韓国ドラマ 誘惑のキャスト,あらすじ,登場人物の最新情報

韓国ドラマ 誘惑のキャスト,あらすじ,登場人物の最新情報

グォンサンウとチェジウが主演を演じる誘惑のキャストがドリームキャスティングと言うほど有名な俳優の出演を決定した。
韓国ドラマの誘惑のあらすじは、人生の崖っぷちに追い込まれた人が拒否できない魅力的な提案を受けて不可逆的な選択をしながら続く関係の中で本当の愛の意味を訪ねて行く4人の男女の奇想天外な愛の物語を描いたメロドラマだ。
韓国ドラマ誘惑を通じて、グォンサンウ、チェジウカップルのメロー演技を再び見ることが可能になった。
グォンサンウ、チェジウ主演の韓国ドラマ 天国の階段は韓流ドラマが好きな方は一度くらいは見たことがあると思う。
韓ドラで涙なしでは見られない作品をあげるなら、ペユンジュン、チェジウ主演の冬のソナタ、天国の階段、ソンヘギョ、ソンスンホン、ウォンビン主演の秋の童話くらいを頭に浮かべるだろう。
主人公が成長していく青春成長ドラマ、ファンタジードラマ、タイムスリップ、スリラー、サスペンス、ミステリー、ロマンチックコメディー、時代劇、時代劇フュジョンドラマなど様々なジャンルがあるけど、女性にはメローが一番かも。
ジウ姫と呼ばれていた、涙の女王チェジウ!
チェジウさんにもっとも似合う配役は悲恋の主人公だと思っているから、彼女の悲しいメローが最も期待される。
でも、韓国ドラマの誘惑では、弱くない鉄の女の役を演じるそうだ。





大手企業の後継者、今まで彼女が演じたことのないキャラクターかもしれない。
グォンサンウ、チェジウカップルは韓流ドラマにもう一度熱風を引き寄せられるか?
視聴者たちの期待が益々高まっている中、初撮影地は香港になりそうだ。
主人公4人、グォンサンウ(チャソクフン役)、チェジウ(ユセヨン役)、パクハソン(ナホンジュ役)、イジョンジン(カンミヌ役)が初めて出会う場所が香港!
香港っていう場所は何か起きそうな、ファンタジーがありそうな場所でもある。
香港を思い出すと、夜景を頭に浮かべる方も多いと思うけど、美味しい食べ物豊かな場所で、ショッピングが楽しい場所でもある。
ビクトリアピークは夜景の代表的な場所なので、時間があったら行ってみるのもオススメ!





天国の階段以降、11年ぶりの再会になったチェジウ、グォンサンウの誘惑に登場する人物とキャストについてまとめてみた。
韓国ドラマの誘惑のキャストの中で、グォンサンウ(チャソクフン役)、チェジウ(ユセヨン役)、パクハソン(ナホンジュ役)、イジョンジン(カンミヌ役)の出演が決定されて撮影のために香港へ飛ぶ。

誘惑 キャスト&登場人物紹介

チャソクフン役 キャスト グォンサンウ

グォンサンウ 誘惑

誘惑 グォンサンウ

少年のような感受性と善意に満ちたヒューマニストの面貌を持って江原道の山奥で生まれ。
唯一の優れた頭脳一つで、ソウルの名門大学に進学し、肉体労働にバイク便、チラシアルバまで学費を稼ぐために過酷なことも厭わずに生きてきた。 
しかし、莫大な借金に押され、崖っぷちに立つようになり、妻と自分のための選択をすることで葛藤を経験するようになる人物だ。

これまで「夜王」、「大物」、「チャイニーズゾディアック」など様々なドラマと映画を通じて、繊細で親しい姿とカリスマに満ちた男性的な姿を行き来して魅力的な演技を描き出したクォンサンウ。
彼が今回の作品では、どのような姿で視聴者たちをひきつけるか関心が高まっている。

ユセヨン役 キャスト チェジウ

誘惑 チェジウ

チェジウ 誘惑 

韓国ドラマ 誘惑 チェジウ

韓流ドラマ 誘惑 チェジウ

若い年齢から後継者授業を受け、父の後を継いでグループを率いる「鉄の女」で、仕事と結婚したワーカホリックらしくよく言われるよう女としての愛と結婚に関心のないキャラクターだ。 
しかし、香港出張で偶然チャソクフン(クォンサンウ)夫婦に出会うことになり、二人に拒否できない提案をしながら愛を信じなかった彼女の人生に変化が始まり、破格的な演技変身を予告している。

韓流スターチェジウは2013年11月終映して好評を受けたSBSドラマ」怪しい家政婦」以後約9ヶ月ぶりにテレビ劇場に復帰し、今回のドラマを通じて、またどのような新たな魅力で視聴者たちをひきつけるのか期待が集められている。 
特に、大きな愛を受けたSBSドラマ「天国の階段」で一緒にしたクォンサンウと約11年ぶりに呼吸を合わせるようになってより関心が高まる一方だ。 
これに関連して、チェジウは「監督と作家を信じて出演を決定することになった。たくさん期待をお願いする」と所感を伝えた。

グォンサンウ チェジウ 天国の階段

ナホンジュ役 キャスト パクハソン

誘惑 パクハソン

パクハソン 誘惑

韓流ドラマ 誘惑 パクハソン

黙々と我慢して犠牲する落ち着いた性格で、自分の声を上げるよりも、自らすべてを譲って生きてきたチャソクフン(クォンサンウ)の妻やホンジュ役を演じる。 
貧しい家庭の事情により、諦めに慣れていたホンジュとソックンとの出会いは奇跡そのものだった。 
だから、ホンジュは陰が垂れた自分の人生の中に、日差しを照らしてくれたソックンと喜怒哀楽を分かち合いたいと思い、彼と結婚をして誰よりも仲の良い夫婦で過ごす。 
しかし、香港で出会ったセヨン(チェジウ)が原因でソックンと葛藤を生じさせることになる。

パクハソンは、最近の様々な作品で女主人公で活躍し、演技スペクトラムを広げている。
MBC「ツーウィーク/2weeks」では、病気の娘を守るために孤軍奮闘している母性愛演技を披露した。
SBS「スリーデイズ/3days」では、鋭い判断力と勇気を持った女警官を演じ、強度の高いアクション演技まで完璧に演じて「信じてみる俳優」と位置づけた。
パクハソンは「スリーデイズ/3days」放映終了後、わずか2ヶ月ぶりにお茶の間に戻ってくるなど演技闘魂を燃やしている。
パクハソンの所属事務所であるSLEエンティ側は「誘惑」のナホンジュは今まで一度も引き受けたことのないキャラクターだ。
濃厚なメロと感性演技を介して別の魅力をアピールできる作品だと思い、選択するようになったと明らかにした。

カンミヌ役 キャスト イジョンジン

誘惑 イジョンジン

イジョンジン 誘惑

韓国ドラマ 誘惑 イジョンジン

富と外貌、学歴と家柄、すべてを備えた男性。
彼は「百人もの女性に百個の真心」と言う考えを持っており、自由奔放で浮気も侮れなく、かつて家同士顔見知りであった​​セヨン(チェジウ)を誘惑しようと試みたこともある。
しかし、カンミヌは、結婚を条件に会社を譲ってくれるという亡父の要求に応じて、お見合い結婚をした。
一度引き受けたら責任をとる性格だから夫と父親の役割を忠実にすることになる。
以来、ホンジュに出会いながら心の変化を感じ、それによってチャソクフン(クォンサンウ)と対立することになる人物である。

最近イジョンジンは、2012年の映画「ピエタ(Pieta, 2012)」で破格的な役で、続いて2013年はMBCドラマ「百年の遺産」では魅力的な男を演じて大衆にさまざまなイメージを刻印させて良い評価を受けた。
「百年の遺産」以来、約1年ぶりに「誘惑」を通じて戻ってくるイジョンジンが、今回も新しい姿を見せてくれることを予告しており、期待感UP。
イジョンジンのプロフィールを見ると、様々な作品があるが、その中でも未だに印象に残っているのは、2004年 SBS「Lovestory in harvard」、「4月のキス」、2007年 MBC「9回裏2アウト」である。

*イジョンジンのプロフィール*

本名:イジョンジン(이정진)
誕生日: 1978年5月25日
身長: 184Cm
体重: 72Kg 
家族事項: 1男1女の中で長男
趣味:バスケットボール、運動、ドライブ
得意:スノーボード
学歴:漢陽大学校演劇映画科
デビュー:仁川放送「3日間の愛」 (1997年モデルライン出身) 

4月のキス イジョンジン

9回裏2アウト イジョンジン

[ドラマ]
2013年 MBC 『百年の遺産』
2010年 KBS2 『逃亡者 PlanB』
2008年 MBC「愛してる、泣かないで 」
2007年 MBC「9回裏2アウト」
2004年 SBS「Lovestory in harvard」、「4月のキス」
2003年 SBS「ぷー太郎脱出」
2002年 MBC「三銃士」、SBS「悪い女たち」
2001年 MBC「恋人たち(シチュエーション・コメディー)」、KBS「夢見る家族」 
2000年 MBC「花より美しい彼女」、KBS「好きなものはどうしたらいいの」、KBS「僕は彼女が好き」

[映画]
2012年 『ワンダフル・ラジオ 』
2005年「麻婆(マパ)島」
2003年「マルジュク通り残酷史」
2002年「海賊、ディスコ王になる」 
2000年「海浜へ行く」

ナホンギュ役 キャスト イジョンシン(CNBLUE)

誘惑 イジョンシン CNBLUE

10ヶ月ぶりにお茶の間へカムバックするイジョンシンは劇中、男主人公チャソクフン(クォンサンウ)の妻であるナホンジュの弟であるナホンギュ役を演じる予定だ。
イジョンシンが引き受けたナホンギュは、すらりとした身長に、フンナム(温かい雰囲気 のある男性 )なルックスを持っているが、適当な仕事をせずに失業者として過ごしている人物である。 
友達につれられ便利屋のバイトをしているうちに、姉ホンジュの秘密を知ることになる。

*フンナムの意味は、(フン:温かい+ナム:男⇒温かい雰囲気 のある男性を意味する言葉 )である。

イジョンシンはKBS 2TV 「いとしのソヨン/내딸 서영이」でイサンユンの弟であり、出生の秘密を持ったカンソンジェ役を通じて正劇デビューし、涙嗚咽演技をはじめとする繊細な感情演技で好評を受けた。 
2013年KBS 2TV 「剣と花」では、高句麗の剣客シウ役を引き受けて演技スペクトラムを広げることもした。

一方、「ドクタージン/Dr.JIN/닥터진」、「ロードナンバーワン」、「犬とオオカミの時間」などの作品を披露したハンジフン作家と「私の娘コンニム」、「オー!マイレディー」などを演出したパクヨンスPDの出会いで期待感を高めている。
4人の男女の感性を入れたメロドラマ「誘惑(仮題)」は、「ドクター異邦人」の後続として放送される予定だ。 

誘惑(仮題) ドクター異邦人 後続

タイトル:誘惑(原題 韓国語:유혹 (가제))
要約:SBS 月火22時00分 放映予定(20部作、2014年07月~)
あらすじ:人生の崖っぷちに追い込まれた男が拒否できない魅力的な提案を受けて、取り戻しのつかない選択をしながら、続く関係の中で本当の愛の意味を見つけて行く4人の男女の奇想天外な愛の物語を描いたメロドラマだ。
製作:パクヨンス(演出)、ハンジフン(脚本)
キャスト:グォンサンウ(チャソクフン役)、チェジウ(ユセヨン役)、パクハソン(ナホンジュ役)、イジョンジン(カンミヌ役)、イジョンシン(CNBLUE、ナホンギュ役)

ここまで、韓国ドラマ 誘惑のキャスト,あらすじ,登場人物の最新情報を伝えましたが、今度は誘惑の相関図を作成次第記載する予定です。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ