匂いを見る少女のキャスト,登場人物,原作,視聴率,パク・ユチョン,シン・セギョン,あらすじ,ost,匂いを見る少女1話,韓国ドラマ

 

匂いを見る少女のキャスト,登場人物,原作,視聴率,パク・ユチョン,シン・セギョン,あらすじ,ost,匂いを見る少女1話,韓国ドラマ

匂いを見る少女 キャストは、パク・ユチョン、シン・セギョン、キム・ソヒョン、ユン・ジンソ、ナムグン・ミン、チェ・テジュンなどに決まった。
匂いを見る少女 あらすじは、3年前に「バーコード殺人事件」で妹を失った無感覚的な一人の男と、同じ事故に遭って奇跡的に生き残ったが、以前の記憶をすべて失った超感覚の所有者である一人の女性の話を盛り込んだドラマだ。
原作のあらすじは、中学生の時に両親を失った以降、匂いを立体的に見られるようになった女子高生ユンセがある警察と出会いながら起こる捜査/ロマンスドラマである。
登場人物の詳細は公式ホームページで公開されてから改めて紹介するつもりなので、ここでは、原作の登場人物を紹介する。
ユチョン主演ドラマとして注目を集めている「匂いを見る少女」は2015年4月1日に匂いを見る少女1話が放送される予定だ。
韓国ドラ「匂いを見る少女」のostをユチョンが一曲は歌って欲しいけど・・・
匂いを見る少女の視聴率が20%を越える日まで応援するサイト韓国ドラマナビの原作紹介へ



匂いを見る少女 ハイドジキル私の後続

タイトル:匂いを見る少女(韓国語:냄새를 보는 소녀)
要約:SBS 水木 22:00~ 放映予定(2015年4月01日~)
あらすじ:3年前に「バーコード殺人事件」で妹を失った無感覚的な一人の男と、同じ事故に遭って奇跡的に生き残ったが、以前の記憶をすべて失った超感覚の所有者である一人の女性の話を盛り込んだドラマ。
製作:ペク・スチャン(演出)、イ・ヒミョン(脚本)
キャスト:パク·ユチョン、シン·セギョン、キム·ソヒョン、ユン·ジンソ、ナムグン·ミン、チェ・テジュン



セアの右の目(瞳)

中学校2年の夏、火災事故で視神経と嗅神経が疑問の変形を起こす。
「物に反射する光を見る」視覚ではない匂いを起こす「揮発性微粒子」だけを感知する機能を持ち、夜にも感知できる。

判別できる匂いの種類は10万くらいであり、これは犬の嗅覚に比肩される水準である。
一般人の鼻で嗅げない距離からも彼女の視覚が届く限り感知が可能である。

匂いの視覚化はセアが知らない匂いの粒子を見てからノウォンに学んだ後、自ら模様と色を決めて記憶した。
単位面積当たり分子の種類と分子の量により匂いを区分する。

匂いを見る少女の右目

匂いを見る少女 登場人物とキャスト

登場人物:一般人

ユン・セア(チョリム) キャスト シン・セギョン

匂いを見る少女 シン・セギョン

チョリム ユンセア

チョリム ユンセア

17歳、平凡な女子高生でこのウェプトゥンの主人公。
2年前、自宅で起こった爆発事件で両親を失った後、匂いを嗅げず、右の瞳で見られるようになり、この瞳のため性格が冷たくなった。

嫌でも匂いが見えるので、彼女の視界はかなり複雑である。
だから、常にティーツリーの香りを持ち歩いて分散させるため、クラスメートには「灰皿」というニックネームで良くなく写っている。
本人も数ヶ月経つとクラスが変わって、卒業すれば見る必要のないクラスメイトだがら気にしない。

成績は良くない方。
両親を殺害した者たちに復讐を夢見ている。
1話では、映画館で出会ったキム・ピョンアン(ムガク/パク・ユチョン:韓国ドラマ)警察官とコンビを組み、子犬失踪事件、空き家泥棒「ジャグリング」事件などを解決して行く。
そのうちに、彼に好感を抱き始めてから、徐々に閉じられていた心の扉を開いていく。

ノ・ウォン

ノウォン

ノ・ウォン

25歳のイケメン。
化学工学科を卒業した製薬会社の研究員で、セア家族とは隣人の仲だった。
セアの両親が亡くなった後、セアをちょっと過ぎると思うほどにかなり気を使って世話している。
セアから連絡がないと、何かの危険なことに巻き込まれたのではないかと心配するとか、セアが下校する時間に合わせて迎えに来るなど。

ピョンアンの以前に、セアの瞳を唯一理解してくれて、心配してくれる人で、セアに瞳で匂いを区別できるように訓練をさせてくれた。
正確に言えば、セアに匂いを教えてくれて、セア自らが形と色を決めて記憶している。

職業が職業だから、セアが匂いと薬品の知識を必要とするとき、常に回答している。
ちなみに夢は、セアと堂々とした社内カップルになること。
しかし、作品の中では、ギャグキャラクター(もちろん真剣な状況ではすごく真剣になる。)+セアの移動手段シャトル役割を担っている。

コ・ヨジョン

コ・ヨジョン

コ・ヨジョン

「ティント妖精(ヨジョン)」編で、セアのクラスに転校してきたファトク女子高生。
転校初日にセアのクラスメートの携帯電話が、バッグことに消えた事件が起きると、教務室にクレンジングを取りに行ったこともあって疑いを受けた。
しかし、ペアになったセアが自分の潔白を知っていると言うと捜査(?)に協力する。
最初に登場した編で、セアは化粧品の匂いのため、彼女を良くなく見たが、事件後には、セアの唯一の友人に違いない仲になった。

ファン・オウ

ファン・オウ

ファン・オウ

ヨジョンの叔父で28歳の画家。
初登場は「窃盗の定番」編で、空き家強盗犯「ジャグリング」に暴行された被害者。
正体不明の匂いに包まれているが、セアの両親の部屋にあった匂いの一部と同じためセアの疑いを買った。
以後、「ティント妖精」編で、学校の先生の連絡を受けて出頭、事件の犯人である化学先生の車を壊して、セアが携帯電話のバッグを見つける手助けを与えた。
甥子のヨジョンからセアの能力について聞いて、彼女に興味を持ち始める。
一旦、表面的の職業は画家だが、「投げ縄(オルガミ)、太い綱(ドンアジュル)」編を見ると、麻薬関連の仕事をしているよう。

登場人物:警察

キム・ピョンアン(ムガク:パク・ユチョン)

ムガク キャスト ユチョン

キム・ピョンアン ムガク(キャスト ユチョン)

キム・ピョンアン(ムガク:パク・ユチョン)

キム・ピョンアン(ムガク:パク・ユチョン)

ユン・セア

匂いを見る少女 1話、映画館でセアの隣の席で、バター焼きイカを食べていた男性で職業は警察官。
ヘアーのセットをしない髪型に素朴な顔たちで、性格もどこか抜けているため信頼を寄せにくい。
しかし、危険な状況では、自分を犠牲にしてでも犠牲者が出ないようにする信頼できる警察官。
過去、コンビニ強盗を捕まろうとした父親キム・ハンソン警査(刑事)が強盗に殺害さられた辛い過去がある。
最初は父を殺害したコンビニ強盗を憎んだが、父の葬儀で父が複数の人のために良い仕事をしたことを知って刑事になることを決心する。
初めて会った時は、セアの能力を信じてくれなかったが、彼女の能力が捜査の盲点を刺しぬく大変な能力であることを悟った一方、彼女が危険なめに会わないように気を使っている。
現在、セアがノ・ウォン以外に心を開いて信じている人。

ヨムミ

ヨムミ

「コレクター」編で、コレクタを捜査しに来た女性刑事。
暴力担当組織 5チームに所属しており、足を使えないため、車椅子に乗って通う。
無愛想な印象になまりが特徴。
ピョンアンの次に、セアの能力を信じてくれて、ファン・オウを疑った最初の人物。

登場人物:犯罪者

ジャグリング

「窃盗の定番」編に出てきた空き家泥棒。
5年間、ソウルの高層マンションだけを狙って通いながら証拠も残さず、警察を持って遊んだため、ジャグリングというニックネームがついた。
しかし、彼の犯罪は、セアが介入しながら、幕を下ろすことになる。
逮捕されるまで自分がなぜ捕まったのかその理由を知りたがっていた。

コレクター

セアが犯人を捕まえるためにきた納骨堂で、自分が殺したゼ・ファヨンの写真の前に精液を振りかけていた男。
納骨堂に来たセアの瞳を見て、きれいと思いコレクションに入れようとしたが、ピョンアンの攻撃を受けて逃げる。
ゼ・ファヨン以外にも、数人の女性を拉致、彼女たちの生活をノートに書かせた後、殺すことをしてきていた。
疑問のクスリを服用すると、痛みを感じずに力が強くなる。
以降、コレクター編からセアを狙って、ヨムミ刑事まで拉致した後、末にセアも拉致する。
その後、地下道にある自分の秘密のスペースでヨムミ刑事とセアを持って遊んでいたが、結局はセアに殺される。

匂いを見る少女 キャスト、あらすじ、原作の登場人物まで紹介しました。
原作、匂いを見る少女 1話は、シネマを背景に始まる。
しかし、イ・ヒミョン作家の「匂いを見る少女」は女子主人公の職業も代わるため、1話への期待も益々高まる。
ファンタジーがあるドラマでありながらミステリースリラーであってほしい。

ユチョンファンたちが製作したポスターをいくつか紹介します。

匂いを見る少女 ポスター

匂いを見る少女 ポスター

匂いを見る少女 ポスター

匂いを見る少女 ユチョン&シン・セギョン

匂いを見る少女のキャスト,登場人物,原作,視聴率,パク・ユチョン,シン・セギョン,あらすじ,ost,匂いを見る少女1話,韓国ドラマはここまで!
匂いを見る少女のキャストと登場人物は後ほど詳細な情報をもって来ます!

One third of cloned calves research paper writing of http://writemypaper4me.org/ die have died young.

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ