私の生涯の春の日 キャスト,登場人物,あらすじ,相関図,ネタバレに注意!

 

私の生涯の春の日 キャスト,登場人物,あらすじ,相関図,ネタバレに注意!

私の生涯の春の日 キャストは、カム・ウソン、チェ・スヨン、イ・ジュニョク、チャン・シニョンが主要人物を演じる。
あらすじは、心臓移植を受けた女性が、元心臓の主人であった女性の夫に出会って愛を感じるようになる。
そして、彼の家族にも愛を感じる・・・
登場人物、相関図の詳細は下記の方に掲載されているが、ネタバレにはご注意を。





私の生涯の春の日のあらすじを読んだとき、夏の香りを思い出させるのは無理ではないだろう。
ソンソンホン、ソンイェジン主演の「夏の香り」はユン・ソクホ監督の季節シリーズの一つ。
「春のワルツ」、「夏の香り」、「秋の童話」、「冬のソナタ」とも名作だったが、その中でもペヨンジュン、チェジウ主演の「冬のソナタ」がもっとも有名である。
ソンスンホン、ソンヘギョ主演の「秋の童話」もとても悲しい物語だった覚えがある。
久々に韓国ドラマのDVDでも見てみようかと言う気がする。





「夏の香り」でも元の心臓の持ち主が愛した男を愛するようになる内容が盛られたから、今回のドラマも似たような感じ?
でも、家族と言う枠の中で、恋人の兄と彼の家族を愛するようになることは悲劇になりそうな感じもある。
相関図をみると余計に切なくなる・・・

企画意図は告知を受けて限られた時間を生きていた一人の女性が、臓器移植を通じて新しい心臓をもらい、熱情ある人生を歩んでいる。
ある日、自分に心臓を寄贈した女性の夫と子供たちに出会い、愛に陥る。
そして、世の中でもっとも美しく特別な縁で結ばれた人々の物語と紹介されいる。


私の生涯の春の日 相関図

私の生涯の春の日 相関図

私の生涯の春の日 キャスト&登場人物

カンドンハ(45歳) cast カム・ウソン

韓国を代表する畜産会社「ハヌラオン」のCEOとしては過度に気さく・・・を超えてくたくたである。 
倹素さと気さくさが程度を超えて、貧しくまでみえるのに2番目と言うには悲しいほどのルックスを持っていた。 
妻がいたときは世話をする人がいるから、ひげをそって、シャワーを浴びて、着る物もきれいに洗濯されていたが、妻を失ってからは待っていたかのように、みすぼらしく貧相が最高潮に登板。
頂点の状態を維持している。

カンドンハ(45歳) cast カム・ウソン

カンドンハ(45歳) cast カム・ウソン

カンドンハ(45歳) cast カム・ウソン

誰よりもプルンとバダを大切に愛していた妻スジョンを青い海で失った。 
そのように、ドンハの始めてあり最後の愛が終わった後、ドンハは彼女が去った記憶を胸に抱いて後悔と自責と恋しさで、毎日を真冬の中で暮らしている。 
だから寒い。
身も心も・・・

妻の命日・・・
とても日差しが暖かく、とても眩しかったその日、妻を失った海でボミに会った。 
そして、熱く情熱的なボミが凍りついたドンハを溶かす。

お酒も、仕事もなく、他の人によってドンハは暖かさを感じて当惑する。 
それもそのはず、かなり若い女ではないか、しかも、私の弟の恋人ではないか・・・

ところで、なぜ私の目は彼女に固定され、私の心は彼女に向かうのだろうか。 
絶対に生じてはいけない事が、起きられないことが生じていた。

イ・ボミ(27歳) cast チェ・スヨン

ヘギル病院臨床栄養士。
お父さんが病院長であり、母親が理事長だからいい加減に、休みながら働いてもいいのに。 
患者たちに、よりおいしく、より栄養の高い食品を食べさせたいと言う透徹したプロ精神で、朝市で安くて良いものが入って来たかを見て回ることで、一日を始める。

イ・ボミ(27歳) cast チェ・スヨン

イ・ボミ(27歳) cast チェ・スヨン

イ・ボミ(27歳) cast チェ・スヨン

イ・ボミ(27歳) cast チェ・スヨン

ひどいほど情熱的に働く彼女の裏には、罪悪感が位置している。 
拡張性心筋症で死ぬ日を待っていたが、心臓移植手術を受けて新たな人生を生きているボミ。 
誰かの人生を代わりに生きているので、いや、誰かが私の代わりにこの世を去ったので、その人の分まで、二倍、三倍、懸命に生きなければならないという強迫がいつも彼女を支配する。 
みんなが恋愛する時は病気だったし、病気が治った後は仕事のみで生きて、恋愛の技術においては、白紙の状態に近い。 
担当医師であるドンウクに励ましと支持を受けて回復する間、彼にかなり頼って、それが愛だと信じていた。
自然に、結婚を約束したが、愛ではなく、仕事がいつも優先である。

手術後5年目を迎えるある日、自分に来た心臓がウド(牛島)から来たことを知っていたボミは感謝の気持ちを伝えるために、生まれて初めて済州を訪問する。
そして、ドンハの家族に出会い、彼らに惹かれて、その理由がドンウクの家族だからと思うが、ボミの心臓はそれではないと言う。 
それこそ愛だと言う。

カン・ドンウク(35歳) cast イ・ジュニョク

韓国最年少の心臓専門医。 
ヘギル病院を代表するスター医師だ。 
ボミの親である、病院長ヒョクスと理事長ミョンヒの絶対的な信任を受けている。

カン・ドンウク(35歳) cast イ・ジュニョク

カン・ドンウク(35歳) cast イ・ジュニョク

カン・ドンウク(35歳) cast イ・ジュニョク

カン・ドンウク(35歳) cast イ・ジュニョク

兄の妻を愛していた。 
いや、義理の姉である前に、幼なじみであった​​スジョンを、心から愛していた。 
初恋だった彼女が、彼の将来のすべてだった彼女が、よりによって兄と結婚した。 
痛いけど、いい。よかった。幸せだった。 
二人の愛が、義理が、情が見るによかった。 
私にもいつか愛する女性ができたら、私も彼らのように生きようと思っていたのに、その幸せな家庭が崩れてしまった。

愛していた女性が病院に運ばれてきたが、何もできなかった。
助けてと泣き叫ぶ兄にドンウクができるのは、臓器提供勧誘だけだった。 
そして、義理の姉の心臓がボミへ移植されることを見守る。 
ボミの担当医になってボミの心臓を守ると決める。
義務のように・・・

自分を誰よりも大切に愛してくれたジウォンとの結婚を決意したが、彼女がソン会長と恋人関係という事実を知って彼女から去る。
ジウォンのために崩れられていたドンウクに力を与えたのは、スジョンの心臓を持ったボミだった。 
強い生命力で健康を回復し、情熱的に働くボミを見てドンウクは再び立ち上がって、一生彼女をそばで守って行くと決心する。

しかし、ボミが兄を見る。
プルンとバダを見る。
彼らに向かったボミの涙が、これまで以上に明るい笑顔が怖い。 
本当に、ボミの心臓は、いいえ、スジョンの心臓は、自分の家族を覚えているのだろうか・・・
ドンウクは怖い。
愛する人をまた兄に失うかと言う心配で・・・

ペジウォン(32歳) cast チャン・シニョン

ヘギル病院経営企画室長。 
冷たく冷静で計算が速いだけでなく、優れた美貌と洗練された語り口、賢明さまで兼ね備えており、人をうまく扱う。 
病院のマスコットだったロビーの​​案内職時代、義理の姉を失って仕事のみ邁進していたドンウクと愛に陥って同棲までしていた。

ペジウォン(32歳) cast チャン・シニョン

ペジウォン(32歳) cast チャン・シニョン

ペジウォン(32歳) cast チャン・シニョン

噂や誤解でドンウクと別れた後、ジウォンの才能を見抜いた病院の実質的な投資家であるソン会長の助けを借りて逃げるように留学に上がり、 
喪失感に耐えず、ドンウクとの関係を回復しようと戻ってきたときは、ドンウクのそばに既にボミがいた。 
言い訳をして、握りしめて、元に戻したくなかった。
ボミを嫉妬することも、ねたむこともなかった。
ドンウクが、ボミのお陰で幸せに見えたから。

現在はソン会長の手足に、ヘギル病院を守ろうとする理事長ミョンヒと対立を成している。 
ジウォンが去った理由を誤解して軽蔑を日常的に行うドンウクだが、いつもドンウクを助け、アドバイスして彼のそばを守る。
ミョンヒの提案にドンウクの兄ドンハとお見合いまでする。 
そして、ドンウクを助けることが自分に恵みを施したソン会長の指示に反することになると、ジレンマに陥ることになるが・・・

ドンハの人々

カンプルン cast ヒョンスンミン

ヒョンスンミン,ギルジョンウ,チェ・スヨン

ドンハの娘。
7歳の時、お母さんを失ったプルンは、お母さんの代わりにお父さんとバダを世話するのが人生の目標だ。
ヒゲを剃らないお父さんに小言もはばからず、バダの宿題を見てあげるため、自分の勉強は後回しである。
本当に立派で善良だが、まだお母さんの手が必要な十代の思春期少女でもある。
そのためか、ウド(牛島)で偶然出会ったボミが暖かくてよかった。
なんだかお母さんに申し訳ない。

カンバダ cast ギルジョンウ

ドンハの息子。 
間違いなく7歳の男の子のように遊び心性が高い。 
お父さんと話よりも姉の話をもっとよく聞く。 
時には、何も考えず言うバダの言葉がドンハの胸をさす。

ユンスジョン cast ミンジア

ユンスジョン cast ミンジア

ドンハの妻であり、ドンウクの初恋。
家出したプルンを見つけてくれたボミを忘れない。
いつか恩返しをすると決心するが、目に見えない縁の力で自分の心臓をボミに与えることになり、無意識の状態でボミにお願いする。
自分味わっていた幸福をボミが受け継いでくれるよう・・・
自分の最後の挨拶を伝えて欲しいと・・・

パクヒョンウ cast イジェウォン

パクヒョンウ cast イジェウォン

ハヌラオン広報と秘書室長。 
財閥家の息子、経営学を専攻した留学派の秀才。
どこにでも行けるほどスペックが優れているが、留学時代に会った晩学留学生ドンハに惹かれてドンハの手足を自任する。 
ドンハのビジネスはもちろん、私生活まですべてに割り込んでアドバイスを惜しまないが、あまり受け入れられてはない。

ナヒョンスン cast カンブジャ

ドンハのお母さんであり、ハヌラオン工場長。 
嫁が去った後、自分が子供面倒を見れば、サドン(嫁の母)の行くところがないと思って工場に付きた小部屋で一人で過ごす。 
スジョンの死に起因する傷が大きい。 
したがって、病気だったボミを嫁に受け入れたくないため強く反対する。

チェボクヒ cast チョヤンジャ

ドンハの義母(妻の母)。 
娘が死んだ後、ソウルに上京して孫の世話をしている。 
貧しい家庭で生まれて、貧しく暮らして、肉体を動かした分だけ稼いでいたから、ドンハが稼ぐ十円一枚もったいなく大切に思い、他人にも無駄使いを止める。
最近の子供の育て方も知らず、学ぶ気もなくただバダを抱いて育てる。
もしも義理の息子が再婚すると、ウド(牛島)へ戻って暮らすために、小遣いを貯めている。

チョギルドン cast チャンウォンヨン

ハヌラオン所有の牧場全体を管理している総務チーム長であり、ドンハの竹馬の友。

ボミの人々

チョミョンヒ cast シムヘジン

ボミママ。
強いカリスマでヘギル病院を導いていく理事長。 
下降傾向に乗っている病院の財政回復のために、スター医師であるドンウクが必要である。 
しかし、ボミの夫としては、ドンウクが完璧に気に入ったわけではない。
病気だったボミに医師であるドンウクが最善だと思うだけだ。
ボミの健康を過度に気にしているため、時にはボミとぶつかったりもするが、彼女も結局、娘が不幸に暮らすのではないかと心配する母親であるだけだ。

イヒョクス cast クォン・ヘヒョ

ボミのお父さん。 
ヘギル病院の病院長だが、かつてのミスで病院運営に介入できないかかしの立場。
自分の無力さが妻にいつも申し訳ない。 
お金にならないという理由で停止した、臓器移植センターを再建したいけど夢だけだ。
予備義理の息子ドンウクと世代を超えた友情を交わす。

ソンビョンギル cast イギヨン

建設会社会長でありヘギル病院理事。
ミョンヒとヒョクスの大学同期である。 
ヒョクスの天才性を認め、ヘギル病院に投資する。
ミョンヒとヒョクスのかけがえのない友人であるが、やはりビジネスマン。 
病院運営に関心がなかったが、アラブの医療都市建設の提案を受けてヘギル病院を吸収して人材を引き抜きしようとしたソン会長。
これまで物心両面で支援してきた支援を利用して黒本音をだんだん露出する。

チュセナ cast カ・ドゥッキ

ヘギル病院調理師。
ボミの唯一の友人であり、実の姉妹のように近い人物。 
純粋で世の中を知らないボミに現実的で直接的なアドバイスをためらわずにしてくれる。

私の生涯の春の日 キャスト

私の生涯の春の日 キャスト

私の生涯の春の日 キャスト

私の生涯の春の日 キャスト

私の生涯の春の日 キャスト

私の生涯の春の日 1話

私の生涯の春の日 キャスト,登場人物,あらすじ,相関図,ネタバレをまとめました。
少女時代ではなく、俳優スヨンの演技が期待されているこの作品が多くの人々に愛されて欲しい。
私の生涯の春の日 1話は9月10日に放送される予定だ。

Disturbing http://www.essaynara.com the solar system: impacts, close encounters, and

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ