私の生涯の春の日 キャスト,あらすじ,登場人物,スヨン,カムウソン主演

 

私の生涯の春の日 キャスト,あらすじ,登場人物,スヨン,カムウソン主演

私の生涯の春の日 運命のように君を愛してる 後続

タイトル:私の生涯の春の日(韓国語:내 생애 봄날)
キャスト:スヨン,カムウソン,イジュンヒョク,ヒョンスンミン,ヤンジンソン
あらすじ:臓器移植を受けた後、運命的な恋に落ちる女性の話を盛り込んだドラマ。
要約:MBC 水木 22時00分 放映予定(ヒューマンメロドラマ、2014年9月~)
製作:イジェドン(演出)、パクジスク(脚本)





「私の生涯の春の日」あらすじは、時限付き人生を生きていて、臓器移植を受け新しい心臓を得た女の話だ。
パク・ユチョン、ユン・ウネ主演「ポゴシッタ/会いたい/보고싶다」、「ありがとうございます/고맙습니다」などを演出したイ・ジェドンPDと「ヒーロー」のパク・ジスク作家が意気投合した作品だ。 
MBCの運命のようにあなたを愛してるの後続として、放映する予定である文化放送(MBC)水木韓国ドラマである。
現在、カムウソンとスヨンの年齢の差で話題を集めているが、キャストの中で期待している人物は、個人的にはイジュンヒョクのカムバックが嬉しい。
イジュンヒョクは「シティーハンター」でキムヨンジュ検事役を通じて名前を知ったが、「赤道の男」でも印象深い演技を見せてくれた。
韓国ドラマ「シティーハンター」はイミンホ主演だったが、パクミニョン、イジュンヒョク、キムサンジュンの演技に注目してもう一度見ると、また違う感動があるだろう。
韓国ドラマ「シティーハンター」dvdはレンタルや無料動画などを通じて見られる(?)





私の生涯の春の日のキャスト&登場人物

カン・ドンハ役 cast カム・ウソン:畜産会社「ハヌリオン」代表
イ・ボム役 cast 少女時代スヨン:心移植を受けて新しい人生を歩むようになる人物
カン・ドンウク役 cast イ・ジュンヒョク:医者
ペ・ジウォン cast ヤンジンソン:ヘソン病院 広報室チーム長
カン・プルン cast ヒョンスンミン:カン・ドンハの娘

俳優カム・ウソンと少女時代スヨンがMBCの新しい水木ミニシリーズ「私の生涯の春の日」の男女主人公として出演を確定した。 
2014年9月中に初放送される「私の生涯の春の日」は時限付き人生を生きて、臓器移植を介して、新しい心臓を得た女性と心を寄贈した女性の夫が会って、特別な愛をするようになるヒューマンメロドラマだ。

カム・ウソン
12年ぶりにMBCドラマに復帰するカム・ウソンは、畜産会社「ハヌリオン」代表カン・ドンハ役を引き受けて熱演する。 
劇中、カン・ドンハは不慮の事故で妻を失って、子供二人を一人で育てていたが、妻の心臓移植で新しい人生を生きるようになった女性のボミ(スヨン)に出会いながら、運命的な愛をするようになる。

少女時代 スヨン

少女時代 スヨン

スヨンは心臓移植を介して、新しい人生を生きるようになった女性イ・ボム役を務める。
イ・ボムは他人の人生を代わりに生きているという考えで、誰よりも積極的で激しく、世の中を生きていくしかない女性で、カン・ドンハとラブラインを成す予定だ。
特に、二人の愛の物語は、細胞記憶説(英語名:Cellular Memory、臓器移植受益者に現れる症状で、寄贈した人の性格や習慣が受益者に転移する現象をいう)と呼ばれる独特で新鮮な素材をもとに、描かれて今年の秋に、お茶の間に胸暖かい愛の物語を伝える。 
また、特に、カム・ウソンとスヨンがそれぞれ70年生まれと90年生まれで、年の差がなんと二十歳という点が注目をひきつける。

イ・ジュンヒョク

俳優イ・ジュニョクがMBC新しい水木ドラマ「私の生涯の春の日」でお茶の間へカムバックする。 
イ・ジュンヒョクは「彼らが生きる世界」、「怪しい三兄弟」、「シティーハンター」、「赤道の男」などを通じて、しっかりとした演技内攻を押し堅めて来た演技派俳優だ。 
特に、「シティーハンター」のイケメン検事キム・ヨンジュ役と「赤道の男」の悪い男イチャンイル役に分して、緻密な感情演技を披露して好評を受けていた。 
その他の出演作ごとに印象深い演技を披露して視聴者たちの愛を受けた。 
彼は劇中、胸部外科医カン・ドンウク役でお茶の間へ復帰し、さらに深くなった演技力を見せてくれることと期待を集めている。

イ・ジュンヒョク

「私の生涯の春の日」で愛する女性の心臓を守ってくれる「ロマンチック主治医」カン・ドンウクを演じるイ・ジュニョクは、実力のある心臓専門医のカリスマある姿の後に、一人の女性に向けて至高至純な純愛と甘いロマンチスト容貌で女心を刺激する予定だ。 
また、これまで彼が見せたカリスマのイメージとは違ってロマンチックコメディーの面貌を披露して新たな魅力を発散する展望だ。 
特に、KBS「赤道の男」以来、久しぶりに視聴者と会う作品であるだけに、彼のカムバック作で多くの人々の期待が集まっている。

イ・ジュンヒョクは、久しぶりにテレビ劇場視聴者たちとお会いできてとても嬉しくてときめく。 
初めてシノプシスを読んだ時、活発な性格を持ったが、他人が知らない痛みを持つカン・ドンウクというキャラクターに魅力を感じた。 
改めて始める気持ちで熱心に撮影へ臨もうと努力しているので、多くの期待お願いすると所感を明らかにした。

ヤン・ジンソン 百年の花嫁

俳優ヤンジンソン(26才)がドラマ「私の生涯の春の日」に出演する。 
あるドラマの関係者はヤンジンソンが2014年9月放送されるMBC水木ドラマ「私の生涯の春の日」出演を確定し、撮影準備中だと述べた。 
ヤン・ジンソンは、劇中のヘソン病院広報室チーム長ペ・ジウォンを務める。
病院ではなくてはならない存在で、理事長兼スヨン(イボム)母親の寵愛を受ける病院内立地が固い人物である。

ヤン・ジンソン

ヤン・ジンソン

冷たくて冷静だけど、計算が速く、賢く、人使いが上手だ。 
現在、出演を確定したカム・ウソン、スヨン、イ・ジュニョクと四角の構図をなして劇を導いて行く。 
ヤン・ジンソンは2014年4月放映終了したTV朝鮮ドラマ「百年の花嫁」以来、6ヶ月ぶりであり、地上波は、昨年MBCドラマフェスティバル「私、ママ、パパ、おばあちゃん、アンナ」以来、約10ヶ月ぶりだ。
シティーハンターでイジュンヒョクと呼吸を合わしたことがあるので、期待は高い。

ヒョン・スンミン

ヒョン・スンミンはフィギュアスケーティング選手出身という独特の履歴を持っている。 
MBCドラマ「メイクイーン」でチャン・インファ(ソン・ウンソ)の子役でデビュー以来、映画「チャンピオン」、「ダウド」、最近MBCドラマ「奇皇后」までドラマと映画を行き来して活躍している。 
特に、「奇皇后」ではキ・スンニャン(ハ・ジウォン)の子役で登場して大人に劣らない演技力で存在感を立証している。 
「私の生涯の春の日」では、カン・プルン役にキャスティングされて俳優カム・ウソンの娘で登場する予定だ。
「私の生涯の春の日」は「運命のように君を愛してる」後続で、2014年9月に私の生涯の春の日 1話が放送される予定だ。

ヒョン・スンミン

私の生涯の春の日 キャスト,あらすじ,登場人物,スヨン,カムウソン主演の紹介はここまでで、公式ホームページによる登場人物の紹介がある次第、和訳を持ってもう一度掲載する予定です。
イジュンヒョクのカムバックが嬉しいこのドラマ、医者の白いガウンがお似合いだろうね・・・

Cloning at www.essaynara.com/ this early stage in the research.

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ