ビッグマン キャスト・あらすじ・登場人物・相関図・韓国ドラマ

ビッグマン キャスト・あらすじ・登場人物・相関図・韓国ドラマ

ビッグマン キャストは、カンジファン、チェダニエル、イダヒ、チョンソミンが主要人物を演じるそうです。
ビッグマン あらすじは、孤児として育って下積み人生を生きていた一人の男が財閥グループの長男という名前の新しい人生を得る。
しかし、それによって傷ついたり、打たれたりしながら、自分自身と自分が守るべき大切な人のため、世の不条理に立ち向かう物語を描いた作品らしい。
登場人物と相関図は人物別に詳細な内容を公式ホームページより和訳して掲載しています。
キムテウが歌った「ビクメン」OST Part.1 Con amore mio(コン アモレ ミオ/ オ!私の愛)も現在大人気!
韓国ドラマ着うたで楽しみ方は一度調べてみてください!おすすめ情報なので・・・

 






 

前回も話した通り、チェダニエルの演技に注目しているが、彼が活躍する場面はビッグマン5話以降になりそうです。
主演を演じる俳優は韓流スターが多いが、助演(?)の俳優の中でも輝く方も多いのでお見逃しなく!
最近、筋トレでカブスへ通い始めましたが、そこでも韓国のドラマが大人気です。
ドラマ専用のケーブルを引いた方も増えつつで・・・
韓流ドラマ見放題で楽しみたい方には韓国ドラマ dvd レンタルがおすすめです。
好きな時間に、好きなだけドラマ見放題なんて!!!
時間がある方はスカパー 韓国ドラマでも・・・

 






 

ビッグマン キャストと登場人物紹介 カンジファン(キムジヒョク 役)と周辺人物

キムジヒョク キャスト カンジファン

ビッグマン カンジファン

キムジヒョク キャスト カンジファン

キムジヒョク 役 カンジファン

30代
“私がそんなに願っていた家族は私の心臓だけを欲しがっていた!”
孤児として生まれ、飽きるくらい遊んで、苦しむだけ苦しんだ。 
過去、ボクシング​​の選手だったキャリアが「拳をちょっと使える」との噂が出て、常にごろつきの是非の対象とされており、ちょっとだが、裏路地に身を入れることもした。 
そんな彼を取ってくれたのは子供の頃からの得意先だった市場中のヘジャンクク屋のダルスクおばさんだった。

ジヒョクはダルスクおばさんを母親のように従って、市場に定着しており、特有の図太い性格で市場の商人たちともうまくやっている。
いつの日か市場でまともな店を構える夢を抱いて、日中はヘジャンクク屋の手伝いをして、夜は代行運転士として「副業」を持って一生懸命生きている。
だからといって、彼がいつも人に良い顔だけを持つのではない。

彼のニックネームはドチ(ハリネズミ/ゴスムドチ;고슴도치)だ。 
ハリネズミのように踏めば、必ず血を見させるということから生じたニックネームだ。 
ボクシングの選手として太極マーク(韓国代表)を胸につけられなくなったのも選抜が真っ最中だったときだった。
ライバルチームから自分のコーチを買収しようとした事が失敗するとリンチした事実を知ることになる。
そして、リング上で相手選手を死ぬほど殴り試合には勝ったが、大会への出場が無産されたからだった。

そのように、彼は自分自身に触れたり、惜しむ周囲の人々を苦しめるやつらにとっては恐ろしい毒蛇に急変する。
それは長い時間一人で生きてきた彼が自分を守るための方法だった。
しかし、本性が悪くないので、いつも情に弱い。

お母さんのようなダルスクおばさん、弟のようなデソプとそれなんりに、家族愛を感じて住んでいる。
そのため、たまに「お母さんと呼ばないで」と言う、ダルスクおばさんの言葉が胸にしみる時もある。
そんなある日・・・

寝て起きたら世界が変わると言ったのか。 
事故で死の顎から目が覚めた瞬間、運命の女ソミラに出会う。 
そして、嘘のように韓国最高財閥の家族になる。

キムジヒョク 周辺人物

ホンダルスク キャスト ソンオクスク 

ソンオクスク  ホンダルスク役

市場通ヘジャンクク屋の所有者(50代) 
“よこいつ!私はあなたのお母さんじゃない! 私はだだお前が一時、情を交わしていた市場の食堂(ヘジャンクク屋)のおばさんだけだよ。”
孤児院を出て、市場の底でごろごろと転がるジヒョクを助けて治療してくれたお母さんのような存在。 
ジヒョクに冷たい言い方をするが、それが本心ではないことをジヒョクはもちろん、周囲の人々も皆、知っている。 
ジヒョクの寂しさや家族に対する愛しさを誰よりもよく知っている人物。

ヤンデソプ キャスト チャンテソン 

チャンテソン ヤンデソプ役

市場通りの肉屋の従業員 (24歳) 
“ジヒョク兄ちゃん!私、高校の時から兄貴のコブンに生きてきた。”
ジヒョクを自分の家族よりも信じて従う人物。 
何があっても、ジヒョクは自分を捨てない信念がある。 
だから、自分の人生の親指はいつもジヒョクのものだ。
意外に純情派だ。

クドッキュ キャスト グォンヘヒョ

グォンヘヒョ クドッキュ役  

ヒョンソン流通財務チーム長 (40代)

“検査様、上が汚れているから下も当然汚いと思いますか?”
原理原則を守る人物。
しかし、自分は絶対に出世できないと考えた。
原理原則は変則は変則に負ける世の中だから。
しかし、カンジヒョク社長を見て気持ちが変わった。
このような人が成功しなければならない。
そうなると、私のような奴も生きられるまともな世界が来る。

チェユジェ キャスト キムジフン 

キムジフン  チェユジェ役

ヒョンソン流通営業チーム長(40代) 

“私たちの社長は、この胸の中で、私の良心を悟らせてくださいました。”
ヒョンソン流通最高おべっかマン。 
強者に弱く、弱者に強い。

キムハンドゥ キャスト イデヨン 

イデヨン  キムハンドゥ役

ヒョンソン流通労組委員長(40代) 

“久しぶりに信頼できる社長か来たようです。”
 見かけは剛性労組委員だが、会社と同僚の両方を考えている思慮深い人物。

チョファス キャスト 未定

ヒョンソン流通大株主/闇のスポンサー(70代) 
黒の世界で生きるすべを身につけ、自分の富を築いた。 
米軍部隊から出てくる酒類流通を歯切りに、農水産物流通の大きな手に成長した。 
自分所有の企業を陰から日向へ導いてくれる人は、ジヒョクが適格だと 考えて彼を後援する。

チョボムシク キャスト 未定

ジヒョクを追うハイエナ(20代後半) 
ジヒョクが一時、身を置いた下側の世界の後輩だった。 
ト室長の依頼でジヒョクを絶えず苦しめる。 
お金のためならどんな残酷な事も拒むことない典型的な悪人である。

キャストと登場人物紹介 イダヒ(ソミラ 役)と周辺人物

ソミラ キャスト イダヒ 

イダヒ ソミラ役

イダヒ

ソミラ キャスト イダヒ

“二つの熱い心臓、選択は私の手に委ねられた。”

ヒョンソングループFB(FAMILY BUSINESS)チーム長/(20代後半) 
ヒョンソンの運転手だった父親に付いてヒョンソン家の後継者カンドンソクに出会って、ドンソクはミラの初恋であり、憧れの対象だった。
ドンソクの前で堂々となっていたかった彼女は一生懸命に勉強して、彼が通っている外国語高校、 彼のような名門大学を卒業して、自分の力で皆が羨むヒョンソングループの中核であるFBチームの一員になった。
 
すべての仕事を滑らかで、入念に処理する彼女の仕事振りは、 ヒョンソン家の私生活を担当する立場に立たせた。 
パーティー場のワインを選ぶことから、トイレットペーパーを選択することまで ヒョンソン家すべての家中のものは彼女の手で決定されて、彼女はマニュアルどおりに動いた。
 
そして、ドンソンクの恋人にもなった。 
しかし、自分の愛よりも、 ドンソンク の愛が大きくなるのみ結ばれる関係だということを知っていたので ミラはいつも彼の前で緊張して愛するという言葉を口にすることができなかった。
それでも、ドンソンクに対する 自分の愛を疑ったことはない。
 
そんなミラの前に不意にヒョンソン家の長男カンジヒョクを世話する業務が落ちる。 
ミラは彼がドンソンク の心臓移植のために入籍されたヒョンソンの偽の息子であることを知っている。 
瞬間ドンソンク のためにジヒョクを犠牲にさせようと衝動まで感じた。
そのような事実をすっかり知らないジヒョクは彼女を見ると、笑った。 堅く、無知だけだと、思っていたジヒョクから予想外の人間的な面を見て ミラは、自分も知らない間に少しずつ心を出してくれる。

ソミラ 周辺の人物

ソへラ キャスト ユンソヒ

大学生/ミラの妹(20代前半)
カードの負債事故を起こして、母の目を避けてミラの家に避難、最初から居座った。
いつも家族を困らせる世間知らずの妹役を引き受けているが、ミラが困難な時、力になってくれるたくましい妹でもある。

アンボンリム キャスト 未定 

田舎のバスの運転手/ミラの母(50代半ば) 
いつも自分の事は自分で解決する長女のミラがすることならば、無条件に応援を送る お母さんだが、ドンソンク との交際は気に入らない。

キャストと登場人物紹介 チェダニエル(カンドンソク 役)と周辺人物

カンドンソク キャスト チェダニエル

チェダニエル カンドンソク役

カンドンソク キャスト チェダニエル 

チェ・ダニエル

ヒョンソングループの後継者/カンソンウクの息子(20代後半)

“全てを持っている男、私には心臓が必要だ。”

生まれながらの親たちによって財閥の子として育てられてきたし、彼もやはり親の期待に合うように適当にエリートコースを踏んで悔しさせずに生きてきた。 
そんなドンソンク に一つ惜しい点は、心臓に問題があるということだけだ。 
しかし、ドンソンク は両親が解決してくれるだろうと信じていた、そんな心臓くらい。
 
しかし、帰ってみると、いつも自分だけを見つめていると思っていたミラが他の男を見ている、それもゴミのような奴を。 
私を助けるためにジヒョクを殺そうとしていた女性がだ! 
執着といっても彼女をジヒョクに行かせまい。
 
多分来ない明日のために今日の私は私のものを守らなければならない。 
それがまさかミラを不幸にして、ヒョンソン流通を壊し、私の家族を崩すことだとしてもだ。

カンドンソク 周辺人物

カンソンウク キャスト オムヒョソプ 

オムヒョソプ  カンソンウク役

ヒョンソングループ会長/ドンソンク とジナの父(50代後半)

ヒョンソンの創業者のカンジュチョル会長の息子で財閥2歳だ。 
現在の絶対的な権力を持つヒョンソングループの総帥だが、地位に似合わない「畜生!汚い」のような下品な言い方を使うこともある。
時々スキも見せて、 病弱な息子のためにホームレストイレの壁に貼ってあるステッカーの臓器売買業者にむやみに電話をかけてみる思いも持っている無気力な父の姿も見せる。

ヒョンソンを自ら直接育てていないせいだろうか。 
もしかしたら、父の後光ですべてのものを得たのが他人の目には弱く抜けた存在で見えるのが嫌なせいか。
自分と家族が持っているものを奪おうとする者に対しては容赦がない。

特に、父のように無から有を生み出す人間。
どん底から足摺りして何かやり遂げたい人間を見ればもっと踏んであげたい。 彼らは失うものがないので、より恐ろしくなるということをよく知っているからである。 
だから、彼はあえてヒョンソンとドンソンク に刀を突きつけようとするジヒョクを許すことができない。 
絶対に、絶対!消すべき存在である。

チェユンジョン キャスト チャファヨン

チャファヨン チェユンジョン役

カンソンウクの妻(50代半ば)
“世の中には二種類の人間がいる。私の家族と私たち家族のために存在する人々。”
 
ヒョンソンの後継者ドンソンク のために、心臓を出す人間は有り触れると思っている。
その人間も、後ほどドンソンク が与えるお金で食べていけるのだから。 
だから、ジヒョクのようなゴミは最初から眼中にも置かない。 
そんな奴一人のために、世の中は変わらないから。 
死ぬまで王になることができる人は、自分の息子であるドンソンクだけだと信じているから。

ドサンホ キャスト ハンサンジン 

ハンサンジン ドサンホ役

カンソンウク会長秘書室長(30代) 
ジナの家庭教師との縁でヒョンソン家のために働くことになったカンソンウクの腹心。 
カン会長のことなら非道徳的なこともはばからない人物。

カンジナ キャスト チョンソミン 

チョンソミン カンジナ役

チョンソミン

ドンソンク の妹/カンソンウクの娘(20代後半)

ヒョンソン家の一人娘。
ドンソンク の妹。 
好き向くままに、したいように生きればよかったし、そのように生きていた。
彼女のワードローブ、シューズボックス、ドレサーには、この世の中の最高のものであふれていた。 
そのため、むしろ確実にしたいことがないほど世の中が情けない。
 
ある日、運伝代行の運伝士をしていたゴミのような人間キムジヒョクと強烈に出会って なんとなくその人間に対して気になった。 
しかし、いくら探しても見えなかったその人間、カンジヒョクという名前で現れた。
我が家の長男、兄だって! 
そんなゴミのような人間が自分の兄だなんて!
家族とは。
とんでももない! 
この事実を認めることができないジナは習慣的に家出を敢行する。 
家出の先は結局、ヒョンソン家の系列ホテルのスイートルームだが・・・

韓国ドラマ ビッグマン 相関図 カンジファン・チェダニエル主演

韓国ドラマ ビッグマン 相関図

ドラマを選ぶときに役に立ちたくてまとめてみました!
あなたの選択は?マル?バツ?
ここまで、ビッグマン キャスト・あらすじ・登場人物・相関図の詳細でした。

Superscript http://jetessay.com/ format to cite the source, and then give the full citation in the reference

関連記事

    None Found

One Response to “ビッグマン キャスト・あらすじ・登場人物・相関図・韓国ドラマ”

  1. たかはし敦子 より:

    裁判時ジヒョクの弁護士、「信義」の副隊長ですよね。お会いできてなんだかうれしかった~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ