恋愛の発見のキャスト,登場人物,相関図,あらすじ,ネタバレあり

恋愛の発見のキャスト,登場人物,相関図,あらすじ,ネタバレあり

恋愛の発見 キャストは、チョンユミ、ムンジョンヒョク、ソンジュン、ユンジニ、ユンヒョンミン、キムスルギなどが主要人物を演じる。
あらすじは、恋愛中の女主人公の前に過去を反省した元彼が現れながら、真の愛を見つけて行く韓国ドラマ ラブコメだ。
チョニュミはロマンスが必要2012を通じて、チョンヒョンジョン作家とは作業をしたことがある。
イジヌクとキムジソクの愛を一身に受けたヒロインだった。
イジヌクは8月17日韓国ドラマ「三銃士」を通じてお茶の間を訪れる予定である。
イジヌクとチョンヨンファの出演で話題を集めている韓国ドラマ「三銃士」へ期待も高い。





ムンジョンヒョク、神話のエリック!
彼はハンイェスルと一緒にした「スパイミョンウォル」が最後の作品だったと覚えているが、一時、エリック主演のドラマを何日にかけて一気に見た覚えがある。
火の鳥(2004)、新入社員(2005)、オオカミ(2006)、無敵の落下傘要員(2006)、ケ·セラ·セラ(2007)、最強チル(2008)、スパイ明月(2011)など。
2007年のエリック主演ドラマ「ケ·セラ·セラ」で、ムンジョンヒョクとチョンユミが一緒に出演したことがあって、そのときのベッドシーンやキスシーンまで話題を集めている。
7年ぶりの二人の演技はどのくらい成熟したのかをみるのも見所になりそう。





登場人物とキャストの詳細の中にはネタバレが含まれてるので、本番を楽しみたい方はパスしてね!
相関図は、真の愛に気づきながら関係図が変わっていくのが見所になりそう。

恋愛の発見 登場人物&キャスト

ハンヨルム cast チョンユミ

32歳、女。家具デザイナー、「夏&松(ヨルム&ソナム)」代表。 
ドラマ作家であるシンユンヒの娘。
作業室に出て生活している母親名義の家に友人ユンソル、トジュンホと一緒に住んでいる。
工房を構える時も、借用証を受けてお金を貸して、 毎月下宿代名目の「家賃」を受け取る母親の影響で幼い頃から現実的な生計型人間に育てられた。

チョンユミ

しっかりしていて素直である。 
明朗快活である。 
肯定的である。 
ユーモアがある。 

頭の中の計算機を叩いてみて利益があれば、鼻声で愛嬌もよく震えてお世辞もできるキツネだ。 
特に、恋愛においては、自分の欲望を正確に知って、自分に有利な方向へ導ける押し引きの高手。
形成外科医ナムハジンとは2年目恋愛に入った。

チョンユミ

チョンユミ

お互いの家を行き来するのが自然で、ジジュンホとソルの前で愛情行為を遠慮しないため、怒られることもあるがかわいい同い年のカップルである。 
周辺ではもう結婚しなければならないとうるさいがが、まだ結婚という言葉を具体的には口にしなかった。

久しぶりに安定した恋愛が進行しているときに、運命はこれ見よがしに彼女の前に一人の男を連れて行っておく。 
しかも、彼女の心を丸ごと揺さぶる男! 
その男の名は、カンテハ! 
二十二才、友人ソルの愛を探すために計画なくチンジュ行き列車に乗った時に出会った初キスの相手!
その後、5年を付き合った男、カンテハ! 
人は変わらないと言うのに、いいえ、人は変わっても、旧彼氏は変わらないって?

恋愛の発見 キャスト

恋愛の発見 キャスト

カンテハ cast エリック(ムンジョンヒョク)

34歳、男。 「DK建設」代表。 
仕事も恋愛も遮るもののない自信感と傲慢さに固く包まれた男。 
言いたい言は必ず言ってしまう直球の話法で、自分が欲しいものを明確に表現する。
繊細なので、他人が何に傷を受けるのかをよく知っている。

エリック

しかし、難しい性格のため、仕方なく傷をつける。
傲慢なので傷を与える時は、ぐちゃぐちゃと立ち上れないように踏んでしまう。
複雑な人間であるため、以内に後悔もして言い訳もあ言う。 
計算的であるため、世話をしたことは必ず顔を立てる。

他人は重要ではない。 
いつも自分の心が最も重要であり、傷を与えないために回りくどい人を卑怯だと思う。 
率直に話すのが相手のための配慮だと思う。

だから勝手だという言葉もしばしば聞く。
ジャポクという言葉もよく聞いたり、自信感が見栄っ張りに見えることもある。 

*ジャポクとは、自뻑(ポク)である。
漢字自との強烈な刺激で正常ではないという意味の俗語である「뻑(ポク)」が合成された新造語である。 
自分自身に陶酔して正常ではない。 
正気ではないという意味で使用されている。 
ゴンジュ病(姫コンプレクス)王子病などの代替語で脚光を浴びている。

頭が良い。 
勝負欲、当然強い。 
負けてたまらない。 
冷静に自分が得ることを得る。 
絶対に興奮することはない。

エリック

エリック

しかし、恋愛の決定的な瞬間には、大変ロマンチックな男だ。 
愛に陥ると、仕方なく小心な男にもなる。
そのような庸劣さのせいで、5年前にはヨルムと別れてしまった。 
気を引き締めてヨルムを懐かしがっていたある日、ヨルムが自分の足でカンテハの前に現れた。

彼女の恋人ナムハジンとセットで。 
だから、もう一度会ったヨルムを愛するようになり、心が複雑になる・・・
ところで・・・ちょっと。
まだ、二人が結婚をしたわけではないんじゃないの? 
そうだろう? 
そして、ハンヨルム、君は私の心に気づいたんだろう?

恋愛の発見 キャスト

ナムハジン cast ソンジュン

32歳、男。
整形外科専門医。
ボムボム整形外科院長。 
貴公子タイプの外貌、暖かく穏やかな性格、感情に流されない理性的な性格の持ち主。 
合理的で知恵がある。 
限りなく滑らかに見えるが、実際にはとても堅い人である。

ソンジュン

恋愛をする時も下手な押し引きで相手を混乱させない。 
瞬間瞬間を大切に思う充実した恋愛で相手に信頼を与える頼もしい男だ。 
この恋愛の方法で、ヨルム​​と無難に2年目恋愛中だ。

頭を使って自分を手懐けようとするヨルムの行動が読み取れるけど、あえて知っているふりしない。 
自分が合わせて行くほど愛らしい姿を見せるヨルムを知っているからである。 
相手が知らないうちに相手を飼いならす(?)ことを知っている愛屋(サランクン)。

ソンジュン

そんなある日、誰にも言わなかった痛い過去の中にだけ存在していたアリムと出くわす。 
そんなに探したか、いざとアリムが現れると、素直に自分のことを明らかにすることができなかった。
ただ、慎重にアリムに助けを与えることができることを見つけて親密な関係を維持することになる。 
ヨルムがアリムの存在を知り、彼女に対して聞いたとき、ハジンは二人の絆を、過去を打ち明けることができなかった。

ソンジュン

「ときめかしたね?そうだろう?私以外に他の女性を会いたがっていただろう。なあ?」
ヨルムが初めて聞いた時は明白に事実ではなかった。 
しかし、時間が経つにつれ、この心が何であるかを自分でも堂々とならない。 
今これ、ときめきなの?

アンアリム cast ユンジニ

27歳、女。
社会福祉専攻の大学生。 
不屈で活発だが、澄んでいる。
善良だ。
純粋で端正だ。
まろやかによく笑う。
そんな彼女の顔から孤児の陰を発見する人はいない。

ユンジニ

休学と復学を繰り返しながら学業を継続していて、もう、今学期だけ通ったら​​卒業である。 
一刻も体を休ませることを容認しないため、アルバイト(Part time jobs)はスリージョブ(three job)が基本である。 
このような境遇だからこそ恋愛は少し遠い話だと思っていたとき、彼女の人生にすごくハンサムなあしながおじさんが現れた。

突然、自分の腕の傷を治療してくれると言って近づいてきたその人、ナムハジン。 
優しすぎる先生だと思っていたが、ますます優しいハジンに引き付けられる。 
男と感じられる。 
世の中が冷たく、他人は他人であるということをよく知って、あきらめが早い女性だが・・・
彼に惹かれる心を諦められない。

ユンジニ

さらに彼は、彼女がそのように探していた人である。 
パンパンに満ちてくる欲望。 
もしかしたら、彼女はこの四角関係の中で最も熱く、断固だ。
彼女の愛は一度も負けず、自分の心を疑うこともない。 
我意でひたすらた一つの方向、ハジンだけを見る。

トジュンホ cast ユンヒョンミン

33歳、男。
整形外科専門医。
ボムボムの形成外科医。
ヨルムとソルが幼い頃から、近所で育った兄。 
親がニュージーランドに移住しながら、ヨルムの家に住むことになった。

ユンヒョンミン

基本的に楽観的である。 
親切である。 
遊び心も多い。 
ヨルムとソルに長く苦しめられたせいで、女性の心は誰よりもよく知ってよく合わせてくれる。 
拒絶、よくできない。 
実際は心がとても弱い。 
そうのため尻が軽くなった。
世の中は彼を浮気ものと呼んだ。

ユンヒョンミン

この女性、あの女性へと移りながら軽くって親切な恋愛をしていた。 
しかし、今ではそのような恋愛がうんざりだ。 
会って戸口調査をして口に合わない食べ物を食べてお金を使うのが時間の無駄のようだ。 
恋愛?すればいい。 
しかし、一旦、会うところまで意欲が生じない。
そんな中、長い冬眠に入っていた恋愛細胞が目覚める。

ユンヒョンミン

ユンソル cast キムスルギ

32歳、女。
家具デザイナー、ヨルム&ソナム(夏&松)の共同代表。 
ヨルムより一週間先に生まれた。 
両親同士親したので、ヨルム、ジュンホとは同じ村で兄妹のように親しく過ごしてきた。 
テコンドー館長をしていた父と教師だった母は、ソルが大学に入学するやいなや、父の故郷であるカンルンにペンションを運営しに降りて行った。

キムスルギ

子供の頃から友人の間で彼女のニックネームは「松/ソナム」であった​​。 
名前のせいではなく、まったく変わらない性格のためである。 
鈍くて、クマのようで、よく寝て・・・
本当に松のような女だ。

キムスルギ

恋愛が始まると、狂ったように一人で沸いてくるスタイル。 
前後のない真っ直ぐな言い方。 
計算せずに直進するだけの単純な女。 
嬉しいことを隠せず、全てを持ってあげてささげるが、理解できない理由で振られる。 
恋人だと思っていたチェウンギュに振られ、もう、恋愛人生のターニングポイントが必要だと思う。

キムスルギ

そんな時、一緒に仕事をすることになったユン室長と微妙な関係が形成され、これを楽しんでいたが、突然トジュンホが自分を好きなようだ。 
私の人生、突然なぜこんなにファンタスティックになったの?
これ夢?

シンユンヒ cast 未定

女、55歳。
ドラマ作家、ハンヨルムの母親
「信じて見るシンユンヒ」とマニアたちが称するほど視聴率や作品性で自分の世界を確保したドラマ作家。

彼女のドラマは暖かく、優しいドラマ、笑いながら見れるドラマという評価を受けている。 
特に、登場人物を魅力的に描き出すのに有能である。 
しかし、現実の中の彼女は、彼女が書く作品とは距離が遠くてもあまりにも遠い。 
老いるのが嫌で、お金が好きで、高級ブランドが好きで、贅沢で俗物的であり、二重的である。 
ショッピングじゃないと、執筆ストレスを解消する方法がない。

ドラマを通じて、切なる母性を描いた彼女だが、娘ハンヨルムには利己的な母親だ。 
特に、お金に関しては一銭も計算機をたたいてもらう。 
「血の膿を搾り出し作品を書いて稼いだお金を私が君となぜ分けて使う?二十歳まで育ててくれて食べさせたら良いだろう!」
徹底した彼女にも隙があるはず。 
娘であるハンヨルムにさえ素直になれなかったその事件以来、彼女はますます根気強く、自分を鍛えた。 
そんな彼女のすき間を受け止めてくれるのは、長い時間、彼女を見守って来たペミンスだけだ。

ペミンス cast 未定

男、56歳。
ドラマ製作会社代表。 
一時は、ジャンパーに野球帽を深く押し被って、撮影現場を号令する有名なドラマ監督だった。 
タフなビジュアルとは異なって、ロマンチックで叙情的な映像美で視聴者を泣かせて笑わせた彼は今はスーツが結構よく似合うクールな都市中年になった。
自由で柔らかいロマン主義者(ロマンチスト)だったが、今はすべて過去の話。 
ドラマ製作会社を経営しながら、いつのまにか鋭敏と冷静さが身に染みた事業家になってしまった。
唯一解放されるのは、自分を製作会社代表だけに接しないシンユンヒの前だ。

ユンジョンモク cast イスンジュン

男、37歳。 「DK建設」のデザインチーム室長 
テハの父が運営していた会社に入社してから、テハとの粘り強い縁が始まった。 
自分の下で大学生の時から仕事を習ったテハが自分のボスになることで戦勢が逆転されたが気にしない。 
だだ、自分をどもども苦しめるテハのせいで、恋愛がうまくいかないため死にそう。 
テハが恋愛する時はジョンモクができず、テハが恋愛を休む時はジョンモクが恋愛をしていた。

イスンジュン

問題は、まさに後者である時だ。 
ジョンモクが恋愛に邁進しようとすると、いろいろな種類の仕事を引っ張ってきて苦しめるテハのせいで、恋愛を終わらせるしかなかった。 
これだけあればどこに行っても何も欠かさずしっかりと年を取っていると思っているが、現実には、37歳独身男の人生を生きている。 
しかし、今、この瞬間、テハが愛にじたばたする絶好のタイミングにソルが目に入ってくる。 
年齢はどのように取ったのか、気を配ることの多いこの女にしきりに目が行く。

ハジンの母 cast ソンビョンスク

ソンビョンスク

女、56歳。 
ハジンの母。
エレガントな奥様に見せたい希望とは違って無茶で可愛いところがある。 
夫とポストイットで会話する「無言夫婦」。 
息子ハジンに対する愛着が強い。

チェウンギュ cast クウォン

クウォン

男、32歳。大企業のマーケティングチーム社員。
ソルのボーイフレンド。 
現実的であり、知的である。 
優れたビジュアルのため追いかける女性が多かったが、今の会社に入って来るまでは、恋愛も止めて就職準備だけに力を注いだ。
計算的になるために努力する。

チャンギウン cast チョンスヨン

チョンスヨン

女、35歳。シンユンヒの補助作家 
高速昇進をしていた大企業を蹴って出て、今は補助作家3年目。 
会社を辞めて補助作家になったが、恋愛はある瞬間から復帰できない。 
一時は、世紀のロマンスであるような、相手はロミオで、自身はジュリエットである命賭けの恋愛をしたと回想する。 
しかし、今、彼女は「結婚は狂った選択」と宣言し、老化の中で一番早く訪れる老化は、恋愛細胞の老化と確信して周りの人を冷ややかにさせる。

恋愛の発見 キャスト

恋愛の発見 キャスト
 
恋愛の発見のキャスト,登場人物,相関図,あらすじ,ネタバレありのまとめはここまで!
恋愛の発見 1話は8月18日放送を控えて出演者たちのファイトも記事を通じて伝わっている。
神話のエリックではなく、俳優ムンジョンヒョクとしてお茶の間を訪れる恋愛の発見への多くの期待に応えて欲しい・・・

Statistic isnt surprising, considering that 90% of www.essaynara.com reproductive clones dont.

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ