韓国ドラマ リセットのキャスト,あらすじ,登場人物 チョンジョンミョン,キムソヒョン主演 全10話 最新版

 

韓国ドラマ リセットのキャスト,あらすじ,登場人物 チョンジョンミョン,キムソヒョン主演 全10話 最新版

リセット 神のクイズシーズン4 後続

タイトル:リセット(reset)「韓国語:리셋」
あらすじ:過去を忘れたい熱血検事と、その秘密を知って、常に検事を連続殺人事件に引き込ませる正体不明Xとの対決を描いたドラマだ。
キャスト:チョンジョンミョン、キムソヒョン、パクウォンサン、チェジェウン、シンウンジョン、ソンハユン
要約:OCN 日曜日 23時00分 放映予定(全10話、2014年08月10日~)
製作:キムヨンギュン(演出)、チャンヒョクリン(脚本)
公式ホームページ:program.interest.me/ocn/reset





ドラマの紹介

すべて消していた彼女までも・・・ 
記憶 追跡スリラー

明晰な頭脳と冷静な判断で、前科者の間では悪魔と呼ばれる検事、チャウジン。 
様々な犯罪事件でも冷静な彼でさえ、振り払うことができず記憶を封印してしまった過去には、自分が守りきれず自殺した初恋の記憶がある。
復讐のために、彼は検事になった。 
狂ったように、力を尽くして捜査に邁進したが、犯人を見つけず終わる。





法的時効は終わったが、苦痛の時効は終わらなかった。 
ところが、相次ぐ殺人事件を引け打っていた中現れたその奴、Xがウジンの秘密を知っている!
連続した殺人事件の中の中心にいるようなXは、ウジンの過去を口実に彼を何度も連続殺人事件に引き寄せる。
すべてをかけなければ解けるXとの対決。
今、すべてをかけたウジンと正体不明Xとの息詰まる対決が繰り広げられる!

「リセット」チョンジョンミョンのメインポスター

「リセット」チョン・ジョンミョンのメインポスターが公開された。 
OCNの新しいドラマ「リセット」(脚本:チャン・ヒョクリン/演出:キム・ヨンギュン)が主演俳優チョン・ジョンミョンをメインに打ち出したポスターを公開してカリスマあふれる強烈な感じで視線をひきつけている。 
記憶の追跡スリラー「リセット」は、犯罪には断固とした検事と正体不明Xの息詰まる対決を描いたスリラー物だ。 
チョン・ジョンミョン、キム・ソヒョンなどトップスターとパク・ウォンサン、シン・ウンジョンなど演技力の強固な新スティラーのキャスティングで視聴者たちの期待を集めている。

韓国ドラマ リセット キャス

リセット キャス

 リセット キャスト

リセット キャスト

今回公開された「リセット」のメインポスターはチョン・ジョンミョンの強烈な印象で視線を一気にひきつけている。 
チョン・ジョンミョンは劇中の初恋を犯罪で失って激怒の際、犯人を捕まえるために凶悪犯罪の事件のみに掛かる検事チャウジン役を演じる。 
モノクロのポスターでは、15年前に封印されている暗い記憶からまだ抜け出せていないような印象で正面を見つめている。 
握っているペンは、劇中、封印された記憶を解く装置として使用されることが知られ神秘さと気がかりなことを加えている。

リセット ポスター

また、ポスターの中央に表示されるXは、正体不明の容疑者である「X(エックス)」を意味している。
ウジンは自分自身を操縦しようとするXとの対決を予告するように封印された記憶を解くための意志を完全に露出しており、さらに緊張感を高めている。 
「リセット」の制作陣は、今回のポスターに「記憶の追跡スリラー」としての凝縮された雰囲気を取り入れうとした。 
ウジンを操縦しようとかかるXの重圧感、事件を解決するためにパズルを合わせるように記憶をたどっていくウジンの強烈な意志を現わしたチョン・ジョンミョンの演技力、劇全般に流れる闇の中、封印された記憶の雰囲気がよく表現されているようだ。 

リセット ポスター
2014年の夏、最高のスリラードラマで挨拶させていただくために熱心に撮影に臨んでいると期待感を伝えた。

これと共に、最近OCNのオンエアを介して公開した「リセット」の最初のティーザー映像も関心を集めている。 
チョン・ジョンミョンとキム・ソヒョンが出演した15秒の映像は短い分量にもかかわらず、強烈な印象を残して期待感を刺激している。 
キム・ソヒョンはチャウジンの15年前の初恋スンヒ役と疾風怒濤の十代の女子高生ウンビ役で、1人2役を消化することになり、最初のジャンルドラマの主演としての水準級演技にも期待が集められている状況だ。 
もう一つのウェルメイドドラマで期待を集めているOCNの新規ドラマ「リセット」は、現在キャスティングを完了して撮影しており、メディカル犯罪捜査劇「神のクイズシーズン4」の後続で2014年8月10日午後11時初放送される予定だ。

リセット キャスト&登場人物の最新版

チャウジン cast チョンジョンミョン

チャウジン cast チョンジョンミョン

チョンジョンミョン

チョンジョンミョン

チャ・ウジン役(32歳/チョン・ジョンミョン – ソウル地検検事)

「Xがそこにあるからです、私の手に血をつけずにそいつを捕まることができません。」

特技は違法である。 
引き受けた事件においては徹頭徹尾だが、不遇な過去と致命的な傷を抱いて生きる人物だ。 
韓国で最も一般的なアイテムというペンを利用して催眠術をかけて相手の告白を受け止める知られていない最高レベルの催眠の巨匠。 
偶然に出会ったウンビが殺人容疑者として逮捕されてきて、ウジンには手に余る巨大な殺人事件が相次いで起きる。

全てが自分を狙って展開される特異な事件の前で、ウジンは何年も自分で封印しておいた辛い記憶を徐々によみがえらせるしかなくなる。 
結局、自分を向けた一連の事件を別名「X字標識の殺人」と規定し、「X」の実体に接近することを決心する。

チョウンビ cast キムソヒョン

キムソヒョン

チョウンビ役(17歳/キム・ソヒョン – 高校生)

「昨日、私は正体不明の20代のキラーから検事さんの命を救ってあげたのよ? 2回も?」

特技は短く固定した制服のスカート、派手な化粧、特に疾風怒涛の思春期のホルモンにさらされた非行少女。 
文字通り、膝蹴り(ニキク)が上手に飛ばす飛行青少年である。 
殺人事件の容疑者として検察庁に逮捕されてきたウンビの濡れ衣をウジンが脱がしてくれる。

しかし、すでに家でも追い出された身分になってしまったウンビをハン係長の家に送り、ウジンとも一つ屋根の生活が始まる。 
思いっきり飛ばす膝蹴りと華麗な身のこなしが現れる時は女戦士の力が感じられるたり、か弱くて繊細な少女の姿を見せたりもするキャラクター。

スンヒ cast キムソヒョン

キムソヒョン

キムソヒョン

「君、私にキスしたいだろう?」

スンヒ役(キム・ソヒョン) 
記憶の中に封印されたウジンの美しい初恋。 
ウジンと一緒にいた瞬間、恐ろしい事件を経験した後、自殺してしまった。 
事件の公訴時効が過ぎてしまった後、ウジンは彼女の記憶すべてを消してしまう。

コ捜査官 cast パクウォンサン

コ捜査官 cast パクウォンサン

パクウォンサン

コ捜査官役(42歳/パクウォンサン – ソウル地検ウジンオフィス所属の従業員)

「いやぁ、検事さん来ましたか?」

チャウジン検事をそばで忠実に補佐してくれる警察庁派遣捜査官。
長いキャリアを積んだため、判断力が速く、直感が鋭いで果敢である。
同僚であるハン係長ともそれなりの駆け引き(ミルダン)をしながらどたばたしてる。
かつて国家試験の準備に歳月を費やしたが、勉強ではなく、現場の体質であることを削減し、現在はソウル地検のクールなベテラン捜査官ウジンとハン係長とは、会社の同僚であり、同じ建物に住んでいる近くて遠い隣人。

ハン係長役 cast シンウンジョン

ハン係長役 cast シンウンジョン

シンウンジョン

ハン係長役(40歳/シンウンジョン – ソウル地検ウジンオフィス所属係長)

「起訴は検事がするが、訴状は係長が書くことご存知でしょう?」

表面上は弱々しく見えるが、内面は強い性格の持ち主。 
20年経歴を持つベテラン、検察公務員として、仕事においては徹頭徹尾、しかし、不思議な男の問題だけは難しく、よく解けない。
ウジンオフィスの係長として、上下関係ではなく、母親や姉のような気持ちでチャウジン検事を補助している。 
早くもバツイチになった彼女は、ウジンの頼みでウンビと同居しながら厳しいが、暖かい姿を見せてくれる。

ユンヒ役 cast ソンハユン

ユンヒ役 cast ソンハユン

ユンヒ役 cast ソンハユン

チャウジンの死んだガールフレンドスンヒの妹。 
姉の死のためにチャウジンがずっと苦しみ続けていることを思いやりを持って眺める人物。 
チャウジンを恋慕する感情を持っている。

部長検事 cast チョンギュス

検察庁部長検事。 
危急な瞬間、いつもウジンにSOSを要請する上司。 
犯罪者検挙に役立つウジンを利用する。

キムドンス cast チェジェウン

検察庁検事。 
名誉とお金を追う俗物検事。 
ウジンにライバル意識と被害意識を同時に感じている。

キム会長 cast キムハクチョル

GKグループ会長 
巨大グループの会長。 
甘やかし育てた息子をXから失って、ウジンを利用して復讐しようとしている。

Author when youre quoting, and often science writers will www.pro-homework-help.com/ give the credentials!

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ