無限の愛 キャスト・あらすじ・登場人物・相関図を含む

無限の愛 キャスト・あらすじ・登場人物・相関図を含む

無限の愛 キャスト ファンジョンウム、チョンキョンホ、リュスヨンなどがプロフィール撮影を終えた。
無限の愛 あらすじは、韓国の1980年代の政治的、経済的時代状況を背景に、女性主人公の仕事と愛を扱ったドラマだ。
SBS新しい週末特別企画「無限の愛」(脚本:ナヨンスク、演出:イヒョンジク)製作ストーリーテレビ側は、京畿道高陽市一山(イルサン)のビッマル放送支援センターで撮影された「無限の愛」出演者たちのプロフィールの写真を公開した。





全出演者が撮影に参加した中、和気あいあいとした雰囲気の中でプロフィール撮影が順調に進行された。 
出演者たちが多い関係で一日中撮影する必要があったが、皆待つことを楽しむ姿だった。 
特に、まだ撮影前の​​パートナーと挨拶を交わし、あらかじめ親睦を深めた。

登場人物の詳細を探ってみよう。
ファンジョンウムは「無限の愛」で、母親の死を目撃して復讐を夢見る女性ソインエ役を演じる。 
ファンジョンウムは、ソインエへの完全変身のために徹底した事前準備をしており、撮影現場でも遜色のない演技で、すでにドラマの成功の予感を感じさせた。





久しぶりに正劇復帰作であるチャインピョは、現政権の実力者であり、有力な次期大統領選挙候補であるチョンテウン将軍役を演じる。
軍服を着た姿でチャインピョのカリスマがより一層光を発揮した。

リュスヨンは、ファンジョンウムの初恋であり、釜山最高のエリートハングァンフン役。 
成功と愛の間で葛藤する、熱い胸を持った冷徹な男で演技変身を予告している。

チョンキョンホはハングァンフンの弟であり、唯一ソインエだけを愛する釜山最高のホット男ハングァンチョル役を演じる。 
すでに撮影現場でタフなアクション演技と感情シーンを完璧に消化して、「無限の愛」の期待を精一杯高めた。

シムヘジンは、すべての紛争の核であり、政治力と社効力を兼ね備えた人物であるミンヘリン役を演じる。
ユアイン主演韓国ドラマ「密会」よりアップグレードされた優雅さを見せる計画だ。
チョンドンファンは、ミンヘリンの夫であり、総理キムゴンピョを演じる。
初恋の痛みを大事に心へ持ったロマンチストであり、カリスマあふれる総理に変身する。

無限の愛 キャスト

チョンソミンはハングァンチョルを片思いしているミンヘリンの娘キムセキョンを、ソヒョリムはハングァンフンを愛するチョンテウン将軍の娘チョンヒェジンを演じる。 
二人は明るく愛らしいキャラクターでドラマに活力を与え、様々なラブラインを作ってくれるものと期待される。

軍除隊後復帰するキムジュンはキムセキョンの兄であり、ソインエを盲目的に愛する男キムテキョンを演じる。 
母ミンヘリンの圧迫の中でもソインエに対する愛を手放さない純愛的な人物である。

無限の愛 予告動画よりキャプチャー

無限の愛 予告

相関図はファンジョンウム(ソインエ)を愛するリュスヨン(ハングァンフン)、チョンキョンホ(ハングァンチョル)、キムジュン(キムテキョン)のラブラインが一つ。
そして、ファンジョンウム(ソインエ)とチョンキョンホ(ハングァンチョル)、ハングァンチョルを片思いしているチョンソミン(キムセキョン)のラブラインと人間関係が大きな軸になるだろう。
多分、初恋の痛みを大事に心へ持ったロマンチストチョンドンファン(キムゴンピョ)の初恋はソインエの母キョンファだと思う。
このように相関図はまとまると思う。

「無限の愛」は韓国の1980年代の政治、経済的時代状況を背景に若者たちの仕事と愛を扱ったドラマだ。 
若者の愛と親たちの関係、そして、政治的なものが絡まったとき、それがもたらす結果が楽しみだ。
ここまで、無限の愛 キャスト・あらすじ・登場人物・相関図まで探ってみた。
リュスヨン、チョンキョンホ、ファンジョンウムの演技も期待されるが、チョンドンファン、チャインピョ、シムヘジンの演技にも注目していきたい。
2014年6月21日、無限の愛1話が電波に乗る。
お楽しみに・・・

関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ