恋愛の発見 あらすじ,キャスト,相関図,登場人物,企画意図,ネタバレ

 

恋愛の発見 あらすじ,キャスト,相関図,登場人物,企画意図,ネタバレ

恋愛の発見 あらすじは、恋愛中の女主人公の前に過去を反省した昔のボーイフレンドが現れながら、真の愛を見つけて行くロマンチックコメディドラマだ。
キャストは、チョンユミ(ハンヨルム役)、ムンジョンヒョク(神話エリック:カンテハ役)、ソンジュン(ナムハジン役)、ユンジニ(アンアリム役)、ユンヒョンミン(トジュンホ)、キムスルギ(ユンソル役)である。
相関図は、主要人物たちの4角関係、それ以外にも恋愛が多数存在するので、登場人物の全員がなす恋愛が相関図になる。
キャストと登場人物の紹介を読むとネタバレになるけど、一度目を通してドラマを楽しむのがおすすめ!
恋愛の発見は、チョンヒョンジョン作家の地上波放送の初作品になる。
チョンヒョンジョン作家は、tvNドラマ、ロマンスが必要シーズン1からシーズン3まで書いて多くのファンを持っている。
女性3人が登場するので、韓国版セックス・アンド・ザ・シティ(Sex And The City, 2008)とも呼ばれた。





tvNロマンスが必要シーズン1のチョヨジョン、宮 -Love in Palace-(2006年、ユル役)で俳優として名を知らせたキムジョンフンの恋愛、そして、チェジンヒョクの純愛が主に描かれた作品だった。
シーズン2(tvNロマンスが必要2012)では、チョンユミとイジヌクの恋愛、そして、キムジソクの純愛が、シーズン3では、キムソヨンとソンジュンの恋愛が盛られた。
ソンジュン(年下の男)、ナムグンミン(職場の先輩)の間で、本当の自分の愛を見つけ出すキムソヨンの演技は最高!
ソンジュンとキムソヨンの海辺のキスシーンが今にも頭に残っている。
ドラマ恋愛の発見が始まる前に、tvNロマンスが必要シリーズを一度目を通しておくことをおすすめしたい。
チョンヒョンジョン作家の特徴は、男子主人公の内面が深く描かれることと、女主人公の素直に恋愛に向かう姿でしょう。





tvNロマンスが必要2012の女主人公チョンユミと神話のエリック(ムンジョンヒョク)が再会して話題を集めていた「恋愛の発見」がいよいよ8月18日の初放送を控えている。
ここでは、恋愛の発見の企画意図をもってあらすじを先に読んでみようと思っている。

恋愛の発見 トロットの恋人 後続

タイトル:恋愛の発見(韓国語:연애의 발견/ヨネエバルギョン)
要約:KBS2 月火 22時00分 放映予定(ラブコメ、2014年08月18日~)
製作:チョンヒョンジョン(脚本)、キムソンユン(演出)
キャスト:チョンユミ(ハンヨルム役)、ムンジョンヒョク(神話エリック:カンテハ役)、ソンジュン(ナムハジン役)、ユンジニ(アンアリム役)、ユンヒョンミン(トジュンホ)、キムスルギ(ユンソル役)
あらすじ:恋愛中の女主人公の前に過去を反省した昔のボーイフレンドが現れながら、真の愛を見つけて行くロマンチックコメディドラマ。

恋愛の発見 あらすじ

恋愛の発見 企画意図

新しい恋愛感受性のドラマ!

韓国のメロー映画が変わっている。 
20世紀には見られなかった異様奇怪な性格の所有者が主人公で出たメロー。
その恋愛の内容も過去の時代では、「愚かでデレデレとした恋愛」だと後ろ指を指されそうな恋愛談が、むしろ観客に「現実的である」「おもしろい」と言う好評を受ける。

なぜ?この時代の恋愛感受性が20世紀とは変わったからである。

しかし、映画が現実の恋愛感受性を恐ろしく追いつく、この時点でもTVドラマの恋人たちは、まだロマンチックな愛の神話から一歩も抜け出せない。 
何か異なるメローを作りたいと言う望みはあるが、メローの感受性には何の変化もなく、メローの背景だけを本の少し変えておく。
これで視聴者たちは言う。 
メロードラマ、今はうんざりと。 
「メローがうんざりだ」「メロードラマの時代は終わった」と。

恋愛の発見 あらすじ

このような視聴者の不満は、最終的に新しいメローを熱心に望んで欲望の異なる表現だと解釈することもできよう。 
そうならば、私たちももう率直な恋愛話をしてみよう! 
現実にしっかりと足をつけて、恋愛がどんなに私たちを苦しめるのか、どんなに醜いものにするのか、どんなにつらく私たちがせっかく被った仮面を脱がせるのかを!!

恋愛は動くもの、心は変わるもの?

去る者と近寄ってくる人の間、変わってしまった愛と始まる愛の間、守りたい気持ちと、既に変わってしまった心の間・・・
その生え際の多くの話をきちんと一度のぞいてみよう。 
すれすれときめく心と不埒な欲望、沸いてくる嫉妬と爆発するような怒り、私たちが「愛」だと信じるその感情の底に隠された利己心と執着! 
恋愛は動くもの。
心は変われるもの。

しかし、これらの愛にも真正性はある!!!
ユニークなキャラクターたち・・・
どうのこうの、左衝右突、泣きっ面に蜂、五里霧中、愉快溌剌、甘くて殺伐! 
このドラマは、よどみなく率直で、猫かぶりなくホットなロマンチックコメディだ!
しかし、最終的にはメローも人間の物語であることを忘れないつもり。

「彼らがどのように愛したか」を「彼らはどのようにお互いを理解し、コミュニケーションをしたのか」へ拡張させて、「彼らはこのように成長した」で仕上げるドラマ。 
従って、彼らの愛にもうなずいて、人生は生きるに値する価値があり、愛は美しいという結論を導き出したいと思う。

恋愛の発見 あらすじ

「恋愛の発見」レッドバージョンポスター公開「恋愛はホットだ」

KBS2新しい月火ドラマ「恋愛の発見」(脚本:チョンヒョンジョン、演出:キムソンユン、イウンボク)の制作陣は、「恋愛は戦争である」というテーマを盛り込んだメインポスターに続いて「恋愛はホットである」というテーマを盛り込んだレッドバージョンのポスターを公開した。 
公開されたポスターには、赤いバラの花びらがばらまかれたある空間にムンジョンヒョク(神話エリック)の腕枕へ横になったチョンユミ、そんな彼女の腰を枕にして横になったソンジュンが盛り込まれている。 
背景から、俳優たちの強烈な衣装まで赤い色にしており、「素直で熱い恋愛談」を前面に出した「恋愛の発見」の企画意図を象徴する。

恋愛の発見 あらすじ

制作会社ジェイイエスピクチャーズの関係者は、「恋愛の発見」を引っ張っていく主人公たちが皆30代でドラマは大人の恋愛を描く予定だ。
したがって、よどみなく率直で猫かぶりなくホットである。
レッドバージョンのポスターは、このようなドラマの雰囲気を込めたと説明した。

ドラマは恋愛2年目に入った真ハンヨルム(チョンユミ)とナムハジン(ソンジュン)カップルの間に、ヨルムの元彼氏カンテハ(ムンジョンヒョク)が登場してから広がる話だ。 
さる者と近寄って来る人の間、変わってしまった愛と始まった愛の間、守りたい気持ちと、既に変わってしまった心の中であらわれる恋愛の感情を率直に描き出す予定だ。 
「ロマンスが必要」シリーズを執筆したチョンヒョンジョン作家と、ドラマスペシャル「思春期メドレー」、「私は結婚する理由」などを演出したキムソンユンPDが意気投合して目を引く恋愛の発見 1話は、8月18日放送される予定である。

恋愛の発見のあらすじ,キャスト,相関図,登場人物,企画意図,ネタバレについての情報でしたが、次回は登場人物&キャストの詳細を紹介します。
恋愛の発見 登場人物&キャストは公式ホームページの和訳バージョンになります。

Also has guidelines for formatting your http://www.eduessayhelper.org manuscript: setting margins, labeling and

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ