無限の愛 あらすじ・登場人物詳細とキャスト

無限の愛 あらすじ・登場人物詳細とキャスト

無限の愛 あらすじは、韓国の1980年代の政治的、経済的時代状況を背景に、女性主人公の仕事と愛を扱ったドラマだ。
下記は企画意図の和訳である。

無限の愛 企画意図

真実は目をそらしたら消えるものではない。
歴史の真実は、なおさらである。

1970年代から80年代、90年代を経て今日に至るまで。
韓国現代史を貫通して熾烈に生きた主人公たちを謙虚な気持ちで作品に招待しようとする。

そして、我々がすでに忘れて生きた現代史を振り返りながら、再び考察し、これから私たちと子孫たちが生きなければならない未来のためのインスピレーションと叡智を眺めることができる巨大な現代史の壁画のようなドラマ「無限の愛」。





携帯電話の普及、パソコン、ノートパソコン、アイパッド、スマートフォンなどが生活を変化させている現状で、たまにはアナログ的な感性に・・・ 久々に雨が続くと少し心が沈んでしまうけど、こんなときは韓国ドラマや韓国ドラマのostをたのしんだりする。 たまには、掃除をしたりして輝いている環境に感謝したり、体を休ましたり・・・ 今日は、リュスヨンファンのための知らせをまとめていく予定!





無限の愛、エンドレスラブ、エンドレス愛、無限のラブのタイトルを持ってかなり迷っていました。 でも、無限の愛がより純粋な感じがして親しみもあって これに決めました! 本当にエンドレスラブは存在するのかと一瞬思ったりして・・・

無限の愛 ポスター

無限の愛 キャストは、ファンジョンウム、チョンキョンホ、リュスヨンなどが主な軸になり、3人に関するラブラインと政治的な環境、経済的な環境の下で主人公たちの仕事と愛が描かれる。
チャインピョ、チョンドンファン、シムヘジンなどの中堅俳優たちの熱演と、若い主人公たちの野望と復讐、純粋な愛が期待される作品だ。
登場人物の相関図は、キムゴンピョ(チョンドンファン)家族、妻ミンヘリン(シムヘジン)、息子キムテキョン(キムジュン)、娘キムセキョン(チョンソミン)と、チョンテウン(チャインピョ)家族、妻チニャンジャ(チェジナ)、娘チョンヘジン(ソヒョリム)が大きな軸をなす。
そして、ソシンエ(ファンジョンウム)とハングァンフン(リュスヨン)とハングァンチョル(チョンキョンホ)が上記の家族と絡み合う状況になると思う。

無限の愛 1話

個人的には政治関係が絡み合う内容は好みではないが、リュスヨンの演技変身が期待される作品だ。
1980年代の韓国は開発が始められ、先進国を目指して国民みんなが力を合わせてGDPをUPさせるために努力していた時代でもある。
景気が沈滞している現状で、その時代の活気と、これからの時代を賢明に導くためにももう一度振り返ってみるべきでもあるかも。

無限の愛 リュスヨン、ファンジョンウム、チョンキョンホ
約30年ちょっとで変わった生活環境は言葉に説明できないほどだ。
携帯電話、パソコンなどのITの発展がもたらせたものは便利というキーワードを残した。
これからの時代がどのように変化していくかは予想もつかいないけど、残りの人生をみおくれることなく生きるためにも振り返る時間が必要だろう。
ある人には、思い出を刺激して、ある人には知らなかった30年前の姿が興味深くよってくるだろう。
演技にとってはたれにも負けない出演者たちの胸熱い物語が胸を高める。
無限の愛 あらすじはラブラインよりは多少思い物語が加わるだろう。
無限の愛1話はどのような話でその幕を開けるのか!

Of intelligent design cannot be taught in a science custom dissertation writing service course if it cannot.

関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ