韓国ドラマ ライアーゲームの見所は?全12話,イ・サンユン、キム・ソウン、シン・ソンロク主演

 

韓国ドラマ ライアーゲームの見所は?全12話,イ・サンユン、キム・ソウン、シン・ソンロク主演

ケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ライアーゲーム」の見所を紹介する。
マイシークレットホテルが終わって、10月20日にスタートする「ライアーゲーム」韓国版の魅力は?
ライアーゲームは、甲斐谷忍の同名漫画を原作に、お金の前に置かれた人間のさまざまな群像を込めた極限心理追跡劇だ。

「のだめカンタービレ」 – 「ライアーゲーム」日本原作リメイク、交錯した悲喜双曲線

日本原作リメークドラマが交錯した評価の上に置かれた。
「その冬、風が吹く」、「職場の神」、「女王の教室」、「怪しい家政婦」などで2013年一回ブームを巻き起こした日本原作リメークが再びお茶の間で放映されている。
「のだめカンタービレ」と「ライアーゲーム」がその主人公。
二つの作品は、すべて日本の漫画が原作で、日本でドラマに作られ一回リメイクされて旋風的な人気を呼んだ作品である。
そのため、いくつかの韓国ドラマのファンにも決して目新しい作品ではない作品である。
これに、韓国的に再解釈される二つのドラマに対する関心と懸念が増幅されているのは事実であるはず。



似たような時期に放映をスタートした二つの作品は、残念ながら視聴者たちに交錯した反応を得ている模様である。
日本の「のだめカンタービレ」(2006)を原作にした韓国版KBS2「明日もカンタービレ」は、女優キャスティングから演技力論議まで開始から今までずっと耳障りな姿だ。
視聴者の全面的支持の中でキャスティングされたが、劇の重責を引き受けたソル・ネイル役のシム・ウンギョンを向けた批判的世論もかなりの状態だ。
ドラマ的な特色を生かせなかった演出的な責任もたまに言及されている。

一方、10月20日初お目見えしたtvN「ライアーゲーム」は、かなりの好評の中で巡航を始めた。
ジャンル的な特性をよく生かしながらも、原作を損なわないラインで適切なリメイクが行われたことが好評を送る視聴者のほとんどの立場である。
ここに「極限心理追跡劇」というドラマのタイトルは、最近ジャンルドラマに陥った視聴者の関心を存分に引いた。
原作を知らない人にとっても、原作と比較する人にとっても、「ライアーゲーム」は、十分に見応えのある作品であることに間違いなかった。
日本で同じく大きな愛を受けた二つの作品だが、韓国で二つの作品を眺める温度差は克明だ。
これは、通常の海外リメイク作品がそうであるよう。
韓国的な情緒がどれだけうまく溶け込んだかにの違いに帰結される。



「明日もカンタービレ」で最も台頭する問題は、コンセンサス(consensus)の不足である。
原作ドラマでは、可愛らしくて漫画的な演出と俳優たちのオーバーな​​演技が味を加え、動く漫画を見るような感じをプレゼントした。
「明日もカンタービレ」では、漫画的演出を思い切って削除したが、ソル・ネイルのキャラクターが原作と似たようなオタクキャラで描かれ、やや静的な劇の中で単独で飛ぶ走る格好になった。
ソル・ネイルの誇張された演技は一部の見る人にとって可愛いより不快に近づいてきただろう。
結局、原作の色も韓国的な情緒も考慮していない第3の結果物が誕生してしまったのだ。

ライアーゲーム&明日もカンタービレ
のだめカンタービレ

ライアーゲーム

一方、「ライアーゲーム」は、漫画的なあいまいな設定をより明確にし、韓国らしく解釈した。
原作で神崎が半強制的に意図せずゲームに巻き込まれるが、ナム・ダジョン(キム・ソウン)は、自分の境遇を自ら変えてみようとゲームに参加した。
原作で正体が明らかになっていない事務局主催の閉鎖空間がゲームの場所だったら、リメイクでは再起を控えた放送局の指揮下で行われる設定に劇的楽しさを与えていた。

韓国版 ライアーゲーム

結局、海外リメイクの成否は、韓国の視聴者とのコンセンサス(consensus)にかかっている。
「職場の神」が、韓国内会社員の哀歓を溶かして成功したリメイク作品で取り上げられているのに対し、「女王の教室」は、啓発的で明確な主題意識を持っても粗野なキャラクターを原作からそのまま真似してきた理由で、原作の人気を上回れなかった。
「明日もカンタービレ」また、失敗と成功岐路に立っている。
「ライアーゲーム」が早目に有利な立場に先取りした中で、「明日もカンタービレ」がリメイク成功作隊列に上がれるか、今後の展開を見守る必要があるだろう。

素朴な借金だらけの女子大生ナム・ダジョン(キム・ソウン)と、最年少の心理学教授出身の天才詐欺師ハ・ウジン(イ・サンユン)が、企画者兼MCカン・ドヨン(シン・ソンロク)が準備したリアリティショー「ライアーゲーム」に参加して広がる話を描く。
いよいよベールを脱ぐ「ライアーゲーム」をさらに楽しめる3つの見所を探ってみた。

韓国ドラマ ライアーゲームの見所は?

韓国ドラマ ライアーゲーム

◎ゲーム版上さまざまな人間群像

初放送に先立って公開されたティーザー映像の中、「お金の前に人の本性は明らかになります。」というカン・ドヨンの言葉のように、巨額の賞金がかかった「ライアーゲーム」で参加者たちは、人間のさまざまな群像を示す。
誰かは何とも無く裏切り、誰かは顔色を伺っていて比較的に強者の側につく。
他の誰かは、その中で無力な犠牲者になることもある。

果たして純真で、優しくて、人間の本性が善と信じているナム・ダジョンは冷酷なゲーム版で勝利の突破口を見つけられるか注目される。
また、最年少の心理学教授出身ハ・ウジンは天才的なプレーで劇的反転をもたらし、視聴者にカタルシスをプレゼントするのか期待を集める。

◎原作漫画と比較するのも楽しい

「ライアーゲーム/Liar Game」は、目立つ天才性とぴんと張っている緊張感でマニアの間では最高と挙げられる甲斐谷忍の原作漫画を元とする。
そこに、韓国人の情緒に合った設定変更でストーリーの蓋然性(プロバビリティー)を高め、面白みを極大化する計画だ。
原作中の正体不明の事務局を放送局に設定して「ライアーゲーム」をリアリティ・ショーに作った部分がまさにそれである。

「ライアーゲーム」の企画者でありMCカン・ドヨンという人物も韓国ドラマで誕生させたもので、今後「ライアーゲーム」の存在理由を説明するためのキーポイントとなる予定である。
制作陣は、日本のドラマ「ライアーゲーム」のリメイクではなく、原作漫画の新しい解釈を通じたドラマ化だと言い、原作漫画、日本のドラマとはまた違った魅力を感じられるだろうと伝えて期待感を高めた。

◎俳優たちの情熱に生まれ変わったキャラクターたち

韓国ドラマ ライアーゲームキャスト

イ・サンユンは、ドラマ制作発表会で、柔らかくまっすぐな「国民の義理の息子」のイメージを果敢に脱いで、天才詐欺師ハ・ウジン役を演じるために、ヘアスタイル、ファッションはもちろん、体重まで減量して、、惜しみない努力を傾けたと明らかにした。
その結果、一目に見てもシャープでスマートなイメージを吹きだして、ハ・ウジンキャラクターそのものに変身することに成功したという評価だ。
撮影現場でも前作では見られなかったカリスマあふれる演技を披露してファンたちの期待を増している。

キャスティング当時から純粋で素朴なヒロインナム・ダジョンとの100%シンクロ率で話題を集めたキム・ソウンは、最初の撮影から5億ウォンの札束でいっぱいになった重いカバンをあちこちへ引きずって飛び回りながら熱演を広げた。
周辺スタッフたちの心配にもかかわらず、熱情いっぱいの演技で劇の完成度を高めていると言う製作陣の伝言だ。

鋭い分析力を持った企画者であり、MCカン・ドヨン役を引き受けたシン・ソンロクは、絶え間ないキャラクターの研究を介して鳥肌が立つ没入度を見せている。
まるで、自分がカン・ドヨンに成り済んだような自然なセリフで、現場の雰囲気を盛り上げて驚き与えているという裏話だ。
三人の俳優の輝く情熱で生まれ変わった高級キャラクターの誕生が期待される。

一方、「ライアーゲーム」は、10月20日初放送を皮切りに、毎週月、火曜日午後11時放送される予定だ。

「ライアーゲーム」、「ジーニアス」を超える心理ゲーム誕生になるのか?

「ライアーゲーム」が「ザ・ジーニアス」で始まった心理ゲーム熱風を引き続くことができるか。
10月20日初放送を控えたtvNの新しい月火ドラマ「ライアーゲーム」について、視聴者が熱い関心を見せている。
「ライアーゲーム」は、日本甲斐谷忍の同名漫画を原作で、お金の前に置かれた人間のさまざまな群像を込めた極限心理追跡劇である。
原作漫画は、日本だけでなく世界的な愛を受け、これに力づけられて2007年には日本のフジTVで、これをドラマで製作した。

2013年初放送されたtvN「ザ・ジーニアス:ゲームの法則」は「ライアーゲーム」舞台をバラエティーに持って来た。
13人の挑戦者がスタジオという限られた空間に閉じ込められてゲームを解いていく姿は、予想以上に大きな反応を呼び起こした。
「ザ・ジーニアス」は、毎回よりスマートなゲームと勝負の過程で現れる出演者の出し引きのない感情などを公開して大きな支持を受け、最近のシーズン3まで製作されて放映中だ。
「ライアーゲーム」リュ・ヨンジェ作家は2014年10月13日、ソウルノンヒョン洞インペリアルパレスホテルで開かれたtvNの新しい月火ドラマ「ライアーゲーム」の制作発表会で、tvN「ザ・ジーニアス:ブラックガーネット」と同時期に放映されるのに対し、「お得だと思う」と明らかにした。

韓国 ライアーゲーム1話

リュ・ヨンジェ作家は「ライアーゲーム」でとても重要な部分が、とにかく何らかの形で(「ザ·ジーニアス」を介して)露出になるという気がする。
しかし、むしろそのような若干の知的なサバイバルジャンルが大衆にもっと知られ、より楽しまれるきっかけになったという面ではよいと思う。
「ザ・ジーニアス」が大きな人気を集めているだけに、私たちがそのプログラムの利点を持って来ることができないかと思う。
たとえば、身分証明書を盗むなどそのようなショーで起きそうと思われるものを作品に取り込むことができるようだ。
視聴者の皆様にも、現実にあんな番組があるからこそ極化された形でより強く「ライアーゲーム」というドラマで表現されていると受け入れられるかと予想している。

韓国版「ライアーゲーム」の中で最もユニークな特徴の一つは、舞台をリアルサバイバルプログラムとして設定したものだ。
「ライアーゲーム」のリアルバラエティーバージョンとも言える「ザ・ジーニアス」が実際に放映されているだけに「ライアーゲーム」の中の話が視聴者たちに、より現実的に映ることができるという意味だ。
背景からキャラクター設定まで、日本フジTV「ライアーゲーム」とは、他の選択をしたtvN「ライアーゲーム」が「ザ・ジーニアス」が火をつけた心理ゲーム熱風の火種を続けて行けるのか注目される。
一方、tvNの新しい月火ドラマ「ライアーゲーム」は、甲斐谷忍の同名漫画を原作とお金の前に置かれた人間のさまざまな群像を込めた極限心理追跡劇である。
キャストは、イ・サンユン、キム・ソウン、シン・ソンロクが主演を引き受けた。
ライアーゲーム1話は10月20日午後11時に放送される予定である。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ