トロットの恋人 キャスト,登場人物,あらすじを紹介

トロットの恋人 キャスト,登場人物,あらすじを紹介

トロットの恋人 キャストは、チヒョヌ、チョンウンジ、シンソンロク、イセヨン、シンボラが主演を決めて現在、撮影中である。
あらすじは、トロットに才能のある20代の女性「チョンウンジ(チェチュンヒ役)」が天才作曲家「チヒョヌ(チャンジュンヒョン役)」に出会って演歌歌手に成長する話でロマンチックコメディーだ。
前回紹介した企画意図を読むとラブコメの独特な要素がすべて現れている。
2014年放送予定の韓国ドラマの中でラブコメはソイングク、イハナ主演の「高校世渡り王」、チャンヒョク、チャンナラ主演の「運命のように君を愛す」、そして、チヒョヌ、チョンウンジ主演の「トロットの恋人」が放送される。
メロードラマでは、メロークィーンと呼ばれているチェジウが韓国ドラマ「誘惑」を通じてお茶の間へ戻ってくる。
コンヒョジンはラブコメのヒロインで有名だったが、今回は「大丈夫、愛だ」を通じて、今までとは異なる、魅力を披露する予定だ。





チャンヒョクとチャンナラカップル、グォンサンウとチェジウカップル、ナムサンミとイジュンギカップルの再会で期待感もUPされている状況だ。
しかし、以前、ラブコメで一緒にカップルを演じたチヒョヌとイハナは別のドラマを通じて、ラブコメを披露することになっている。
イハナはソイングクと、チヒョヌはチョンウンジと熱い夏を過ごすだろう。
4人とも熱い夏に苦労する分、良い成績(高い視聴率)を手にして欲しい。
ラブコメ、ロコとも呼ばれるロマンチックコメディーは主人公たちの自分らしさが反映された程度良いコメディーと程よい重さのロマンスがつりあったときに良いドラマが生まれる。
その部分について、「トロットの恋人」への期待が高いのは、チョンウンジとチヒョヌの演技への期待も含まれている。
チョンウンジはApinkのメインボーカルであるため、歌唱力を持っている歌手でもあるし、応答しろ1997、その冬、風が吹くを通じて俳優としても立地を固めている。
チヒョヌは今までラブコメの主演として申し分ない演技を見せている。
2010年 KBS 「富豪の誕生/セレブの誕生/韓国語:부자의 탄생」、2009年 KBS2 「天下無敵イ・ピョンガン」を通じて彼の力量は充分に認められた。
元々ギタリスト(Guitarist)だったチヒョヌと歌手であるチョンウンジの出会い、音楽ドラマと言うことで最高のキャスティングだろう。





トロットの恋人 キャスト,登場人物の詳細:公式ホームページより和訳(翻訳)

トロットの恋人 主要人物

チャンジュンヒョン cast チヒョヌ

男/20代半ばから後半 
最高のスターアーティスト。 
即興演奏を得意とする優れた作曲家。 
大衆性と音楽性をあまねく備えている。

チヒョヌ トロットの恋人

一言ですごい。 
ビジュアルも超超イケメンだ。 
しかし、残念ながら、人柄は多く足りない。 
庸劣で、憎たらしくて、執拗で、傍若無人がしばしばそうであるように、彼の前に易地思之と言う言葉なんかは存在しない。 
彼の世界は自分を中心に回っていく。

シャインスターの練習生であるオムチンタル(母の友たちの優れた娘)パクスインが初恋だった。 
彼女に利用されることも知らず、彼女が天使であると思い込んでいる。

すべての音楽が好きで、愛している。 
ただし、カントリーとトロットを除いて。 
なぜって? 
長い言葉は必要ない。
田舎臭いのため。 
そんな彼が田舎臭いトロット歌手なんかをサポートするようになるとは・・・
さらに、トロット女性歌手を愛するようになるとは・・・
彼女への愛に命までかけるとはな・・・
人生とは全く予想できないものだ。

トロットの恋人 チヒョヌ

チヒョヌ 演歌の恋人

チェチュンヒ cast チョンウンジ

女/20代中盤 
恋愛、結婚、出産、人間関係、マイホームの夢をあきらめなければならない典型的な5諦世代の女性。 
はみ出し父と早熟した妹を扶養しなければならない実質的な少女家長。

チョンウンジ トロットの恋人

一時、青少年マラソン界のダークホースとして注目されたことがあった。 
しかし、過度な勝負欲に起因するペース調整に失敗したため、優勝を目前にして応急室に運ばれることになる。
病名は急性心停止。 
病気自体は完治したが、問題は彼女の気質だった。

学校へ通う時は、担任の先生でさえも名前を覚えられないほど、いつも目に帯びていない子供だった。 
しかし、舞台でトロットを歌う時だけは平凡だった彼女もキラリと光る存在になる。 
彼女は世の中に向かって一方の手を上げて「私もここにいるよ!」と叫んでいるのだ。

幼い頃、市場でおかずを売っていたお母さんを助け、トロット(演歌)を​​聴きながら育った。
チュンヒの父親は苦しいたびに、亡くなったお母さんの歌を聞きながら、心を癒したりした妹のビョルは、トロット(演歌)を​​子守唄代わりに眠ってたりした。
このような環境で育ったチュンヒがトロット歌手になったのは多分ごく自然なことかもしれない。
楽譜を読めないけど、一度聞いたメロディーと歌詞を正確に覚えている才能を持っている。

チョンウンジ 演歌の恋人

韓国ドラマラブコメ チョンウンジ

周辺人物 チェチュンヒの家族たち

チェミョンシク cast カンナムギル 

カンナムギル 韓国ドラマあらすじ

男/50代半ば 
チュンヒとビョルの父。 
無理して設立したコンビニが廃業措置されると、ご家族との接触を断って潜伏してしまう。 
しかし、実際に彼が消えた本当の理由は、大腸がんにかかった自分が、これ以上はチュンヒの重荷になりたくないからだ。
未だに、死んだチュンヒの母、ソンジュを忘れずにいる。
 
チェビョル cast ユウンミ

ユウンミ

女/8歳
チュンヒの妹。
利口なところがあって、大人の言動を鋭く分析するため、人々を緊張させる。
チュンヒに対するジュンヒョンの心を一番最初にキャッチし出す。
しかし、どんなに賢いフリしても限りなく幼く無邪気な普通の子供であるだけだ。
常にグヌとジュンヒョンの間で葛藤する。
グヌは社長であるうえ、カッコイイ!
しかし、一緒に遊ぶ時はジュンヒョンが楽である。
レベルが合うからである。

チョグヌ cast シンソンロク

シンソンロク トロットの恋人

男/30歳前後 
企画会社シャインスターの若い社長。 
相続放棄覚書を口実に、父チョ社長の強要に負けて、1年の間、企画会社シャインスターを経営することになる。

大きな絵を描く方法を知っている生まれつきの実業家。 
取引において、常に勝者となる。 
いつも余裕がある。
怒ることもない。 
シニカルだが愉快である。
冗談を言うのを好む。 
セクシーである。
男、そのものだ。

言葉を回してすることもない。
猫かぶりの女、善良なふりをする女は、彼の前に立つと恥ずかしくなって顔が赤くなる。
上下を守る方ではない。
格式を守らず、正鵠を射る指摘で、権力者を厄介にさせて見る人々を楽しませている。
だからといって決して弱者を保護するタイプでもない。

見るたびに汚らしいことを起こすチュンヒが印象に残っていた。 
チュンヒがモノになると判断した瞬間、起業家根性が発揮され、商品化する彼女の魅力を見つけることを始める。 
そのうちに、他の人が知らない彼女の良さを知ることになる。 
グヌは、チュンヒを自分が精魂を込めて作り上げた作品だと思う。

シンソンロク 韓国ドラマあらすじ

シンソンロク チヒョヌ

チョグヌの家族たち

チョヒムン cast ユンジュサン

ユンジュサン

男/50代半ばから後半 
チョ社長。
シャインスター代表。 
グヌの父。
マネージャー業界の自手成家型ロールモデル。 
義理と信義でこの席まできたが、 今は息子グヌにすべてを譲って休みたい。

主人公の親世代の過去の秘密の鍵を握っている人物。 
心の片隅にいつもチュンヒの母、ソンジュに対する悔恨の気持ちを持っていた。 
ソンジュの娘チュンヒが貧しく住んでいるという事実を知って、ジュンヒョンを介して彼女をトロット(演歌)歌手として育てるようにする。

パクスイン cast イセヨン

イセヨン トロットの恋人

女/20代前半 
ジュンヒョンの初恋。 
優れた美貌を持ったシャインスター練習生。

歌謡界のゴッドマザーヤンジュヒの娘。 
成功した母を持つうえ、一流大学出身であるオムチンタル。 
母ヤンジュヒに似て成功への熱望が非常に強い。 
今までスターになるという目標一つでかかってきた派手なデビュー舞台も用意されている。

自分が好きなジュンヒョンの才能を利用し、彼の曲をもらう。 
ジュンヒョンがどん底に陥るとグヌに関心を見せてジュンヒョンを無視するが、 ジュンヒョンがチュンヒに見える愛を見守りながら、自制できないほど嫉妬心を感じる。 
さらに、ジュンヒョンが再起、自分の場所を取り戻すとジュンヒョンに執着するようになる。

自分に注がなければならない、ジュンヒョンとグヌをはじめ、人々の関心がチュンヒに傾くとあきれ果てる
当然、私は持つべきことをチェチュンヒが奪っていったのだ! 
到底、承服することができない。 
彼女はチェチュンヒを憎悪し始める。 
チュンヒから奪われたことを取り戻すために、どのような事のできる準備ができている。

トロットの恋人 イセヨン

パクスインの家族たち

ヤンジュヒ cast キムヘリ

キムヘリ トロットの恋人

女/50代 
企画会社シャインスターのディレクター。
往年の歌手王。
スインの母。
無視したチュンヒがスインを脅かす存在になると、かつてチュンヒ母にしたように、いくつかの方法でチュンヒをに害を与える。 
グヌを婿にして企画会社シャインスターを所有しようとした。 
しかし、思い通りにならなかったため、ウガプと手をつないでグヌと敵対的な関係になってシャインスターを攻略する。

その他の人物

バンジスク cast キムヨジン

キムヨジン トロットの恋人

女/40代 
過去チュンヒのマラソンコーチ。 
子供の頃、マラソンランナーの夢を見たが挫折した。 
チュンヒに出会い指導者として、彼女に大きな期待をかけるが、彼女を生かすためにマラソンをやめさせる。 
チョ社長と別の意味で、チュンヒの人生のメンターになる。 
チョルマンとテソンの愛を同時に受けることになる
 
ソルテソン cast ソンフジュン

ソンホジュン トロットの恋人

男/20代半ばから後半 
ジュンヒョンの元マネージャー。 
人に合わせる事に別の抵抗感がない気質のおかげでジュンヒョンを良く耐えられた。
トロット(演歌)歌手が夢。 
ソルウンド、テジナ、ソンデグァンの頭文字を取って作った名前がソルテソンだ!
アルバムを出す欲でジュンヒョンを裏切ったが、最終的には反省してジュンヒョンを支援するために乗り出す。 
ピルニョとチュンヒのバックコーラスとして活動する。 
トレードマークは、光沢のあるスーツと口にくわえたバラ一輪。

ナピルニョ cast シンボラ

シンボラ トロットの恋人

女/20代半ば 
10年目のシャインスターの練習生。 
ダンス歌手からトロット(演歌)歌手転向を決意して、生活のためにチュンヒのコーラスとなる。 
先輩だからと言って、チュンヒに厳しい先輩ふりをするが、後には友人になる。
テソンと一緒にチュンヒのバックコーラスとして活動する。 
後でソルテソンとカップルになる。
 
イチョルマン cast チャンウォンヨン

チャンウォンヨン トロットの恋人

男/40代
私債の取立て屋。
ギャング。
言葉は穏やかにするが、内容はいつも殺伐である。
地方公演では、コンビであるユシクと一緒にバックダンサーの役割をするようになってからはチュンヒの大ファンを越え同じチームという帰属意識を持つようになる。
チュンヒのアルバム広報の経験をもとに、後でトップセールスマンになる。

イユシク cast ユンボンギル

ユンボンギル トロットの恋人

男/30代 
暴力団イチョルマンの従弟でありコンビ。 
イチョルマンに対する忠誠心が格別だ。 
無知だが力を使うことは誰にも負けない自信がある。
取立てにいた時、チュンヒの歌を聞いてファンになった後、 あちこちで彼女の守護天使の役割をしてくれる。

ワンサンム(常務) cast パクヒョクグォン

パクヒョクグォン トロットの恋人

男/40代 
シャインスターの行動隊長。 
強者に弱く、弱者に強い機会主義的な人物。
系譜でいうとヤンイサ(ヤン理事)の方の人。 
後でスインの手下人になる
 
キムウガプ cast チョドクヒョン

男/50代 
歌謡界のミダス(Midas)の手。
企画会社ミダス(Midas)代表。 
非凡な頭と触を持った才能豊かなビジネスマン。 
野心と同じくらい所有欲も強く、一度手に入れたことは絶対に手放さない。 
ジュンヒョンが崩れことに決定的な貢献をする。
 
ナチーム長 cast キムテギョム

男/30代 
(Midas)の企画チーム長。 
ウガプの手足でリトルキムウガプに呼ばれる。 
ダンディなエリートスタイル。

シンヒョヨル cast イイギョン

イイギョン トロットの恋人

男/20代、ジュンヒョンのライバル
スーパースターの天才アーティストチャンジュンヒョン(チヒョヌ)のライバル後輩。
ジュンヒョンをどん底に落とすため、卑劣なことも拒まない人物。

夏は熱い!
夏は韓国ドラマラブコメと過ごす?
トロットの恋人 キャスト,登場人物,あらすじを公式ホームページの和訳(翻訳)をもって紹介しました!

The text and in the reference page, which is in alphabetical order. http://www.essaysheaven.com

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ