コンユ主演「鬼」,キャスト,登場人物,寂しくて輝く神-鬼,ost,相関図,鬼,BTOB ソンジェ,韓国ドラマ

 

コンユ主演「鬼」,キャスト,登場人物,寂しくて輝く神-鬼,ost,相関図,鬼,BTOB ソンジェ,韓国ドラマ

“私は水であり、火であり、土であり、風であり、光であり、闇である。そして一時は人間だった”

コンユ主演の韓国ドラマ「鬼:ドケビ(韓国語:도깨비)」のキャストは、コン・ユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユ・インナなどが出演する。
BTOB ソンジェ(ユク・ソンジェ)が演じる登場人物は、財閥3世代ユ・ドクファ役である。
ドラマのタイトルは、寂しくて輝く神-鬼(鬼:도깨비)で、BTOBが歌うostへの期待はBTOBのファンだけではない。
相関図、いわゆる人物関係図は、コン・ユ(キム・シン役-鬼)、キム・ゴウン(チ・ウンタク役-人間の花嫁)、
イ・ドンウク(ワン・ヨ役-記憶喪失にかかった死神)、ユ・インナ(キム・ソン役(サニー:Sunny))がお主な軸を成す。
BTOB ソンジェは、ドラマで、金のさじをくわえて生まれたという言葉も不足した程度に達した大手企業の長孫ユ・ドクファを演じる。
ありふれた財閥3世のように、反抗心に燃えて事故を起こしがちなキャラクター。




誘致だ、話にならないと言いながらもチャンネルを止めるキム・ウンスク作家の筆力が今回も通じるだろうか。
KBS 2TV『太陽の後裔』で韓国はともかく世界を揺らしたキム・ウンスク作家がtvN『寂しくて輝く神-鬼』を持ってお茶の間へ戻ってくる。
コン・ユ主演の『鬼』は2016年12月02日から放送される予定だ。
早くからコン・ユが、男性主人公に指名され、キム・ゴウンが「鬼」の女の主人公を演じるというニュースが伝えられた。
それにロマンチックコメディー主演・助演歴は誰にも負けないイ・ドンウクまで彼らと力を合わせてドラマを完成していく予定だ。
期待感が大きくなるのは当然だ。




しかし、「鬼」の初放送を指折り待っている理由は、華やかなキャスティングのためだけではない。
キム・ウンスク作家の作品には、放映当時の季節感がよく反映されているため、それぞれ他の四季の中の特殊なときめきの香りが劇の雰囲気を造成したりした。
例えば、ちょうど6年前、「鬼」が放送される頃から電波に乗ったヒョン・ビン&ハ・ジウォン主演の「シークレット・ガーデン」の場合、
今も冬が来ると思い出すドラマに挙げられる。

キム・ウンスク作家の作品のうち「相続者たち-王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ」同様に、この時期に作られたが、
極度のファンタジー的設定が加味されたという点で「シークレット・ガーデン」の方がもっと「鬼」と似たドラマであると言えよう。

コ・ンユ主演 鬼 キャスト

コンユ主演「鬼」 キャスト

コンユ主演「鬼」 キャスト

コンユ主演「鬼」 キャスト

コンユ主演「鬼」 キャスト

最も夜空が真っ黒である冬のキム・ジュウォン(ヒョンビン)邸宅を背景に流れるOST「그여자(その女)」・「그남자(その男)」は
女心と男心を同時に揺るがせ、氷の宮殿のようにがらんとしたその家の中の冷気をギル・ライム(ハ・ジウォン)が
どんどん暖めて行く光景は冬という季節の中にさらに効果的に溶け込んだ。

「鬼」は、鬼と死神の奇妙な同居を扱う作品である。
非現実的なキム・ウンスク作家の世界でも最も幻想的なドラマになる見通しだ。
神秘だが、悲しくて、可笑しいけど、美しい彼らの日常が繰り広げられる時期としては、
冷たさを暖かさで、変えていくストーリーの主な背景となった季節、冬がぴったり当てはまりそうだ。
韓国ドラマ「鬼」が「シークレット・ガーデン」を超える冬ファンタジーロマンチックコメディの代表作品になれるか注目されている。
チ・チャンウク&ユナ主演の「The K2」後続として2016年12月2日に初放送される予定である。

登場人物

コンユ主演「鬼」,キャスト,登場人物,寂しくて輝く神-鬼,韓国ドラマ

鬼 キム・シン(神) 939歳推定 cast コン・ユ(공유)

彼の名前は複線であり、スポイラーだった。
民たちは彼を神と呼んだ。

コ・ンユ主演 鬼 キャスト

コ・ンユ主演 鬼 キャスト

真っ赤な血を被ったまま、青く眼光を輝かせながら敵を切る彼は文字通りの武神だった。
おかげで多くの戦争にも民たちは二つの足をのばして寝ることができた。
平和な夜が続くほど、民たちは、金神(キム・シン)が王である夢を見た。

彼は、敵の刃は正確にみたが、自分を向けた幼い王の嫉妬と不安は見ることができなかった。
彼は自分が守っていた主君の刃に死んだ。

一日中一番穏やかな午時。
英雄で暮らし、逆賊で死んでいきながら眺めた空は、しびれるほど明るかった。

天上の存在はご褒美なのか罰なのか分からない、老いて死ぬこともない生涯をくれた。
あれから939年間キム・シンはドケビ(鬼)として暮らした。
心臓に剣を刺したままに。
死んだ瞬間の苦痛をそのまま抱えたまま。
彼が神経衰弱、躁うつ病、不眠症を患っているのは当然だった。

変わったことはない。
千年が過ぎても王は無能だった。
空は依然として目がしみるほど晴れた。
鬼になった後も、人間を守る悪い癖(?)は治せなかった。

人間たちは分からないが、900年間、彼は人間たちの守護神だった。
不滅の時間の中で消えないのは、一緒に住んでいる死神に過ぎず。
それが思うより大きな慰めになった。

その上がめちゃくちゃな同居を続けることにしている最大の力だ。
その慰めがめちゃくちゃな同居を続けられる最大の力だ。
禁欲主義者で菜食主義者である死神とは違って、“美人と豚肉とお酒は多ければ多いほど良い”が人生の持論だ。
貞節は将軍だった時、十分に守った。

“ただ鬼の花嫁だけがその剣を引き抜けるだろう。”

あまりにもロマン的な呪いだった。
それで簡単だと思った。
高い身長に生まれつきの品位。

どこか超越したことから来る、だるさとセクシーな目つきを持っている。
そして、何より女性が好きな時間とお金があふれるように多いから。
だが、彼が出会った、どの女性も剣を発見できなかった。

そんなある日、自分を鬼の花嫁だと紹介する十歳の少女ウンタクに直面した。
まだ戸籍にインクも乾いていない女子高生の花嫁なんって。
彼にとってウンタクは苦痛から脱し、消滅できる道具だった。
言い換えれば、ウンタクは自分を殺せる唯一無二の武器だった。

死にたくなるほど寂しい日はウンタクの歓心を買って、まだ死ぬのはまだ早いと思う日は距離を持ったり。
一日に十二度も心が降ったり止んだりした。
無に帰りたいと思ったりするが、この程度なら耐えられるような痛みのようでもある。
そんな、キム・シンを見て、ウンタクは明るく笑ったし、キム・シンは消滅を考えない日が増えていった。

不時着した感情に足がかかって倒れそうな不吉な予感もした。
ウンタクの笑いにシンは何度もどこかを振り返ってみたい心に駆られた。
振り返ってもう一度、見ようとしているのが不滅の暮らしか、君の顔か。
あ、君の顔であるようだ。

死神 ワン・ヨ(30代後半と推定) cast イ・ドンウク(이동욱)

鬼 キャスト イ・ドンウク

与えられた職業以外は、かっこ内に入った曖昧な生まれは彼を厳格にさせた。

死ぬと言うのは何ですか?
弟子がたずねると、人生の道理もわからないのに、どうやって死を知ると言えるのか。
孔子は答えた。
彼もよく聞かれる質問だった。
その時、孔子を知っていたら返事を教えてあげただろう。
死ぬというのは私と先約が生じるものだと。

彼は、死神だ。
死から目を開けるとすでに死神だった。
誰でも彼を見ると、驚く。
最初はハンサムで、その次には死ぬのかなと思って。
青白い顔に黒い唇は昔話だ。
黒い織物も素敵なスーツへ変わってしまって久しい。
死者の名簿の代わりにGQ(Gentlemen’s Quarterly)を読んで北欧デザインを好む。
生の最後の瞬間に迎えに出て、あんなにセクシーである必要があるかと思わせる。

*GQ JAPAN(ジーキュウジャパン)とは、コンデナスト・ジャパンが発売している男性向けファッション・カルチャー雑誌である。
毎月24日発売。
1957年にアメリカで創刊され世界19ヶ国で発行・発売されていアメリカの代表的な男性ファッション雑誌・GQの日本版。
雑誌名はGentlemen’s Quarterlyの略で、初期は季刊であったことから「男性向け季刊誌」を意味する。
アメリカ版の発行部数は93万部。

死神になってから日を数えるのを忘れてしまった。
彼が数えていくことは無数の死者の魂だけ。
彼は歳月の流れを、亡者の第一声で感じたりした。
過去にはこのままでは行けないと多くが泣いて拒んでいたが、最近は早く行こうと催促する人が増えた。
ある人たちは機会を与えても、生涯を振り返って見るのを嫌がっていた。
お陰で仕事は楽になった。

鬼であるキム・シンと一緒に暮らしながら一日に十二回も変わるキムシンの気まぐれに忍耐が限界を感じる度、
前世に何か大きな罪を犯したのではないかと思う。
しかし、前世に何だったのか、人間だったのか、どのように死神になったのか全然知らない。

中途半端なものは苦手だった。
色は白あるいは黒、天気は熱いか寒いか。
生きるか死ぬか、何でも明確なものが好きだった。

同情や想像力が必要な仕事は彼の好みではなかった。
人間の世界で起きることの中、彼を刺激するのは、非倫理的ドラマだけだった。
予測不可能であることからくる刺激は中毒的だった。

そんなとき、偶然出会った一人の女性にめまいを感じた。
初めて会うのに間違いないが、長く恋しがっていた気分だった。
頭から足先まで偽ブランド品を身に着けているにもかかわらず、輝いていた。

サニーという彼女の名前のように。
その日からサニーは彼の趣味になった。
どこへ弾けるか知らないサニーの行動にドラマほど盲目的にひかれた。
サニーの予測不可能な行動は想像力を発揮しなければならず、彼の下手な行動は全てが誤答だった。

“これが全部恋愛をドラマだけで習ったせいだ。 その度にサニーか笑う。 彼は判断がつかなかった。 これは神の計画だろうか。 ミスだろうか。”

女子高生 ウンタク(19歳) cast キム・ゴウン(김고은)

鬼 キャスト キム・ゴウン

ミステリーホラー貧乏物語だった人生に、急にファンタジーという変なジャンルが挟まれてきた。
母を失った夜、突然押しかけてきたおばさん(母家の姉妹)家族について、引っ越しをした。
他の選択はなかった。

母のいない空の下、悪いおばさんと叔母にそっくり似ているおばさんの子供たちのひどい虐待に耐えながら過ごして満10年。
ウンタクは悟った。
神様はいない。
誰もウンタクの安否を聞かない日々だった。

韓国の平凡な高校3受験生でありたいが,彼女の人生は生まれたときから平凡ではなかった。
母は彼女が9歳の時に、この世を去っており、父は彼女が宿われたという知らせを聞いた時、母と生まれていない彼女のそばを離れていた。
しかし、母と九年を一緒に過ごした。
生きてきた人生の半分も幸せだったと思い、なかなか良い人生であると考える肯定的な19歳だ。

ウンタクは他の人達の目には見えないものが見えた。
隣の家の犬が死んだ時、彼女は自分が死んだ存在の魂を見られることを初めて知った。
友達はそのようなウンタクを変な子だと言い始め、いつも一人ぼっちだった。
あらゆる不幸ソースを叩き入れ込んだちゃんぽん鍋のようなこの人生が嫌になりつつ…
その時、キムシンに出会った。

“最初はいつものようにお化けであると思ったら鬼だという。
そして、ウンタクは彼の花嫁になる運命だそうだ。
鬼見る運命でも十分なのに、鬼の花嫁なんって。
ところでちょっと、運命だと?”

運命…
実にロマンチックな単語だった。
何より伝来童話で見ていたより実物の方がはるかに良かった。

どの扉でもキム・シンが開けると夢と幻想と冒険があふれる遊園地に様変りした。
好奇心で呼び出したのが習慣になって、見なかったら会いたくなって。
キム・シンを待つことは、まだ来ない未来を待つようにわくわくする。

感情の起伏がひどくてうるさい時もあるが、胸に剣が刺さったままで生きればそうなるだろうと思い甘やかせている。
ところで、その剣を私に外して欲しいって。
その言葉が、もう終わりにしたいという言葉のように聞こえて痛い。

“人間に4回の生があるというが、この生は何番目の生だろう?
可能ならば、最初の生涯だったらいいと思う。
2番目も、3番目も、そして最後にもあなたに出会えるように…”

サニー、キムソン(20代後半と推定)  cast  ユ・インナ(유인나)

鬼 キャスト ユ・インナ

“この世の中で他人の初恋になるのが一番簡単だ”と思うsunnyの年は30歳に近づいた。

“愛嬌が多い女性ほどこの世は住みやすくて楽になることを早くから知っていた。
男性の外貌はその内在に進入する窓口であり。
キム・ジュンベのダイヤモンドの指輪選択(*)は当然のことであり。
真の愛は、通帳残高だと思う。”

*キム・ジュンベのダイヤモンドの指輪選択は、チョ・ジュンファンの『長恨夢(ジャンハンモン)』から出た、
作品のうち女主人公が愛を捨てて選択したお金。
*長恨夢(ジャンハンモン)とは、チョ・ジュンファンが翻案した新小説。
日本の尾崎紅葉が作った『金色夜叉』を翻案したもので、李秀一(イ・スイル)とシム・スンエの悲恋を描いた。

彼女は孤独な一人の天涯孤独だ。
占い師が言った:彼女の人生は、漫漫たる海原をさまよう帆船と同様だと。
彼女が目を輝かせて問う:“その船の上は素敵な男が私と一緒にいますか?”

彼女は自分の顔が非常に経済的だと思ったし(訳者:きれいだから多くのお金を使う必要がないという意味)
お金はあわせてたんすを引き上げる力と下駄箱の上を増加させるために使用した。
財布は有限、しかし、美貌は無限だ。

街に「財布」が歩いており、彼女はそこに付いて引っ張ていけば「財布」と行ってすぐお支払いが終わっている。
見るだけでは、どんなものでも華やかで光を放つ。
輝くものが好きなため、次いで、名前も変えた。「sunny」へ。
しかし、そうなればなるほど人生は光を失い借金も増える一方だった。
変にクレジットカード計算書を何度も見直しても、自分の署名は違わず、
小さな店の家賃も払えず、バイトの賃金も払えず、アルバイトの年齢も高かった。

望んでいた指輪を発見した際、彼と(つまりワン・ヨ/イ・ドンウク)初めて会う。
彼は初めて彼女に少しも譲歩しない男だ。
多分、一目で心を奪われた彼は非常に悲しい目を持っていて
ひたすら大体一度、見ただけでも、腕時計の身なりで見積もりを出してみた彼の年俸は少なくとも1億。
一目ですぐ恋愛経験のない生まれつきソロであることを知った。

最後に認めたときの「作業」進行で、見るほどあの男はおかしいと思う。
すぐ家にこもっている職業、年齢、過去のどのことも口を閉ざして取り上げない。

“知らなければ、つまり好奇心、余り好ましく思わない心はやはり影響を及ぼす。
彼の過去をもしれないが、むしろずっと彼との未来を想像する。
最初はただハンサムなバカだと思っていた
しかし、彼の悲しい目の輝きがずっと目の前に浮かぶのは
確かに同情がなく、自分の性格だ。”

キョンミ  cast  チェ・リ(최리)

鬼 キャスト チェ・リ

ウンタク(キム・ゴウン)と一緒に暮らし、憎らしいくてむごいことを躊躇しない人物。

ユ・ドクファ(유덕화)  cast  BTOB ソンジェ(ユク・ソンジェ/육성재)

鬼 キャスト BTOB ソンジェ

財閥3世。
金のさじをくわえて生まれたという話も足りないくらいに達した大手企業の長孫。
ありふれた財閥3世のように、反抗心に燃えて事故を起こしがちなキャラクター。

キム秘書  cast  チョ・ウジン(조우진)

鬼 キャスト チョ・ウジン

三神ハルメ  cast  イエル(이엘)

鬼 キャスト イエル

*三神ハルメとは、三神がハルモニ(おばあさん)の姿をしているということから、三神を表す他の言葉。
*三神とは、赤ちゃんを授かって産婦と産児の面倒を見る三神

次回は、イミンホ&チョン・ジヒョン主演の『青い海の伝説』のあらすじ、キャストなどの紹介を掲載するつもりです!

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ