猫はいる キャスト・登場人物・相関図・あらすじを含む

猫はいる キャスト・登場人物・相関図・あらすじを含む

猫はいる キャストと登場人物は、チェユンヨン(コヤンスン役)、ヒョヌ(ヨムチウン役)、チェミン(ユンソンイル役)、ドッコヨンジェ(コドンジュン役)、イキョンジン(ハンヨンスン役)である。
その他チョンヒョソンも出演する。
相関図はコヤンスンの家族とヨムチウンの家族が主な軸になり、男女主人公は猫探しから出会うことになる。
あらすじは、猫の縁で出会った男女がそれぞれ失われた猫を探している過程で、これまで知らなかった家族の隠された秘密を知ることになり、これにより、体験する葛藤と和解を描いたドラマ。
このドラマを通じて、希望と夢、そして、愛の意味をもう一度考える時間になるだろう。





主人公コヤンスン(チェユニョン)がこの世を去ったと思っていた父を捜して行く過程が「猫はいる」の主なあらすじ。 
猫は父が使用しているハンドルネームで、ヤンスンが父親の存在を知るようになる重要な手がかりとなる。 
また、野良猫ホープ(Hope)は、劇中の男女主人公を取り持つ継ぎ目として作用する。 
さらに、猫は社会から疎外された少数を象徴すると。
「猫はいる」は、失われた夢と家族を捜す過程で失われた希望と愛も見つける内容を盛る。 
経済的左折に夢を失ったまま生活のために住んでいる雑誌社の記者コヤンスン(チェユニョン)が偶然、車にひかれそうになった野良猫を救ったために起るエピソードを描き出す。





猫はいる 愛は歌に乗って 後続

タイトル:猫はいる(原題:고양이는 있다)
要約:KBS1月~金曜日 20時25分 放映予定(2014年6月9日~)
製作:キムウォンヨン(演出)、イウンジュ(脚本)
あらすじ:猫の縁で出会った男女がそれぞれ失われた猫を探している過程で、これまで知らなかった家族の隠された秘密を知ることになり、これにより、体験する葛藤と和解を描いたドラマ。
キャスト:チェユニョン(コヤンスン役)、ヒョヌ(ヨムチウン役)、チェミン(ユンソンイル役)、ドッコヨンジェ(コドンジュン役)、イキョンジン(ハンヨンスン役)
公式ホームページ:kbs.co.kr/drama/cat
猫はいる 1話 あらすじはチェユニョン(コヤンスン役)とヒョヌ(ヨムチウン役)が出会う媒体になる猫探しから始まる。

猫はいる キャスト&登場人物

コヤンスン役 チェユニョン

雑誌社の記者

「私の猫を返して!私に猫はお父さんとの思い出そのものなんだもん!」
5年前まで、彼女は裕福な家庭の両親の愛をたっぷり受けて、常に明るく、優しい娘としての役割を果たせば良い子供だった。

チェユニョン

しかし、父親の会社が倒産し、さらに悪いことにお父さんまで失うことになり、彼女の人生は完全に変わってくる。 
一日で家の中で家長になっているので若さも断念した。 
しかし、彼女にあきらめられない部分がある。
それは、パパと共有した夢と猫である。

たまたま野良猫を救って家まで連れてきたヤンスン。 
猫アレルギーにもかかわらず、甘やかす猫と一緒にいたある日。
民間探偵という男が現れ、猫の所有者が探していると言い、猫を奪っていく事件が起きる。 
そのように、ヤンスンと彼の悪縁が始まる。

チェユニョン0

ヨムチウン役 ヒョヌ

予備法曹人、あるいはフォトグラファー(写真作家)

「私の夢は、判事や検事ではないです。今からでも自分の夢を見つけるつもりです。」

猫はいる キャスト ヒョヌ

ただ勉強をよくしたのが間違いであった。 
成績が良いチウンに父ヨムビョンスは、巨大な期待を抱いたし、家を起こすことを強要してチウンを締め付けた。 
しかし、判事や検事になるべきだと、入学した法科大学は、チウンの適性に合わなかった。

適性に合わない勉強をしている間、時間は流れ流れていつのまにか20代後半、もう自分が好きなことをしたい。 
家には秘密にして勉強をやめた後、写真撮影を開始した。 
しかし、良いカメラを買って、写真撮りに行くためにちょっとした借金をしたのがチウンの足首をつかむ。 
お金が必要になったチウン、学校の先輩シンセキの探偵事務所から依頼を受けた猫を探すために没頭するようになり、結局、彼女に出会うことになる。 
絶対に猫を渡せないと言い張る女、なによりも怖い女、ヤンスンだった。

ヒョヌ ヤムチウン役

ユンソンイル役 チェミン

芸能人志望生

「私の夢は韓国を揺るがすスターになることです。だから、帰ってきたんです!」

ユンソンイル役 チェミン

ユン老人の孫でジョンヘの甥だ。 
芸能人の夢を抱いた、シンプルで、愉快でいたずら心が多い人物。
中学校の時、親と一緒にアメリカに教育移民を行ったが、芸能人の夢をかなえるために自分自身を金枝玉葉大切にしてくれたおじいさんがいる韓国に帰って来る。

しかし、いざユン老人はソンイルが覚えていた昔の祖父ではなかったし、ソンイルの夢についてむやみに賛成してくれない。
祖父の気に入ってもらうために、祖父のビル管理の仕事を始めるソンイル。 
しかし、祖父の心を得る前に、自分の心を奪われることが起きる、彼女は・・・

チェミン

ハンスリ役 チョンヒョソン

ヤンスンの入社同期

「コヤンスン、君を捕まるためには私は何でもできる。必ず君に勝ってみせる!」

ハンスリcastチョンヒョソン

雑誌社ワンダーウーマンの記者としてヤンスンと同じ年に入社した。
できばきと仕事を行い、常にエースとして賞賛を受けるヤンスンが理解できない。
自分より優秀なものがないように見えるのに、なぜ人々はヤンスンだけを認めるのかまったく分からない。 
ヤンスンが自分より優れたものはないと、無視しながらも、嫉妬心を感じている。 

キュートな発想で仲間を困難に陥れることもあるが、処世術に優れ、憎めたくても憎むことができない存在だ。 
学歴も良く外貌も良く、性格も良いチウンに惚れるが、チウンが自分の思い通りにならなかったため、いらいらし始める。

シンセギ役 キムヨンジェ

民間調査会社のシャーロック代表

「私はシャーロックを凌駕する韓国代表探偵が目的だよ。」

シンセギcastキムヨンジェ

仕事がうまくできる証券マンとして働いていたが、仕事を辞めて長年の夢を叶うため、民間調査会社を設立した。 
しかし、期待していた遠大な(?)任務は頼まれず、毎回浮気配偶者の後踏み、踏み倒されたお金を受け取るなどの些細な依頼の中に轢かれて生きている。 
探偵という夢を追って暮らしているが、オフィスのあるファサンビルに家賃を出すのもきつい。

チェドヒ役 ユンインゾ

ウンスクの同窓

チェドヒcastユニンゾ

雑誌社ワンダーウーマンデスク兼ウンスクの同級生。
仕事においては、一寸の間違いも許さない頑固な性格だが、男の前では尾九付いた九尾狐に変わる。
セギを置いてウンスクと犬猿の仲になる。

ジュンア役 コドヨン

ジュンアcastコドヨン

雑誌社ワンダーウーマン記者

ミスの多いワンダーウーマン末っ子。

ファンテス役 バンサンユン

趣味はギャンブル、特技は取り立てであるヨムビョンスの部下で別名ファンテと呼ばれる。

ここまで、猫はいる キャスト・登場人物・相関図・あらすじを含めて探ってみました!
猫っていう媒体を通じて、主人公たちは希望を見つけ真の愛をみつけるだろうか?

For the publisher, use the abbreviation univ for. http://leadingessaysites.com

関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ