韓国 傲慢と偏見のあらすじ,キャスト,全20話,チェ・ジンヒョク 主演,検事の物語

 

韓国 傲慢と偏見のあらすじ,キャスト,全20話,チェ・ジンヒョク 主演,検事の物語

傲慢と偏見,あらすじ,キャスト,登場人物,ネタバレ,企画意図,見所,ost,視聴率,全20話,韓国ドラマ,傲慢と偏見 あらすじ,傲慢と偏見 キャスト,韓国ドラマ 傲慢と偏見,韓国 傲慢と偏見,相関図について述べてみようとしている。
傲慢と偏見のあらすじは、法と原則、人との愛を武器に、悪者と対決する検事の物語で、お金がなくて力なく、罪のない人が傷を負わないように努力しているルーザー検事たちの孤軍奮闘を盛り込んだドラマだ。
キャストは、チェ・ジンヒョク(ク・ドンチ役)、ペク・ジニ(ハン・ヨルム役)、チェ・ミンス(ムン・ヒマン役)、イ・テファン(カン・ス役)、ソン・チャンミン(チョン・チャンギ役)が主要人物を演じる。
チェ・ジンヒョク&ペク・ジニ主演の「傲慢と偏見」は全20話を予定していて、検事の話を扱うそうだ。
映画「傲慢と偏見(Pride & Prejudice)」は、ときめく愛を始めるとき、男性が陥りやすい「傲慢」と女性が破り難しい「偏見」・・・すべてを超えた真実で美しい愛に近づいていくと言う話が美しく感じたこともある。
現在放送中のチョン・ユンホ&チョン・イル主演の「夜警日誌」の後続として放送される予定である。
東方神起のメンバーであるユノユンホの活躍が公表されている「夜警日誌」の視聴率が現在一位の座を占めているため、傲慢と偏見の視聴率も期待されている状況だ。




チェ・ジンヒョクとペク・ジニはMBC月火ドラマ傲慢と偏見の主人公に抜擢された。
このドラマは、仁川地方検察庁を背景に検事をめぐる物語を扱う。
チェ・ジンヒョクとペク・ジニは検事の先輩と後輩として出演する。
ク・ドンチ(チェ・ジンヒョク)は、高卒出身検事で、通常、真面目に見えないが法と原則を遵守する勝負師である。
ロースクール出身修習検事ハン・ヨルム(ペク・ジニ)は、被害者に代わって罪人を処罰しなければならないという信念で働く。
一方、チェ・ミンスは、部長検事ムン・ヒマン役を引き受けたし、ソン・チャンミンは賭博場をひょいひょいとのぞきこむ無職チョン・チャンギを演じる。
イ・テファンはテコンドー選手出身の捜査官カン・ス役を引き受けた。
詳細な登場人物&キャスト&相関図は後ほどUPする予定!




傲慢と偏見 夜警日誌 後続

タイトル:傲慢と偏見(韓国語:오만과 편견 )
要約:MBC 月・火 22時00分 放映予定(全20話、2014年10月27日~)
あらすじ:法と原則、人との愛を武器に、悪者と対決する検事の物語で、お金がなくて力なく、罪のない人が傷を負わないように努力しているルーザー検事たちの孤軍奮闘を盛り込んだドラマ。
製作:キム・ジンミン(演出)、イ・ヒョンジュ(脚本)
キャスト:チェ・ジンヒョク(ク・ドンチ役)、ペク・ジニ(ハン・ヨルム役)、チェ・ミンス(ムン・ヒマン役)、イ・テファン(カン・ス役)、ソン・チャンミン(チョン・チャンギ役)
公式ホームページ:imbc.com/broad/tv/drama/op

傲慢と偏見 企画意図

傲慢と偏見 あらすじ

全くお粗末な時代を送っている。

生きていつもいいことばかりもないけど、いつも悪いことばかりもないはずなのに。
ある時代は、本当に長い間悪い。
悪すぎて、結局、悲惨な痛みと残ってしまう。

誰もが目の前の利益だけを選択した結果だ。

いつからか。
お金のためなら人の命なんて簡単に知らないと言ってしまったし。
力の前に原則と定義を捨てるのは当然だと信じていた。
勝つことが正しいことで他人は敵であるだけで。
冷静さが美徳であり、惻隠の情はおせっかいであり。
奪うことは能力であり、奪われることは無能だと考えた。

習慣のように傲慢で、偏見に歓呼した。

おかげで韓国は。
弱い者だけでなく、平凡な人まで崖に立ててしまう罪深い世の中になってしまった。

だからといって何をどうするだろうか。
どこから間違ったのかも分からないし、怒りを発する元気も、悲しむ時間もないことを。
何だ、分からない。
寝てしまえ。
と思って横たわっていて、ふと・・・思う。

ところが・・・大丈夫なのか?
このままで、このように、だだ二手を離したまま目を閉じてしまっても。
本当に・・・大丈夫だろうか?

傲慢と偏見 あらすじ

韓国ドラマで検事が出演する作品は、成功したことが少ない。
それは、メディアの自由がどこまで保障されるかに答えがあるだろう。
民主主義と言うけど、韓国はメディアの自由が本当にあるだろうか。
見所は、政府や政治の押しにどこまで妥協するのかが視聴率の数値として現れるだろう。
政治や社会問題を扱うドラマを目ざわりと思っている人々が存在限り、韓国ドラマは日本ドラマのヒーローのような作品を生み出しにくいかも。
でも、最近は言論の自由や民主主義を求める声が高まっているため、このようなドラマの製作も可能になったと思いたい。
キム・ミョンミン主演の「改過遷善」も弁護士を表に、社会問題や政経癒着を描いたが、早期放映終了と言う結果になってしまった。
視聴率が低かったと思う人もいるけど、本当にそれだけだったのかと疑問が残る。
企画意図の和訳を持って、傲慢と偏見,あらすじ,キャスト,登場人物,ネタバレ,企画意図,見所,ost,視聴率,全20話,韓国ドラマ,傲慢と偏見 あらすじ,傲慢と偏見 キャスト,韓国ドラマ 傲慢と偏見,韓国 傲慢と偏見,相関図についてまとめてみた。

傲慢と偏見 キャスト

Prentice hall reference guide for professional writing, http://smartyessay.com muriel harris

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ