王の顔のあらすじ,キャスト,韓国ドラマ 時代劇,全24話,ソ・イングク,イ・ソンジェ,チョ・ユニ

 

王の顔のあらすじ,キャスト,韓国ドラマ 時代劇,全24話,ソ・イングク,イ・ソンジェ,チョ・ユニ

王の顔 あらすじは、庶子出身で王世子に上がって16年に渡って、廃位と殺害の脅威に苦しめられた光海が、観相を武器にして運命を克服して、王になるまでの過程を描いた水木ドラマである。
イ・ドンウク主演のアイアンマンの後に放送される予定である。
その次の作品は2014年の放送予定である優しくない女たち(韓国語:착하지 않은 여자들)になりそうだが、現在、決まった状態ではない。
王の顔 キャストは、ソ・イングク(光海君 役)、イ・ソンジェ(宣祖 役)、チョ・ユニ(キム・ガヒ 役)、キム・ギュリ(仁嬪金氏 役)が主要人物を演じる。
光海(ソ・イングク)の波乱万丈な成長ストーリーと一人の女性を置いて三角関係に置かれる父の宣祖(イ・ソンジェ)と息子光海の悲劇の愛を描いた「感性ファクションロマンス活劇」。
光海君が世子時代から宮の内部の敵と外部の難から常に君主の資質のテストを受け終える。
その末に、王にそびえ立つまでの成長ストーリーを根幹に、一人の女性を置いて三角関係に置かれた先祖と鉱害の親子対決と悲劇的な運命につながる赤色のロマンスが繰り広げられる。



最近の韓国ドラマ 時代劇の特徴は、想像の世界を加えた作家のアイディアが輝いている。
イ・ミンホ主演の信義(シンイ)、ペ・ヨンジュン主演の太王四神記、ユチョン主演の成均館スキャンダルなどファクション時代劇が流行っている。
時代劇の場合は、歴史そのものがネタバレになるため、歴史に想像でつくられた物語を加えて、視聴者たちの想像の世界を繰り広げられる。
時代劇の特徴よりは、想像の世界で完成されたもう一つの歴史、我々が望んでいた仮想の歴史とも言えよう。
ソ・イングクはダイエットのアイコンとも呼ばれているが、彼のダイエット成功記の中には、苦しかった挑戦が隠れている。
イ・ソンジェも最近、注目されている俳優であるが、最も印象に残っている作品はイ・スンギ主演の九家の書で見せてくれた悪役(?)
チョ・ユンヒという女優は、長い間俳優として活躍して来たが、注目されたのは、イ・ジヌク主演の「ナイン:九回の時間旅行(韓国語:나인: 아홉 번의 시간여행)でのラブリーな姿(個人的な意見)。



タイトル:王の顔(韓国語/ハングル:왕의 얼굴)
概要:KBS2 水木 22時00分 放送予定(全24話、2014年11月19日~)
あらすじ:庶子出身で王世子に上がって16年間、廃位と殺害の脅威に苦しめられた光海が観相を武器にして運命を克服して、王になるまでの過程を描いたドラマ。
製作:ユン・ソンシク(演出)、イ・ヒャンヒ(脚本)
キャスト:ソ・イングク(光海君 役)、イ・ソンジェ(宣祖 役)、チョ・ユニ(キム・ガヒ 役)、キム・ギュリ(仁嬪金氏 役)

王の顔 企画意図

人間社会は、顔が支配する!

20世紀のフランスの哲学者、サルトルはこう言った。
「人間社会は顔が支配する。」

王の顔 あらすじ

顔にはその人が生きてきた人生の軌跡が化石のように刻まれている。
顔には、森羅万象があり、吉凶禍福が込められている。
人の顔には、過去・現在・未来が盛られている。

観相は私の相を見るのではなく、他人の「相」を手本として私の人生を振り返るものであると言われている。
観相は、単に顔を介して心を読むことに止まらず、時流とその時代の社会像を読み取るものである。
宗教が神を訪ねて行く道なら、観相は人を探していく道!
人を得て、世界を得ること!
それが観相である。

朝鮮時代、生まれの貴賎がすぐにその人の運命であった身分制社会という
その巨大な壁を崩そうと、自らの運命に立ち向かって、もがいて、挑戦した人々・・・
このドラマは、自分の運命に挑戦していた悲運の王者光海が悲惨に耐えてきた16年間の世子時代の話だ。

朝鮮王朝史上、最も長い世子時代の間、絶えず殺害の脅威に苦しめられながらも、結局、王の座に上られた理由は何だろうか?
正に、人の心を読める目!
「観相」という武器であった。
このドラマは、世子光海が王の座に座るまでの逆境を耐え抜いた成功ストーリーと、女人キム・ガヒとの美しいが悲劇的な愛の話だ。

顔を介して心を読み、時流を読み解くことで、結局は天下を手にした光海!
彼の屈曲した人生を介して、この世界最高の価値は、愛と犠牲であり、
「観相不如心相」という絶対不変の真理を振り返って見ようとする。

人は本当に観相に沿って生きるのか・・・
お互いがお互いを共存させてくれる相はどのような相であり、極する相とはどれか・・・
「観相」という素材が与える魅力だけ、賢い人生の指針となる、感動のドラマになろうとする。

王の顔 キャスト

 王の顔 キャスト&登場人物

[主要人物]

光海君 役ソ・イングク

ソ・イングク

ソ·イングク:光海君役(朝鮮の15代国王、宣祖の息子、諱は琿)

宣祖の最初の後宮だったゴンビン金氏の次男として生まれた。
壬辰の乱と呼ばれる変数の中で得られた世子の座を、なんと16年間守り出し耐えた悲運の王であり、在位期間中には既得権勢力と戦った改革君主であった。

*諱とは、韓国·中国·日本などで王や諸侯などが生前に使っていた名前。

宣祖 役/光海君の父親 cast イ・ソンジェ

イ・ソンジェ

イ・ソンジェ:宣祖役(朝鮮の14代国王、光海の父、諱は昖)
王権継承の正統性に対するコンプレックスと誰か自分の王座を狙っているという不安で狂気に悩まされている小心で鋭敏な性格のいじらしい王。

キム・ガヒ役 cast チュ・ユニ

チェ・ユニ

チェ・ユニ

チョ·ユニ:キムサングン役(宣祖の承恩尚宮であり、光海の初恋、名前はガヒ)
朝鮮時代という身分制社会で自らの運命を切り開いた女性で、光海と宣祖の愛を同時に受け、光海とは一生涯をかけて、大切に思い恋しがっていた。

仁嬪金氏 役 cast キム・ギュリ/宣祖

キム・ギュリ

キム・ギュリ:仁嬪金氏 役(後の仁嬪、宣祖の第二後宮、後日、定遠君(元宗)の息子である仁祖の祖母)
信城君と定遠君の母后で、息子である信城君を王座に上げるため、政治的な野心を燃やす女性で、宣祖が生涯で最も寵愛していた後宮である。

キム・ドチ役 cast シン・ソンロク

シン・ソンロク

シン·ソンロク:キム・ドチ役(大同契の一員)
白丁(肉屋)の息子として生まれ、貴賎のない大同した世界を実現するという夢を見て、鄭汝立(チョン・ヨリプ)と一緒に大同契を作り、王になってみるという欲求を抱いている。

*大同契とは、宣祖22年(1589年)に、鄭汝立が謀反を図るときに集めた団体。
毎月15日に係員が集まって武術を磨いて酒食を取りながら、李氏王朝を追い出す計画を企てた。
全州で王が出るという噂を操作したりした。

王の顔 あらすじ

[その他の人物]

ペク・ギョン役 cast イ・スンジェ
イ・サンヘ役 cast アン・ソクファン
チョン・チョル役 cast チュ・ジンモ
キム・コンリャン役/仁嬪金氏の兄 cast イ・ビョンジュン
臨海君役/光海君の兄 cast パク・ジヒョン
懿仁王后役/宣祖の正妃 cast イムジウン
コ・サン役 cast イ・ギヨン
チョン・ヨリプ役 cast チェ・チョルホ

王の顔 あらすじ

*キャスト&登場人物は後ほど詳細な和訳を持って紹介する予定です。

王の顔のあらすじ,キャスト,韓国ドラマ 時代劇,全24話,ソ・イングク,イ・ソンジェ,チョ・ユニの詳細はここまで。
次回のキャスト&登場人物をお楽しみに・・・

Um sich an der preisvergabe zu beteiligen, muss der student eine essay-schreiben.de bachelorarbeit mit praxisbezug aus wirtschaftswissenschaften an einer niederschsischen universitt im jahr 2014 verfasst haben

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ