明日もカンタービレ あらすじ,キャスト,登場人物,相関図,ネタバレ,ost,チュ・ウォン,韓国ドラマ,あらすじ

 

明日もカンタービレ あらすじ,キャスト,登場人物,相関図,ネタバレ,ost,チュ・ウォン,韓国ドラマ,あらすじ

明日もカンタービレ あらすじは、すべてを持っているが、心の一角が空いているチャ・ユジン。
そして、何も持ってないが充満したエネルギーに満ちたソル・ネイルがお互いを愛することで、トラウマを克服し、各自、指揮者とピアニストとしての人生を完成させていく青春ロマンスドラマだ。
青春ロマンスドラマと言えば、成均館スキャンダルが一番記憶に残る韓国ドラマだった。
ユチョン、パクミニョン、ユアイン、ソンジュンギと言うトップスターを生み出した作品でもあり、JYJユチョンはアイドル歌手から俳優へとイメージ変身に成功した作品でもある。
フュジョン時代劇と言うジャンルで、もっとも韓国らしい青春ドラマとして成功へ導いた成均館スキャンダルは時々DVDを見ながら楽しんでいる作品の一つでもある。




明日もカンタービレのキャストは、チュウォン(チャ・ユジン役)、シム・ウンギョン(ソル・ネイル役)、ペク・ユンシク(フランツ・シュトレーゼマン(Franz Stresemann)役)、コ・ギョンピョ(ユ・イルラク役)が主要人物を演じる。
登場人物の詳細は次回を持って紹介するつもりである。
ネタバレになることもあるので、パスしても良い!
ostが一番気になるところでもあるが、クラシックをテーマに持っているため、BGMや演奏曲で紹介される曲が多いと思われる。
ユアイン主演の密会でも、モーツァルト、ショパン、シューベルト、チャイコフスキー、バッハの曲が演奏されクラシックを知らない人も楽しめる場面を生み出した。
チュ・ウォン主演の韓国ドラマ 明日もカンタビレーは、女子主人公のキャスティングで多くの難航もあったが、最終的に、シム・ウンギョンという俳優がソル・ネイル(ソル・明日)という役を勤めることになった。




相関図は、原作が日本の「のだめカンタービレ」なので、大抵の流れは掴み取れると思う。
韓国では、「のだめカンタービレ」ののだめ役をどのように演じられるのかが見所になりそうである。
上野樹里が演じた野田 恵(のだ めぐみ)は魅力たっぷりの登場人物である。
「のだめカンタービレ」の大ファンでもあり、韓国ドラマの大ファンでもある私にとって、このドラマへの期待はかなり高い。
明日もカンタービレのDVDまで買っちゃうかも!

明日もカンタービレ あらすじ

恋愛の発見 後続 明日もカンタービレ

タイトル:明日もカンタービレ(ネイルもカンタービレ/韓国語:내일도 칸타빌레)
要約:KBS2 月火 22時00分 放映予定(全16話、韓国ドラマ、2014年10月13日~)
あらすじ:日本ドラマ「のだめカンタービレ」の韓国版リメイク版
すべてを持っているが、心の一角が空いているチャ・ユジンと何も持ってないが充満したエネルギーに満ちたソル・ネイルがお互いを愛することで、トラウマを克服し、各自、指揮者とピアニストとしての人生を完成させていく青春ロマンス。
製作:ハン・サンウ(演出)、シン・ジェウォン(脚本)
キャスト:チュウォン(チャ・ユジン役)、シム・ウンギョン(ソル・ネイル役)、ペク・ユンシク(フランツ・シュトレーゼマン(Franz Stresemann)役)、コ・ギョンピョ(ユ・イルラク役)

明日もカンタービレ キャスト

明日もカンタービレ 企画意図

絶頂のクラシックロマンスハーモニー!

<明日もカンタービレ>は、最終的に、永遠不変の若い青春らの愛についての話だ。

すべてを持っているが、心の一角が空いている男と、何も持ってないが充満したエネルギーに満ちた女。
極端的に異なって見えるこの二人の男女がお互いを心に抱くことで、お互いの人生を完成させていく物語。

ピアノ、バイオリン、ティンパニ、オーボエ・・・
それぞれの手につかれたその楽器に人生をかけてクラシックだけ見て走ってきた青春が全力を尽くして、その音楽を愛する物語。

明日もカンタービレ チュ・ウォン

万国共通の言語、「音楽」という媒体を持って出会った青春たちはそのように彼ら各自の方式で燃える恋をする。
そう、<明日もカンタービレ>は、若さと音楽が愛と一緒に織り成す絶頂のクラシックロマンスハーモニー!

2010年に出版し、現在までに300万部近く販売されたベストセラー「痛いから青春だ」、全国で売り切れ行列を起こした「青春コンサート」。
そして、回復されていない就業率、強度を増していく事件・事故、索漠とした生活の中で疲れてしまった人々が何で慰められているかを垣間見られるキーワードである。
元気な「青春」という理由で、競争の中で執拗に生き残るだけを強要される社会、競争が嫌いだと言うことさえも弱さの象徴で罵倒される社会。
<明日もカンタービレ>は、このように無理に競争の中で自分自身を押し入れるため、いつの間にか夢も幸せも失われた若者たちを慰める本格ヒーリングミュージックドラマ。

明日もカンタービレ シム・ウンギョン

オーケストラには競争がない。
自分だけ目立とうとしたら、決して良い音楽を完成させられない。
ひたすら調和を介してのみしっかりとした音を出すことができるオーケストラは、 多分、今の私たち若者が本当に望んでいる人生の形を示しているのかもしれない。

<明日もカンタービレ>のオーケストラ団員が示す真の和合。
これは、最終的に真の幸福への通路になるだろう!

明日もカンタービレ 韓国ドラマ

明日もカンタービレ あらすじ,キャスト,登場人物,相関図,ネタバレ,ost,チュ・ウォン,韓国ドラマ,あらすじについての紹介はここまで!
次回は、明日もカンタービレ キャストと登場人物の詳細を和訳(翻訳)を持って紹介しますのでよろしく^^

Heutzutage gengt in vielen berufen ein abgeschlossenes bachelorstudium als essay-schreiben.de karriereeinstieg

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ