韓国 傲慢と偏見 キャスト,あらすじ,登場人物,相関図,ネタバレ,企画意図,見所,ost,視聴率,全20話,韓国ドラマ,傲慢と偏見 あらすじ,傲慢と偏見 1話,韓国ドラマ

 

韓国 傲慢と偏見 キャスト,あらすじ,登場人物,相関図,ネタバレ,企画意図,見所,ost,視聴率,全20話,韓国ドラマ,傲慢と偏見 あらすじ,傲慢と偏見 1話,韓国ドラマ

韓国 傲慢と偏見 キャストは、チェ・ジンヒョク、ペク・ジニ、チェ・ミンス、イ・テファン、ソン・チャンミンが主要人物を演じることになった。
現在、高い人気を得ている「夜警日誌」の後続作品として放送される予定だ。
全20話で10月27日に傲慢と偏見 1話がお茶の間を訪れる予定だ。
「夜警日誌」視聴率は11%弱を記録して、月曜日と火曜日に放送されているドラマの中ではトップである。
東方神起のメンバーチャンミンが歌った夜警日誌 ostへの関心も高い。
あらすじは、法と原則、人との愛を武器に、悪者と対決する検事の物語で、お金がなくて力なく、罪のない人が傷を負わないように努力しているルーザー検事たちの孤軍奮闘を盛り込んだドラマだ。
チェジンヒョク、ペクジニ、チェミンスの出演で高いを関心を得ているこのドラマは検事に物語、
映画「傲慢と偏見」が男の傲慢と女の偏見を扱ったなら、韓国ドラマ「傲慢と偏見」は検事物語である。



検事の話になるため、背景は仁川地検になり、その中でもラブラインは存在するだろう。
でも、ラブラインよりは事件を中心により良い世の中を作るために頑張る検事の話を盛って欲しい。
チェ・ジンヒョクは重い配役もラブコメ、時代劇まで幅広く活躍した。
「応急男女」で見せてくれたラブコメ主人公の姿も、時代劇「九家の書」で演じたク・ウォルリョンと言う山を守る神でありながら純粋な愛を守る配役も印象に強く残っている。
ペクジニもラブコメや時代劇にも出演したことがある。
「ヘアーショー」で見せてくれた繊細な演技は披露できなかったけど、「奇皇后」、「トライアングル」は何か中毒性あるドラマだった。
JYJのキム・ジェジュンが歌った「トライアングル」ostである嫌でも(シロド/싫어도)は、日本でも愛された曲だった。



傲慢と偏見の見所は、キム・ジンミンPDとイ・ヒョンジュ作家出会いをあげられる。
「犬とオオカミの時間「、「武神」を介して線の太い物語を流麗な演出で描いたのキム・ジンミンPDがメガホンを取った。
「学校2013」で現実の学校の問題と学生の話を繊細に描き出して大きな反響を起こしたイ・ヒョンジュ作家が脚本を引き受けて期待を集めている。
そして、ク・ドンチ(チェ・ジンヒョク)とハン・ヨルム(ペク・ジニ)が描き出すラブストーリーがポイントなので、二人のケミが重要な見所になるだろう。
「傲慢と偏見」の関係者は、検事の話であるだけに、これらに対処する事も興味深く描かだろうが、ク・ドンチとハン・ヨルムが作っていく物語が「傲慢と偏見」を見る重要な見所になるだろうとし、ケミカルあふれる二人の話にも興味を要請した。

韓国ドラマ 傲慢と偏見 相関図

傲慢と偏見 相関図

韓国 傲慢と偏見 キャスト&登場人物

ク・ドンチ cast チェ・ジンヒョク

仁川地検首席検事。
少年及第した高卒出身の秀才で検事のキャリアだけで10年目だ。
普段は不真面目なかんじだが、事件の前に立つと、公正と冷徹で武装したまま、絶対に核心は逃がさない。

チェ・ジンヒョク 傲慢と偏見

傲慢と偏見 チェ・ジンヒョク

チェ・ジンヒョク

何事にも揺るがぬ自信の所有者にで、必要な瞬間には、思い切って勝負をかけることを知っている勝負師だ。
政治、組織全て興味ない、お金や権力など無視しているけど、捜査力抜群で法の適用は間違いなしのエースだから、組織の厄介者であり、上司たちには目障りだ。
法が人を救えると信じ、罪の前では慎重で人に暖かい。

ハン・ヨルム cast ペク・ジニ

仁川地検修習検事
ロースクール出身修習検事で勉強が一番簡単な秀才。

気が強くて大胆で明るく清くだが、まったく心の中を読めない秘密めいた裏面も持っている。
こだわりも意志もプライドも強く、度胸で、性格もきつい面がある。
しかし、振り向くと不安で世の中の事に常に傷つかれ生きるのが苦しい20代の青春である。

ペク・ジニ 傲慢と偏見

傲慢と偏見 ペク・ジニ

ペク・ジニ

意欲だけの実力がついてくれなくて苦労をする。
しかし、最後まで食い込む執拗に正面突破する度胸で決定的な一手を置くことができる。

一度悪い奴は最後まで悪い、人間は誰でも嘘をつくと信じる。
罪か犯したら必ず、罪の代価を払わなければならないと考える。
法律は被害者のための武器である。
そして、検事がすべきことは被害者に代わって悪者を罰することだと思っている。

ムン・ヒマン cast チェ・ミンス

仁川地検部長検事
中枢部、強力、特殊、公安をあまねく経たエースの出身。
頭良く、感良く、手段良く、度胸で、能力も優れた上、経験までが多く、いつも一手上、一歩離れて眺める能力者の中の能力者だ。

傲慢と偏見 チェ・ミンス

チェ・ミンス 傲慢と偏見

相手の弱点をあきれるように引き出して、攻撃するときと後退するときを鬼のような感知する。
確実なタイミングで勝負に出る捜査鬼才で負けることを最も嫌っている。

口も荒く、幼稚な行動も拒まないが、検事が生きて初めて国が生きられる。
検察が崩れると国が崩壊すると考えており、完全な検察が確信であり、宗教である強骨だ。

ソウル大学を出て大企業に勤めたが、やめて
遅い年齢で司法試験に合格した掃きだめにツルで検事になるや否や掃きだめから捨てた。

組織のためには、手足さえ容赦なく切り捨てる冷酷な勝負師だ。
検事総長になって尊敬される本物の検察を作るという野心を持っている。

カン・ス cast イテファン

仁川地検捜査官。
テコンドー選手出身の初心者の捜査官。

イ・テファン 傲慢と偏見

傲慢と偏見 イ・テファン

思いが深くて、心が暖かく、考えも素朴な真剣青年で、すべての仕事に誠実で、いつも熱心である。
何事にもただにこっと笑うばかりで、捜査するとき以外には殆ど話す事がない。
快活でもなく、恥ずかしがりやのイケメン・スンドンイ(純粋)だが、一度決めたときは、度胸を張ってきつい言葉も言う愚直なちょう男だ。

欲しいものも成りたいこともあまりなく、
願いであれば、ただおばあちゃんが元気でゲゲピョンおじさんが真面目になる程度だ。
明るい純粋な魂の持ち主で、嘘を嫌って、本気は通じると信じるか、
世界が自分の思うままに流れず、時には失望し、常に傷つく。

チョン・チャンギ cast ソン・チャンミン

無職、別名のゲゲピョン。
*ゲピョン:人の分け前えからただで少し分けてもらうもの。
賭博場でゲピョン取りで生きてきた人生だからゲピョンと呼ばれたが、仕草がゲチャバン(ろくでなし)だから、最近はみんながゲゲピョンと呼ぶ。

ソン・チャンミン

傲慢と偏見 ソン・チャンミン

ソン・チャンミン 傲慢と偏見

特に仕事もなく、いつも一文無しだが、知っているお兄さん、親しい社長が多く、事業資金と言うことで大金もよくひきつける。
しかし、必ずギャンブルに飛ばしてしまうため、毎日逃げ回って、ともすると打たれ、ひょっとすれば、ひざまずいて謝るのが日常である。
酒を飲んで開き直りを繰り返し、上下関係無く意地を張る。
しかし、華麗な口調と特有の親和力であちこちに入り込んで、知らないこともない。

英語も​​良く駆使し、漢字もよく知っていて、知的な言葉もしばしばして使い、ソウル大学を出たよだ、大企業へ通っていたという噂がある。
しかし、確認しようがなく、本人も過去のことは絶対に話さない。
お人よしで気も弱く、詐欺にも良く会い、人にも良くやる。
特に、カン・スには優しく、カン・スのためなら、何でもするカン・ス馬鹿だ。

[仁川地検の人々]

い・ジャンウォン cast チェ・ウシク

仁川地検検事。
お母さんが言うように学校に通い、教授が言うように司法研修院を通う。
今は上司が言うように地検に通勤する典型的な「最近の若い検事」だ。

 0K-12최우식

江南(カンナム)金持ちの息子で外国語高校 – ソウル大学 – 司法研修院 – 軍法務官につながるエリートコースだけ踏んできた。
あらゆる種類の塾や個人先生へと綴られた人生だから、自分の意見とはスズメの涙ほどもない。
ボスが一言すると光の速度で起訴状を書き直す。
検事として最も気を使うのは洋服とスタイルと言い、6時退社のためには魂も捧げる勢いだ。

ユ・デギ cast チャン・ハンソン

仁川地検捜査官、仁川の国家情報院、地検の偏平足。
検察ご飯を食べたのが35年、定年退職を1年控えたベテラン捜査官。

検察は天であり、検事は神であり、わからないこともみなかったこともなく、気づいは100段であり、人脈はタコ足である。
若き日​​青雲の志を抱いて司法試験に挑戦したが、いつも2次試験の境界を超えられなく、検察公務員試験を受けて捜査官になった。

チャン・ハンソン

情が多くて気の毒な事情を見ると、見過ごせないが、礼儀をわきまえない子にとっては、容赦なく一場の訓示を並べる大人でもある。
一人娘であり年老いて生んだ娘であるユ・グァンミも隣の部屋で捜査官で勤めている。
そのため、それなり法曹家という自負心がある。
仁川で生まれ育った仁川の子で、願いは祖国統一と検事婿をもらうことだ。

ユ・グァンミ cast チョン・ヘソン

仁川地検捜査官。
体つきはSラインで、顔はVラインの5年目の捜査官。
すっきりして気が強い性格で言葉も仕事の処理もしっかりしている。
検事ができる仕事、捜査官がすべきことをびしっと分けて、絶対妥協しない。

チョン・ヘソン

一生、検事の顔色を伺って生きてきた父を見ながら、絶対父のような捜査官にはならないと言う信念がある。
相手が誰でも、どんな状況でも言いたい事は言って、すべきことに専念する。
そのため、天下のムン・ヒマンでもどうしようもない民生安定のチームの「特急」捜査官である。

[周辺人物]

ペク・グムオク cast ペク・スリョン

カン・スのおばあさん、飯屋「サンシセキ(一日3食)」のオーナー。
いつも気難しい表情で、お金が好きで言葉も荒いが、思いも深く、情も多い。

ペク・スリョン

裁判所の近くでのみ20年目のレストランを運営している。
そのため、仁川地検を通っていた判事や検事、弁護士の中で、おばあちゃんご飯を一度も食べなかった人はいないくらい。
知ってみると、大統領よりもコネが良いと言うが確認されていない。
一日三食が最も重要と思い、カン・ス、ドンチは勿論、ゲピョンの食事まで必ず気を配る。

キム・ミョンソク cast キム・ナウン

ヨルムの母親。
子供の口に食べ物を入れることが喜びであり、夫が肩ずっと広げることを生きがいだった典型的な良い母親で優しい妻だった。
しかし、末の息子ハンビョルを事故で失い、夫さえ客死すると、躁うつ病にかかりはじめ、家事も人性も全てけり飛ばしてからかなりの時間が経つ。

キム・ナウン

躁病のときは、世の中のすべての事をすべて行えるように、体もボンボン走って、お金も使いまくる。
しかし、うつ病の時には、指一本動かさず、ベッドで寝っぱなしだ。
一人残された娘ヨルムには最善を尽くしたい。
しかし、一人で生き残るために家事など知らん振りしている姿を見るとさびしいこともある。
そうであっても、たくましく大きく成長するヨルムがありがたいと思うときもあって、会うたびに右往左往である。

傲慢と偏見,あらすじ,キャスト,登場人物,ネタバレ,企画意図,見所,ost,視聴率,全20話,韓国ドラマ,傲慢と偏見 あらすじ,傲慢と偏見 キャスト,韓国ドラマ 傲慢と偏見,韓国 傲慢と偏見,相関図について説明を加えました。
韓国 傲慢と偏見 キャスト,あらすじ,登場人物,相関図,ネタバレ,企画意図,見所,ost,視聴率,全20話,韓国ドラマ,傲慢と偏見 あらすじ,傲慢と偏見 1話,韓国ドラマの情報は役に立ったでしょうか?
ラブコメではなく、慎重な検事役を引き受けたチェ・ジンヒョクとペク・ジニへの期待度は何点でしょうか?
悔しい人がいない世界を夢見ている誰かが応援すると思います。
良き世の中、平和がある世界へと・・・

Business writing, colorado state university: http:writing! payforhomeworkhelp.com

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ