夜警日誌 キャスト ソイェジ、二つの顔のお嬢様「清純vs野望」

 

夜警日誌 キャスト ソイェジ、二つの顔のお嬢様「清純vs野望」

俳優ソイェジがきれいな韓服(チマチョゴリ)の着こなしで注目を集めている。 
2014年の夏、朝鮮時代の退魔師「夜警」という色違い独特の素材で視聴者たちの心を攻略するMBC新しい月火ドラマ「夜警日誌」(脚本:ユドンユン、バンジヨン、演出:イジュファン、製作:レモンレイン)側は、名門家の箱入り娘スリョン役を引き受けたソイェジのキャラクター画像を公開した。 

「夜警日誌」キャスト ソイェジが二つの顔のお嬢様、スリョンとして反転の魅力爆発させた。 
ソイェジは「夜警日誌」の二つの顔を持つスリョン役で出演する。 
製作会社が公開した写真の中のソ・イェジは名門家の箱入り娘のたおやかで清純な姿と権力に対する野心、反転姿を同時に見せた。





MBC月火ドラマ「トライアングル」の後続として8月お茶の間を訪ねる「夜警日誌」は、朝鮮時代を背景に、幽霊を否定する者と幽霊を利用しようとする者。
そして、幽霊を追っ払おうとする者、三つの勢力の間で繰り広げられる物語を軽快な感覚で描いたファンタジーロマンス活劇だ。

劇中、スリョンは幼い時から唯一、イリン(チョンイル)だけ見ていたひたむきなキャラクターでありながらも、内面には巨大な野心を持った反転人物で、領議政(ヨンウィジョン)パクスジョン(イジェヨン)の金枝玉葉一人娘だ。
父の権力が自分自身を一層目立たせているという事実を知った以来、権力に対する野望を抱いた女性として成長した。





公開された写真の中のソイェジは、秀麗な容貌ときれいな韓服姿で見る人々の視線をひきつけている。 
きれいに三つ編みリボン頭にピンクの韓服を着て、大きな瞳をきらきら光らせるソイェジの姿で名門家の箱入り娘のたおやかで清純な姿と権力に対する野心が反転的にに浮き上がり期待感を高めている。 
 「古典的な美人系の新星」という賛辞も出ている。 
また、両手を揃え集めて瞳を輝かせて口元にそっと微笑んで恋に落ちた貴族の箱入り娘スリョンの姿を可愛く描いて出したり、落ち着いておぼろげな目つきとぐっと閉じた唇でスリョンの変化を暗示した。

夜警日誌 キャスト ソイェジ

ソ・イェジは「二つの顔の女」という言葉自体が新しかった。 
シナリオを読んで、スリョンの持っている二つの顔は、単に善良な姿をした悪女ではなく、愛という感情の中で変化する姿であると考えた。 
最初から最後まで一人だけ抱いている愛だが、内面の悲しみのために変わっていくパク・スリョンというキャラクターに惹かれたと伝えた。

夜警日誌 ソイェジ

それだけに、キャラクターの感情表現に、これまで以上の努力と集中力を傾けているというのが彼女の話だ。 
ソ・イェジは「個人的には声のトーンの変化についての悩みをしたが、台本を読んで見れば見るほど重要なのはスリョンの感情を視聴者の皆さんにお届けすることだを考えた。 
まず、自尊心が強く断固としたスリョンが唯一の最愛のイリンの前で偽りなく感情を表現する純粋な心を表現したい。 
また、スリョンの感情の変化の原因となる事件と、そのためにぶつかることになるキャラクターに対して集中していると付け加えた。

夜警日誌 ソイェジ

「夜警日誌」の制作会社レモンレイン側は、ソ・イェジが演じるスリョンはその名の通り、日中に咲いて夜に沈むスイレン(睡蓮)のような女性だ。 
権力に対する野心を持っていながらもイリンに向ける切ない愛を続ける反転箱入り娘で、ソイェジがスリョンの二重の魅力を瞳に盛っている。
何よりも俳優たちとスタッフたちが意気投合して「夜警日誌」を撮影しているので、最初の放送に多くの関心と期待をお願いすると伝えた。

「夜警」という風変わりな素材と圧倒的なビジュアル公開で話題を集めているファンタジーロマンス活劇「夜警日誌」は、MBC月火ドラマ「トライアングル」の後続で8月4日初放送される予定だ。
ここまで、夜警日誌 キャスト ソイェジ、二つの顔のお嬢様「清純vs野望」の画像と登場人物の紹介でした!
8月4日、韓国ドラマ 時代劇「夜警日誌」1話をお楽しみに・・・

Psychological association, and its www.essaysheaven.com/ the most common citation style in the social.

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ