シンデレラと4人の騎士のあらすじ,企画意図,原作小説,ネタバレ,キャスト,登場人物

シンデレラと4人の騎士のあらすじ,企画意図,原作小説,ネタバレ,キャスト,登場人物

シンデレラと4人の騎士のあらすじと概要

タイトル:シンデレラと4人の騎士『신데렐라와 네 명의 기사(韓国語)』
編成:tvN 金・土曜日 午後11:15~(全16話、2016年8月12日~)
あらすじ:ガムソングループ会長との縁で大邸宅『空の家』に入ってきた獣医師を夢見るたくましい女子高生が
意地パリで自由な三人の坊ちゃん、一人の警護員と同居を始めて起こることを盛り込んだ
不完全だからこそより魅力的で、不健全だからこそより堂々とした二十歳の青春の同居冒険物語。
キャスト:チョン・イル、パク・ソダム、CNBLUEのイ・ジョンシン、アン・ジェヒョン、チェ・ミン、Apink ソン・ナウン、チェ・ミン
制作:HBエンターテインメント
演出:クォン・ヒョクチャン、脚本:ミン・チウン、ウォン・ヨンシル
おすすめ情報:原作小説『シンデレラと4人の騎士』
公式ホームページ:http://program.interest.me/tvn/tvncinderella/
facebook:https://www.facebook.com/tvncinderella
視聴率:1.8%(2016年8月13日基準)
シンデレラと4人の騎士 ost: BTOB(ビートゥービー)For You『フォー・ユー』




『シンデレラと4人の騎士』原作小説の紹介

『シンデレラと4人の騎士』第1巻、第2巻

<スイートメロディ>、<甘酸っぱくベーカリー>の著者ベクミョの長編小説である。
カムソングループのカン会長との縁で大邸宅の空の家に入ってきた獣医師を夢見るたくましい女子高生ウン・ハウォンが、意地パリで自由な三人の坊ちゃんと一人のボディーガードと同居を始めて起こることを盛り込んだ。
家族のフェンスで暖かさを感じたことのないたくましい女子高生が、大邸宅、空の家の家族に入り、体験する愛らしいロマンスと家族愛を話す。

今年上半期に韓国で放送予定の100%事前制作によるファンタジー同居ロマンス「シンデレラと4人の騎士」は、
ヒロインのウン・ハウォンが似ているようで似ていないハヌルグループの3人の従兄弟が暮らす大邸宅“空の家”に入り、
コントロールできない御曹司たちと危険な同居を始めることから起きる二十歳の若者たちの初々しくてスリリングな物語を描く青春ロマンスだ。
原作では獣医師を夢見るヒロインが、ドラマにおいては教師を夢見るシンデレラ(灰だらけの子)!




制御不能イケメン財閥の兄弟たちと彼らの人間を作るミッションを受けて大引けロイヤルファミリー家「空の家」に
入城したハードキャリーシンデレラのシムクン(胸キュン)誘発同居ロマンス。
ドラマ「イケメンラーメン店」(原作:甘酸っぱくベーカリー)の原作者ベクミョの新作!

空の家のイケメン坊ちゃんたち、新しい家族を迎える!
“ウン・ハウォン、君はこれから空の家の家族だよ。”

前作「スイートメロディ」、「甘酸っぱくベーカリー」をはじめ、ロマンス小説界でファン層が厚い作家。
ベクミョの新作「シンデレラと4人の騎士」(ベクミョ著、ホタル出版社)が出版された。
ティーンエイジャーの心を見抜くベクミョのロマンスは、新鮮な果実味とピョンピョンはねる愛の感性が盛り込まれている。

家族のフェンスで暖かさを感じたことのないたくましいウン・ハウォン。
新しいフェンスで出会った三人のイケメン坊ちゃんたちとボディーガードは、彼女を姫のように崇める、まるでシンデレラ姫を祀る騎士のようだ。
空の家のイケメンたちの眠っていた感性と愛、思いやりを徐々に目覚めさせるウン・ハウォンの秘訣はなんだろうか?

シンデレラと4人の騎士 原作小説

私は愛をしてもよいだろうか?
今は愛のようなものをする時じゃない・・・。

“好き(좋아해:チョアヘ)”
“本当に(정말로:チョンマロ)・・・・非常にたくさん好き(아주 많이 좋아해:アジュ マニ チョアヘ)。”

 あらすじ

カムソングループカン会長との縁で大邸宅の空の家に入ってきた獣医師を夢見るたくましい女子高生ウン・ハウォン。
こ意地パリで自由な三人の坊ちゃんと一人の警護員と同居を始める。
家では、一人ぽちだったハウォン、スマートで親切で運動も上手だが、一つ今すぐの望みがある。
それは家から離れたいこと。

交通事故で母親を失い、父と継母と継母の娘が一家族を成して住んでいるが、言葉だけの家族であるだけ。
ハウォンは彼らのフェンスに属していないアウトサイダーだ。
ある日、妙齢の祖父を助けたゆえに、特別なオファーを受ける。
大邸宅の空の家に住みながら、最高級の高校で勉強に専念し、彼女の夢である獣医になりなさいということ。

空の家は、それこそ夢に描いた温かい家族のぬくもりが宿るところだった。
空の家の三兄弟カン・ヒョンミン、カン・ソウ、カン・ジウン、そしてチェ・ユンソン。
彼らの冷たい心を開いてくれた人は、ウン・ハウォン。
すなわち、彼らすべてが家族という垣根の中で愛して、大切に思い、また愛する心をお互いに学んでいくことになる。

ヒョンミンとの偶然の出会いから始まり、次々へと空の家の人とハウォンとの縁。
そこで家族という感情も感じ、また初恋も(?)見つけるが・・・。
不慮の提案を快く受け入れ、空の家の新しい家族になるハウォン。

●登場人物 紹介

ウン・ハウォン:17歳のたくましくて溌剌な女子高生、武術にも優れて獣医師を夢見るシンデレラ
カン・ヒョンミン:空の家の長男。自由奔放で多くの女性を泣かせる外貌を自慢するイケメン。
カン・ソウ:次男。典型的ないたずら好きで、スマートで親切なお兄さんスタイルのマナー男
カン・ジウン:末っ子。野獣というニックネームを得るほど荒そうだが、庭園の手入れと動物を愛する繊細な男。

小説の一部分の翻訳

“은하원, 나는…… 약해빠진 기집애 안 싫어한다. 강한 기집애도 싫지 않고.”
“여자라면 다 좋다는 말을 하고 싶은 거냐?”
“아니.”
지운이 미소를 지었다.

“ウン・ハウォン、私は・・・弱い女が嫌いじゃない。強い女も嫌じゃないし。”
“女なら誰でも好きおだって言いたいの?”
“いいえ。”
ジウンが微笑んだ。

얘가 이렇게 달콤한 미소를 짓는 애였나.
바닥이 울렁거리는 건지, 심장이 너무 뛰어서 어지러운 건지 모르겠다.
“네가 어떤 모습이든 다 좋다고 말하는 거다.”
“내 첫사랑이 누군지 궁금하다고?”
“아니, 그런 건 안 궁금한데.”
“내 첫사랑은…… 어느 날 내 새장에 들어와서 슬픈 얼굴로 웃던 여자애야.” — 본문 중에서

この子がこんなに甘く微笑む人だたか。
地面が揺れるのか、心臓があまりにも走りすぎて目まいがするのかわからない。
“君がどんな姿であっても全てが好きだと言ってるんだ。”
“私の初恋が知りたいって?”
“いいえ、それは知りたくないけど。”
“私の初恋は・・・ある日、私の鳥かごに入ってきて、悲しい顔で笑っていた女の子なんだ。”

—本文中—

企画意図

あまりにも異なる二十歳を渡る極と極の四つの青春
想像以上のシムクン(胸キュン)誘発同居ロマンス!
一人で、世界の正義を守るかのように
何事にも取り組む少女、ウン・ハワン!
三兄弟だけでも不協和音があふれる空の家に威風堂々と足を踏み入れるが・・・

韓国ドラマ シンデレラと4人の騎士のキャスト

チョンイル

パク・ソダム

アンジェヒョン

イジョンシン

ソンナウン

チェミン

韓国ドラマ シンデレラと4人の騎士の企画意図

シンデレラと4人の騎士 キャスト チョンイル

シンデレラと4人の騎士 キャスト

あまりにも異なる二十歳を渡る極と極の四つ青春
想像以上のシムクン(胸キュン)誘発同居ロマンス!
一人で、世間の正義を担当するかのように
何事にも取り組む少女、ウンハウォン!
三兄弟だけでも不協和音が乱舞していたハヌル(空)の家に威風堂々足を踏み入れるが…

その秘密空間の中で、青春だけが味わえる子供染みた真似と純粋さ。
そして、猪突的な情熱と切実さ、世間の怖さを知らない反抗と挫折・・・
このすべての感情を一緒に感じて、そのきらびやかな瞬間を一緒に楽しむ青春男女の同居物語が繰り広げられる!

それぞれ事情と傷を持った
四人の青春の同(一緒にする)+居(居住する)を介して、
各自の傷が不協和音を出す障害ではなく、
一つのハーモニーを出すための成長痛であることを悟っていく物語、
彼らのように、人生の成長痛を経験するすべての人々に
応援を送るドラマになってほしい。
全く家族になることができなかった彼らが一緒にいた時・・・

新しい家族の誕生!
私たちは、誰しもが生まれと同時に「家族」という贈り物をもらうことになる。
しかし、ある人には、自分の名前と同じくらい当たり前の贈り物が・・・
誰かには一生を苦しめる傷になることもある。
これらの共通点は、最も大切に思い恋すべき家族から
最も残酷ですさまじく、傷ついた人々であるということ!

彼らみんなに家族は孤独、欠乏、憎しみ、争いに刻印されている。
全く・・・家族になれなさそうな人々・・・
「他人より悪い仲の家族」が一つの空間に集まった。
まったく異なる環境で育ち、全然異なる価値観を持っているが
同じ傷で苦しんだ彼らが出会い
お互いの愛と夢、自我を見つけてくれるキューピッドなって、
いつのまにかこれが「家族」ということを悟っていく。
また、異なる家族の誕生である。

次回は、シンデレラと4人の騎士の1話と2話のあらすじを紹介します。

More often youll paraphrase the http://www.essaynara.com/ information

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ