匂いを見る少女→感覚男女→匂いを見る少女へタイトル変更の理由は?

 

匂いを見る少女→感覚男女→匂いを見る少女へタイトル変更の理由は?

ハイドジキル私の後に放送を予定しているユチョン主演の韓国ドラマ「匂いを見る少女」のタイトルが再び変更された。
匂いを見る少女→感覚男女→匂いを見る少女へのタイトル変更の背景には、原作のタイトルをそのまま使って原作のファンを引き寄せる製作会社の意図があるかもしれない。
タイトルが「感覚男女」の場合は、男女主人公の重みがほぼ同じだが、「匂いを見る少女」の場合、タイトルから見えるように女子主人公への負担が感じられる。
個人的には、シン・セギョンと言う女優が、一人でその肩の重荷に絶えられるか多少心配もある。
しかし、ユチョン主演ドラマと言うことで無条件に見ることを決めてはある。
イ・ヒミョン作家の能力もかなりのもののため、信じてみるしかないけど・・・



JYJとユチョンファンの一人として、女子主人公はもう少し演技力を持った女優が引き受けて欲しかった。
放送局とエンターテインメントの関係として、ユチョンが主人公として出演してもTV出演や広報に出演できない状況のため女子主人公への負担も大きいのは現実だ。
その上、演技力だけで芸能番組への出演も必要不可欠のためその能力も見てキャストを決定しただろう。
韓国ドラマ「スリーデイズ」の時も、女子主人公の演技力に多少残念な部分もあったからこそ、今回のドラマへの期待も高かった。
男女主演が決まった以上、作家と演出に期待するしかないかも。



ユチョンファンは無条件に視聴すると思うけど・・・
シン・セギョンの出演作の中で最新作は、「男が愛する時:ソン・スンホン、ヨン・ウジン主演」、「ファッション王:ユ・アイン、イ・ジェフン主演」、「アイアンマン:イ・ドンウク主演」があった。
「男が愛する時」はソン・スンホンのファンの力があったためなのか何とか視聴率の面では悪くは無かった。
しかし、「ファッション王」、「アイアンマン」の視聴率は悲惨だった。
演技力の問題なのか、作品を見る目がないためなのか分からないけど、匂いを見る少女の視聴率はせめて二桁以上の数値を期待したい。

匂いを見る少女

現在、韓国の女優は20代の俳優が少ない状況である。
代表的な20代の女優は、パク・ミニョン、パク・シネ、ムン・チェウォンが名を挙げている状況だ。
最近は、きれいな顔の女優よりは個性の強い女優が多くなったため、キム・テヒほどの美貌を持つ女優が少なくなった。
ユチョンと主演を演じた女優は、「成均館スキャンダル」のパク・ミニョン、「ミス・リプリー 」イ・ダヘ、「屋根部屋の皇太子」ハン・ジミン、「会いたい/ポゴシッタ」のユン・ウネ、「Three Days/スリーデイズ」パク・ハソンがいる。
その中で最高のケミを見せたのは、「成均館スキャンダル」のパク・ミニョンと「屋根部屋の皇太子」ハン・ジミンだと思っている。(個人的な評価)
ユチョンファンたちが頼れるのは、「屋根部屋の皇太子/屋根部屋のプリンス」の作家であるイ・ヒミョン作家と演出だけだろう。

匂いを見る少女 キャスト

匂いを見る少女 ハイドジキル私の後続

タイトル:匂いを見る少女(韓国語:냄새를 보는 소녀)
要約:SBS 水木 22:00~ 放映予定(2015年4月01日~)
あらすじ:3年前に「バーコード殺人事件」で妹を失った無感覚的な一人の男と、同じ事故に遭って奇跡的に生き残ったが、以前の記憶をすべて失った超感覚の所有者である一人の女性の話を盛り込んだドラマ。
製作:ペク・スチャン(演出)、イ・ヒミョン(脚本)
キャスト:パク·ユチョン、シン·セギョン、キム·ソヒョン、ユン·ジンソ、ナムグン·ミン、チェ・テジュン

SBS 新しい水木ドラマタイトルを感覚男女→匂いを見る少女へ最終決定!

匂いを見る少女 ユチョン

SBS新しい水木ドラマ「匂いを見る少女」の緊張感あふれながらもハーモニーが引き立って見えた最初のシナリオリーディングが公開された。
「ハイド ジキル、私」後続で4月1日から初放送される「においを見る少女」は、同名の人気ウェブトゥーンを原作とした作品だ。
匂いを見る少女のあらすじは、無感覚な男であるムガク(パク・ユチョン)と、超感覚を所有している女性であるチョリム(シン・セギョン)の話を描いたミステリーサスペンスロマンチックコメディドラマだ。
すなわち、匂いを見る少女はラブコメ+ミステリーサスペンスの韓国ドラマだ。

匂いを見る少女 シン・セギョン

2015年3月初めに、一山製作センターでは、製作陣と全出演陣らが集まった中でシナリオリーディングが行われた。
当時、イ・ヨンソクEPは「監督と作家、そして、出演者など、興行の要素がみな集まった。」とし、「そのおかげで、良いドラマが完成するだろうと期待される」と言う、挨拶を渡した。

続いて、ペク・スチャン監督は、パク・ユチョンとシン・セギョン、ナムグン・ミン、ユン・ジンソだけでなく、キム・ソヒョンとコメディアンチョン・チャンウ、キム・ビョンオク、イ・ウォンジョン、チョ・ヒボン、オ・チョヒ、チェ・ジェファン、ナム・チァンヒ、パク・ジンジュ、チェ・テジュンなどをいちいち親切に紹介した。
ペク監督は、特に、パク・ユチョンとキム・ソヒョンが、イ・ヒミョン作家の作品だった「屋根部屋の皇太子」の後、再会したことを言及した。
そして、イ・ヒミョン作家に対して、「私は女性だったら付き合いたいと思うほど魅力ある男だ。」とセンスよく紹介した。
イ・ギルボク撮影監督については、「星から来たあなた」で撮影賞を受けた監督のため、私たちのドラマも、また、映像美が優れたドラマになるだろう」と言って拍手を受けた。

匂いを見る少女 キャスト

シナリオリーディングが開始され、警察になったムガクの緊迫感と共に、警察になるしかなかったことを知らせる真剣なセリフで瞬時に練習室を集中させた。
シン・セギョンは、劇中、コメディアンであるだけに笑い誘発を含めて「喜怒哀楽」が豊富なシナリオリーディングを披露し、さらに雰囲気を盛り上げた。
キム・ビョンオクとイ・ウォンジョン、チョ・ヒボンは適材適所でコミック演技を披露して笑いを引き寄せ、瞬く間にシナリオリーディングを終えた。

ある制作陣は、「匂いを見る少女」は、演技者らの緊張感あふれながらもハーモニーが成したシナリオリーディングが行わながらあっという間に時間が過ぎたと言った。
そして、放送が開始されると、視聴者の方も、時間が経つことを分からないほどドラマの楽しさに夢中になるだろうとドラマを紹介した。
このように最初のシナリオリーディングを持って、本格的に始まりを知らせた韓国ドラマ「匂いを見る少女」は、2015年4月1日の初放送を皮切りに、毎週水、木曜日の午後10時放送される予定だ。

匂いを見る少女 キャスト

匂いを見る少女の原作では、男子主人公の名前はキム・ピョンアン、女子主人公の名前はユン・セアだったが、韓国ドラマ「匂いを見る少女」では、ムガクとチョリムの男女の名前が決まったそうだ。
原作との違いも、もう一つの匂いを見る少女 見所になるだろう。

演技力派俳優キム・ビョンオクは、JYJメンバーキム・ジェジュンが韓国ドラマ「トライアングル」へ出演したとき、ジェジュンを最後の最後まで苦しめた配役を勤めた。
そして、イ・ジョンソク主演ドラマ「君の声が聞こえる」では、ドラマの鍵を握った人物を演じて印象に残った俳優である。
匂いを見る少女と言うタイトルは女子主人公のドラマのような感じがするけど、ドラマのあらすじを見るとそのタイトルへの変更が理解できるだろう。
ユチョン主演ドラマを待っていたファンにはちょっと残念な気持ちもあるけど、ユチョンファンだからこそ応援したい。
匂いを見る少女の視聴率が20%を超える日までファイト!

In your paper, pay somene to do my online homework since the information is just a series of statistics, it would be more

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ