チョン・ヨンファ、ヤン・ドングン、チョン・へインと言う4人が主要人物を演じることになって最も高い関心を集めている。
日本でも、CNBLUEのヨンファの人気が高いため、彼の初時代劇が期待される一方だ。
FTアイルランドのリーダーイホンギもSBS新週末ドラマ「モダンファーマー(Modern Farmer)」をもってお茶の間を訪れる予定だ。






韓国ドラマ 三銃士 キャスト&登場人物の紹介

「三銃士」は魅力的な俳優たちのキャスティングで注目を集めている。 
江原道武人であり、貧しい家の両班出身で漢陽に出て来て武科(朝鮮時代に武官を採用する試験)に挑戦する単純明快な天性の熱血武士パク・ダルヒャン役はチョン・ヨンファ。
本質的に開かれた考え方と合理的な実利主義を持った朝鮮の世子(王の息子であり次回の王)であり、柔らかい笑顔の中、冷徹なカリスマを持った自称「三銃士」のリーダーであるソヒョン世子役はイ・ジヌクが務める。

韓国ドラマ 三銃士

ソヒョン世子の護衛武士であり、三銃士のメンバーである力強い風流武士、ホスンポ役はヤン・ドングンが、女心を揺さぶるイケメン武士、アンミンソ役はチョンヘインが務める。 
セジャビン(世子嬪)であり、ダルヒャンの初恋であるカンビン役はソ・ヒョンジンが、魅力的だが毒を抱いたユリのような世子の初恋、ミリョン役はユ・イニョンが、朝鮮の16代王であり、ソヒョン世子の父仁祖(インジョ)役はキム・ミョンスが引き受けた。
朝鮮人たちが恐れている勇敢な敵将、青の最高の武官「ヨンゴルデ」役はキム・ソンミンが、朝鮮の権力を握っている当代の実権力者、朝鮮の大臣、キムジャジョム役はパク・ヨンギュが演じる。
ダルヒャンと三銃士の強固な支援軍になってくれる師匠であり、朝鮮の大臣、チェ・ミョンギル役はチョン・ノミンが、ダルヒャンの使人、パンセ役はイキョンが熱演する。

ダルヒャンの家

パク・ダルヒャン役 cast  チョン・ヨンファ(原作:ダルタニャン)

ど田舎出身、単純明快な性格の熱血武士

「もうすぐダルヒャンの時代が来るでしょう。」

ヨンファ 三銃士

ヨンファ 三銃士

三銃士 ヨンファ

三銃士 ヨンファ

こだわりと誇りを除けば、なにも残らない江陵(カンルン)パク氏の血統だけでなく、母のだしぬけな楽天性までおまけに受け継がれた。 
良く言えば推進力、勇猛心、強い信念まで、将帥が持つべきすべての徳目を持った才能豊かな武士であり、悪く言えば田舎者独特のこだわりと定義を下すことだろう。 
愛においても、やはり猪突的であり、愚直して子供の頃、漢陽からしばらく訪ねてきたかわいい少女ユンソを必生の運命だと硬く信じて、彼女と結婚するために何年もの一日も欠かさずに武芸を磨く。 
やっと5年の時間が流れ、武科に合格するために、漢陽に上京した彼!
しかし、彼の運命的な初恋ユンソは、いつのまにかあえて見ることすら許せないこの国​​の世子嬪になっているが・・・!

原作でダルタニャンは、ガスコーニュ地方、タルブ生まれの小貴族の勇敢な青年。
田舎出身のため、若干都会の常識に疎い面もあるが、一応貴族としての礼節はある程度弁えている。
銃士になるべくパリへ上り、三銃士と親交を深め、生涯の友情を誓う。また、コンスタンス・ボナシューに強い好意を寄せる。
職務は護衛士、後のラ・ロシェル包囲戦のさなかに銃士となる。
本作では、枢機卿リシュリューの腹心ミレディーと対決する。
モデルは同名の実在した貴族で、デュマは彼を「ドン・キホーテ」と揶揄している。

パンセ cast イキョン(原作:プランシェ)

可愛い口数の多い、ダルヒャンの使人

三銃士 イキョン

「私は今,旦那さまを世話するのが嫌で逃げるのは絶対絶対違います!」

本来スンポの使人だったが、スンポがダルヒャンへのプレゼントとして贈ったので、急にダルヒャンを世話することになった。 
金持ちスンポの家でそれなりに豊かに生きていたが、一夜にして貧しい小作農の家の使人になった自分の薄幸の運命を考えると涙が乾く日がない。 
お世辞を言えない素直な性格でダルヒャンの前でも、いつもブツブツ文句をつけて過ごしているが、時間が経つにつれ、ダルヒャンを心から尊敬して物心両面で助けることになる。 
だが、血を見れば気絶するなど、あんまり気が弱くて助けどころか、むしろ荷物になるのが常。

原作でプランシェは、ダルタニャンの従者。ピカルディー生まれ。
ダルタニャンとともに手紙を持ってバッキンガム公爵のもとへと行く。勇敢でありながら機智にも優れ、用心深い。

三銃士

ソヒョン世子 cast イ・ジヌク(原作:アトス)

柔らかい笑顔の中、冷徹なカリスマ、三銃士のリーダー。

「私と一緒に行こう。行ってこの国朝鮮を守ってくれ。」

三銃士 イ・ジヌク

三銃士 イ・ジヌク

三銃士 イ・ジヌク

三銃士 イ・ジヌク

三銃士 イ・ジヌク

三銃士 イ・ジヌク

11歳のときに父が反正で王位に上がってから一歩遅れて宮に入ってきた。 
子供の頃、宮の外で過ごした理由のため、より自由な生き方に慣れていた彼は、世子になった後も、ホスンポのような竹馬の友と気兼ねなく似合って遊ぶのが好きだ。 
僧侶出身のアンミンソを護衛武士で抜擢するなど、既存の皇太子とは少し違った歩みをみせる。 
いつも余裕らあって、冗談を楽しみながら親切でフレンドリーな態度で下の人々に人気が高いが、表面上に見える姿とは異なり、氷のように冷たくて冷静な本音を持っている。 
正面衝突ではなく、背後に罠をおいてスパイを使うタイプの戦略家。 
初恋ミリョンに対する傷が深く、他のどんな女にも心を許さない。

原作でアトスは、三銃士の一人。
本名はラ・フェール伯爵。三銃士の中では最年長であり、最も理知的な性格。
かつて結婚したこともあるが、それは忘れ去りたい思い出となっている。
自分の名前を告げた際に、「それは山の名前ではないか」と言われる場面がある(アトス山のこと)。

ホスンポ cast ヤン・ドングン(原作:ポルトス)

軽い唇と重い槍術を所有して風流武士。

「‘三銃士’・・・私は気に入った!友達になりそうだっだな~。」

三銃士 ヤン・ドングン

三銃士 ヤン・ドングン

三銃士 ヤン・ドングン

三銃士 ヤン・ドングン

世子を護衛する世子世子翊衛司で剣術だけでなく、槍術にすぐれている。 
当代最高の武班家門の子孫として、ソヒョンとは幼い頃から一緒に学問の勉強をして剣を練習して育った竹馬の友。 
誰にでも一度思いっきり接して友人になる、自信があふれ過ぎて生意気でふてぶてしい性格の持ち主。 
堂々とした体格で吹き出てくる威圧的な武芸の腕前、口を一度開くと、一晩中一人でしゃべりまくれる派手な話し方、老若男女を問わない人気まで惜しいこと一つないように見える彼の唯一の弱点は、まさに妻。 
自分より力強く、体が大きい妻が怖くて家にもよく帰れない。 
いや帰らない。

原作でポルトスは、三銃士の一人。仮名だが、本名は本作で明らかにされない。おしゃべりで見栄っ張りな性格で、三銃士の中で最も世俗に詳しい。また、大柄で三銃士一番の力持ちでもある。コクナール夫人の愛人。
実力はあるのだが、油断しやすい性格で決闘での見せ場は少ない。頭も三銃士達の中では一番悪く、ミレディーからは「木偶の坊」とまで呼ばれていた。

アン・ミンソ cast チョン・ヘイン(原作:アラミス)

意図せず女心を溶かす真剣なイケメン武士。

「ジョハを守る間は命令に従うだけだ。」

三銃士 チョン・ヘイン

三銃士 チョン・ヘイン

三銃士 チョン・ヘイン

僧侶出身の王世子翊衛司。
丁卯胡乱(ていぼうこらん/ジョンミョホラン)の時、義兵で活動していた時、ソヒョンと縁があって武官となったが、いつでも平和な時代が来れば再び坊主にしてお寺に入るのが夢だ。 
女性よりもなめらかな肌と美しい美貌で、当代人気の高い妓女の片思いを一身に受けるが、誰にでもむやみに視線を与えない高慢な男。 
心が複雑な時は、お酒の代わりにお経を唱え、国家的危機ではない場合、殺生はしないのが原則である。 
スンポと積集合と言うものはまったくないのに、二人が親しいのは謎。
財力もコネもない田舎出身ダルヒャンに同質感を感じて密かに上手に切り盛りする。

原作でアラミスは、三銃士の一人。
仮名だが、本名は本作で明らかにされない。銃士を辞め、僧籍に身を置きたがっている。
そのため神学者でもあり、ラテン語を使った詩も作ったりする。
王妃側のシュヴルーズ夫人の恋人。

カンビン  cast ソ・ヒョンジン(原作:アンヌ・ドートリッシュ王妃)

世子嬪になってしまった、ダルヒャンのラブレターの中の初恋。

「他の男とは絶対に結婚しない。待ってるから。」

三銃士 ソ・ヒョンジン

三銃士 ソ・ヒョンジン

三銃士 ソ・ヒョンジン

三銃士 ソ・ヒョンジン

ソヒョンの妻であり、ダルヒャンの初恋。
子供の頃、しばらく滞在していた田舎で出会ったダルヒャンに一目ぼれ、武科に合格して結婚しようと言って、先にプロポーズをするほど力強く快活だった少女。 
しかし、自分の意志とは全く関係なく、世子嬪(セジャビン)に選ばれて、厳しい宮に入って来たため、持って生まれた明るく大胆な性格を殺して死んだようにおとなしく生きていくしかなかった。 
自分に心の片隅さえ出さず事務的に接する夫、ソヒョンのため、より孤独で大変な日々を過ごしていた中、ある日突然、初恋のダルヒャンが武科に合格して堂々と自分の前に現れるが・・・

原作でアンヌ・ドートリッシュは、ルイ13世の妻で、フランス王妃。実在の人物。バッキンガム公爵と思いを通じている。

仁祖 cast キム・ミョンス(原作:ルイ13世)

朝鮮の16代王であり、ソヒョン世子の父。

「この宮の中に、なぜ心を頼る者ひとりいないって言うのか?!」

キム・ミョンス

朝鮮16代王。
反正で光海君(グァンヘグン)を追い出して王位に上がったが、彼の人生は苦難と羞恥の連続だった。 
反正功臣イグァルの難で、漢陽を離れて避難せざるをえず、丁卯胡乱と丙子胡乱に敗れ野蛮人と呼んだ後金に恥辱を経験した。 
民は頻繁に避難をしていた臆病な王を嫌い、功臣たちは王を思うままにしようとした。 
このような中、天性的に敏感であり、疑問が多かった彼の緊張や不安は益々大きくなっては、結局、誰も信じず恐ろしい妄想に悩まされる。 
自分とは違って、慎重かつ賢明な息子ソヒョンを何とか信じて頼るか、徐々にその信頼さえひびが行くことになる。

原作でルイ13世は、フランス国王。実在の人物。リシュリューに絶大な信頼を置き、その言葉に耳を傾ける。王妃の浮気を疑っている。

朝鮮の大臣

キム・ジャジョム cast パク・ヨンギュ(原作:リシュリュー枢機卿)

朝鮮の権力を思いのままにする当代の権力者。

「朝鮮の権力は私の手の中で作られ、これからも私の手の中にあるべきだ。」

パク・ヨンギュ

仁祖反正を成功させた1等功臣であり、当代最高の権力と富を享受した権力者。 
ずば抜けた話術を持った知略家として、王朝は自分の権力を維持させてくれる道具(手段)であるだけで、自分が王朝のために犠牲するつもりは全くない。 
むしろ、子々孫々完全に王の上に立つことが、彼が追求する目標。 
そのために、明についたり、青についたり、緻密に自分の勢力を構築していく。 
気が弱い仁祖とは異なり、ソヒョンが肝っ玉の大きい帝王材であることを見抜き、ソヒョンを自分の味方にしようと努力するが思うままに行かない。

チェ・ミョンギル cast チョン・ノミン(原作:トレヴィル)

ダルヒャンと三銃士の強固な支援軍になってくれる師匠。

「君はどのようにこの国を守るつもりなのか?」

チョン・ノミン

丙子胡乱時期、江華島を主導した主和派の代表的な人物。 
功臣たちの勢力の戦いが熾烈で、清に敵対的な斥和派(チョクファパ)が威勢を振るった時期、合理的かつ理性的な実利主義者として、常に正反合の意見を引き出し、民の尊敬を受けた。 
理性的な実利主義という点でソヒョンとの信頼関係があって、国の危機の度に、その旨を一緒にして、最初から最後までダルヒャンと世子を背後で支援して味方になってくれる心強い父親のような存在。 
同じく反正功臣出身のキム・ジャジョムとは一生平行線を走る一生の競争相手。 
お互いにとって、相手は除去一順位の人物。

原作でトレヴィルは、銃士隊長。ダルタニャンとは同郷でダルタニャンの父とは幼馴染の間柄。ダルタニャンや銃士達に理解があり、色々と便宜を図ってくれる。

朝鮮の脅威

ミリョン cast ユ・イニョン(原作:ミレディー・ド・ウィンター)

蠱惑的だが毒を抱いたユリ、世子の初恋。

「ジョハ(世子)を愛した罪のため、すべてを失いました。」

ユ・イニョン

ユ・イニョン

ユ・イニョン

ユ・イニョン

礼曹の長官ユンウイリプの娘。
すべての男の視線を一目で捕らえるほどの優れた美貌と魅力の持ち主。 
子供の頃、偶然出会ったソヒョンと一目で雷のように恋に落ちたが、致命的な秘密のため、彼女の人生の悲劇が始まった。 
愛に目がくらんだ彼女は世子嬪になるため、後戻りできぬことまで犯して、これにより、結局はソヒョンに捨てられて後金に逃げる。 
そして、ある日、自分の人生を根こそぎ奪っていったソヒョンに復讐するために戻って漢陽に戻ってくるが・・・

原作でミレディー・ド・ウィンターは、リシュリューの腹心で、美貌と知恵を兼ね備えた謎の女。
他にアンヌ・ド・ブリュイ、シャルロット・バクソン、クラリックなどの別名・別姓を持つ。
自分を貶めた者に復讐する癖があり、陰険。
神を信じず、己の力のみを信じる。ワルド伯爵に熱を上げていたが、それに嫉妬したダルタニャンにより仕返しを受ける。
胸に百合の烙印があり、秘められた過去を持つ。
ウィンター卿は亡き夫の兄(義兄)。コンスタンス・ボナシュー殺害直後に、ダルタニャン達によってかつて犯した悪事を断罪された上、処刑される。
生前最後の台詞は英語でなされた。
モデルとなった人物は、バッキンガムの愛人だったカーライル公爵夫人ルーシー・ヘイ(en:Lucy Hay, Countess of Carlisle)だと言われている。

ヨンゴルデ cast キム・ソンミン(原作:バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズ)

朝鮮の人たちが恐れている勇敢な敵将、青の最高の武官。

「後金が、この時期に朝鮮と戦争をするのは無謀な戦力の浪費です。」

キム・ソンミン

満州語の名前はタタラインググルダイ。
勇敢な騎兵出身の軍人であると同時に、朝鮮との外交を専門に担当していた優れた清の交渉家。 
丙子胡乱の時は20万の大軍の先頭に立って戦争を主導した、朝鮮の人には名前だけ聞いても、山川がぶるぶる震えると言う悪魔よりも恐ろしい人物だった。 
このようなヨンゴルデを仁祖と調停の大臣たちが、震え上がって憎悪して国の敵に思うのは当然の事。 
彼自身も朝鮮の人に対する一抹の同情や思いやりは全くなかったが、ソヒョン世子とそのつれに会って朝鮮に対する認識が変わり始めている。

原作でバッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズは、イギリスの宰相。
フランス王妃であるアンヌに夢中で、王妃のためならフランスと戦争になることを厭わない。
ミレディーにけしかけられた清教徒フェルトンにより暗殺される。
実在の人物で、(理由は異なるが)最期も史実通りとなっている。

ノス cast パク・ソンミン(原作:ロシュフォール伯爵)

お金だけを信じて追う冷酷な剣士。

「世子であることをもっと早く知っていたら、息の根を止めてやるべきだった。」

パク・ソンミン

朝鮮最高の実力を持った剣士。 
先天的に血を見るのが好きで国も、理念も、愛も何も信じないでただお金だけを追う。 
お金をくれれば、この国の王も王世子も一気に殺してしまうことができるほど世の中に怖いものが一つもない人物。 
現在、ミリョンに雇用されているが、より多くのお金をくれる人が現れたら、いつでも彼に従うだろう。 
彼の過去や背景は徹底的にベールに包まれている。 
キム・ジャジョム、ミリョンの味方で、ソヒョンとは対蹠点に立っており、特に、ダルヒャンとは生涯の宿敵になって最後まで剣を向けるようになる。

原作でロシュフォール伯爵は、リシュリューの腹心。
ダルタニャンから紹介状を奪った騎士で、コンスタンス誘拐の指揮も行っていた。
物語の最後で三度の決闘の末にダルタニャンと和解する。

ここまで、公式ホームページを基に作成した三銃士のキャスト,ヨンファ,あらすじ,登場人物,ネタバレ,相関図,韓ドラ2014 おすすめでした!
イ・ジヌク、チョン・ヨンファ、ヤン・ドングン、チョン・ヘインが演じる韓国ドラマ三銃士は2014年8月17日三銃士1話をもってお茶の間を訪れる。
この夏を涼しく過ごせてくれる三銃士に期待を寄せて応援します!

Paper, whether youre http://help-with-homework.com/ citing someone elses data or referring to their ideas.

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ