神の贈り物-14日 1話 あらすじ 容疑者は?

神の贈り物-14日 1話 あらすじ 容疑者は?

神の贈り物-14日のあらすじは母親が娘を助けるかどうかがが結論で、犯人探しへの推理と容疑者たちの人物関係がお主な内容になるだろう。
神の贈り物1話には容疑者への伏線が多数含まれていた。
犯人探しへの推理が始まっている1話には容疑線上のせられる人物が多く紹介された。
初放送から緊迫な展開を見せたが、伏線がありすぎて視聴者には多少の説明が必要かもしれない。
そんな人のために不審な人物を取り上げて整理してみようとする。
先ず、小物としては、ヨンギュ(セッピョルの友達/B1A4のバロ)がいつも身から離さないカメラ、カフェオーナーの簪、母娘の写真、アンデルセン(ハンス・クリスチャン・アンデルセン/Hans Christian Andersen)童話のある母親の物語がある。

神の贈り物-14日 あらすじ 1話

神の贈り物-14日 1話 あらすじ

ここまで見ると、母性愛が主な内容になると思うが、娘を助けるために母親(スヒョン/イボヨン)が戦うべき相手はだれだろうか?
人物関係を見ると、大統領に当選した人物とセッピョルの父親(キムテウ/ハンジフン役/人権弁護士)は生放送の討論番組で敵対関係のように見えた。
アンデルセン童話のある母親の物語の内容で始まった神の贈り物14日の1話はかなりの衝撃を与えていた。
ドラマの1話の内容は殆ど人物紹介と関係を説明するエピログ形式が普通だが、神の贈り物14日1話では、事件の始まりから多くの伏線と容疑者になる人物の紹介を行った。

神の贈り物1話

神の贈り物1話

初放送の末尾では、劇の主人公であるキム•スヒョン(イ•ボヨン)の娘であるハンセトピョル(キムユビン)が婦女子殺害犯に拉致をされる姿が描かれて視聴者たちの緊張感を倍にさせた。
変調された声で犯人が生放送中に電話をかけ“そうして私を見つけることができると思うか?”と3人の婦女子殺人事件に続き、キム•スヒョンの娘であるセッピョルの声が受話器越しに聞こえてきた。
“ママ・・・ママ”と・・・
恐怖に震えて泣いている娘の声の前でキム•スヒョンはその場に座り込んでしまった。
16部作である『神の贈り物-14日』で、今後、彼女は娘を助けるために14日前にタイムスリップして知らない相手と戦わなければならない。
先立って製作発表会でイ•ボヨンは、“誰もが犯人であることを知らないまま、実際に撮影に臨んでいる。”とし、出演陣と製作陣たちも、その時に出てくるシナリオに合わせて状況を演じて表現するだけで、計算して作り上げることはないとはっきり言った。
ならば、神の贈り物14日において、ハンセッピョルを誘拐した犯人は誰なのか。
1話から早い展開で、しかも、1年後'まで流された状況で、時間的な措置は、非常に重要に迫ってくる。
これに「犯人リスト/容疑者リスト」を総まとめてみると、母であるキム•スヒョンを除いては、実質的にすべてが犯人の有力な候補に上げなければならない。

◆1年前のある日、“あなたがたの娘が死んでもそのような話ができるのか?”

人権弁護士であるハン•ジフン(キム•テウ)の娘ハンセッピョルが誘拐された。
それから1年前、人権弁護士ハン•ジフンは、大統領候補討論会で、殺人犯の人権を扱った討論を繰り広げ、殺人犯の人権も大事だという内容で意見を表明した。
放送を終えたハン•ジフンは、“お腹が空いて死にそう。ご飯食べに行こう。”と、妻のキム•スヒョンと腕を組んで歩いていたが、飛んでくる汚物の洗礼を受けた。
「江南婦女子殺人事件」の被害者の家族から激しい抗議を受けたこと。

神の贈り物1話

神の贈り物1話
その内容は、ドラマの冒頭に出てきたもので、短役演技者だったが安心できない。
 “あなたがたの娘が死んでも、そのような話ができるの?”と叫んだ、その内容が事件の伏線のみ作用するのか、その被害者が加害者に戻ったのかはドラマが終わるまで知らない。

◆ セッピョルの家の家政婦おばさん、怪しい家政婦

すべての人を疑って見なければならない。
セッピョルの家の家政婦おばさんは、セッピョルのお母さんであるキム•スヒョンの目を避けてあちこち遊び通いが好きな人物である。

神の贈り物1話
また、セッピョルが拉致された日の夜、セッピョルと近くにいたにもかかわらず、スヒョンに電話をかけて“20分が経ってもセッピョルが来ない。”と話す。
家政婦おばさんのエピソードがまだ不足だが、セッピョルの動態を最もよく把握している人物であることは明らかである。
神の贈り物-14日1話だけでは、だだ、遊び好きなおばさんに見えるけど、今後注目すべき人物!

◆本当の婦女子殺人犯であるキドンホ、あなたの声が聞こえる

神の贈り物1話

実際に婦女子に殺人を犯し、10年間刑務所に服役しているキドンホ(チョン•ウンピョ)を訪れたキム•スヒョンは彼に見せてはいけないものをみせた。
キドンホが殺人を犯した子供の姿が盛られた恐ろしい殺人現場の写真。
キドンホはキドンチャンの兄であり、キヨンギュ(バロ)の養父で、中心人物たちと絡んでおり、今後継続して出てくる人物。
また、「模範囚」だとヒントを与えた刑務官の言葉によると、彼が1年後、刑務所から出所した可能性は十分に残っている。
キム•スヒョンに‘復讐のための復讐’を夢見たのか、関心が集中されている。

◆ デスティニー(運命)カフェ社長、怪しいカフェに不審な行動まで

“水に気をつけなければならない”
キム•スヒョンは、偶然立ち寄ったデスティニー(運命)のカフェで娘セッピョルに向かって預言者のように水を警戒するように言葉を聞く。

神の贈り物1話
お客様が一人もいないカフェ、“今日オープンしました”と答えながらも、緊張の紐を離さずにセッピョルを眺めるカフェの主人の姿はどこか不審だ。
また、写真を見て、“おばさんの娘なんですか?”と尋ねるセッピョルの姿に当惑する姿は、平坦ではない人生を生きてきたことを一気に知ることができた。
果たして、カフェの主人はなぜ不審な行動をしたのか。

◆ キム•スヒョンの三人の男、そのなかに犯人がいる?

キム•スヒョンの周りには三人の男がいる。
人権弁護士であり、娘セッピョルの父であるハン•ジフン、元警察であり、興信所職員キドンチャン(チョ•スンウ)、強力係刑事チーム長でありスヒョンの初恋の相手ヒョヌジン(チョンギョウン)が周辺人物たち。

神の贈り物1話
また、これに6歳の知能を持ったヨンギュもセッピョルの周辺をくるくる回わるキャラではあるが、言葉をどもりがちにするキャラクターで流暢に受話器越しに話す姿とは全く距離がある。
しかし、絶対犯人ではないと断言することはできない。
結局、1話の中のすべての人物が不審な人物である。

神の贈り物1話

このように、複数のキャラクターが尾を絶た初放送から視聴者たちの視線を捕らえた中で、着実に関心をもたらすことができるか関心が集中されている。
ここまで、神の贈り物-14日のあらすじ1話内容を土台に容疑者として疑える人物と2話から注目すべき人物を挙げてみた。

In science the date of the research you cite is usually very http://writepaper4me.com/ importantthe.

関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ