恋愛じゃなくて結婚のキャスト,ヨンウジン,ハングル,登場人物最新版 韓国ドラマ

 

韓国ドラマ 恋愛じゃなくて結婚のキャスト,ヨンウジン,ハングル,登場人物最新版

恋愛じゃなくて結婚のキャスト、ヨンウジンとハングルの画像が話題になっている。
恋愛じゃなくて結婚は結婚したい女チュジャンミ(ハン・グル)と結婚したくない男コンギテ(ヨン・ウジン)の契約恋愛ロマンスを描いた16部作ラブコメだ。
あらすじは、三代つづきの一人息子のため、家族から強引に結婚を強要される結婚苦手男コンギテが家族の結婚意志を諦めさせる目的で、絶対に、家族が認めそうもない女性チュジャンミを恋人として紹介して広がる契約恋愛ロマンスを描く。
契約恋愛を描いた韓国ドラマの中で、今にも記憶に残っているのはソンヘギョ、ピ(RAIN/チョンジフン)主演の「フルハウス Full House」だ。
久々にフルハウス dvdでも下ろしてみてみようと思っている。
ソンヘギョのフィギュア・スケーティング(figure skating)の実力も見られて、ソンヘギョとピのケミは最高としか言えないものだった。





ヨンウジンが演じるコンギテのキャラクターは、うまく行くの美容外科医であり、まともな教育者の家に知的なイメージまで備えた完璧な花婿候補である。
しかし、これらの優れた条件にもかかわらず、一人で過ごす時間が好きで結婚したがらない結婚苦手男で、彼の結婚を切実に望む両親との葛藤関係を形成する予定だ。
また、結婚執着女ハングルと悪縁で出会って、駆け引き(ミルダン)ロマンスを披露する見通しだ。

最近、「恋愛じゃなくて結婚」公式ホームページを通じて公開されたヨンウジンのスチール画像を見ると、恋愛や結婚よりは、一人でいるときより幸せを感じるコンギテのキャラクターがそのまま感じられる。 
また、高級感のあるガウンをかけたり、医師のガウンを着て知的なイメージを演出するなど、エリートらしさがぷんぷんと感じられる姿で女心攻略を予告している。





ハングルの率直でも果敢な演技を見られる画像も公開されて話題を集めている。
躍動感あふれる表情の演技や壊れるコンセプトも厭わない姿が作品中のチュジャンミのキャラクターをより一層期待させる。
また、酒に酔って解けた目つきやセクシーなウェーブはもちろん、焼き物を作るときの楽な姿勢、疲れた足を手でもんで休息を楽しむリアルな姿など。
彼女は毎場面事に多様でキュートな演技変身を見せて製作陣の賛辞が続いているという裏話だ。
2014年夏7月4日初放送を皮切りに、毎週金、土の午後8時40分に放送される予定だ。

恋愛じゃなくて結婚のキャスと登場人物

チュジャンミと家族たち

チュジャンミ cast ハングル「結婚をしたい女」 
性別:女 
年齢:29才 友人のすべてが三十才だが、早い86年生まれだから、何とか20代の名目を保つ 
学歴:地方大学 
居住:江北。次の世代にも絶対再開発されるはずのない両親人の古い住宅 
職業:デパートブランド品店頭販売スタッフ。 24時間ブランド品と共に過ごすが本人所有のブランド品はなし。 
車:10年もの、三千里自転車 
外貌:犬の像。働く時はそれなりお洒落。デパートドアの外に出る瞬間魔法が解ける。 
家柄:水商売をする両親。譲り受けた財産は、アルコール分解に特化した新鮮な肝臓。

恋愛じゃなくて結婚 キャスト ハングル

この時代が要求する高級花嫁の条件を何一つきちんと満たしていない結婚市場の超特価セール商品。 
足りなければちょっと覆っておしゃれに包装することも知っておくのに、過度に正直である。 
隠したがなんとか漂う洗練されたセクシー美、このようなことは知らない。
ただラインが深い服を着る。

言いたいことは必ず言うべし、お酒は酔うために飲むものであり、ご飯はお腹をふくらませるに食べること。 
自らは率直な性格だと確信しているが、他人の目にはただ単純無知なのだ。 
しかし、何よりも彼女が結婚できない最大の理由は、まだ結婚が「愛」の完成と信じているからだ。 
結婚のためになるところか、むしろ邪魔な奴のその愛がだ。

「結婚は愛を永久に保持する世界で最もロマンチックな制度だ!」

恋愛じゃなくて結婚 キャスト ハングル

コンギテと呼ばれるこの男は、口を開けば残酷な直球をジャンミの胸に刺す。 
会いたいといきなり顔を突きつけるのがどれだけ失礼なのか、無条件に好きだと突きつけるのがどれだけ負担なのか。
2G携帯電話にこだわるアナログ趣向は、またどのように自己陶酔的で利己的なのか、そのような時代遅れの頑固者にどのようなコミュニケーションをして愛をするというのか・・・

鼻で笑ってからかう奴の態度に腹が立って当たてしまう。
不思議な因縁である。
ジャンミの決定的屈辱の瞬間にはいつも彼がいて、話にならないほど絡んだ悪縁はジャンミをストーカーにさせてしまう。 
そんな奴がいきなりとんでもない提案をしてきた。
「私と内の家にちょっと行きましょう!」

ナソニョ(50代中盤、ジャンミの母) cast イムイェジン

心だけは花のような十八の少女。 
若い頃の夫を熱烈に片思いしていた。 
一言もむやみないチュギョンピョの慎重なカリスマに魅了されて付いて回った。 
しかし、結婚して夫になったチュギョンピョはお金しか知らないちっぽけな男だった。

イムイェジン

二人でホープ屋を運営しており、人件費が高いと従業員も雇わなかった。
それなりに大切に育てられた一人娘ソニョ、1年365日、ホープ屋のキッチンに閉じ込められてお酒の臭いと油のにおいに包まれてしわくっちゃに老いたのが悔しい。
真央に口をぎゅっと閉じて、我慢し続けて口に出した言葉は、せいぜいご飯くれと言う言葉しか言わない夫が、もう本当に嫌になってしまった。

経済的自立能力がなかったせいで、ぐっと堪えて娘を見て住んでいたが、今では世界が変わった。 
お金が好きな夫がしつこく集めた財産の半分をもらい、残りの人生は「一人」だけのシングルライフを楽しむと声を出してぱんぱんたたく。 
離婚届は既にもらって来て、すべての項目を入念に作成しておいた。
印鑑だけ押せばよし。

ジャンミが幼い時は、娘が大学へ入学すれば、すぐに離婚すると口癖のように言った。 
ジャンミが大学に入ると、今度は一人だけの娘を嫁に行かせばすぐに離婚だそうだ。 
タンスの引き出しの中に十年以上スタンバイ中の離婚届けの書類に一体、あっさりと印鑑を押せる日が来るだろうか?

チュギョンピョ(50代、チュジャンミの父) cast パクジュンギュ

内向的で無愛想なこの時代の典型的な父親。 
妻と娘に愛情を表現する唯一の方法は生活費とお小遣いを渡して見栄震えること。 
ともあれ、なぜ愛とロマンを知らなかったのだろうか。 
貧しい美大生だったチョギョンピョ、芸術を愛する感性青年だったが、扶養すべき家族ができた後、一気に夢をあきらめて現実を追った。 
そのように、自分を捨てて一生を捧げて奉仕した。 
一生24時間、一人の女性のそばについて留まっていたし、一瞬間も目を細めたことがない。

ところが、ありがとうどころか、口を開けばけち扱いする妻が不合理でむかつく。 
かなり若い奴らのずさんと吐瀉物を受け出して、しわくちゃに老いた後、あきらめていた若き日の夢が浮かんで胸がぽっかりあいたように空虚である。 
寂しくて苦しい心を妻に虫を起こして解かすけど、以前のように引き受けてくれないし、透明人間の扱いで無反応で一貫している。 
若さ、愛、夢、そして娘。
すべてが指の間から抜けた後、人生の残りの最後の一つ、妻さえ彼を去ろうとするのだろうか・・・?

コンギテと家族たち

コンギテ cast ヨン・ウジン 「結婚したくない男」

性別:男 
年齢:33才
学歴:名門大学医学部 
居住:江南の真ん中住商複合
職業:美容外科医。清潭(チョンダムドン)真ん中個人病院院長 
車:ランドローバー。一度もオフロードを走ったことのないオフロード車 
外貌:ひんやりして知的なイメージ 
家柄:おとなしく上品な教育家。三代つづきの一人息子で長男であることが一つの欠点

恋愛じゃなくて結婚 キャスト ヨンウジン

この時代が要求する高級花婿候補の条件を備えた結婚市場の超大当たり商品。 
カップルマネージャーと仲人がよだれぽろぽろ流して襲い持ってお見合いを一度見たくて、女性が番号札を持って並んでいる。
問題は、当事者が結婚したい思いが全く!ないということ。 
どんなにきれいな女性が突きつけても目すらそらさない。

韓国美女人口密度が最も高い清潭(チョンダム)で日々美女を作り出す美容外科医、きれいな女性に感動がない。 
自分の腕前に感動するだけ。
恋愛も充分に経験した。 
女性に対してであれば、知っても、あまりにもよく知っている。
女は全てそこそこ、その女がその女、俗物女たちの目的は一つだった。

恋愛じゃなくて結婚 キャスト ヨンウジン

そんなコンギテが意外と大敵であるチュジャンミに出会う! 
流麗な言葉使い、客観的な分析、合理的な論理でいくら説得してもあきらめを知らない。 
自尊感だけがないと思っていたが、プライドも底の女性と絡んで頭が痛いギテ。 
そうするうちに、ふとギテはうんざりする結婚の圧迫から抜け出す妙策が浮かんでくる。
誰が見ても絶対ネバー決して結婚は認めてもらえないようなジャンミを家に連れていって紹介すること。 
太ももが真っ白に見える短いスカートに、過度に率直な話術、そして、そのよどみない話し方に混じってプンプンと香るアルコルの臭いまで・・・
保守的で家父長的な家の人々が驚きと当惑を行き来する時に平然と宣言する。
「この女じゃないと一生を一人で暮らします!」

シンボンヒャン(50代、コンギテの母) cast キムヘスク

善良で慈しみ深い笑みと上品な話し方、逆らうことができないやわらかいカリスマ。
すべてが完璧な母親像である。
完璧な内助で夫を教授席にのせ完璧な家庭教育で息子を最高の美容外科医として育てた。
妻としても母としても、そして、宗家の嫁としても成功した彼女に、家族は何よりも価値のあるもの。
家族のためなら何でもする。

キムヘスク

家族の衣食住を完全にケアし、さらに自分たちの人生までケアする。 
一度も自分の人生を後悔したり、否定したことはなかった。
犠牲ではなく、選択だった。 
ところが、そんな彼女の家族が徐々につぶれていっている。 
シンボンヒャンの完璧主義と統制に息が苦しいと冷酷に独立してしまったギテ。 
三代つづきの一人息子、宗孫が非婚を主張して、彼女が成し遂げた完璧な家族に傷をつけようとする。 
絶えず見合いの席に引っ張り出してギテの結婚に命をかけるシンボンヒャン。

彼女がそんなに息子に執着するのは多分誰も知らないうちに胸の奥深くに埋めてきた傷のせいかもしれない。 
表面上は正常な結婚の標本であり、家族愛に固く団結した保守的な家だが、実状は殻だけが残った家族という枠をシンボンヒャン一人で、全力を尽くして握ったまま、なんとか堪えているのも同然だ。 
それでも最後まで家族を諦められないシンボンヒャン夫人。
彼女が命をかけて守ってきた童話のような家にとんでもない条件未達の嫁がくる。

コンスファン(50代後半、コンギテの父) cast キムガプス

素敵な年配の国文科教授。 
口数少なく、目がしっとりとして笑うときにみえる目元のしわもカッコいいし、シンホンヒャンの隙のない内助で、いつもきちんとした身なりによい香りを漂わせている。 
若い女子学生たちの心もときめかせる老紳士。 
人柄も立派だ。
皆に親切で、特に女性に暖かい。 
女性たちはこんなに素敵な男を独占したシンボンヒャンがとてもうらやましい。

しかし、彼女らは知らない。 
コンスファンが家に泊まる日があまり多くないことを。 
家にいる日さえも一人で書斎にこもって本ばかり読んでいることを。
彼が愛する女性は別にいるということを・・・

若い時はシンボンヒャンの制御が息が詰まって抜け出したかった。
しかし、何十年も一緒にしてシンボンヒャンと作り上げるショーウィンドーの夫婦生活に慣れてきた。 
安定した結婚生活が提供する利点は取りそらえながら、同時に愛もあきらめられない・・・
もしかしたら、最も利己的な人物。

ノジョンスン(80代、コンギテの祖母) cast キムヨンオク

コン氏の家の実勢…と一人で思い込んでいる。 
声は家族の中で誰よりも大きい。
はきはきした声でエミヤ(姑が嫁を呼ぶとき使うかけ声)!一言なら 
シンボンヒャンが風のように走ってきて彼女の厳しい望みにぴったりと合わせてくれる。
しかし、黙ってみると、最終的にはすべてのことはシンボンヒャンの思い通りに流れて行ったりする。

ノジョンスンもシンボンヒャンの言葉なら直ぐに受け入れる。
嫁なしでは、一日も生きられない。 
それがシンボンヒャンが人々をコントロールする方式である。 
完璧なケア労働で相手を私なしで生きられない状態にしてしまうこと。 
ある瞬間、ノジョンスンもうっすらと感じてはいるが遅すぎた。

そんなある日、コン氏の家にすごい人が入って来た。 
ただ一瞬も乱れない穏やかな波だったシンボンヒャンを 
怒に満ちた渚のように揺らすジャンミ、ノジョンスンは言いたい放題いえるこの子が気に入った。
ニューフェイスを前面に出し、再び実勢を夢見る。

コンミジョン(40代、末っ子の叔母)

他人のことに関心と愛情が、多いおしゃべり女性。 
いざ恋愛を一度も経験していいない生まれながらのソロー、オールドミスながら下手に恋愛コーチをする。 
いざ自分の身は白い雪粒のように純粋ながら、いつも口では無条件に一緒に寝てみることを進める。
ノジョムスンの末っ子。
家族の陰を抜け出して一人で立つのが怖い。

ハンヨルム cast チョン・ジヌン 「結婚が似合わない男」

性別:男 
年齢:28才
学歴:専門学校卒調理学科中退。料理と恋にはメンターなんて必要ないと。 
居住:不明。したところに留まらないタイプ 
職業:就職の代わりにバイトを転々とするニート族
車:ロードバイク。分かってみれば軽自動車一台の値に迫る高価な自転車 
外貌:アイドル顔負けの圧倒的な美貌 
家柄:最近結婚のニッチ市場でかなり人気の四顧無親(たよるべき人のないこと)

恋愛じゃなくて結婚 キャスト チョンジヌン

持ってるものがなくても、存在するだけで刺激的だ。 
一旦、女より美しい美貌が視線をひきつけて、意外にポツポツと振舞う男の香りが嗅覚を麻痺させ、オシャレ張らずに適当に羽織った長年着続けたようなTシャツにも自由な肌触りがある。 
なお、料理まで上手いから、彼と一緒なら、味覚まで幸せになる。 
しかし、あくまで恋愛したときの話。
愛は分かっても人を知ろうとしない彼に結婚まで期待するのは無謀である。

2AM ジヌン

ギテが赤裸々な現実を見せてくれれば、ヨルムはみすぼらしい現実を忘れて夢見るようにする。 
そんなヨルムに傷つけられる、いくら止めても前後計算できず全身で飛び込むジャンミが現れる。 
それほど痛く傷ついたら、怖がるのが普通だけど、「大丈夫」ととんとんはたいて再び愛する。 
ところが、この女、まともなふりをするのではなく、本当に大丈夫に見える。

愛が本業のヨルムは、この女性がする愛が気になり始める。 
ジャンミは夢の中に住んでいたヨルムを、現実の土地に下ろし落とす。
誰も認めてくれなかったヨルムの才能を認めたり、ヨルムのささっさっさとヤメ料理に意味と生命を吹き入れてくれる。

カンセア cast ハン・ソンファ 「結婚の必要がない女」

性別:女 
年齢:33才
学歴:名門大学医学部、ギテと同期
居住:漢南洞高級ヴィラ 
職業:美容外科専門医、現在父の病院で勤務中 
車:平日はベンツ、週末にはポルシェ 
外貌:猫以上。整形美人 
家:総合病院理事長の娘さん

ハンソンファ

全てを持っている。 
しかし、持つ者の余裕などない努力家。
一体、どのくらいもっと欲しいわけ?
本人に足りないのは何であり、必要なのは何であるかをしっかりと把握し、必要なものを得るために何をどのようにするかどうかも正確に看破する。 
欲望にも素直である。 
綺麗になりたい時は骨を削る苦痛も甘受ある。 
常に施術と管理、当然受ける。

自分で整形美人だと堂々と言う。 
患者にレーシック手術を進めながら、メガネをかける眼科医者のように表と裏が違うのは苦手。 
簡単に手に入るものは価値がないと信じて、両親から受け継いだものよりも自分ではるかに多くのことを成し、ま楽しめることを証明することが彼女の堂々とした抱負。 
近いうちに、父の病院も辞める予定。
病院を受け継ぐつもりもない。 
家族から独立して主体的な人生を生きていきたいという点で、コードが通じるギテと事業パートナーとして手を組もうと提案する。

ハンソンファ

男性より強くて、男性よりも稼いで、男性よりも、自分自身をもっと愛する。
面倒で負け犬の男たちと一体なぜ一緒に住みたいのか理解できない。 
男なしでも十分に食べていけるのに、なぜ? 
泥棒や強盗を捕まえるのは夫ではなく、警察や自動警備システムじゃないの? 
だから、彼女は結婚が必要ない。 
しかし、自分にしかわからない駄々お姫様だと判断すると困難である。 
「私」を最も愛するのは確かだが、利己的という評価には同意できない。

イフンドンと家族たち

イフンドン cast ホジョンミン 「結婚が取引だと思う男」

性別:男 
年齢:33才
学歴:名門大学校農大。入学定員割れだった。 
居住:江南の両親宅 
職業:ギテの整形外科病院の家主・・・の息子。 
車:アウディ 
外貌:まるまるクマのぬいぐるみのような善良な印象。恋愛市場ではC+結婚市場ではA+ 
家柄:夢の仕事、不動産賃貸業

ホジョンミン

お人好し!
草食動物に似た形状は信任を与える。
とんでもないところで肉は食えない像である。 
関係においても、常に良い人である。 
両方の立場や状況を考慮して配慮するため、決定を下すのが遅くなるだけで、絶対、優柔不断で二股かけたつもりはない。 
相手が受ける傷と痛みを自分のものであるように感じるため、気軽に動かせないものであり、絶対、計算したり引きずるつもりはない。 
最後まで良い人として記憶されたいのが何が悪いというのか。 
いつもいい人でありたいと強迫が他人を悪く思わせるのがちょっと問題だけど。

「君を愛しているが、愛しているから別れを受け入れるよ・・・!」

豊富な母親の愛をたっぷり受けて育った。 
理想のタイプは母のように、常に愛を施し与えるふくよかな女性。 
(これは基本的にある程度は経済的能力があって欲しいと言う意味)

似たような思い出を共有しているコードが通じる人ならもっと良いだろう。 
(だからできるなら、江南に住んでたら良いという意味)

結婚は一人だけの問題ではなく、家族の問題だから、何よりもお母さんの言葉をよく聞こうとする孝行息子(?)
母名義の建物の中でお母さんのお金で設けたカフェで暇つぶししながらお母さんの気に入る淑やかな嫁を探している。
ジャンミとは、ただ、あくまでも「好感を持って調べてみる段階」だった。 
(一言で言って、お調べ中と言う意味)

付き合わないわけではないといって付き合ったわけでもない曖昧な状態を維持して、ジャンミが突然、結婚しようと引きつくと驚いて逃げようとしている。
ところで、また自分は悪い人になりたくなくって、卑怯に友人ギテを押し出せる。

フンドンの母(50代後半)

自らジョルブ(成金)というコンプレックスがあり、無知に見えないようかなり努力する。 
シンボンヒャンとは、子供たちの高校の時から母親会で出会って集まりを維持している。 
教授の奥様シンボンヒャンを上品なふりをするとして、気に食わず牽制するが、ある反面、シンボンヒャンをベンチマークするタラジェンイ(人の真似をし続ける人)。

オムシェフ cast チェヒョン

フンドンが運営するカフェのシェフ
ヨーロッパスタイルの本格的なシェフ出身で、自尊心強く、艶がない語り口と行動が身についている人物だが、意外なすき間が多いキャラクターだ。 
カフェのイケメンアルバイトハンヨルム役を演じるチョンジヌンと一緒に呼吸を合わせる予定だ。 
チェヒョンはKBSNドラマ「自己発光彼女」でウドジン役を演じ、男性美いっぱいの魅力で注目され、事前製作ドラマ「天国の涙」、MBCドラマ「奇皇后」で活躍して演技者としての地位をしっかり固めてきた。
映画俳優ペゴンウの名前からチェヒョンと言う名前を変えて活動に拍車をかけている。

ナムヒョンヒと家族たち

ナム・ヒョンヒ cast ユン・ソフイ 「結婚が宝くじだと思う女」 

性別:女 
年齢:24才
学歴:名門大学。地方分校出身というのは極秘。何よりも重要なネームバリュー! 
居住:江南。全てをかけて再開発を待っている古いアパート 
職業:デパート有名ブランド店頭販売スタッフ 
車:兄の車が私の車 
外貌:清純可憐の顔にグラマー反転ボディー
家柄:アドレスは、明らかに江南だ。ハウスプア

ユンソヒ

男たちに大人気の善良な女性。 
(と書いて幼くてきれいな女性と読む。) 
永遠な男のロマン、長いストレート髪に白い肌、清純可憐な顔で保護本能を刺激して、意外にもビッグな反転体つきで男を抱く温かな(?)胸を同時に持った。

「何も知らない」顔で分かってみれば鋭く良いポイントだけを引き取る賢い女性。
男のどんな気に入らぬ話でも派手なリアクションで受け入れてくれる寛容な女性。 
夫の、夫のための、夫による人生を生きて行きたいと男の気を高める女性。
本当に男たちが唾液流すだけの善良な女だ。

ユンソヒ

「世界のすべての男は私の兄貴!地球は丸くて、我々はすべて家族ではないの?」

顔だけがきれいなのではなく、脳の構造も端雅だ。
世の中のすべての女性が条件と愛の間で右往左往したときに、彼女はシンプルに条件の良い男を愛してしまう。 
もちろん、絶対、堂々と俗物ではない。
欲望をおしゃれに包むことができる。 
薬の苦味を緩衝させてくれる甘い殻がなぜ悪い?

この世のすべての罪の中で最高の悪質はバレことごとく。 
真実は重要でない。
あなたが幸せかが関わっている。 
もし、目的がこの条件だけであったとしても、あえてバレて雰囲気を曇らす必要はない。
人々を不快にさせる真似は絶対に避ける善良な女だ。

ヒョンヒの母(40代後半)

娘と腕組みショッピングに通って、映画を見てデートする友人のような母親。 
しかし、一度も親らしいお母さんであることはなかった。

韓国ドラマ 恋愛じゃなくて結婚のキャスト,ヨンウジン,ハングル,登場人物最新版の紹介はここまで!

Youre referring to in your writing for science www.paidforessay.com classes.

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ