大丈夫愛だ キャスト,チョインソン,コンヒョジン,登場人物,あらすじを含む

 

大丈夫愛だ キャスト,チョインソン,コンヒョジン,登場人物,あらすじ,相関図を含む

大丈夫愛だ キャスト チョインソンが光る容貌を誇った。 
公開されたSBS新しい水木ドラマ「大丈夫、愛だ」(脚本:ノヒギョン、演出:キムギュテ、製作:ジーティーエンターテイメント、CJ E&M)の予告映像でチョ・インソンが短いが強烈なアイコンタクトでドラマに対する期待感を呼び起こした。 
公開された映像の中、チョ・インソンは魅力的なクラブDJに分解して、最初のシーンから注目を集めており、「そちがそんなに魅力あるの?」、「僕がこんなに魅力男であることを地球上のすべての女性が知っておくべきなのに」などの甘いボイスで視聴者たちの耳を捕らえた。 
また、女性に微笑ませる温かいビジュアルと愉快な姿を披露し、今まで見せなかった新たなキャラクター変身を予告して視聴者たちの気がかりなことと期待感を精一杯高めている。 
チョインソンは、短い1秒間カメラをじっと見つめて、ほのかな笑顔と甘い目つきでアイコンタクトを試みて「大丈夫、愛だ」に対する期待感を増幅させた。 
一方、チョインソンは、7月23日に初放送される韓流ドラマ大丈夫愛だで完璧なルックスと優れた弁舌を持つロマンチックなミステリー小説作家チャンジェヨルになってお茶の間へ訪ねて行く予定だ。





SBS新しい水木ドラマ「大丈夫愛だ」の制作陣は7月9日メインポスターを発表した。 
ポスターの中のチョインソンとコンヒョジンは赤い布をかけて浴槽の中に横になって、お互いを抱きしめたまま幸せそうな顔をしている。 
今、愛を始めたように甘い姿を演出した二人の下に挿入された「私たちがそのようにおかしい?」というコピーは、特別ながらも、楽しく暖かいロマンチックドラマを予告した。 
チョ・インソン(33才)コン・ヒョジン(34才)主演のSBS TV 「大丈夫愛だ」が7月23日、韓国と中国で同時に放送される。 
中国では、オンラインプラットフォームユクとツードウ通じて放送される予定だ。 
初放送に先立って、7月15日には、韓国と中国で同時放映発表会を開く。 
ユクとツードウCEOなども参加する予定だ。 
韓国内製作発表会が終わった後、午後6時から行われ、様々な中国のメディアが参加する。 
大丈夫愛だの日本放送日はいつになるだろうか?
「その冬、風が吹く」と「パダムパダム ―彼と彼女の心拍音―」を一緒に作った劇作家ノ・ヒギョンさんとキムギュテPDの作品である。





大丈夫、愛だ キャスト&登場人物

ホームメイトの人たち

チャンジェヨル cast チョインソン

三十前半、人気ミステリー小説作家、ラジオDJ。
ベッドで眠れず、複数の色に執着する強迫症があるが、社会生活には全く(?)無理はない。 
ヤンテヨンと出版社共同代表であり、ヘスとドンミンが住んでいる建物の共同所有者である。

大丈夫愛だ キャスト チョインソン

ハンサムな容貌とは違い、熱いエロ表現と残酷なミステリー小説作家で有名な彼は、その名声で人気の時間帯の固定ラジオDJとしても 活躍している。
誰が見てもかっこよく、ロマンチックな男の表象として定着した。

ある日、彼のファンというカンウと言う奴が、読みたくないのにあえて読んで欲しいと渡された小説に彼の過去の歴史がそのまま書かれたではないか、これはなんなの?
また、この女チヘスは何か?
延々と自分の性格に触れながら近寄ってくるこの女、久々に手ごわい女に会うと、少し興奮する。
彼は、喜んで彼女のホームメイトになることにするが・・・

チョインソン

チヘス cast コンヒョジン

三十前半、大学病院精神科フェロー1年目。
*フェロー(fellow )とは、(一部の大学の)主任研究員

クールで、シックで、ちょっとした事でも怒り、仲間たちに危険な医師に通じるが、生まれつきの洞察力があると評価される。 
話し手に共感する共感能力はまあだけど。 
スーパーバイザーチョドンミンは彼女を最高の精神医になるとよく言う。

大丈夫愛だ キャスト コンヒョジン

でも、最近彼女は頭がぼうっとしている。
私が果たして精神科医として適切であるか?
正解のない問題用紙を解く感じになって、医師より患者の意志が重要なのも腹が立つ部分である。

ミステリー作家と精神科医の出会いという話にならないテーマで、開かれたトークショーにチョドンミンの代わりに出て出会うことになったのだ。
ところで、この男、本当に縁起の塊だ。
精神科医たちを詐欺師ほどに扱い、彼女を攻撃するのではないか?
彼女はにこっとしながら言葉で攻撃に反撃をした。

私が奴をトークショー以外では会う事がないから! 
しかし、これは何なの? 
後に奴とまた対面をすることになり、数日後、新しいホームメイトと入ってきた人間が正にチャンジェヨルではないか? 
オマイガット(oh my God)!

コンヒョジン

チョドンミン cast ソンドンイル

40代前半、精神科の開業医 
ヘスの初恋。
ヘスが通う大学病院の精神科医であるイヨンジンと結婚して3ヶ月住んでい性格の違いで離婚した。
その後、初恋の今の妻と結婚し、娘を出産した。

妻と娘は、現在、米国で勉強中だから一人暮らしの父だ。 
ヘスとホームメイト。

大丈夫愛だ キャスト ソンドンイル

学部の時から初志一貫トルキ(狂気)大集合というニックネームらしく偏屈極まりない医師だ。
処方も診療も勝手にして大学病院に在職当時、退社勧誘を受けて、開業医となった。 
ところが、同じ医師たちは、首を振るこの人を、患者たちは死ぬほど好む。

自分が稼いだお金のほとんどを路上青少年に費やしている。 
青少年犯罪を犯して刑務所に行った子供たちに、無料で相談をしてあげるうちに、チャンジェボム(チャンジェヨルの兄)に出会った。 
少年犯でほぼ一生を刑務所で過ごしたこの男。 
彼はこの男の心理状態が気になる。

ソンドンイル

パクスグァン cast イグァンス

20代後半、カフェ従業員、トゥレット症候群の患者

*トゥレット障害(トゥレットしょうがい、英語: Tourette syndrome):トゥレット症候群とはチックという一群の神経精神疾患のうち、音声や行動の症状を主体とし慢性の経過をたどるものを指す。 
小児期に発症し、軽快・増悪を繰り返しながら慢性に経過する。 
トゥレット症候群の約半数は18歳までにチックが消失、または予後は良いとされている。

肯定的な性格に、シックな魅力が夢だ。 
彼のトゥレット症候群は、7歳の時に初めて発症となった。

大丈夫愛だ キャスト イグァンス

小学校の最初の登校日、列に並んで番号を言うが、突然、理由もなく、彼も認知できない状況で、「シャン、598、くんくん(鼻で)、アッ」など関連のない声を相次いで出して体を震わせていたのだ。
軍人である父親は、彼が男らしくなく母親に似て頭脳が良くないからと言ってかなり叩き、母親は翌日彼を病院に連れて行った。 
医師は薬を飲ませることを進めたが、お母さんは訳もなく病気を作ると言い、彼に薬を飲ませなかった。

この後、いじめにあって、高校も卒業できない状況に至った。 
数年前にチョドンミン病院を自ら訪ねて、薬を飲んで、チョドンミンの処方を受けたおかげで少しだけ(?)変に見えるほどになった。

明るい性格なので、トゥレット症候群があっても、何とか生きられる。
ところで、女性が問題だ。 
いくら真心を注いでユーモアを飛ばしても女性が近寄らない。
女と寝たことはあるが、寝るときに症状が現れ(自分も知らないうちに悪口を言ってしまった)その後、連絡途絶である。 
ヘスを愛しているが、自分でも考えがあるから、だめに決まって、女は恋しく、困った人生である。

軍人お父さんが毎日、虐待をして、自分の事でお母さんと争うのが嫌でチョドンミンのホームメイトになった。 
実際には、一年間も片思いしている少女がいる。 
行為障害に二股を提案する少女と一体、恋愛することができのか?

イグァンス

その他の人物

イヨンジン cast チンギョン

40代前半、大学病院の精神科医(教授)、チョドンミン前妻

暖かく、他人の言うことをよく聞いてくれて、客観性ではなく、共感を優先して、患者を治療しなければならないと思っている典型的な模範精神科医者だ。
他の人々はチョドンミンを医師として危険だと言うが、彼女はチョドンミンのように自由になりたいのが事実だ。

大丈夫愛だ キャスト チンギョン

だから結婚したが、彼女は自分の限界を見た。 
彼はわがままなチョドンミンを我慢できなくて、彼と離婚した。 
チョドンミンはクールに、その日に荷物を包んで出ていて、6ヶ月ぶりに初恋の人と再婚した。

彼女は大丈夫、大丈夫を連発したが、その裏切りでスーパーバイザを訪ねて2年間相談を受けた。 
今は本当に大丈夫なレベルだ。 
チョドンミンが医師として自分を成熟させたと信じる。

ヘスがチョドンミンに似ているのが好き。
自由で軽く、何よりも傷が深いのが嫌いではない。 
傷が深ければ深いほど、他人を理解する幅も広いから。 
ヘスの健康性を信じている。 
患者への愛が深い。 
チョドンミンが妻のことで苦しんでいるとき、彼と再び始めてみようかと心が揺れる。

オソニョ cast イソンギョン

19歳、ジェヨルのカフェアルバイト

誰が見ても問題学生である。 
習慣のように学校に行かず、子供たちからお金を奪って、そうするうちに転校生にちょっと手を加えたが、その事で学校 (しかし、気持ちの良い先生が自退処理)退学され、勝手に住んでいる。
お父さんは学校をやめたとしても、そうだったかと言い、ゴミだけを拾う(古物商をする)。 
世の中に怖いものはない。

大丈夫愛だ キャスト イソンギョン

路上で出会ったジェヨルが好きで、それだけでその家に入って居座った。
しかし、ヘスが何か素敵な気がする。
指も長く、ママの匂いもする。 
ヘスは、このガキのせいで頭が狂いそうだ。
しかし、それは彼女の問題である。

私はこの家に金蔵(?)パクスグァンもいて、学校へ講演に来て、行為障害という思いがけない病名までプレゼントしてくれたチョ博士さんもいて、何よりおもしろくて良い。 
何度も彼らの前でうろちょろしている内に、アルバも得てヘスが化粧品に、ご飯までごちそうしてくれる。
からかうにちょうど良いパクスグァンが時々目に胸にかかる。
しかし、なぜガムかさぶたのように、この家の人々の近くにくっついてたいのだろうか?

ハンガンウ cast トギョンス

18歳、高校生、小説家志望

肝が小さくて気が弱くて、しかし、美少年のように澄んだ笑顔を持った。 
不運な過去を乗り越え、最高の作家になった人。
チャンジェヨルの熱いファンである。 
そして、チャンジェヨルに似たかった。

大丈夫愛だ キャスト トギョンス

彼は自分が書いた小説がベストセラーになって、お母さんに喜びを与えたいと思った。 
嫌だと言うチャンジェヨルを絞め小説を見せたが、見込みがないと言う。

なら、刺激的なもので書いてみる?
彼はチャンジェヨルの話を小説で書き始めたが、ついチャンジェヨルに嫌味だけかってしまった。
電話も受けないチャンジェヨル。

彼はいらいらし始めるが、その日、父が酒を飲んで、家に火をつけると言うのではないか?
彼はチャンジェヨルに電話して助けてくれと哀願をするが・・・
ところで、チャンジェヨルは電話も受けない。 
結局、酒に酔った父ともめる途中、父を打つ。 
奇妙な快感を感じる。

作家様!私がお父さんを打ってしまったのよ!
心配な顔で走ってきたチャンジェヨルを見る。 
こんな私を理解してくれる人は作家だけだということを知っていますか・・・?

トギョンス

チャンジェボム cast ヤンイクジュン

三十後半、ジェヨルの兄、収監中(刑務所へ服役中)

見た目は暴悪で、卑劣に見えて劇中盤までは、彼がこのドラマの主な敵のように見えるが、劇後半、最も痛ましい人物である。 
幼い頃、事件発生前には、ひたすら心がねじられた子供だったが、彼は殺人事件が起きた時、すべての恐怖を勝ち、自分が犯人だと偽証をして弟を包む。

今までの人生の中で、彼が一番良くやったことはそれだ。 
そして、人生の中で、彼が最も間違ったことも、そのことである。 
弟も弟だが、母親が憎い

ヤンイクジュン

3年前にクラブで、ダンスを踊っているジェヨルを見たとき、彼は殺したいと思った。 
私は刑務所で過ごしているのに、君はダンスをしながら住んでいるんだ。

しかし、その事で再び収監された。 
彼は仲間たちにも常にここを出ると、弟も母もそっとしておかないだろうと言う。 
ところで、チョドンミンと言う医師が自分と相談したいと、ずっと出入りをたてる。 
どころで、この人間が私を信じるって言うのだ。

私が犯人ではないということを。 
余計な歓心を買おうとするのではないようだ。 
世の中に私の話を信じている人間がいるなんて、驚くべきことである。 
そんな中、彼は出所をすることになり、ジェヨルと会うことにするが・・・

ジェヨル母 cast チャファヨン

女、50代後半

暖かく、口数が少ない。 
ジェボムがセ刑務所に行ってから、いつも家の中のドアを開けておいて、冬でも冷たい部屋の隅で毛布片側を覆い眠る。 
暴力的な再婚した男により、地獄のような家庭生活が終わり、長男は殺人犯に刑務所までいた。 
そして、出所後、実弟障害の件で現在服役中である。

チャファヨン

かつて死にたかったが、ジェボムの死ぬと本当に許さないと言う言葉のため我慢した。 
毎日、長男ジェボムが来ると言う初会話を心を込めて暖かく練習する。
「ジェボム、お母さんがごめん、弟は間違っていない、その子は記憶がないの?本当に申し訳ない。」

そして、こちそうを準備して息子に出すことができれば、もはや望むことはないと思う。 
奴が私に対する恨みでナイフを持ち上げても申し分ない。
喜んで受けるつもりだ。

ジェボムが出てきたんだ。 
その知らせを聞いた日、彼女は初めて部屋で寝ていた。 
ところで、その殺人事件の現場での火は誰が出したのか? 
彼女は気になりつつ・・・

ヘス母 cast キムミキョン

女、50代後半

食堂運営、死ぬ気で生きるが勝気である。
よどみなく明るい。 
世の中で子供より子供の父が大好き。
私が時々いじめても、私を見るといつも笑顔の人。
言葉もできず、赤ん坊のよう私だけ見つめて笑う人。 
病がないときはお父さんのようでお母さんのようだった人。

キムミギョン

子供の頃、自分を捨てて他の男と付き合って傷ついてきた私を包んでくれた人。
ところで、彼女は彼をベッドに寝かせて、子供の父の友達キム社長と浮気をした。 
食っていくためのこともあったが、率直に言って女として愛もいた。 
今は、キム社長の妻が癌にかかったと、もう、妻に専念すると言って去っていくと言う。
痛くない。

そんなある日、ヘスが問い詰める。
娘との外れた愛にヘスを訪ねた。
このお母さんがお前にとって何なの? 
お前が精神科医なら、私の診断してみろ、私は今まで精一杯生きていたのに、娘にこんな扱いをされては生きられない。
私がうつ病なら薬を与え、私が気違いであれば直して。

大丈夫愛だ キャスト,チョインソン,コンヒョジン,登場人物,あらすじを含めて紹介しました。
大丈夫愛だ キャストと登場人物は公式ホームページから和訳しました。
ネタバレになるところもあります。
大丈夫愛だ 1話は7月23日の放送を予定しているので、ノヒギョン作家のファンたちが喜んでいる・・

The cse intext citations in the authordate system let your reader know web portal there exactly.

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ