秘密の扉のキャスト,あらすじ,登場人物,ネタバレ,相関図,ost,視聴率,時代劇

 

秘密の扉のキャスト,あらすじ,登場人物,ネタバレ,相関図,ost,視聴率,時代劇

秘密の扉 キャストで主要人物を演じる俳優はハンソッキュ、イジェフン、キムユジョンである。
キム・ユジョンは太陽を抱く月でホ・ヨヌの子役を演じて、ヨ・ジングと共に多くの人々から愛された。
子役を主に演じてきたキムユジョンの成人役への大きな影響を与えれると言われている今回の選択は正しいだろうか?
イジェフン、ハンソッキュなどと一緒に演技を行う彼女への期待もかなり高い状況だ。
キャストと登場人物に関しては、下記の方へ詳細な内容を含めて紹介する予定だが、ネタバレにはご注意を!
歴史そののがネタバレになるけど・・・




あらすじは、思悼世子の死をめぐる秘密を暴く物語を扱った史劇である。
相関図はお父さんであり、王であるハンソッキュ(英祖)と息子役のイジェフン(思悼世子)とキムユジョン(徐池談/ソジダム)の関係が主な軸を成すと思われる。
時代劇のostはイ・ソンヒ、イ・スンチョル、アリ(Ali)、パク・ワンギュが歌って欲しい。
ラブラインよりは父子の関係が描かれるのだろうから、女性よりは男性歌手がostを歌うのもよいかも。
視聴率は多分20%は超えると予想されているが、ラブラインがない時代劇となると、女性の視聴者よりは男性の視聴者が多いと予想されるので20%は可能だろうか?
同じ時間に放送されているドラマは『恋愛の発見』と『夜警日誌』である。
現在、視聴率は『夜警日誌』がトップの座を占めている状況だ。

『夜警日誌』VS『秘密の扉』VS『恋愛の発見』の結果は?
恋愛の発見は現在、筆者が楽しく見ているドラマで、夜警日誌は内容が豊かになって本格的なストーリーに入っていく段階なので・・・
同じく時代劇で始まる『秘密の扉』への期待も高いので、眠れない日々が続くかも。

ここからは秘密の扉公式ホームページを参考に和訳(翻訳)したものであるキャスト&登場人物の詳細を紹介する。
韓国ドラマ 時代劇なので、 登場人物の数がとても多い(泣)
大変な和訳(翻訳)だったので、最後までよろしく。
韓国ドラマ 時代劇に必要な用語解説も含めて説明を加えているので読むのも大変かも・・・

秘密の扉 キャスト&登場人物

主要人物

英祖 cast ハン·ソッキュ

涙の中に匕首(ひしゅ)を隠した者、英祖
英祖 李昑 1694年生まれ / 61歳 – 69歳

腹心を涙で包まれた政治9段
巨儒と重臣たちが躊躇なく君師として崇められた朱子学の大家であり、酒を遠くして木綿服と菜饌を楽しんだ勤勉で倹約した君主。
しかし、性格は冷温を急に行き来する純血種で、時を問わず突然、涙を見せる感性的、いや、感情的な人物でもある。

秘密の扉 ハン・ソッキュ

秘密の扉 ハンソッキュ

英祖は全くよく泣く。
悲しくても泣いて、喜んでも泣いて、悔しくても泣いて、怒りに満ちても泣く。
泣きながら王室と調整を波乱へ追い詰める妙な才能も持っている。
泣きながら臣下の首を打って、左遷させたし、譲位(王が座を譲る)する意志を明らかにして息子思悼世子の心を無限に試みた。
涙の意味を誰も知らないから見計らって防備することもできない
ただ、頭を下げて恐怖に震えながら、処分だけ待つだけ。
誇示、涙の大王であり、腹心を涙で包まれた政治9段である。

一生この認定闘争で綴られた、強迫性障害とコンプレックスの所有者
英祖の人生は一生が認定闘争だった。
「下品なムスリの息子」という自激之心と「兄を殺して権力の座を得た者」という正統性是非であった。

*ムスリとは、高麗ㆍ朝鮮時代に、宮中で洗浄なんかの雑用を担当していた女奴隷。

自激之心をなくすために、死ぬほど努力して君師の称号を得て、正統性を認め受けようと蕩平策と均役法を施行した。
睡眠時間まで惜しんで東奔西走したことは周知のこと(不問可知)。
それにも関わらず、全国に掛書が張られ、民難が絶えなかったため、五百も千も殺して取り除くことで、自分が君主であることを証明した。
殺した後は、殺されるかも知れないと言う強迫に苦しめられた。
生涯を菜食主義者のように菜饌(ソチャン)にこだわったのも、実は肉や魚は反逆郷湖南(全羅南北道)と嶺南(慶尚道)で贈られてきた物に猛毒が入ったと確認したからだと言うので、彼の強迫は可愛そうではなく哀れだ。

非情な父。
権力をどう使おうか、よりどう守るかに没頭し、私が誰なのかよりも私が誰に見えるかに没頭していた英祖。
後日、彼は権力を民のために使うつもりで、さらに彼らと分け合うと宣言した息子思悼世子を米びつに閉じ込め殺す非情な父となる。

李ソン cast イ·ジェフン
思悼世子 李愃(イ・ソン) 1735年生まれ / 20歳 – 28歳

笑いの中に恐怖を隠した者、思悼世子
額面ですべてのことを言う政治本能ゼロのアマチュア。
お腹の中で既に王材に定められた母胎王様。
ハンサムな外貌、欠かせない学識、ずば抜けた武才まで備えた、当代最高の男だ。

現在代理聴政を介して、後継者修行中。
しかし、政治の成績はさえない。
政治はギャンブルと似て、手のひらにあるものがばれたら負ける戦い。
だから・・・

秘密の扉 イ・ジェフン

秘密の扉 イ・ジェフン

秘密の扉 イジェフン

世子は笑う。
父王が怖くても笑って、忠実ではなくテストするだけの臣下に腹が立ても笑う。
笑って本音を隠そうと努めてみるが、いつの間にかいきなり飛び出てきた本音は笑いを全部覆ってしまう。
額面が完全である政治本能ゼロのアマチュア。
世子イ・ソンの今日である。
しかし・・・

王道をジョンジョン(政殿)ではなく、ヨハン(閭巷/民家)で見つけた王室の進歩主義者。
敗北はあっても左折はない。

勝者が父王と臣下たちだから権力を脅かすこともなく、脅威を受けないから守ろうと、必ず勝つ理由がない。
したがって、世子の政治は臣下たちが持ってきた文書だけを「要領良く」見て、「適当に」決済することがすべてだ。
その文書が誰かの損益を分け、生死を左右することもあることを見計らって見たこともない。
しかし、「儀軌殺人事件」を通過しながら、イ・ソンは世の中の真実を盛りいれるため一枚の文書が、あまりにも少ないかもしれないと言う思いに至る。

すべての解法(ソリューション)を現場で見つけた現実主義者。
真実を知りたい世子の足が向かったのは、閭巷。
路地をあちこち回り続けながら、世子は在野の実学者の弟子となり、定義を望む捕教の同僚、商人と技術者の後見人、ピエロ(廣大)の観客、妓女と小説家の友人となった。
したがって、閭巷は思悼世子にとって、生まれつきの身分の貴賎で、人の価値をつけない「公平な世の中」を作ると大きな希望を抱かせた産室であるわけだ。

笑いの背後に恐怖を隠した者、啓発君主正祖の道を開く。
しかし、希望は彼の罪であった。
希望を捨てなければ代価は死になると父王と臣下たちは脅迫した。
世子は恐ろしかった。
死ではなく、死への恐怖が、敗北ではなく、敗北への恐怖が、その恐怖のために頑張って咲かせた希望の火が消えることが怖かった。
恐怖を隠すために、最後の瞬間、世子は生の最も明るい笑顔を咲かせた。
笑いは完全に恐怖を覆った。
して、希望は彼の死の後まで、生き残って啓発君主正祖の道を開いた。

ソ・ジダム cast キム・ユジョン
ソ・ジダム(徐池談) 1739年生まれ/16歳 – 23歳

骨のそこから自由な女、ソ・ジダム
常識と禁忌に挑戦した骨のそこまで自由な女性。
チェククェ(貸本屋)ソ・ギュンの娘。
希代の本の虫であり、貸本屋の所有者であり、小説家で、私設捕校、外知部の隠れた実力者まですべてジダムが確保した名刺である。
女には唯一のヨシク(娘)と妻、母の道だけが許された18世紀朝鮮の事だから異変なら異変である。
異変はすべてジダムの読書遍歴のためだ。
女性たちが多く読む春香伝、恋愛小説には関心なく、無寃錄、洗冤錄、平寃錄類の法医学の書籍に特に熱狂する。

泣きっ面に蜂と言うか、ジヘンハッイル(知行合一)の行動派だから女の身で、恐れることなく事件現場を歩き回って、私設捕校を自任するのは無論の事。
緻密な調査をもとに、悔しい訴訟を正し、その外知部(今日の弁護士)の隠れた実力者である名刺を握った。
しかし・・・

*外知部とは、訴訟(訟事)を務めた役人ではないながら、外でそんなふりをする人。
*無寃錄とは、中国元朝ワンヨ(王與)が宋の国の刑事事件の指針をもとに編纂した法医学書。
*洗冤錄とは、中国清ホリョン(許槤)が全4巻に渡って編纂した法医学書で、筆者の長年の検死の経験をもとに、比較的確実な全身の骨格の解剖図を描いて説明を添付した本。

秘密の扉 キム・ユジョン

秘密の扉 キム・ユジョン

ジダムの本当の仕事は小説家だ。
今日まで二冊の捕校小説を発表したが、反響が良くなかった。
このすべてが恋愛小説一色の貰冊(本屋)業界の傾向のせいだろう、いつかこの傾向を一発で引っ繰り返す魅力的な捕校小説の著者になると。
堂々たる夢を抱いて諦めることなく、走っている女、彼女がシ・ジダムである。

儀軌殺人事件特別捜査官、無怨の世界を夢見る正義たる人間。
「悔しい死を無くしなさい。」
無寃錄の理念を経典のように敬い、住んでいたジダム。
ある夜、貰冊(本)配達のために出て行ったが、殺害現場を目撃する。
いわゆる、儀軌殺人事件。
事件の真実を見つけるために単独捜査を繰り広げた過程で、ジダムは世子イ・ソンと運命的に遭遇することになる。

捜査を進めている間、ジダムは世子を閭巷(民家)へ案内する。
傳奇叟(ジョンキス)が読んでくれる洪吉童傳 (ホンギルドン伝)を一緒に聞いて民衆の怒りを一緒に共有すると、妓女(キニョ)と廣大、日稼ぎ下働きとコムゲ(劍契)とも友達になるように手配する。
して、「公平な世の中」が願いである世子の夢、その夢を最も積極的に支持することになる。

*傳奇叟(ジョンキス)とは、朝鮮時代後期に古典的な小説を専門的に朗読する人を指す用語。
*廣大とは、朝鮮時代のアーティスト(演藝人)の総称。

惠慶宮 洪氏 cast パク・ウンビン

惠慶宮 洪氏 1735年生まれ/20歳 – 28歳

骨のそこまで政治的な女、惠慶宮 洪氏(ヘキョングンホンシ)
「王妃の英才教育」が育てた一等万能主義者。
思悼世子の妻であり、正祖(イ・サン/李祘)の母后。
知的で紫色秀麗な才媛。
他人に負けるのも嫌いで、同情されるのはより嫌いだ。
したがって、自分はいつも最高であるべき一等万能主義者。
一等万能主義者の根は劣等感である。

秘密の扉 パク・ウンビン

秘密の扉 パク・ウンビン

父はヌンチャムボン(陵參奉:王の墓地を管理する人)だった。
家勢が貧しく、頼る背景一つないので、未来もなかった。
親戚は、「班家のヨシク(娘)に生まれ、絹の服を一度も羽織れない立場」を同情し、いとこは乞食にものをやるように団子を差し出した。
そのためだ。
家門を起こす唯一の道は「外戚の道」だから、「朝鮮で最も尊い男の妻」になれと言った父の要請を直ちに将来の希望に取ったのは・・・

その日から始まった「王妃の英才教育」。
10歳にもなってない小娘が受け入れるにはかなり厳しいため、一度くらい泣いてすがっても良いだろうが、不平一つ言わず、耐え抜いた強い子供、この子が惠慶宮(ヘキョングン)である。
子供がすぐにヒェギョングンである。

イメージ管理の鬼才であり、人を扱うには巧みな知略家。
強靭でしっかりして冷たい。
気配りで、誠実で、善良で、心暖かく気さくである。
一人というには、衝突する傾向が大勢だが、誰もが惠慶宮(ヘキョングン)である。
「私の中に多数の私」を搭載し、相手に応じてふさわしい傾向を抜き出し、適切に調理できる女性。
して、上方には絶対信任を、使い人には絶対の忠誠を得られることを知っている知略家。
いわゆる、骨のそこまで政治的な女、惠慶宮(ヘキョングン)の今日である。

不幸な妻。
惠慶宮(ヘキョングン)は皆の心を掴み取ったが、だだ一人、世子の心はつかめなかった。
庁舎(歴史)に残る最高の王妃を願っていたが惠慶宮(ヘキョングン)は、次期王様になる世子には心を注いだが、人間イ・ソンには関心がなかった。
ゆえに、「素晴らしい王材」になるように献身(?)した。
献身が大きくなるほど夫の心は遠ざかり、挙句には、閭巷の女に行ったまま戻らなかった。
悔しかった。

献身の代価を裏切りで返す夫、だが、その心がどうして浮いてたのか最後まで知らなかった。
世の中には計算できない心があることを、私が求める彼ではなく、ありのままの彼を見て、彼の夢と未来を支持して、喜びよりも悲しみのそばを守る限りない心、愛を惠慶宮(ヘキョングン)は最後まで学べなかった。
いや、多分学びたいと思わなかったかもしれない。
人間イ・ソンの夢、「公平な世の中」を開こうとした彼の不穏な夢を支持する瞬間、自分の夢「王妃になる夢」は水の泡になるからである。
だから、夫を捨てた。
息子の安否を守ってこそ、王様の母后として庁舎(歴史)が覚えてくれるだろうから。

ナ・チョルジュ cast キム・ミンジョン

ナ・チョルジュ 1731年生まれ/24歳 – 32歳

クァントンギョ(広通橋)を中心に活動するコムゲ(劍契)東方の首長。
おさじの持ち方よりも剣の持ち方を先に学んで、お箸を学ぶと否やお箸を武器に使い始めたと言う伝説の男。
4年前、ただ真っ向勝負だけで市場の4大コムゲ(劍契)のすべての実力者を制圧しコムゲ(劍契)の中のコムゲ(劍契)、夜の帝王である。
しかし、ウンジョンガ(雲從街:繁華街)商団と広通橋の敎坊保護のみを本業にするだけで、老少論問わず、調停に敵を置いた政治家たちには力を貸さないことを原則とした。
商団とキョバン(敎坊)を保護することも、高齢者、子供、女性の毛先も触れることはすべて断る。

*敎坊(キョバン):高麗·朝鮮時代の妓女を中心にして歌舞を管掌していた機関。

秘密の扉 キム・ミンジョン

秘密の扉 キム・ミンジョン

世の中に怖いものなしナ・チョルジュ、しかし、彼もやはり恐れているものがある。
その名はソ・ジダム。
ジダムが手下の悔しい立場を解決してくれ、顔見知りにはなったものの、現在はジダムの本屋の常連客。
コムゲ(劍契)らしくない恋愛小説大ファン。
ジダムがその秘密を握っているので、身動きが取れないのは当然の事。
「儀軌殺人事件」の初動捜査の過程で、ジダムの補助者となるが、それによって容疑者として指目されたりする。

キム・テク cast キム・チャンワン

キム・テク(金澤) 1694年生まれ/62歳 – 70歳

号はヘヨン(垓?)。
老論の領首であり現職の領議政。
テクグン(擇君)の主役で英祖の王座を支配する君主上の権力。
容赦なく冷酷で非情な性格。
しかし、このすべての性情を穏やかな笑顔の後ろに徹底的に隠蔽して、まったく心中を読めない陰険で老獪な者。

秘密の扉 キム・チャンワン

定めた目標は必ず達成する。
手段であるの政府も重要ではない。
自分が選んだ者を王座へ取り上げて、王を通じて朝鮮の安定的な支配を夢見る。
この国は、君主(王)ではなく、両班と官吏(士大夫)の国という確固たる信念を持っているので。

パク・ムンス cast イ・ウォンジョン

パク・ムンス(朴文秀) 1691 – 1756/64歳 – 66歳

秘密の扉 イ・ウォンジョン

号は、キウン(耆隱)。
現職オチャムチャン(右參贊)、世子の師匠であり、少論の実勢。
ゆったりとした体格に気さくでユーモラスな性格。
普段は言葉も、歩くのも、行動も風采ほどゆったりするが、民生に限り誰よりも機敏である。
ジャ党の利益の前で、常に民の幸福を大切に置き、それに応じて少論でありながら、少論の党論と党色を超越できる者、真の中途よ統合のアイコン、彼がパク・ムンスだ。
儀軌殺人事件に介入、反省のない権力には未来がないことを強弁する。

[思悼世子の人々]

チェ・ジェゴン cast チェ・ウォンヨン

チェ・ジェゴン(蔡濟恭) 1720年生まれ/35歳 – 43歳

秘密の扉 チェ・ウォンヨン

秘密の扉 チェ・ウォンヨン

現職、弘文館修撰、後日の都承旨。
党色は南人。
明晰な頭脳、素早い判断力を持つ典型的な策士型、あるいは秘書型の人物である。
弱冠(20歳)を超えた年齢に出事したにも関わらず、党色が南人だから要職に起用されずにいた。
しかし、世子イ・ソンが代理聴政を始めると要職に抜擢される。
名実共に世子の右腕として政務処理の中心を取ってくれる人物。
しかし・・・
「儀軌殺人事件」の捜査を助けていた中、英祖によって思悼世子を制圧するための犠牲者として選択されることもある。

ミン・ウソプ cast カン・ソジュン

ミン・ウソプ(閔雨燮) 1731年生まれ/24歳 – 32歳

秘密の扉 カン・ソジュン

老論の実勢であるミン・ベクサンの養子、世子翌衛士。
無口で冷たく堅苦しい、隙のない性格の原則主義者。
老論の実勢で家門を守るためには文官になるべきだと言う養父の言葉に、家よりこの国を守ることに関心があると答え、武官の道を選択した自尊感溢れる青年高官である。
世子が死に至る瞬間まで、そのそばを守る忠実な護衛武士。

ソ・ギュン cast クォン・ヘヒョ

ソ・ギュン(徐筠) 1702 – 1755/53歳 – 54歳

ジダムの父であり、チェクェ(今日の書籍商)。
貧しい商人の息子で生まれ、資本がなくて文字を学んだ者。
今や、学んだ文字が資本になって本を売って生活を営んでいる。
清国から日本に至るまで、本があるところならどこでも行き、本を求める者がいる場合は、朝鮮八道どこにも行く最高の書籍商。
後日、「羅州グェソ事件」の理念を広めた元凶と指摘される。

シン・フンボク cast ソ・ジュニョン

シン・フンボク(申興福) 1732 – 1754/23歳

秘密の扉 ソ・ジュニョン

秘密の扉 ソ・ジュニョン

図画署の画員(絵師)であり、イェジンファサ(世子の肖像画を描く絵師)。
世子イ・ソンが友と思い、大切にした者で、偶然な機会に王室と調停全体を揺るがす秘密文書を手に入れることになる。

ホ・ジョンウン cast チェ・ジェファン

ホ・ジョンウン(許鄭雲) 1732 – 1754/23歳

秘密の扉 チェ・ジェファン

図画署の画員(絵師)。
シン・フンボクの親友である。
秘密資料に関するシン・フンボクの悩みを共有していた中、少論であるパク・ムンスに秘密を口外し、事件を育てた人物である。

[調停の人物]

ホン・ボンハン cast キム・ミョングク

ホン・ボンハン(洪鳳漢) 1713年生まれ/42歳 – 50歳

思悼世子の丈人(義父)であり、正祖の祖父。
現職、判義禁府事(義禁府判事)、後日、領議政。
老論の領首を夢見る野心家。
成均館の掌議まで行ったが、背景がないため、いつも国家試験に落ちた履歴が恨みになる。
そのため、徹底的に成功至上主義者へ和解し、娘ヒェギョングン(惠慶宮)に「王妃の英才教育」と言う、過酷なトレーニングを強要していた張本人である。

秘密の扉 キム・ミョングク

キム・テクと老論強硬派に牽制されると、キム・サンロ、ホン・ギェヒなどと湯坪党を組み、次期君主を選択して操縦する夢を持っている。
保守でもない수구の先鋒長。
義父にもかかわらず、英祖に米櫃をもたらすなど、思悼世子の死に積極的に介入する。

ホンギェヒ cast チャン・ヒョンソン

ホンギェヒ(洪啓禧) 1703年生まれ/52歳 – 60歳

秘密の扉 チャン・ヒョンソン

兵曹判書。
頭良く実務に優れているが、哲学が不在する者。
利益に沿って少論から老論、再び湯坪党に移った裏切りのアイコンである。
政治的性向は「政権党」、一言で言うと勝つ方が私たちの味方である。
「儀軌殺人事件」に積極的に介入した。
これを気化に老論の主軸に急浮上して、思悼世子の死に積極的に介入する。

キム・サンロ cast キム・ハギュン

キム・サンロ(金尙魯) 1702〜? /53歳 – 59歳

秘密の扉 キム・ハギュン

左議政、次期老論の領首になる夢を抱くが、その夢が叶うかは未知数である。
キム・テクが次期党首にミン・ベクサンを選択し、ナンバー・ツーになる境遇に置かれると、これに憤慨し、キム・テクより強い者になるために、ホン・ボンハン、ホン・ギェヒと手をつないで湯坪党を結成する。
しかし、湯坪党でもナンバー・ツーを免れない二等コンプレックスの所有者。

ミン・ベクサン cast オム・ヒョソプ

ミン・ベクサン(閔百祥) 1711 – 1761/44歳 – 51歳

秘密の扉 オム・ヒョソプ

ミンウソプの養父、副提学。
オクダン(玉堂/朝鮮時代の弘文館)で成長した学者風の士。
朝鮮の伝統的な、家門の名誉を重視する保守。
しかし、執拗な権力志向の人物ではない。
進退を明らかにすることを知っているバランス感覚の持ち主。
まさに、この点が原因でキム・テクはキム・サンロを抜いて老論の次期党首にミン・ベクサンを念頭に置く。
しかし、養子で入れた息子ミヌソプが世子の手下になって老論に刃先を向けると、政治的な危機に追い込まれる。
息子ミンウソプを離縁して、老論の領首として残るべきか、息子と一緒に思悼世子の夢を支持し、朝鮮の忠臣として残るべきか。
老臣の悩みは深まる。

ビョン・ジョンイン cast チョン・ムンソン

ビョン・ジョンイン(卞宗仁) 1720年生まれ/35歳

秘密の扉 チョン・ムンソン

ジョワポチョン(左捕廳)従事官。
定義より一身の栄達に興味を多く持っている者。

ヤン・スンマン cast チョン・ギュス

ヤン・スンマン 1700年生まれ/55歳 – 63歳

王の医者。
英祖、キム・テクと景宗(キョンジョン:チャンヒビンの息子)昇遐と関連した秘密を共有している。

イ・ジョンソン cast チョン・グクファン 

イ・ジョンソン(李宗城) 1692 – 1759/63歳 – 68歳

秘密の扉 チョン・グクファン

現職左議政。
少論の領首であり、精神的支柱。
武神年当時、罪のない民を助けるために東奔西走した暖かい心の持ち主。
そのため、一見すると成り行き任せに見えるが、一度意を立てれば退くことを知らない頑固でもある。
後継構図をめぐる淑儀 文氏(スギムンシ)の陰謀を阻止し、世子イ・ソンを守るのに一躍するようになる人物。

チョ・ジェホ cast キム・スンウク

チョ・ジェホ(趙載浩) 1702年生まれ/53歳 – 61歳

秘密の扉 キム・スンウク

号は、ソンジェ(損齋)、少論の実力者であり、現職漢城府パンユン。
キムテクほど政治工学に明るい者。
冷酷と非情の面では一手下だが、慎重と忍耐では一手上。

特に、党論と党勢を守ることには、限りなく慎重である。
時には慎重過ぎて優柔不断だという評価を受けるが、そのため、キムテクが率いる老論の世界でその分、党勢を維持していることが大半の意見。
したがって、党論と党色に関係なく、頻繁に突出した行動を日常的に行うパク・ムンスとの頻繁な対立は運命である。
後日、改心して思悼世子の夢を補佐する先鋒長となって、思悼世子が米櫃で死んだ直後に処刑される。

シン・チウン cast ペク・スンヒョン

シン・チウン(申致雲)  1700 – 1755 / 55歳 – 56歳

秘密の扉 ペク・スンヒョン

政治感覚が全くない各の取れた士。
少論第一の強硬派だ。
「儀軌殺人事件」の捜査過程で、王室の醜い秘密が明らかになったにも関わらず、反乱を推進していないパク・ムンスとチョ・ジェホなどジャ党穏健派たちに反感を抱いていた中、ユンジなどと、「羅州掛書(ナジュグェソ)事件」を主導する。

ユスウォン cast ?

ユスウォン(柳壽垣)1694 – 1755 / 61歳 – 62歳

号はノンアム(聾菴)、かつて官職を捨てて閭巷(閭閻;民の家が集まった場所)に根を下ろした隠遁處士。
名著『ウソ(迂書)』を通じて、商工業の育成を主張して、士農工商の身分差別はもちろんノビ(奴隷)制の撤廃まで主張した最初の重商主義の実学者であり、革新主義者でもある。
官員として務めていた時、王世子侍講院の説書で10歳の少年、世子イ・ソンと縁を結ぶ。

そんな中、承政院の不審の火災が発生する。
単純火災で処理された事件の裏には、英祖の政治的弱点を隠すための策略が潜んでおり、その中心に親友であり、政治的同志であるパクムンスがいることを感知して驚愕する。
信じていたパクムンスさえ政争の尖兵に追い込まれた現実に幻滅を感じたユスウォンはその場で官職を捨てて調停を去る。
後日「羅州掛書(ナジュグェソ)事件」に巻き込まれる。

ユンジ cast ?

ユンジ(尹志)1688 – 1755 / 67歳 – 68歳

小論在野強硬派で急な性格の持ち主だ。
「李麟佐の難」で羅州で流刑生活をしていた中、羅州牧師イハジンと中央のシンチウンなどと緊密に内通して逆謀を企図する。
「羅州掛書(ナジュグェソ)」を初めて配布した張本人。
逆謀の首魁と指目される。

イハジン cast ?

イハジン(李夏徵) 1686 – 1755 / 69-70歳

前羅州牧師、ユンジと一緒に掛書(クェソ)事件を起こした主役。

シムジョンヨン cast ?

シムジョンヨン(沈鼎衍) 1734 – 1755 / 21歳-22歳

文武有能の人材、現在、成均館儒生。
羅州掛書事件の鎮圧後、逆徒討伐を記念して実施された科擧(朝鮮時代の国家試験)で解答用紙を持って、羅州掛書事件の関連者に対する厳しい処罰を抗議する内容を提出して問題になった人物。
いわゆる「討逆慶科事件」の信号弾を打ち上げた張本人である。

[王室の女性たち]

暎嬪 李氏
暎嬪(ヨンビン) 李氏 1695年生まれ / 60歳 – 68歳

思悼世子の生母。
涼しく情のない性格。
夫、英祖の意で一度も反したことのない、政治的立場が全くない人物で、息子の死の前にも無力だった母。

貞純王后(ジョンスンワンフ)
貞純王后 金氏 1745年生まれ/15歳-18歳

英祖の継妃。
配列上、思悼世子の母后であり、惠慶宮(ヘギョングン)洪氏(ホンシ)の姑。
しかし、二人より10歳も若い人物。
家門の栄達のために犠牲になった女性である。

淑儀 文氏 cast イ・ソル

淑儀 文氏(スギムンシ) 1725年生まれ / 30歳 – 38歳

秘密の扉 イ・ソル

英祖の後宮、陰謀と嫉妬のアイコン。
思悼世子と惠慶宮洪氏、さらに世子の後宮まで頻繁に危機に追い込む人物。

[宮人及び別監]

キム・ソンイク cast ソン・ビョンホ

キム・ソンイク 1700年生まれ/55歳 – 63歳

秘密の扉 ソン・ビョンホ

内官部首長で種2品、サンソンである。
落ち着いて緻密な性格、英祖の手足であり、情報員であり、可決者である。
10年前、承政院(スンジョンウォン)火災の秘密を抱いている。
だだ、英祖の心気を補佐し、安危を守ることが彼の哲学であり、信念であり、生きる理由だ。
後日、世子イ・ソンが英祖の政敵に浮上すると、英祖を守り、世子を破滅に追い込むために全力を尽くす。

*承政院(スンジョンウォン)とは、朝鮮王朝時代, 王命をつかさどった役所。

チェ女官(サングン) cast パク・ヒョンスク

チェ女官(サングン) 1710年生まれ/45歳 – 53歳

秘密の扉 パク・ヒョンスク

東宮殿女官。
鈍い性格で度胸が大きく義理がある。
性格もストレートだから、君王英祖から世子へヒェギョングンホン氏(惠慶宮洪氏)にまで、いくら上方であっても間違えると正し話すべきことを必ず言う。
承恩の甘い夢を見ていた時もある。
宮女の時、自分を注視して見る英祖の目を感じると現実になるという期待も抱いていた。
いよいよ君王の英祖が彼女を沈殿へ呼んだ。
いよいよ今日か。
震える心で口紅まで着飾って、改装までして君王の前に出ていたが、帰ってきた言葉は確かに無茶だった。
「君は義理は特別なので、男で生まれていたらサンソン(王を補佐する内官)にしただろう。」
そして、生まれたばかりの王世子イ・ソンの安危を頼んだ。

その日から3・7日(21日)もなってない世子イ・ソンを生母である暎嬪李氏(ヨンビンイシ)から切り離し乳母と一緒に育てた。
だから、暎嬪(ヨンビン)は産んでくれた母よ、貞聖王后 徐氏(ジョンソンワンフソシ)が法的母であれば、チェ女宮は心で育てた本物の母であるわけだ。
今日に至っても世子の心気を伺って、最も適切に補佐するのはチェ女宮、彼女の分け前。

チャン内官 cast キム・ガンヒョン

チャン内官 1720年生まれ/35歳 – 43歳

秘密の扉 キム・ガンヒョン

本名はホンギ。
東宮殿(皇太子/世子がいる建物)の内管である。
怖がりで笑いも多く、涙も多い。
しかし、注意力と緻密さを薬に使おうがない、大まかに生きるのが人生の哲学である適当な主義者。
明るい性格のせいで東宮殿に笑いをプレゼントする。
世子と貸本を共有するが、彼は艶情(恋愛)小説マニア。

キム女官(サングン) cast キム・ミラン

キム女官 1717年生まれ/38歳 – 46歳

秘密の扉 キム・ミラン

嬪宮殿 女官。
他の面ではすべて鈍感だが、上方の機嫌を伺うには天下第一の心気補佐の達人。
上方のためという名目で英祖の後宮文氏と世子の後宮朴氏を苦しめた理由で、逢辱を受けることもある。

ミン女官 cast イ・ミヨン

ミン女官 1705年生まれ/50歳 – 58歳

秘密の扉 イ・ミヨン

大殿至密女官。
英祖の生母である淑嬪崔氏(スッビンチェシ)を世話していた生カクシ(幼い宮女)出身である。
延礽君(ヨニングン)時代、イグム(李昑)の情報員として活躍したのが認められ、今日の至密女官の座を横取りした人物。

カンピルジェ cast キム・テフン

カンピルジェ(姜弼載) 1719 – 1754/35歳

秘密の扉 キム・テフン

東宮殿 別監

カンソウォン cast イ・ウォンジェ
カンソウォン(鄭曙元)/30代後半

秘密の扉 イ・ウォンジェ

東宮殿 別監

オム・ジェソン cast チェ・ウォンホン
オム・ジェソン 1738年生まれ/17歳

秘密の扉 チェ・ウォンホン

大殿内官

[ブヨン(芙蓉)ジェの人々]

ウンシム cast パク・ヒョジュ
ウンシム(雲心) 1725年生まれ/30歳 – 38歳

秘密の扉 パク・ヒョジュ

芙蓉ジェの行首(ヘンス)
都城最高の名妓。
都城すべての情報と噂は彼女のチマポクを超えて六曹官衙、さらに宮廷の塀を越えると言う都城最高の情報通であり、人を扱う術を持ち、政治にも結構上手な六韜三略の代名詞。
貸本屋の常連客でもある彼女は、重要な瞬間ごとにジダムの決定的な助力者になってくれる。
ナチョルジュに恋心を抱いているが、よく隠してなかなか気付かれない。

*六曹(ユクゾ)とは、高麗ㆍ朝鮮時代に、国の政務を分けて引き受けていた六つの官府。吏曹、戶曹、礼曹、兵曹、刑曹、工曹を言う。
*官衙(クァンア)とは、昔、官吏たちが集まって国事を処理していたところ。
*六韜三略とは、中国の古い兵書。 六道(六韜)と三略をあわせて指す言葉だ。

チュンウォル(春月) cast キム・ボリョン

チュンウォル(春月)/20代前半

芙蓉ジェの妓女。
笙篁(センファン)の達人。
小説家ソジダム(徐池談)の友人であり、画員ホジョンウンの恋人。
本意ではなかったが、儀軌殺人事件に関与して大変な苦労をする。
チュンウォル(春月)の笙篁(センファン)の音は十里の外で、馬に乗った恋人も振り返るほどのものである。
小説家サージ塀の親友であり、花園ホジョンウンの浄。
不本意ながら儀軌殺人事件に関与して大変な苦労を行う。

笙篁(センファン)

 

笙篁(センファン)

笙篁(センファン)

 

*笙簧/笙篁(センファン)とは、雅楽(雅樂)に使う管楽器の一つ。
大きな通り板に多くのジュクグァン(竹管)を返し立て、やかん注ぎ口に似たようなくちばしで吹くようになっている。

[剣契(コムゲ)たち]

フクピョ(黑豹) cast チョン・ウク

フクピョ(黑豹) /30代半ば

秘密の扉 チョン・ウク

導電性の最高の政治剣契(コムゲ)、西側の表面的なリーダー。
西側の実質的な責任者である影の除去に参加して西側を丸ごとのみ込んだ、いわゆる政治的な剣契(コムゲ)。

チャンサム cast ユン・チュン

チャンサム 1732年生まれ/23歳 – 31歳

ナチョルジュの右腕で足の速い情報通。
名前もなく、ただ別号であるチャンサムと呼ばれる。
全羅道出身の流民であちこちへ行き、早くもナチョルジュと遭遇して剣契(コムゲ)になった。
きわどい話のわい談の大家、話し方と同じくらい度胸も強い。

イサ cast チ・サンヒョク
イサ1734年生まれ/21歳 – 29歳

ナチョルジュの左腕、暗記を使いこなす典型的なソウル人。
名前もなく、ただ別号であるイサと呼ばれる人物。
敵に武器を失った場合、自分の耳でもカットして責任を負おうとするほど剣契(コムゲ)の戒律を命だと決めているしっかりした各の取れた剣契(コムゲ)。

[その他の人物]

シン・ゴウン cast パクソウン
シン・ゴウン/10代後半

画員 シンフンボク(辛興復)の妹

フンボクの母 cast キム・ヨンソン
フンボクの母/50代

画員 シンフンボク(辛興復)の母

チェ捕校 cast キム・ハンジュン
チェ捕校/20代後半

左捕盜廳の捕校。
従事官のビョンジョンインの手下。

チョン捕校 cast ?
チョン捕校/20代後半

左捕盜廳の捕校。
従事官のビョンジョンインの手下。

チャン・ファウォン cast キム・ヒョン
チャン・ファウォン/30代半ば

図画署画員。
シンフンボク(辛興復)とホジョンウンの選任画員。

チョンスンセ cast ユン・ソヒョン
チョンスンセ/30代後半

非稼ぎ者。
儀軌殺人事件の主要な証人

ソジクス cast ?
シジクス/40代半ば

ウイルンヌンチャムボン(義陵 管理職)。
儀軌殺人事件の主要な証人。

酒母(チュモ) cast ?
酒母/40代後半

儀軌殺人事件の主要な証人。

*用語の説明*

*恵慶宮洪氏(けいけいきゅうこうし / ヘギョングンホンシ、雍正13年6月18日(1735年8月6日) – 嘉慶20年12月15日(1816年1月13日))は荘献世子(荘祖)の正室。
正祖の生母。本貫は豊山洪氏。

*貞純王后金氏(ていじゅんおうごうきんし、チョンスンワンフ・キムシ、乾隆10年11月10日(1745年12月2日) – 嘉慶10年1月12日(1805年2月11日))は李氏朝鮮21代国王英祖の2番目の王妃(継室)。
慶州金氏。諡号は睿順聖哲荘僖恵徽翼烈明宣綏敬光献隆仁正顕昭粛靖憲貞純王后。
驪州にて鰲興府院君金漢耈と原豊府夫人の間に生まれた。

秘密の扉のキャスト,あらすじ,登場人物,ネタバレ,相関図,ost,視聴率,時代劇についての情報でした。
韓国ドラマ 秘密の扉公式ホームページを参考に和訳(翻訳)を持ってキャスト&登場人物の詳細を紹介しました。
韓国ドラマ 時代劇なので、 登場人物の数がとても多く、大変な和訳(翻訳)だったので、数日をかけて完成させました!
韓国 時代劇に必要な用語解説も含めて説明を加えているので読むのも大変だったと思いますが、ハン・ソッキュ、イ・ジェフン、キム・ミンジョン、キム・ユジョンなど俳優へのファイトを伝えたいです。




Community order-essay-online.net/ of the sciences, the more credible and reliable science researchers

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ