匂いを見る少女 キャスト,登場人物,キャスト,あらすじ,パク・ユチョン,韓国ドラマ,全20話,ネタバレに注意を!

 

匂いを見る少女 キャスト,登場人物,キャスト,あらすじ,パク・ユチョン,韓国ドラマ,全20話,ネタバレに注意を!

匂いを見る少女 キャストおよび、登場人物の詳細について紹介する。
韓国ドラマ「匂いを見る少女」は、全20話の放送を予定しており、ユチョン、シン・セギョンが主演を演じる。
そして、キャストのなかで注目したいのは、ナムグン・ミン、ユン・ジンソである。
いままで、ナムグン・ミンは期待以上の演技を見せて、ファンも相当なものだ。
「匂いを見る少女」は、ユチョン主演ドラマではあるが、一人ではドラマの制作が不可能なため、脇役の演技がどんだけ重要なのかは皆が知っている。



「匂いを見る少女」の原作の人気も高かったけど、脚本に「屋根部屋の皇太子」を執筆したイ・ヒミョン作家が筆を取るのでその期待はUP↑
原作の人気が高いほど、ドラマ製作が難しいのは事実だ。
ハイドジキル、私も原作の人気が高く、それにヒョン・ビン主演と言うことで期待が高かった。
しかし、ハイドジキル、私の視聴率は現在、水木ドラマのなかでも、2014年から2015年にかけて放送されたSBSのドラマの中でも記憶に残るくらい低い。
主演の名前だけでは、ドラマの視聴率はできないと言うことだ。
ユチョンが主演を勤めて、イ・ヒミョン作家が存分に能力を発揮して、脇役が自分らの役割を果たして初めて視聴率に期待できる。



匂いを見る少女 キャストおよび、登場人物の詳細

ここからはネタバレに注意しながら読んでください!
1話、2話の内容が含まれている場合が多く、登場人物の紹介で1話と2話への興味が・・・
最初の1話と2話の理解に助けになる場合もあるけどね。
個人の判断にお任せします。

主要人物

ユチョン 匂いを見る少女

ユチョン 匂いを見る少女

チェ・ムガク キャスト パク・ユチョン(JYJ)

感覚を失った警察

警察になる前の職業は、アクアリウム(水族館)のアクアリストであった。
3年前、「バーコード殺人事件」の犠牲者である妹を失った。
ムガクは警察になってからもしばらくの後にそれが「バーコード殺人事件」ということを知ることになる。
妹を失った後、ムガクは食べられず、寝られずのまま20日を堪えていた。

そのままだとチェ・ムガクさえ死んでしまうのではないかと言う話が出てくる頃、済州島アクアリウムのサメ水槽で気を失ったまま発見される。
この事件でコマ状態に陥ったムガクは6ヶ月ぶりに意識を回復する。
しかし、体に異常が生じた。
感覚器官の異常によって嗅覚と味覚を失い、神経の異常が生じ、痛みを感じなくなったのだ。

痛覚喪失症(analgesia)
【病理】 痛覚脱失[消失](症), 無痛覚(症).

無痛覚症(むつうかくしょう/analgesia)とは、
痛覚脱失症。
痛覚を喪失した状態で,末梢神経の損傷あるいは,脊髄癆,脊髄空洞症,脊髄腫瘍などの脊髄疾患で起る。
ヒステリーなどでもみられることがある。

嗅覚を失って匂いを嗅げないため、殺人事件現場の悪臭が出る死体の前でもマスクを着用していない。
(これはかなり男らしく見えることと誤解されている)
味覚を失って食べ物の味を知らない。
しかし、大食い。
いくらまずい食べ物でも3人分を食べてから箸を止める。
(これがかなり男らしく見えることと誤解されている)

痛みを感じないため、犯人との格闘でいくら撃たれても最後まで戦って犯人を制圧する。
痛みの限界を超えると気を失うだけで痛みは感じられない。
(これはかなり男らしく見えること誤解されている)

笑いと涙がない。
「感情がない」とは言い切れないが、感情がかなり乾いている。
女性を愛する気持ちを感じられない。
ハンサムな容貌と男性らしい魅力に誘われて、女性がアプローチするが、ムガクの極度の無味乾燥さに飽きた女性は、自ら諦める。
恋愛はおろか、社会生活も難しいほど無味乾燥である。

妹を殺した殺人犯を逮捕することが人生の目標である。
だから、あんなに好きだった仕事、アクアリストを辞めて警察になった。
殺人が起きて3年が過ぎたが、手がかりか見つからず、事件は迷宮に陥っている。

シン・セギョン 匂いを見る少女

シン・セギョン 匂いを見る少女

オ・チョリム キャスト シン・セギョン

匂いを見る少女。

ノリもよく多くの人も好きだ。
笑いが好きなので、コメディアンになることが人生の目標。
放送局コメディアン試験は何度も落ちた。
現在は、小劇団の一時的セクション。
小劇団では、声帯模写表情演技など個人技の練習、面白いシチュエーション創作、その他、雑用清掃などで練習生時代を過ごしている。

落語が好きだが、落語をしていて、自分が先にコロコロをたてて笑ってしまい、挙句にはつまらなく聞いていた人々は、ちょっとないってと言う。
しかし、一度起きた笑いはなかなか止まらないチョリム!

22歳の年齢だが、人生の記憶は過去3年が全てだ。
18歳以前の記憶はない。
18歳に事故に遭い、意識を失って19歳に目が覚めた。

3年前のバーコード連続殺人事件の被害者で親が殺害され、殺害現場の目撃者で犯人から逃げている途中、交通事故に遭う。
死亡に至るほどの重傷だったが、なんとか命拾いだったが、昏睡状態のままで6ヶ月間、集中治療室にいた。

奇跡的に意識が戻ってきて、命だけは助かったが、感覚機能がおかしくなった。
だけでなく、事故以前の記憶まですべてを失った。
自分の名前が「チェ・ウンソル」から「オ・チョリム」に変わったことさえ全く知らない。

嗅覚は非常に奇妙な異常が起きた。
匂いを鼻で嗅ぐことができなくなった代わりに、においを目で見ることができるようになった。

視覚的に空気中の臭いの粒子を見ることができ、非常に精巧にどんな臭いなのかを区別できる。
また、誰か姿を消すと、臭い粒子を追跡して、消えた人の行方を見つけることができる。
猟犬(ハンティング用の犬)の嗅覚を凌駕する。

事故後の神経異常にすべての感覚が非常に鋭敏である。
温度を感じる感覚がとても敏感で、普通の人よりもはるかに熱くまたは冷たく感じる。
敏感な感覚のため、額が若干くすぐったりすると、針に刺されたようにびっくりする。

鋭敏であるとして神経質なことは全くない。
感覚が鋭敏であるだけで、感情の状態が鋭いわけではない。
性格はむしろ、明瞭溌剌で幼稚に輝き超明るい。

チョリムは、バーコード殺人の犯行現場で生き残った唯一の目撃者である。
しかし、コマの状態以前の記憶をすべて失ってしまい、バーコード犯からやっと命を救われたことを覚えていない。
両親が凄惨に殺害されたという事実も、自分の名前がチェ・ウンソルからオ・チョリムに変わったことすら全く知らない。

ナムグン・ミン 匂いを見る少女

クォン・ジェヒ キャスト ナムグン・ミン

スターシェフ、レストラン「JAY」代表
優れた実力に芸能人に劣らないルックスで人気急浮上しているスターシェフである。
料理のスキルだけでなく、優れた文の才能を持っていて、彼が連載する料理コラムも大きな人気を集めている。
4年前にオープンしたレストラン「JAY」は、一ヶ月前から予約しないとは入れない人気のスポット。
英国で世界的に有名なシェフのレストランで働きながらキャリアを積んだが、自分だけの料理をするために韓国に帰ってきた。

真っ白な肌に半月微笑みが魅力的である。
良い環境で育ったせいか陰がない。
誰にでも親切で、すべての事に合理的である。
徹底した自己管理で体つきも芸能人級。
読書量もものすごい。
クォン・ジェヒの宝物1号は、全世界の上流層が愛用する名品キッチン家具で作られた最高級キッチンではなく、これまで自ら読んだ数千冊の本でまとめられた書斎という話もある。
完璧に見える姿とは異なり、ひんやりとした冗談を楽しんでいる。 (もちろん本人のみ面白がる)

ユン・ジンソ 匂いを見る少女

ヨムミ キャスト ユン・ジンソ

31歳。
広域捜査隊プロファイラ、警衛。
根性あって実力を備えたエリート警察。

警察の仕事に埋もれて住んでいる。
科学捜査データ捜査の信奉者。
ニックネームはデータベース。
ニックネームらしく数多くの警察の記録を覚えている。

体つきと美貌を持って生まれた美女。
男には少しの関心も持っていないが、ムガクには愛情を感じる。
しかし、好きな気持ちを少しも表さない。

ハイヒールのスーツ姿。
言い方は「だ。な。か」で終わるしっかりした態度。
冷徹な論理と態度から来る極強のカリスマ。
バーコード連続殺人担当班から強力係長と対立を立てる。

交番警察だった父が強盗事件で死亡した。
父の葬儀で近所の住民が数多く集まって来て、幼いヨムミの手を握って父の死を哀悼したとき、幼いヨムミは、警察になることを決心した。

匂いを見る少女 あらすじ

現在、公式ホームページに掲載されている登場人物の詳細は、主要人物のみであるため、後ほど続きを掲載するつもりです。
匂いを見る少女 キャスト,登場人物,キャスト,あらすじ,パク・ユチョン,韓国ドラマ,全20話,ネタバレに注意を!についてはここまで。

Diese auszeichnung soll den bachelorgrad http://essay-schreiben.de als abschluss und karriereeinstieg weiter stabilisieren

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ