朝鮮ガンマンの相関図,キャスト,登場人物,イジュンギ主演韓国ドラマ

朝鮮ガンマンの相関図,キャスト,登場人物,イジュンギ主演韓国ドラマ

朝鮮ガンマンの相関図を完成するまでかなりの時間がかかりました!
一日の仕事になり、大変な暑さに耐えながら作業を終えました。
朝鮮ガンマンのキャストの中でイジュンギ、ナムサンミ、チェジェソンが再会して話題を集めています。
イジュンギ主演ドラマはジュンギさんが選んだから信じて見られると言うのがファンたちの声です。
今までロマンスが弱かった作品が多く、アクションが多い作品が多かった彼に聞くと、あるインタービューで苦労をしないといけないような気がすると応えました。





真夏の暑さに耐えながら時代劇と言うのは苦労って言うところではありません。
ファンたちのために、そして、朝鮮ガンマンを応援している方々のためにも健康な姿で撮影を終えて欲しい。
ジュンギさんのすばらしいアクションに英雄ガンマンまで期待しています。
朝鮮ガンマン1話ではイルジメ~一枝梅の時より成長した姿が見られるって嬉しい。
今回のドラマではラブラインも今までよりは多くあるそうなので、ファンたちの期待も益々UP。
朝鮮ガンマンの視聴率も期待できそう。
相対作がチョインソン、コンヒョジン主演の大丈夫、愛だとチャンヒョク、チャンナラ主演の運命のように君を愛すのため、好き嫌いが分かれると思います。
チャンヒョク、チャンナラも久々の再会なので、二人の出演に喜んでいる方も多い。





朝鮮ガンマン 登場人物とキャスト

パクユンガンとユンガンの周辺人物

パクユンガン キャスト イジュンギ

朝鮮ガンマン イジュンギ パクユンガン役

イジュンギ

朝鮮第一剣客であるパクジンハンの息子。 
父と妹の復讐のために刀を捨て、ガンマンに生まれ変わり民衆の英雄がなっていく人物。

パクジンハン役 チェジェソン

チェジェソン

朝鮮第一剣客であり、パクユンガンの父。 
高宗を護衛する宮廷護衛部隊であるムウィソの別將。 
王の改革意志を折るうとする守旧派とチェウォンシンによって強行される連続殺人事件を追いかけてチェウォンシンとぶつかることになる。

◎ムウィソ (武衛所) とは、朝鮮時代に王の宮殿を守ることを引き受けていた官衙。
高宗11年(1874年)において18年(1881年)に武衛営に名前を変えた。

チョンスイン キャスト ナムサンミ

ナムサンミ

朝鮮ガンマン チョンスイン

チョンスイン役 ナムサンミ

ユンガンが愛する女性。 
温室の中の花のように見えるが、実は好奇心が多く冒険を恐れない勇気があり、しっかりしている女性。 
開化思想を受け入れ、朝鮮時代の男女の規律と法道にとらわれず、新しい世界に向かって進もうとしている。

キムホギョン キャスト ハンジュワン

ハンジュワン

朝鮮ガンマン ハンジュワン

領議政の庶出(めかけばら)に生まれ、その束縛から抜け出そうと開化思想を受け入れ、新しい世界への革命を夢見る。 
革命の道で仲間として出会ったチョンスインを愛するようになる。 
パクユンガンに似たような道を歩みながらも全く別の傾向のため避けられない対立を立てる。

ハンジョンフン役 イドンフィ

ユンガンの仲良しであり、ザポチョン(左捕廳)捕教。
ユンガンと共に事件の背後を明らかにする。

◎捕盜廳(ポドチョン)とは、朝鮮時代には犯罪者を捕まえたり治める仕事を引き受けていた官衙。
ハンソン(現ソウル)とキョンギ(キョンギド)を左右に分けて左捕盗庁(ザポドチョン)と右捕盗庁(ウポドチョン)を置いた。

金丸役 大谷慶彦 

日本の武士。
ユンガンが民衆の英雄になる過程を助ける。
今まではベールに包まれた人物。

イムジェミ役 キムガウン

ヘウォンの行商人団に流れてきた逃げた奴婢出身で、ヘウォンに文字と算数を学ぶ。
鉱山開発のために立てたサンホィソのサファン(雑用係)でユンガンを補助する。

イムヨンセン役 未定

ジェミの父

朝鮮ガンマン 相関図

朝鮮ガンマンの相関図
 
悪党 チェウォンシンと周辺人物

チェウォンシン役 ユオソン 

ユオソン

朝鮮ガンマン ユオソン

朝鮮最高の狙撃手であり、チェヒェウォンの父。 
冷静で二重的な人物でパクユンガンを絶えず危機に追い詰めて対立を立てる。 
高宗の改革を妨害する権力層の背後で開化派の人物を一人ずつ処断する人物。

チェヘウォン役 チョンヘビン

朝鮮ガンマン チョンヘビン

チェヘウォン役 チョンヘビン

行商人団のジョプジャン(接長)で財力を手にして、強いカリスマを持った女。 
消せない過去のために、世界のすべての財力を所有しようとする欲望の化身。 
ユンガンに出会って愛の炎に包まれながら、彼に対する所有欲はチェヘウォンを悲劇の中に追い込む。

ソンギル役 チンソン
 
まだ世の中に隠れたもう一人のガンマン。
いつもチェウォンシンの影のように彼に従って遂行する。
 
宮廷の人々

高宗役 イミヌ

朝鮮の運命が頃刻にかかっていることを悟り、積極的に開化を推進し、新たな朝鮮を夢見る朝鮮の若い王。

キムザヨン役 チェジョンウォン

外戚勢力安東金氏の巨頭。
勢道政治を主張し、高宗と対立。

キムビョンジェ役 アンソクファン 

領議政。
キムホギョンの父。 
王の味方を装ったが、絶対的な守旧勢力。

歴史の人物紹介

*高宗(イフイ) 王家
出生死亡 1852年-1919年1月21日 
家族:配偶者明成皇后(ミョンソンファフ)、息子ヨンチン王(英親王)、スンジョン(純宗)、ウィチン王(義親王)父は興宣大院君

1897-1907の第1の帝国の皇帝 
1899対韓国国際頒布 
1897大韓帝国を宣言

◎高宗(イフイ):朝鮮第26代の王であり、大韓帝国の第1代皇帝(在位1863-1907)。 
明成皇后と大院君の勢力争いの中で、日本をはじめとする列強の介入を経験した。 
開化、守旧派の両派が対立し、丙子修護條約、韓米、韓英修護條約などが行われた。
*丙子修護條約:高宗13年(1876년)、丙子年2月に日本と初めて結んだ條約

*英親王:大韓帝国の最後の皇太子(1897-1970)。
名前はウン(垠)。 
光武4年(1900)にヨウンワンに捧げれてユンヒ(隆煕)1年(1907年)に立太子になったが、伊藤博文によって強制的に日本に連行され、日本の皇族イバンジャ(マサコ)と政略結婚をした。 
1963年に帰国した。

*純宗:朝鮮の第27代の王(在位1907-1910.8)であり、大韓帝国最後の皇帝。 
日韓新協約を締結し、これにより、日本人の韓国管理(官吏)任用を可能にして事実上の国内政治は日本人の手に渡った。 
日本の圧力で韓国軍を解散し、経済権、警察権、軍事権などを喪失することになり、結局、1910年8月29日、朝鮮王朝の終焉を迎えた。

*義親王:朝鮮高宗の第五番目の息子。 
母はグィイン張氏。 
1919年大同団のチェイクファンなどと協議、大韓民国臨時政府に脱出を図り、満州アンヅンで発覚され送還された。 
その後、何回か日本政府からの渡日を余儀なくされたが、拒否し最後まで排日精神を守った。

*興宣大院君:朝鮮後期の王族、政治家。
高宗の即位に大院君に捧げられて摂政を行った。
党派を超越した人材登用、書院撤廃、法律制度の確立で中央集権的政治の規律を確立した。 
しかし、景福宮再建で民の生活苦が加重され、鎖国政治を固執することによって、国際関係が悪化し、外来文明の吸収が遅れることになった。 
壬午軍乱、甲午改革などで引退と再執権を繰り返した。

朝鮮ガンマンポスター

イジュンギ ポスター

朝鮮ガンマン イジュンギ

イジュンギ ナムサンミ

ナムサンミ イジュンギ

朝鮮ガンマンの相関図,キャスト,登場人物,イジュンギ主演韓国ドラマと歴史の人物まで紹介しました。
イジュンギのドラマである朝鮮ガンマンに幸運があることを祈りながら今日はここまで!

Covered below, go to the reference area of the library and someone to do my homework online consult the cse style

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ