韓国ドラマ 放送予定 2014 最新情報 あらすじ&キャスト含む

韓国ドラマ 放送予定 2014 最新情報 あらすじ&キャスト含む

2014年夏に放送を予定している韓国ドラマの最新情報をあらすじとキャストを含めてまとめてみました!
おすすめ韓国ドラマは、MBC 月火ドラマ ヤギョンクン日誌(仮題)?
その理由は、製作会社がレモンレインということ、「成均館スキャンダル」を製作してパクユチョン、パクミニョン、ソンジュンギ、ユアインの完全な組み合わせを生み出しトップスターを生み出したことだ。
「成均館スキャンダル」を通じて、パクユチョン、パクミニョン、ソンジュンギ、ユアインと言う俳優の名前を知り、パクユチョンが主演を演じるドラマを見始めたから。
トキメキ成均館スキャンダル dvdが宝物1号になった理由かも!

 






 

最近見たユアイン主演の「密会」は最も印象強く未だに頭に残っている。
ソンジュンギがもう軍隊を終えて年末にはお茶の間へ復帰する日を待っているファンでもある。
パクミニョンが出演すると言うことで見始めたシティーハンターでは、イミンホと言う俳優に出会った。
イミンホに出会って彼が出演するドラマを通じて、また他の俳優たち目に入ってきた。
余談が長くなってしまったが、4人の主演皆がトップスターになることはまれなことだが、そのまれな結果を生み出したのがドラマの製作会社であるレモンレインであるから。
今回もヤギョンクン日誌(仮題)への高い期待を持っている一人だ。
韓流ドラマ 無料で見るために韓国語を勉強したが、今は韓流ドラマ 視聴のためにケーブルを利用している。

 






 

ここからは、ヤギョンクン日誌(仮題)との競争作品になる夏に放映を予定している月火ドラマのあらすじとキャストも含めてまとめてある。
一押しはヤギョンクン日誌(仮題)、その次は恋愛の発見、でも主演を演じる俳優によって選択は変わると思う。
神話のエリックとイジヌクという男子主人公として名を上げている二人の中で、個人的にはイジヌクに!

成均館スキャンダル 九家の書 画像

ヤギョンクン日誌(仮題) トライアングル 後続

タイトル:ヤギョンクン日誌(仮題)(原題:야경꾼일지 (가제))
*ヤギョン:夜警、夜回り
要約:MBC 月火 22時00分 放映予定(2014年7月14日~))
あらすじ:朝鮮時代を背景に、夜9時から午前5時までの外出禁止時間にパトロールを回って悪霊を捕まっていた防犯パトロールである「ヤギョンクン/夜警人」の話を扱ったドラマ。
製作:イジュファン(演出)、ユドンユン、バンジヨン(脚本)

主要登場人物

トハ(女主人公):光海君を守る紅一点
インオ(男主人公):冷徹なエリートヤギョンクン
ムジン(男主人公):女性を敵視するイケメン。
チョルジュ(男主人公):聴覚障害者でありながらもヤギョンクンになった田舎の独身男性

光海君を守る紅一点トハと冷徹なエリートであるインオ、 女性を敵視する絶世の美男ムジン、聴覚障害者にも関わらずヤギョンクンになった田舎男チョルジュが各自の技術で王と王権を保護し、悪に対抗する物語だ。
個人的には、ソジュニョン、JB(Got7)、カンハヌル、イウォングン、キムウビン、ソカンジュンなどがキャスティングされて欲しい。
女主人公トハ役にはパクシネ?

「ヤギョンクン/夜警人日誌」、ファンタジー史劇生かすヒロインは誰だろうか?

MBCが安定した時代劇ブームに再びフュージョンファンタジー時代劇で視聴者たちの前に出る。 
2014年上半期を導いた様々なジャンルのドラマに続いて登場する作品は、韓国版「ゴーストバスターズ(Ghostbusters)」を標榜した「ヤギョンクン日誌」だ。 
2014年の夏の放送を控えている「夜警人日誌」は、朝鮮時代を背景に、夜9時から午前5時までの外出禁止時間にパトロールを回って悪霊を取った防犯パトロールである「ヤギョンクン」の話を盛り出す予定だ。
今まで知らされている内容を見ると、イスンギ主演九家の書、イジュンギ主演のアラン使道伝が頭に浮かぶ。

九家の書 画像

 アラン使道伝 画像

ゴーストと朝鮮時代、ヤギョンクンを組み合わせただけフュージョン史劇としての奇抜な設定と主人公たちの友情、愛が混ぜ合わせてお茶の間に新しい風を呼び起こすものと見られる。
先立ってMBCがフュージョン史劇「九家の書」を通じて多くの愛を受けただけ、もう一度フュージョン史劇を通じてどのような結果を示すかも関心事だ。

特に「ヤギョンクン日誌」の台本を執筆したユドンユン作家はドラマ「大王の夢」、「大物」、「王と私」、「武人時代」、「女人天下」を通じて、特別な筆力と正統史劇の新しい地平を開いただけに期待感を呼び起こしている。 
また、イジュファンPDは「光と影」、「朱蒙(チュモン)」、「シンドン~高麗中興の功臣~」などを通じて、彼も様々な作品で認められているため期待を集めている。

ここに主人公として登場する俳優たちの組み合わせも好奇心を刺激する。
鬼たちから王を守護する若いヤギョンクンの話であるだけに、これらの「ケミ」が素材とと共に劇を豊かにする中心になると思われる。

製作会社も前作、「成均館スキャンダル」でパクユチョン、パクミニョン、ソンジュンギ、ユアインの完全な組み合わせを生み出しただけに、今回の「ヤギョンクン日誌」の俳優組合が周辺の視線を注目させている。
まだ具体的なキャスティングの便りが伝えられていない状況で、仮想キャスティングまで、ネチズンたちの間で起きており、作品とキャラクターに対する関心が高い状況である。
この中で、ネチズンたちの間で女主人公のキャスティングに「成均館スキャンダル」パクミニョンやパクボヨンなどを希望される様子が続いて期待感はより一層増幅されている。

パクミニョン 画像

パクミニョン 画像

パクミニョン 画像

特に、女主人公は男装女性(男主人公)であるため、紅一点で登場する予定だから、男俳優たちとの呼吸とキャラクターに息を吹き入れられる新鮮な顔が似合うだろうと言う反応である。 
これにより、どのような女優がキャスティングされるか、視聴者の関心が高まっている。 
似たようなフュージョン時代劇「九家の書」を通じて、俳優イヨニの再発見とスジ(ミスA/ペスジ)の確固たる位置づけが続いただけに「ヤギョンクン日誌」の女主人公席はまさに「ホット」である。
果たして2014年夏テレビ劇場を涼しくする「ヤギョンクン日誌」の中の男性主人公の組み合わせと紅一点のヒロインは誰が引き受けることになるのか、今から期待感を呼び起こす。

SBS 月火ドラマ

誘惑(仮題) ドクター異邦人 後続

タイトル:誘惑(仮題)(原題:유혹 (가제) )
要約:SBS 月火 22時00分 放映予定(2014年7月14日~))
あらすじ:奥さんがいる一人の男が借金を返済するために一人の女性から数十億ウォンのお金をもらって身を任せる内容のドラマ。
製作:パクヨンス(演出)、ハンジフン(脚本)
キャスト:グォンサンウ

クォンサンウ、SBS「誘惑」出演確定!女子主人公はイミヨン?

俳優クォンサンウがSBSの新しい月火ドラマ「誘惑(仮題)」で6ヶ月ぶりにテレビ劇場に復帰する。
SBS側は「クォンサンウがSBSの新しい月火ドラマ「誘惑」の男性主人公チャソクフン役で出演を確定した」と20日明らかにした。
「誘惑」は、人生の終わりに追い込まれた人が拒否できない提案を受けて取り返しのつかない選択をしながら起る話を描く。
真の愛の意味を訪ねて行く4人の男女の愛を描いたメロドラマだ。

グォンサンウ 画像

劇中クォンサンウが引き受けたチャソクフンは、少年のような感受性と善意に満ちたヒューマニスト。
江原道(カンウォンド)の山奥で生まれ、優れた頭脳一つでソウルの名門大学に進学。 
肉体労働にバイク便、チラシアルバまで学費を稼ぐために過酷なことも厭わずに生きてきたキャラクターだ。 
しかし、莫大な借金に押され、崖っぷちに立つようになり、妻と自分のための選択をするようになる。
これにより、葛藤を経験するようになる人物だ。

イミヨン 画像

クォンサンウの相手役にはイミヨンが有力な候補に上がったと報道された。 
イミヨン側は 、「シノプシスを受けただけで確定したことはない」と慎重な立場を見せた。 
韓国ドラマ「誘惑」は「ドクタージン'、'ロードナンバーワン」「犬とオオカミの時間」などを執筆したハン·ジフン作家。
そして、 「私の娘コトニム」「オー! マイレディ」などを演出したパクヨンスPDが意気投合した作品。 
「ドクター異邦人」の後続として放送される予定だ。

KBS 月火ドラマ

トロット(演歌)の恋人 ビッグマン 後続

チヒョヌ&チョンウンジ

タイトル:トロット(演歌)の恋人(原題:트로트의 연인)
要約:KBS2 月火 22時00分(2014年6月23日~2014年8月12日)
あらすじ:トロット(演歌)に才能のある20代の女性が天才作曲家に出会って演歌歌手に成長する話でロマンチックコメディー。
製作:イジェサン、イウンジン(演出)、オソンヒョン(脚本)
キャスト:チヒョヌ(チャンジュンヒョク 役)、シンソンロク(チョグヌ 役)、ソンホジュン(ソンテソン 役)、チョンウンジ

 

恋愛の発見 演歌の恋人 後続

タイトル:恋愛の発見(原題:연애의 발견/ヨネエバルギョン)
要約:KBS2 月火 22時00分(2014年8月18日~2014年10月14日)
あらすじ:恋愛中の女主人公の前に昔のことを反省した元彼があらわれ、真の愛を見つけて行くロマンチックコメディドラマ。
製作:チョンヒョンソン(脚本)
キャスト:チョンユミ ケセラセラ

チョンユミ&エリック、ケセラセラ以来、7年ぶりに再会迫る?

チョンユミ&エリック 

チョンユミ&エリック 

神話エリックがKBS2新しい月火ドラマ「恋愛の発見」男性主人公役で議論されている。 
エリックの所属事務所の関係者は20日「恋愛の発見主人公役に提案された状態が正しい。肯定的に検討中である」と伝えた。 
「恋愛の発見」は、恋愛中の女性の前に昔のボーイフレンドが現れ、真の愛を探していく物語を扱ったロマンチックコメディドラマで女主人公でチョンユミが内定した状態だ。 
特に、ケーブルチャンネルtvN「ロマンスが必要」シリーズを執筆したチョンヒョンジョン作家の地上波復帰作として知られて、より一層話題を集めている。 
エリックとチョンユミは、2007年MBC韓国ドラマ「ケセラセラ」で呼吸を合わせたことがある。 
二人が「恋愛の発見」に出演を決めた場合、7年ぶりの再会だ。

*ケセラセラ(Que sera sera/ケ・セラ・セラ)は、スペイン語に由来するフレーズ。文法的 には不正確な、一種のブロークン成句である。 「なるようになる」の意。英語では「 Whatever Will Be, Will Be」

ここまでは、韓国ドラマ 放送予定 2014 最新情報 あらすじ&キャストを含んで紹介しました。
個人的なキャスティングもありましたが、あなたの選択は?
いまもヤギョンクン日誌のキャスト情報が気になるひとりです。
報せがある次第、皆様にも伝えます^^
次回は、水木ドラマ最新情報として、大丈夫、愛だ、運命のように君を愛す、朝鮮ガンマンについて紹介します。

関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ