余剰姫 キャスト,あらすじ,登場人物,ソンジェリム,オンジュワン主演,韓国ドラマ

 

余剰姫 キャスト,あらすじ,登場人物,ソンジェリム,オンジュワン主演,韓国ドラマ

余剰姫 キャストは、韓国映画ソンスンホン主演の人間中毒を通じて高い人気を得たオンジュワン、美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビートを通じて名を知らせたチョボア、太陽を抱く月、感激時代~闘神の誕生、2weeksなどで重い演技を見せてくれたソンジェリムが主演を演じることになった。
初放送は2014年8月7日木曜日夜11時ケーブル放送tvNを通じて電波に乗る。
あらすじは、愛する人間の男性に会うために100日以内に、人間になることに挑戦する人魚姫の物語だ。
登場人物については、個別に下記ほど詳細に紹介する。
ソンジェリム、オンジュワン主演と言うだけでも話題になっているが、チョボアとパクジスの出演に対しても関心が高い。
キムスルギはユンシユン、パクシネ主演のとなりの美男<イケメン>を通じて個性強い演技を見せたことがある。
この世にはいないような、ドラマでも見たことのないキムスルギ本人だけの演技を演じた。





タイトル:余剰(よじょう)姫/インヨゴンジュ/韓国語:잉여공주
要約:tvN放映予定 木曜日 午後11時 (14部作 2014.08.07~) 
製作:パクラン、キムジス(脚本)、ペクスンリョン(演出) 

あらすじ:愛する人間の男性に会うために100日以内に、人間になることに挑戦する人魚姫の物語。真の愛を見つけるために水から出てきた人魚姫のソウルロマンスを描いたロマンチックファンタジードラマだ。 
キャスト(出演):オンジュワン(ヒョンミョン役)、チョボア(ハニ役)、ソンジェリム(シギョン役)、キムスルギ(BJヘヨン役)、キムミンギョ(ジヨン役)、パクジス(ユンジナ役)、チンヒギョン(ホンミョンヒ役)、アンギルガン(アンマニョ役) 、キムジェファ(バツイチロマンチスト役)、ナムジュヒョク、イソンギュ、ハンソヨンなど。





tvN「無作法なヨンエさんシーズン13」の後続として放送される14部作ドラマ「余剰姫」は、人魚姫の物語をモチーフにした残酷ファンタジードラマで、愛する人間の男に会うために100日以内に、人間になることに挑戦する人魚姫話だ。 
真の愛を見つけるために、人間になってソウルでの生活を始めた人魚姫の喜怒哀楽をウプゲ(楽しく+悲しい)描き出す。 
就職をしないと、人間扱いを受けられない世界で生き残るために、どたばたする人魚姫のサバイバルを描く「余剰姫」は、「SNLコリア」ドラマ版で製作されてより一層期待を集めている。 
就職準備生(就活生)が集まって住む「余剰ハウス」を背景に、100日以内に、人間になるため愛を勝ち取るべき人魚姫の孤軍奮闘記がドラマティックに展開される。

特に、韓国映画チャンヒョク主演の「棘(とげ)」で活躍したチョボアと、最近の映画「人間中毒」で深い印象を残したオンジュワン。 
そして、ドラマ「太陽を抱く月」と「感激時代」などを通じてブラウン管を捕らえたソンジェリムと2013青龍映画賞新人女優上の主人公パクジスが四角ラブラインを描き出す予定だ。

余剰姫 キャスト 登場人物 ネタバレを含む

余剰姫 キャスト チョボア

チョボアは「余剰姫」の人魚姫ハニー役を引き受けた。
人間世界に憧れを抱いて人魚から人間となった人物で、真の人間になるために孤軍奮闘する姿がコミカルながらもすさまじく盛り込まれる見通しだ。
チョボアは2012年tvNドラマ「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」を皮切りにMBCドラマ「馬医/マイ/마의」、映画「棘(とげ)/カシ/가시」など、青春物から時代劇まで様々なジャンルに挑戦してフィルモグラフィーを積んでいる。
所属事務所サイダスHQを代表する女優として嘱望される新人という評価だ。

オンジュワン

オンジュワンは、芸術への深い造詣を持っているが、現実にぶつかって、最終的に就職戦線に飛び込んだ余剰ぽくデレデレな就活職生ヒョンミョン役を演じる。
ヒョンミョンは鋭敏でざらざらするが、去っていた愛を取り戻すために孤軍奮闘している純愛的な面も持つ反転魅力の持ち主だ。
チョボアとのラブラインが期待される人物である。
特に、オンジュワンは今までに、出演作品を通じてお目見えした卑劣な悪役から脱皮、生涯初の善良な役割を担って風変わりなキャラクターを介してコミカルながらも愉快な面貌を発散する予定だ。

オンジュワンは最近、映画「人間中毒」の野心男ウジン役を引き受けて第2の全盛期を迎えたという評価を受けた。 
気さくな性格の背後に野望を抱いた人物で、妻も自分の出世のために利用したキャラクターで視線をひきつけた。 
果たして「余剰姫」では、就職のためにどのようなホットな姿を見せるのか期待を増す大きな課題だ。

ソンジェリム

ソンジェリムは過剰な偉そうなふりを除けば、完璧な医学生出身のエリートシェフ「シギョン」役を演じる。 
自己愛が強い見栄張り男だ。 
これまでどっしりとした悪役でスクリーンとテレビ劇場を捕らえたソンジェリムは、今回の作品を通じて、悪役のイメージを脱いでさらに愉快で立体的な人物として刻印される見通しだ。

ナムジュヒョク

ナムジュヒョクは、大学5年生を称えるデオゾク、ディック役を引き受けて熱演を繰り広げる。
ナムジュヒョク引き受けた「就活生」ディック役は、言葉では就職の準備をしているが、実際には両親からお金をもらって使うのが慣れている人物である。
レストランを運営する両親のおかげで、物質的には不足せず育ったが、両親の愛に飢えた。
両親に小遣いをもらっている現在の生活に満足して気にせず生きていく大学卒業予定の訳知り学生である。
就職するのはラクダが針の穴に入るように難しいこのとき、就職の難しさを知らないベビー青年のキャラクターの役割を演じる予定だ。

先にグループ悪童ミュージシャンの「200%」と」ギブラブ(Give Love)」のミュージックビデオで見せてくれた魅力的な姿から、さらに立体的なキャラクターに活力を吹き込んで物語の楽しさを最大化すると見られる。 
「余剰姫」のペクスンリョンPDは記者との出会いで、ナムジュヒョクはそうそうたるアイドルメンバーらを抜いて合格しただけに期待が大きいモデル兼演技者だと言いながら、今回のドラマを通じて大活躍を繰り広げる予定だ。 
愛情と関心を持って見守っててほしいと期待を頼んだ。

パクジス

パクジスはtvNの新しいドラマ「余剰姫」で、条件の良い男を見つけて、人生逆転を夢見るユンジンア役を演じる。
シギョンと同じ会社で勤める魅力的な新入社員だ。
男の前では愛嬌と加飾で武装して魅力をアピールする人物であると同時に、完璧に見えるが、実際には賢くない気質が多いキャラクターだ。 
パクジスは「マイラチマ」での重いイメージを脱いで、本人に似合う同じ年齢にふさわしい溌剌なキャラクターで大衆と向き合う。 
そのため、スクリーンを歩いていたパクジスの新たな演技に期待が集まっている。 
注目すべき女優という修飾語にふさわしくユンジンアキャラクターをどのような方法で演じて新鮮さを与えるのか期待を集めている。

アンギルガンが引き受けた配役は、人魚から人間になったアンマニョ(魔女)役だ。
人魚出身一人暮らしの父で、人間の世界では、保険設計士、代理運転、宅配便など20種類以上の仕事をしている。 
チンヒギョンは、財閥家の会社を運営するホンミョンヒ、キムジェファはバツイチロマンチスト役を演じる予定だ。 
俳優として変身したジャウリムのイソンギュは、ベールに包まれた余剰ハウス総務ソンギュに、チンヒギョンはカリスマ溢れる成功した女性代表、チン代表を演じる。
キムジェファは仕事一筋で生きるゴールドバツイチ女、キムチーム長に変身して劇に楽しさを加える予定である。

キムスルギ

このほかにも、瞳孔演技の最高峰キムミンギョと「国民ヨッジェンイ」キムスルギがキャスティングされて作品の完成度を高める。 
「SNLコリア」が発掘した最高の演技派俳優キムミンギョとキムスルギは、今回のドラマで狂気の存在感を噴き出しながら没入度を増す見通しだ。 
キムスルギは清純な容貌の裏に、膨大な狂人の才能を誇る人気大食いBJヘヨン役を、キムミンギョは江原道麟蹄(インジェ)出身の考試準備生ジヨン役を演じる。

人魚姫

「余剰姫」のペクスンリョンPDは、熾烈な現実を生きていく青春の日常をコミカルながらも、メッセージを入れて盛る見通しだ。 
余剰姫は童話的な感性に「SNL」DNAを入れた一味異なるロマンチックなファンタジードラマである。
漫画から飛び出したようなフンナム(イケメン)フンニョ(心が暖まるような和やかさがある女)たちの甘くほろ苦いロマンスを感性的なインディーズバンドの音楽とスタイリッシュな映像で実装すると期待を頼んだ。 
続いて、ジャンルを問わず名場面パロディがドラマのあちこちに配置されてけしからぬ想像コードを通じたひねりの笑いをプレゼントする予定だ。 
「SNLコリア」演出の経験を活かして、毎回奇抜なミュージックビデオも発表すると付け加えた。

よじょう姫

よじょう姫

よじょう姫

「余剰姫」はペクスンリョンPDの初めてのドラマで「SNLコリア」の制作陣の一部が参加した。 
ファンタジーで解け出す残酷ドラマで既存ドラマとはまた別の楽しさを与える。 
劇中、就職のために経験する喜怒哀楽を描いて視聴者たちに笑いと感動をプレゼントする予定だ。 
一方、「余剰姫」は「無作法なヨンエさん13」の後続で8月7日から放送される予定だ。
ここまで、余剰姫 キャスト,あらすじ,登場人物,ソンジェリム,オンジュワン主演,韓国ドラマの情報をまとめてみました!

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ