雲が描いた月明かりのキャスト,あらすじ,登場人物,相関図,ネタバレ

 

雲が描いた月明かりのキャスト,あらすじ,登場人物,相関図,ネタバレ

雲が描いた月明かりのキャストは、パク・ボゴム、キム・ユジョン、ジニョン(B1A4)、チェ・スビン、クァク・ドンヨン、キム・スンス、チョン・ミソン、
ホ・ジョンウン、チョン・ユミン、チョン・ホジン、ハン・スヨン、パク・チョルミン、バン・ジュンヒョン、イ・デヨン、チャン・グアン、
イ・ジュンギョク、テ・ハンホ、オ・ウィシク、チョ・ヒボン、チェ・デチョル、アン・ネサンなどが登場人物を演じる。
相関図や登場人物の内容にはこれから展開される内容も多く含まれているため、ネタバレには注意を!

雲が描いた月明かりのあらすじは、一国の世子が、內官と恋に落ちた!
ツンデレ皇太子イ・ヨンと男装內官ホン・ラオンの予測不可能宮廷偽装ロマンスだと紹介されている。
青春のロマンス、歴史上には残されてない宮廷の生活や人々の様々な生き方が描かれるだろう。




8月22日初放送を控えたKBS2TV新しい月火ドラマ「雲が描いた月明かり」の強大宦官たちが公開された。
ハン・サンイク(チャン・グァン)、チャン宦官(イ・ジュニョク)、ソン宦官(チョ・ヒボン)、マ・ジョンジャ(チェ・デチョル)をはじめ、
偽装宦官になって宮に入ったホン・ラオン(キム・ユジョン)の同期(テ・ハンホ)、ソンヨル(オ・イシク)である。
ロマンスと共にドラマの一軸を担当する宦官の物語のために集まった。

「雲が描いた月明かり」は時代劇にはもれなく登場するが、これまで注目されなかった宦官(宦官)を組織的かつ細分化された職業人として新たに照明する予定。
いわゆる朝鮮版「宮中微生物」である宦官の人生と哀歓が本格的に扱われて、劇的楽しみが倍になる見込みである。




 

宦官部の官員全体を監督、統率する宦官ブサハン・サンイク役はどの作品に出演しても圧倒的な存在感を誇るチャングァンが、
東宮殿最長勤務記録を保有しているチャン宦官役は、最近「ヨウンバスティック」ティーザー映像の「宦官ラング」で話題を集めたイ・ジュンヒョクが引き受けた。

ジャンルを問わず変化に富んだキャラクター変身を見せてくれているチョ・ヒボンは中宮殿のソン宦官役を演じ「憎たらしい上司」の面目を披露する予定だ。
最近ドラマ「ペクヒが帰ってきた」で人間味あふれる大金持ちチャ・ジョンミョン役で注目を集めた俳優チェ・デチョルは、融通の利かない原則注意者、宦官教育官マ・ジョンジャ役を引き受けた。

現在で言えばラオンの「インターン」宦官同期で、みずみずしい18歳の青年であるという事実が信じられないひどい老顔のドギ役はテハンホ、
笑い宦官になりたいソンヨル役はオ・イシクが引き受けた。
ラオンと一緒に正式宦官になるためにすさまじい(?)努力で笑いを加える予定である。

製作陣は宦官の話がドラマの一軸を担当することになり、彼らの専門的領域と会社員として持っている哀歓を本格的に扱う予定である。
作品ごとに個性あふれる演技を見せてくれた俳優たちがキャラクターがはっきりした宦官の役割を担って、ラオンが所属する宦官部の存在感を現わすことを期待すると説明した。

雲が描いた月明り 相関図

相関図1

雲が描いた月明り 相関図
相関図2

登場人物

主要人物

李旲 キャスト パク・ボゴム

*李旲:孝明世子, 1809~1830)

イ・ヨン(李旲) キャスト パク・ボゴム

男、19歳
聡明で美しい皇太子!
衰退していく朝鮮の最後の希望!
…..だったはずだ。明らかに。数年前までは。
幼い頃から学問を楽しく思い、好奇心が多く、危険な仕事に身を使うことを恐れなかった。
幼い内人の不満の声まで聞くほどの謙虚さを持った準備された王に相違なかった…彼は変わった。
いつからか。

宦官の間、忌避部門1位になってしまった東宮殿(東:ドン)、ではなく、別名「くそ宮殿(くそ:トン)」
衣冠はルーズであり、行動はガタガタであり、学問は手抜き。
世子をちゃんと補助していないという主上殿下の怒鳴りつけと
どこへ跳ねるが知れない彼の性情を耐えるのに東宮殿宦官たちは
今日も過労と減給の悲しみに耐えながら孤軍奮闘している。

しかし、誰も知らなかった。
皇太子という王冠の重荷を何とか耐えてきた彼も、実は、頼れる父親が必要な19歳の少年であるという事実を。
また、常に王と世子を牽制する外戚勢力の目を避けて、密かに自分と朝鮮の未来を準備してきた若い君主という事実を。

一方、十九歳、熱い青春のイ・ヨンの胸が全く計画にもなかったし、才能もない難題にぶつかるとは…
その、サムノムという名前の宦官!
ミョンウンを持って遊んだ生意気な詐欺師奴を罰するために横に置いただけなのに、ますます彼のジョークがイ・ヨンを笑顔にする。
そして、彼の全くでたらめな話がなんともなく、癒しになり心の片隅を刺す。

いじめて、苦しめて、恥をかかせても負けずたくましい奴が可愛い。
一緒にいる時には、世子もなんでもなく、ただの人間として、楽しくなる。
しかし、一緒にいる時間が楽しいだけ悩みも深まる。
私は、イ・ヨンが、この国の皇太子が、同じの男を…それも宦官を…!
愛を感じるなんて!

ホン・ラオン キャスト キム・ユジョン

ホン・ラオン キャスト キム・ユジョン

女、18歳
朝鮮初の恋愛専門のカウンセラー、朝鮮唯一の男装の女性宦官!
….になるまでラオンは、孤独でも悲しくても、泣く時間がなかった。
正直に生きようとしても、食べるものがなかった。
親もなく、お金もなく、当然家もなかった。

いつだったか覚えていてもない昔から彼女は男として生きなければならなかった。
サントゥ(男の髪型)をねじれ、パジ(ズボン)チョゴリを着て、そう生きている内に、
彼女はホン・ラオンではなく、ウンジョンガ(雲從街:ソウルのジョンロ)の有名人‘ホン・サムノム’になっていた。

論語、孟子は知らなくてもつやぶみ(ラブレター)一つは、あきれるように書く。
人の心を読むには誰にも負けない。
ずれた男女の恋心にはラオンが烏鵲橋であり、
ウンジョンガの本屋では、彼女が書いた恋愛秘法書『私たちが知らなかった朝鮮恋愛史』
『火星から来た男、群山(グンサン)から来た女』が飛ぶように売れた。

そのようにお金を稼いで病気のナムサダンペ継父コクドゥセの高価な薬代と高利貸しをかろうじて報いていたある日。
ラブレター代筆をしたことが問題となって、事態の収拾のために出て行った。
その席で、冷たくて潔癖症ぶって、食べ物の貴重さを知らない温室中の草花のような書生一人に出会うことになる。

その書生の正体を夢にも知らないまま悪縁に絡まれ、危機から脱したと思うとき、どこかに連れて行かれていくが。
ここが、どこかを聞く彼女にあるコーナーで刃を研いていた老人が答える。
“どこって、ここは男を鼓子にさせるどこだ!”
宦官なんて!鼓子って!私はそれがないのに!!!!

キム・ユンソン キャスト ジニョン(B1A4)

キム・ユンソン キャスト ジニョン(B1A4)

男、19歳
貴品、品位、博識、余裕、一言で高級だ。
名門家の令息らしさの終わり王(それ以上は存在しない意味)。
……だだ、余りに惜しいがない人生がいつも残念だった。

王の上の王。
朝鮮の全能権力ギキム・ホンの一人だけ大事な孫。
早く親を亡くし冷静な祖父の下で
何でも完璧にこなして、いつもすき間を見せては行けない子供に育った。

それでも十九歳男の好奇心はあるもの。
密かにキバン(妓女が働く店)を出入りすることが多かったが、どんな妓女にも暖かい目指し一つない。
ただ、妓女の裸を画仙紙に盛るだけに没頭して消えると言って付けられたニックネームが
「オンムパタル」(溫無破奪 – 暖かさはないが、女性の心を壊し奪う)。
しかし、そのようなユンソンをどうしょうもなく武装解除させる奴が現れた。
女性を抱いて見たことはないが、女性の体であれば、目を閉じても見つけ出せる
私の前で、あえてキュートな男ぶりをしてなめるなんて。

この対策のない女性が男装だけでも足りず、宦官服を着てどかんと出廷している。
最初はただの好奇心で近付き、ただ気になって面白半分で見守った女性。
しかし、いつの間にかかユンソンは宦官ふりをする女性、ラオンを愛するようになるが。

チョ・ハヨン キャスト チェ・スビン

チョ・ハヨン キャスト チェ・スビン

女、18歳

礼曹判書(礼曹の長官) チョ・マンヒョンの娘で、雪のように真っ白な肌と真っ赤な唇。
漆黒のような黒い髪に氷のように冷静で高慢な性格まで加わって
もろもろの男たちに「雪の娘子」と呼ばれる。
風燈祭りが開かれた日、偶然に街でイ・ヨンに出会い一目ぼれした後、彼が世子だという事実を知ることになる。

安東金氏一族と一緒に朝鮮当代最高名門である豊穣チョ氏一族の箱入り娘。
時代を超えた新女性であり、愛の前ではより堂々なる彼女。
しかし、世子の関心がひたすらラオンに向かっていることを知ってから、生きてきて一度も感じたことのない劣等感と羞恥心がハヨンを巻きつける。
今、彼女は自分でも自分が何をするのか分からず怖い。

キム・ビョンヨン キャスト クァク・ドンヨン

キム・ビョンヨン キャスト クァク・ドンヨン

男、19歳

東宮殿ビョルガム(別監)であり、イ・ヨンの竹馬の友。
イ・ヨンが唯一本音を打ち明ける相手で、いつも最も近いところでイ・ヨンを守る。
*別監とは、朝鮮時代に、掌苑署、あるいは、掖庭署に属し、宮中の各種行事や差備に参加した。
王様や世子が行幸したときに護衛することを引き受けていた使人。

体を使うことなら何でも優れている。
力強く、早く、よく防ぎ、よく避ける。
投げるのは何でも百発百中である雄牛の目で、剣では、朝鮮最高の実力者!
特に、彼の剣術は、正確かつ迅速なものを超えて、なめらかで美しい。
まるでよく盛られた剣舞を見ているようだ。
ビョルガム(別監)たちには羨望の対象であり、
イケメンの容貌にいつも笠をかぶって通う彼を宮女たちは
笠(삿갓:サッカッ)をかぶった時が一番かっこいいから、「カッ(GOD/ゴッド)ビョンヨン」と呼ぶ。

ある日からイ・ヨンは彼の間に、突然入ってきた奴、ラオン。
キムヒョン、キムヒョンって追いかける奴が面倒だったが、
ジャヒョンダンで一緒に宿泊をしながら、義兄弟のように近くなる。
しかし、ビョンヨンにも人知れず隠された秘密があったから…

どこでも誰かの政治的な目的のために脅威を受けるかわからない世子という座。
誰も完全に信じてはいけないイ・ヨンが、その寂しさと恐怖を見せる唯一の人が自分なのに..
だから、ビョンヨンはいつもイ・ヨンの近くにいられて幸せだったし、幸せなほど辛かった。

***********************

宮廷の人々

王様(純祖) キャスト キム・スンス
*純祖:朝鮮の23代王(在位;1800~1834)

王様(純祖) キャスト キム・スンス

男、40代前半
決断力が足りない無気力な王で、あまりにも幼い頃、王になったせいで、大妃の垂簾聽政(垂簾の政)と外戚の厄介に柔弱な君主になってしまった。
勢道政治に対抗するために力を注いだが、ホンギョンレの乱が発生した。
乱を鎮圧したキム・ホン一派にすべての権力を移譲するしかなかった。
その後、朝鮮の未来を世子であるイ・ヨンにかけて、自分がより弱くなる前に、すべての権利をゼイ・ヨンに任せるため、必死になって臣下たちと戦う。

淑儀 パク氏 キャスト チョン・ミソン

淑儀 パク氏 キャスト チョン・ミソン

女、30代後半
王の唯一の後宮であり、ヨンウン翁主の母で美しく端正なルックスと親しい性格で無力感に陥っている王を暖かく包んでくれた。
だけでなく、イ・ヨンには死んだ生母の代わりに実の息子以上に愛を注ぐ。
イ・ヨンもそのような淑儀を実母のように仕え頼る。

ミョンウン王女(姫) キャスト チョン・ヘソン

女、17歳
イ・ヨンの妹で真っ白な肌と繊細な目鼻立ちがかなりきれい。
しかし、太りすぎて輝かない残念な事情を持った。
恋書(ラブレター)を代筆していたラオンを挟んでチョン・ドクホとをやりとりして、お互いの誤解で恋書が切断される。
サンサビョン(相思病)に涙を浮かべた中、その恋書を代筆した人がホン・ラオンであることを知ることになる。

ヨンウン翁主 キャスト ホ・ジョンウン

ヨンウン翁主 キャスト ホ・ジョンウン

女、9歳
王と淑儀、朴氏の間に生まれた翁主。
7歳のとき、キム・ホンとイ・ヨンの生母である前の中殿(王妃)との間の悲劇を目撃した。
そして、精神的なショックを受け、その後からは言葉と笑顔を失ったまま過ごしてきた。

ウォルヒ キャスト チョン・ユミン

ウォルヒ キャスト チョン・ユミン

女、20代前半
ミョンウン王女の世話をする女官。
綺麗なルックスと溌剌な性格で王女とよく気が合う。

********************

金氏家

キム・ホン キャスト チョン・ホジン

キム・ホン キャスト チョン・ホジン

男、60代
ユンソンの祖父。府院君。領議政。
朝鮮を手に握っている権力者、金氏勢力の首長である。
穏やかな笑顔の中に、ナイフを隠しており、その剣を抜いて振り回す時にも、絶対、自分の手には血を付けない。
彼の一言であれば、逆謀罪であっても、裏返して書く準備ができている者たちが周りにあふれるから。
そのように、王の上の王で生きながら、唯一の孫であるユンソンに、この栄光の座を譲るのを待っている。
しかし、バカ世子だと軽く思っていたイ・ヨンが本性を表わして彼を脅かす。

民の希望?
新しい政治?
雲をつかむような発言をしている小僧一つくらいは、いくらでも踏んでやれると自信を持っていた。
しかし、時間が経つにつれて、イ・ヨンの攻勢が普通でない。
もう、笑い気を消したキム・ホンが真正面からイ・ヨンを相手にし始める。

中殿 金氏 キャスト ハン・スヨン

中殿 金氏 キャスト ハン・スヨン

女、25歳
キム・ホンの娘。
イ・ヨンの生母が死んで、キム・ホンが立てた二番目の王妃。
嬌態があふれ出る外貌に賢く気づいが速い。
そのため、性情が柔弱で体が衰弱した王を自分の手に握って住んでいる。
礼儀正しいふりをして、5歳上のまま母を虫を見るかのように無視するイ・ヨンが彼女には目障りだ。
大君(王子)を生んだ後、イ・ヨンを廃立させ、世子座に乗せることが生きる目標だ。

キム・ウィギョ キャスト パク・チョルミン

キム・ウィギョ キャスト パク・チョルミン

男、40代
吏曹判書。
キム・ホン一派。

キム・グンギョ キャスト バン・ジュンヒョン

キム・グンギョ キャスト バン・ジュンヒョン

男、40代
戶曹判書
キム・ホンの甥。

*********

チョ氏家

チョ・マンヒョン キャスト イ・デヨン

チョ・マンヒョン キャスト イ・デヨン

男、50代
礼曹判書。
ハヨンの父。
安東金氏が勢力を伸ばした朝廷で体を下げ、誰の肩も持ったず、状況を観望している。
キム・ホンから彼の孫ユンソンと自分の娘ハヨンを婚礼させようという提案を受けて悩む。
同時に、王もハヨンを世子嬪にするという思いをみせる・・・
安全にキム・ホンと手を結ぶか、または王と一緒にその勢力に対抗して見るか悩む。

**************

内侍府

ハン・サンイク キャスト チャン・グァン

ハン・サンイク キャスト チャン・グァン

男、60代
内侍府のカリスマあふれる首長。
官員全体を監督・統率する内侍府使の任務を遂行している。

チャン宦官 キャスト イ・ジュンヒョク

 チャン宦官 キャスト イ・ジュンヒョク

男、20代半ば
東宮殿の常制宦官。
負けない忍耐力と強靭な体力、肯定的な性格まで!
宦官の徳目を等しく備え、東宮殿を上手に営んでいる。
彼は、変わり者である世子のいじめにもかかわらず、きついと有名な東宮殿最長勤務期間の記録を保持している人物でもある。

ドギ キャスト テ・ハンホ

ドギ キャスト テ・ハンホ

男、10代後半
ラオンのような小宦で17歳の年齢だが、30代の宦官も初めて見ると、旦那様!と声が出るほどひどい老顔である。
医薬処方と施薬に関することを引き受けている上薬宦官の下で仕事を学んでいる。
ラオン、ソンヨルと一緒に毎回不通を受ける内に親しくなり、不通派として通じる。

ソンヨル キャスト オウィシク

ソンヨル キャスト オウィシク

男、20代前半
小宦。ドギ、ラオンと一緒に不通派。
笑い宦官になるのが夢である。
自分のジェスチャーと茶目に気持ちよく笑う世子の口蓋垂をいつか見れるその日のため、夜遅くまで落語とオヤジギャグを研磨するのに忙しい。

ソン宦官 キャスト チョ・ヒボン

ソン宦官 キャスト チョ・ヒボン

男、30代後半
生まれつき鼓子で、前の上選宦官の養子に入って宦官となった。
中宮殿のソルリで、內班院の実勢である中殿(王妃)、キム・ホンの右腕役をして、汚いものを引き受けて処理する。

マ・ジョンジャ キャスト チェ・デチョル

マ・ジョンジャ キャスト チェ・デチョル

男、20代半ば
小宦を管理する。
頑固で執拗で、柔軟性もゼロ。
冷たいポーカーフェイスで小宦の公共の敵、ゲジョンジャ(犬:ゲ+ジョンジャ)と呼ばれる。

******************************

その他の人物

チョン・ヤギョン キャスト アン・ネサン

チョン・ヤギョン キャスト アン・ネサン

男、50代半ば
いつも他人と一戦異なる視線で世界を見て、一歩進んだ時代を夢見る。
天才的な頭脳を土台にした膨大かつ深い学識と洞察力を持った人よしでラオンの命の恩人である。

流配中、ホンギョンレの乱が起こり、山に捨てられて、死に掛かっていたラオンを助けて、父方の祖父のように惜しんで面倒を見てくれた。
後日、摂政をするイ・ヨンに立派な師となってくれとともに、再び会ったラオンを何度も危険から救ってくれる頼もしい協力者になる。

チャン・キベク キャスト 未定

男、40代
白雲会のメンバー。
強靭な体力と武術の実力、統率力を備えたリーダー。
彼らが夢見る世の中には王様なんか必要ないと信じている。
そして、ホンギョンレの維持を奉じ革命世界の達成を計画する。

雲が描いた月明り 原作

Rate, http://eduessayhelper.org cloning can also result in animals with poor health.

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ