朝鮮ガンマンのあらすじを企画意図から読む和訳(翻訳版)

朝鮮ガンマンのあらすじを企画意図から読む和訳(翻訳版)

朝鮮ガンマンのあらすじは復讐から英雄ガンマンに生まれ変わるイジュンギのアクションドラマと言えよう。
イジュンギ、ナムサンミ、ハンジュワンの三角関係のラブラインがメローを王と臣下たちの権力争い、剣客が一番だった時代からガンマンの時代への変化。
開化と新文明の受け入れ方、昔のものを守ろうとした人たち、権力、お金の順になっていた時代からお金が一番になっている現在の社会!
朝鮮ガンマンは今を生きる私たちにどのようなメッセジーを贈るだろうか?
イジュンギのアクションが期待される作品でもあるけど、犬とオオカミの時間で見せてくれたガンマンジュンギも見られるのが最も嬉しい。





朝鮮ガンマンのポスターとキャラクターポスター、1次ティーザー、2次ティーザーまで公開されいる中、初放送日が迫ってくる。
6月25日水曜日、いよいよ朝鮮ガンマンの1話がお茶の間を通じて放送される。
イジュンギの次回ドラマである最新ドラマは、イルチメ~一枝梅、犬とオオカミの時間を合わせたような作品になると思われる。
ジュンギさんのファンたちは最もすばらしいポスターを作成して、ドラマが始まる前から話題を集めてジュンギさんの次作、最新作を広報するのが有名である。
彼もファンの心を受け入れ、すばらしいファンたち!とtwitterを介して紹介したり感謝の気持ちを伝えたりする。
能力があれば、その広報に参加したいけど、まだ能力不足で活字を持って広報に努めたい。
機会があれば、レンタルdvdで彼の主演作を見ておきたい。
同じ考えを持っている方には、イルチメ~一枝梅と犬とオオカミの時間はおすすめ!





朝鮮ガンマン 企画意図の和訳

開化の渦の中で行われた剣と銃の対決。

建国以来、朝鮮を守っていた武器は剣だった。 
壬辰の乱の後、元陸軍を銃で武装させた朝鮮だったが、その中でも剣はまだ健在だった。

火縄銃は一発を撃った後、リロードをするのに長い時間がかかった。 
火薬を詰めて、鉛の弾丸を入れて、鉄の棒でそれを密着させ、点火芯をかけて・・・
結局、混戦になると、戦いを終えるのは剣の分け前だった。

**火縄銃とは、火縄の火で裂けるように作成された旧式の銃

しかし、19世紀に開発された西洋の後装塡式の激発銃は、このような観念を覆してしまう。 
今の銃​​のように弾を後ろに入れて引き金を引くと終わる新式銃は、敵の接近を容易に許さなかった。

開化期、新文物の荒波に乗って、朝鮮に流れてきた新式銃一丁。
逆説的に、その銃口の先端は開化を主張する王と士を向く。
ここに朝鮮一の剣客パクジンハンの息子であるユンガンが剣を捨てて銃で立ち向かう。

剣は最後の朝鮮の誇りだった。
そのような剣を捨てて銃を取るべきだったことは朝鮮の痛恨の現実だった。
しかし、喜んで銃という新世界を受け入れたのは、一方では朝鮮の勇気であった。

イジュンギ ナムサンミ 朝鮮ガンマン

復讐、それ以上の痛快さをプレゼントするヒーロードラマ。

両班。
代々朝鮮を支配した権力者たち。 
王が中国の皇帝に屈辱を受け民が朝貢の痛みにうなる間にも、唯一、自分の権力と富を守ることに没頭していた彼ら。

開化期に至っても両班たちは自分たちの既得権を守るため、開化を主張し、王の意に従う者たちを静かに暗殺する。 
死んでいった彼らの中にユンガンが大切に思い愛していた人もいた。

その復讐のためにガンマンになって現れたパクユンガン。
彼の活躍を介して全国民の「正義」が実現される痛快さをプレゼントする。

朝鮮ガンマンポスター

激変期を生きた朝鮮の若者たちの夢と愛。

9世紀東洋の思想家は、その時代を指して「まるで熱い火と冷たい水が出会うのと同じ」、「一つの体に二つの人生を経験するような」衝撃的な時代だと述べた。
開化期を迎えた19世紀の朝鮮の人々に関しても同様であっただろう。 
急に、向き合うようになった新世界。 
しかし、全身を投げて、その荒波を乗り越えていった人々。

剣を捨てて銃を取った朝鮮第一の剣客の息子パクユンガン・・・
新しい世界のために歴史の波の中に身を投じた女性、チョンスイン・・・
革命を夢見る領議政の庶子キムホギョン・・・
そして財力で世界を支配しようとする行商人団の女ジョプジャンチェヘウォンまで。
荒波の時代を生きた人々の交錯した運命を介して、開化期の若者として生きた先人たちの夢と愛を描いてみようと思う。

朝鮮ガンマンのあらすじを企画意図から読む和訳(翻訳)版を紹介した。
朝鮮ガンマン1話の放送日まで後一週間、お楽しみに・・・

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ