高校世渡り王 キャスト・あらすじ・登場人物・相関図を含む

高校世渡り王 キャスト・あらすじ・登場人物・相関図を含む

高校世渡り王 キャストはソイングク(イミンソク役)、イハナ(チョンスヨン役)、イヨルム(チョンユア役)、イスヒョク(ユジヌ役)、イテファン(オテソク役)、チョンイスル(ユンドジ役)、
オグァンロク(チェジャンホ役)、チェピリップ(パクフンベ役)、カンギヨン(チョドクファン役)、イアリン(ハンサンヒ役)、ソンヨンギュ(ナムサング役)、ハンジニ(ユジェグク役)などが決まって現在撮影中である。
高校世渡り王 あらすじは、世間知らず高校生の大企業の幹部入城期を描いた作品で、世渡りを知らない単純無知な高校生が大人の世界に入城しながら広がるエキサイティングな冒険物語を描いたロマンチックコメディストーリーだ。
登場人物と相関図の詳細はちょっと長い・・・
最近はケーブルドラマの方が面白いのが多い。
ジャンルドラマやシリーズドラマなど、放送日を待ってから視聴するドラマが増えて困っている。
ヨンジョンフン主演のヴァンパイアシリーズ、リュドクファン主演の神のクイズ、チュサンウク主演のTENなどもTSUTAYAのレンタルランキングが!





ユアイン、キムヒエ主演の密会もケーブルだったからこそ、そのくらいの完成度を見せてくれたと思います。
ユアインさんが好きになったのは「成均館スキャンダル」を見てからだけど、その時の演技と密会の中の演技には同一人物なのかと驚いた。
かなり年の離れた女主人公を愛する天才ピアニスト、全てのものを手放さないと行けないキムヒエ、二人の演技と演出、脚本とも申し分ない韓国ドラマだった。
ソウルメイトと言える音楽への共感、楽しく二人でピアノを弾く場面は今にも余韻が・・・
黒木瞳の失楽園を見た人には少し惜しむ場面もあるかもしれないけど、韓国ドラマ独特の童話のようなエンディングで40代の女性にも愛するチャンスはあるとささやいている。
高校世渡り王はロマンチックコメディーを表面に出しているため、気軽く見られるだろう。
夏は笑えるものが好き!
って思う方にはおすすめ!





高校世渡り王 相関図

高校世渡り王 相関図

高校世渡り王 登場人物&キャスト

イミンソク/イヒョンソク キャスト ソイングク

応答せよ1997に出演したソイングクが高校世渡り王を通じてお茶の間へ戻る。
大企業の部長だが、学校生活をしている18歳!
二重生活中!

ソイングク

イミンソク(18歳。プンジン高校2年生のホッケー部フォワード)役 ソイングク

「兄貴、今正気なの?兄貴の代わりに、会社へ通えって?
私、高校生なの知ってる!しかも、午前中の授業は居眠りして、午後は死ぬ気で訓練しなければならホッケー選手だって!」

名門プンジン高ホッケー部の最前線フォワード。 
最もハンサムな顔に八頭身蜂蜜腹筋まで、完全なハードウェアを所有。 
その美貌に知性まで兼ね備えたら申し分ないが・・・天は公平である。 
単純無知なソフトウェアで本能だけで動く。

カッとする性質に生まれつきの勝負根性はフォワードに最適格なファイティングを誇るが、それがまた、自分の足首をつかみゲームを台無しにする場合が多い。 
あっという間に興奮ゲージが上昇するスタイルだと言う。
それがまた支えてくれるルックスと一緒にその子の魅力になって校内にはかなり多くの女子生徒のファンを保有するが、ミンソクには高嶺の花。
ミンソクのストーカーチョンユアのせいだ。

自称ミンソクの女房というユアはガムかさぶたのようにミンソクのそばにくっ付いて1メートル前方に女の子たちが迫り来るのを防ぐ鉄壁の防御をする。 
そのようなユアをミンソクはどうする方法がない。 
ミンソクにとってただユアは、世間知らずだが憎めない「友達」だ。

そして、ミンソクの手に負えないもう一人。 
ミンソクとは9歳差がある実兄、ヒョンソクがいる。 
ミンソクとは異なり、優れた秀才で早目にドイツ留学の道に上がって職場まで決めたが、急に韓国某企業にスカウトされてくると連絡をしてきた。

いよいよD-day、兄貴の帰国日。
来ると言った兄は来ず、連絡すらつかなかったのに、その日の夜明け。 
闇を切り裂いてベルが鳴る。 
発信者は、まさに急ぐ声の兄、ヒョンソク・・・

長い話ができない・・・私の代わりに、無条件に私が行く会社であるコンポーIncに行け・・・
行って、当分の間だけ私のふりをしろ・・・
そうしないと私が死ぬ・・・

高校生である私に兄の代わりに会社に行きなさいと? 
これは何の不合理で奇怪なシチュエーションなのか? 
兄の命がかかったから無視のできないし・・・
言われたとおりにするのは無理だし、もう分からない。
一応兄の命を助けてみよう・・・火の穴の中に飛び込むが・・・

ソイングク1

イヒョンソク(28歳、ミンソクの兄)役 ソイングク

「・・・理由は聞かないで・・・どこかのも聞かないで・・・
ただ、私の代わりに会社に行ってくれ・・・君は私とそっくりの・・・私の唯一な肉親だろう・・・」

ミンソクと十歳差である兄で、掃きだめにツルのような存在である。 
幼い頃から秀才と言われながら、ドイツ留学の道に上がって常勝疾走する。 
理性的で冷徹な性格の持ち主で、弟であるミンソクは、一人だけの弟を捨て 
一人で留学に去ってしまった兄を血も涙もないと空しくが、ヒョンソクがきつく心を決めて、より一層冷徹になろうと努力したことには理由がある。

10余年前。 
会社の社長だった父の自殺とその衝撃に起因する母の死。
父を崖っぷちに追い出した陰謀と裏切りへの復讐を自分の手で決着をつける・・・

そして、2014年。
彼に、ついにチャンスが訪れた。
コンポIncから、まず本部長席にスカウト提議をして手を差し出したのだ。
天が与えた機会を逃すわけないヒョンソク。
快諾をするが・・・

ソウルに到着してすぐ突発状況が発生し、彼のシナリオにブレーキがかかる。 
だめ・・・このように諦めることはできない・・・
どんなに指折り数えて待っていたことか・・・
どんなに苦労してつかんだチャンスなのに・・・

ヒョンソクは、この危機的状況に弟ミンソクを入れることを決心する。 
そう、危険千万だろう、無謀だということは知っている。
しかし・・・この世の中にただ一人、ひっそりと私の味方になれる人、ヒョンソクが信頼できる人間は弟ミンソク、一人だけだった。 
しかし、その判断が大きなミスだったことを想像できなかった・・・

オグァンロク
チェジャンホ(50代後半。ミンソク、ヒョンソクの父の代理)役 オグァンロク

人優しくて情があふれて涙が多い、文字通り法律がなくても生きれる人でスニーカーコインランドリーをする。 
ヒョンソク、ミンソクの父であるイジョンスがうまく行っていた時代、彼の運転手で働いた。 
イジョンスが自殺をして、その妻さえ心臓発作で死亡すると、彼の息子であるヒョンソク、ミンソクを実子のように育てた。 
認知症のかかった父も誠心誠意で世話する心が暖かい男だ。
ミンソクとはなんだかんだもめることもあるが、本当の父子よりも切ない情を交わす間柄だ。

チェマンソク(78歳、チャンホの父)役 グンンソンドク

マンソククン(昔の大金持ち/大地主)の息子として生まれ、一生を送り、三年前、認知症にかかってしまった。 
息子であるチャンホをお父さんと呼んで、ミンソクをママと呼ぶことも足りなくチョコレートに執着する傾向を示す。
そのため、手を出して抱きしめようとするから近所の女性たちが驚いて逃げる。
時々精神が戻ってくると、的を射たの一言をする変わり者。

チョンスヨン役 イハナ

イハナ4

韓国ドラマトリプルを最後に見たような久しぶりに出演を決めたイハナ!
契約職2年目。 
人生バンジージャンプを夢見ているキャラクター。
明らかな話だが、ソイングクとよく衝突するだろう~。

チョンスヨン(27歳、コンポIncリテールチーム契約社員2年目)役 イハナ

イハナ1

イハナ2

「・・・あきれた契約職・・・このあきれた片思い・・・私の人生はなぜいつも足りないものばかり尚か?
し・か・し、この男といると私が少し賢くなる。少し・・・良い女になる。この男・・・魔法師なのか?」

2年目の契約社員から離れない悲しい非正規職女性社員。 
バンジージャンプ場を運営するお母さんの手伝いをしながらおとなしくしていて、嫁に行けという母親の小言を後にしてソウルに上京したのに、現実は冷酷だった。 
ソウルにはなんでこんなに人材が多いのか・・・
正社員になって入ってくる女性社員のスペックだけでも、基本的にマスター(修士)に二ヶ国語以上の外国語をペラペラ。 
いや、いつから自分らが外国語をぺらぺらして生きてきたの・・・

自分の国に対するプライドと誇りがないとって人が・・・と大声を打つには、彼女が持っていることがあまりにもなく、みすぼらしい。 
ただ与える給料受けて・・・家賃払って・・・一日一日を支離滅裂な日常を生きているのに。

彼女の会社生活の唯一のオアシスは、2年目片思い中のプロジェクト本部長ユジンウ。 
最年少本部長のタイトルを手にした実力派の冷徹なカリスマに優れた容貌まで、しっかりと頭の付いた女性であれば、どうして惚れないだろうか・・・

胸にこれは嵐を持て余し、最終的に事故を起こしてしまうスヨン。
会食の席で、ジヌ(ジンウ)に告白をするが容赦なく断れる。

自分の無関心で通すジヌに傷ついて、片思いの心さえだんだん疲れていく頃。
聞いたことも見たこともない存在で登場した少し妙な上司リテイル本部長、イヒョンソク(実はミンソク)。

適度によく焼けたプリプリの肌に、サラサラッとした綿毛がとれていない童顔の男。 
短気で、仕事はそよそよしながら大声だけ打ちあてて、特に、スヨンにはねちねちとして醜い奴、醜い奴とぶつぶつ嫌味をはいていたこの男にいつのまにかしきりに視線が行く。

何だ!私知ってみると、男性遍歴が華やかな女性? 
この男、あの男、選んで食べる楽しさに心から先に与えて見る雑食ハイエナなの?
私・・・生きるのが本のちょっと・・・楽しく・なって生きそう。

彼女は唐突な高2妹、ユアと二人で住んでいる。
お父さんはかつて肝臓癌で亡くなって、母は故郷カピョンで小さなバンジージャンプ場を運営している。
ちょっとの間、ママのそばでジャンプ調教をしていて嫁に行けと言われたが、それでもママ、私の人生を置いても、一度は、このバンジージャンプを試みなければ?
もしかしたら?
飛び降りてみたら思わぬ未知の世界が繰り広げられるか。
頑固な一会長の気に入って養女になるとか、白馬に乗った王子様がぱっと登場するとか、普通の私の人生にも輝く日差しが来る日があるかも・・・と思ったが・・・

チョンユア役 イヨルム

イヨルム2

ソンナウンに似ていると有名になったイヨルム!
中学生Aに出演して多くの関心を受けたが、今回はソイングクのガールフレンドを夢見る可愛いキャラクターを引き受けたそうです。
イヨルムはtvNの新しい月火ドラマ「高校世渡り王」のチョンスヨン(イハナ)の実妹であり、イミンソク(ソイングク)を片思いする高校生チョンユア役にキャスティングされた。 
素直でファイティングあふれる性格のチョンユアは一目惚れした高校生ミンソクに積極的な愛情攻勢を広げるほどしっかりしている人物である。
特に、ミンソクを置いて、実の姉、スヨンや微妙な愛情戦線を見せる見通しだ。

チョンユア(18歳、プンジン高校と年生 成績全校一位)役 イヨルム

プンジン高校

ミンソクの自称彼女。
他称ストーカー。 

チョンスヨンの妹で、賢くないスヨンとは異なり、ファイティングあふれさっぱりした性格の持ち主。
2年前、スヨンが就職して上京をするようになると、母親をそそのかして、自分もソウル留学に行かせてと頼んで(?)転校してきた。 
勉強しろとソウルへ送ったのに、早くも理性に目覚め、男を掴み早くも嫁に行く~と言いながらストーカーをやって日常を費やしている。
そのユアに選ばれた男がミンソクだ。

ちょっと見れば遊び子に見えるが、厳密に言えばユアは純情派だ。 
一目でミンソクに決めて、以降、ひたむきミンソクだけに向けて、ミンソクを自分のものにする一念で学校へ通っているから・・・
これが本当の純情ではなくなんと言えるだろうか。

ボーイッシュな彼女、私のものは私のものだと唾つけないように、堂々と言う彼女に、相手が私を見てくれなくても構わない、私は彼を見ていれば良いという素敵な彼女。 
しかし・・・運命の神は彼女の味方ではなかった・・・

姉スヨンが室長ミンソクと絡み始め、関係は知らずにこじれた。
ユアはミンソクが好き。
ミンソクはスヨンへ常に心が行く。
スヨンはジヌを片思いする。

ヒョンソクの代わりであるミンソクとスヨンはなんだかんだでもめながらも互いに引かれる。
スヨンは、ユアにミンソク話を聞くと「奴、いい感じだから良く付き合ってみて」と言う。
ユアはスヨンにヒョンソク(実はミンソク)の話を聞くとユジヌよりお姉さんと似合いそう。賢くないくせに頑張って・・・と言う。
もちろん、そのミンソクがミンソクであり、ヒョンソクもミンソクだという事実を姉妹が分かるわけがない。

ユジヌ役 イスヒョク

イスヒョク0

韓国ドラマサメでも印象深かったイスヒョク! 
ミンソクが通う会社のオーナーの隠された息子として社内で人気の多くの若い部長になるそう。

ユジヌ(30歳、社長の隠された不倫の息子、コンポInc本部長)役 イスヒョク

「・・・私はホンギルドンが嫌いだ。
父を父と呼ぶことができない前例を残した彼が嫌いだ・・・私の鏡みたいで嫌いだ。」

コンポIncの若い本部長。 

カリスマ炸裂の超エリートで、実は社長の隠された婚外子だ。 
時々立ち寄ってたまに頭を撫でてくれるのが愛情表現の全てだった父は、ジヌにはいつも登れない大きな山のようだった。
そんな父に認められるために自分の力でコンポに入社し、本部長まで上がるが、お父さんは彼を認めていない様子だ。

だから彼は、ますますワーカホリックになっていった。 
父ジェグクに認められる道は実力と成果を目に見せるものにしかないことを知っているから。 
ところが、その父親の認定を受ける前、不慮のタックルがかかる。 
ドイツでスカウトされてきた新たなイヒョンソク(ミンソク)本部長。
彼が事あるごとに何度も目に障る。

気分がないのかないふりてるんだろか、冗談ばかり言いながらヘラヘラして、父親とも壁なく親しく過ごす。
あいつの前では父親も武装解除になってしまう。 
ジヌに一度も見せたことのない仮面のような笑顔を、彼には常にみせる。
嫉妬が浮き上がる。 
血がわく。 
なんとか父親の前であいつを崩し、床にひざを着かせるチャンスを待っているが・・・

彼のアキレス腱がもう一つあった。まさに母。 
ジヌの母は若い頃それなりに人気のある映画俳優であった。 
その内、ジェグクの彼女になり引退して、躁うつ病になったり、重度のアルコール依存症で生活が壊れてしまった。 
しかし、彼は覚えている。 
母の輝いていたその美しい笑顔を。
いつも彼をかばってくれたその温かい胸を。 
だから、彼は戻しておいたい。 
父親に認めてもらい、母も正常に戻して、母が生涯熱心に望んでいた父親の愛も受けるように・・・そうしたい。

ハンジニ

ユジェグク(72歳、コンポInc社長)役 ハンジニ

コンポIncを遂げた意志の男だ。 
強靭で勢いあって、一度心に決めたことはブルドーザーのように押し通す、私の前には不可能はない主義。 
どのような危機的な状況にもブレのない強いポーカーフェイスの持ち主。 
下の人々が、さらに子たちでさえ、非常に困難する存在だ。

そんな彼に。他人にバレたくない秘密が二つある。 
一つは、意図せずミンソク、ヒョンソクの父であるイジョンスを死に追い詰めたひどい過去。 
もう一つは、婚外子であるジヌの存在。 
この二つはいつも暗い影のように彼を追いかけて胸を引き締めてくる。

さて、新しく来たイヒョンソク(ミンソク)というやつ。 
こいつこれどうしてもモノらしい。 
砕けた態度に、人の目を怖がらない度胸に、業界では珍しく、単純無知なイメージまで・・・新鮮としか言い終えない。
部下社員にそばをよく与えていない彼だが、ミンソクとはすぐに楽な間になり、友情を分かち合う。 
ところが・・・運命のいたずらなのか。
ミンソクがイジョンスの息子だなんて。 
その息子が一人でもなく、二人って・・・

ナムサング(59歳、コンポIncイサ:取締役)役 ソンヨンギュ

ハンイサのライバル。 
ハンイサが自分の爪を隠して穏やかなふりコスプレをする二重人格のスタイルならナムイサはものそのまま俗物根性を濾過なしにさらされる人である。 
過去ミンソクの父の会社で経理課長をした。 
本能的にお金と力の流れを読むことを知っているずる賢さのおかげで、自分の後を見てくれたミンソクの父を裏切ってジェグクの手をとったが、その後コンポIncに入って常勝疾走した。

ジェグクのすべての秘密を知る唯一の人物だから落ちるきなこへの期待も全く大きいが、ライバルであるハンイサのために何度も危機意識を感じる。 
このキツネみたいな奴が、一足先にリテール本部長席に自分ラインの人物を入れるなんって・・・
さて、今回はお前に押されたが、遅かれ早かれ、君のラインを全て崩し置く。スパイを植えておいて、ミンソク(ヒョンソクを装っている)の一挙手一投足を監視させる。

プンジン高校

ホッケ-部1

チョドクファン(プンジン高校2年生。ホッケー部)役 カンギヨン

ホッケー部三銃士の一人で、口では誰にも負けない。
彼の弱点はただひとつ。 
運動選手に最も必要な勝負欲が不足していること。 
生まれながらにして誰かに勝つ事が嫌な悲運の運動選手だ。

オテソク(プンジン高校2年生。ホッケー部)役 イテファン

ミンソク、ドクファンと共に三銃士でドクファンがおとなしなら、テソクははちょっとすりむいた。 
一言で遊ぶことを知っている人。 
運動選手たちには少し足りない知性が・・・彼には限りなく足りない。 
無知でもあまり無知である。 
しかし、へらへらと考えないように見えるけど、それなりの義理を大切にする素敵な男だ。

キムデチョル(40大初。プンジン高校ホッケー部コーチ)

ホッケ-部

それにしても今年も結婚しきれないようで不安だが、最近になって、ともすると無断でさぼりながら軍連から抜けるミンソクのせいでストレスが並大抵ではない。 
さぼけ奴、捕まったら殺す、殺さない~、言いたい放題言うが、実はすごく心の弱い男だ。

パクギフン(プンジン高校3年生。ホッケー部の主張)

別名マントル(マンレブ トルアイ:ゲームプールレベル+トルアイ)ミンソクが気に入らないホッケー部の先輩だ。 
レギュラーの座を奪われたのも頭にくるが、ミンソクがただ嫌いだ。 
何とかつぶしたいのに、最近、怪しいな感じがする。

ホッケ-部応援団

パクジンジュ(プンジン高校2年生)

ユアの友人でホッケー部大ファンだ。
理由はただ一つ、ビジュアルトップであるホッケー部三銃士のためだ。
勉強は遠い昔にあきらめて、ガールグループ歌手が夢なのに、残念ながら音痴ながら拍痴だ。

イビンナ(プンジン高校2年生)

ユアの友人でホッケー部ファンクラブ副会長。 
口では誰にも負けたことのない伝説のイパル(歯)である。 
智は力なり、雑多な知識はすごく多いが、実状勉強は全校で最下位だ。

コンポInc

キムチャンス役チョハンチョル

キムチャンス(40歳。コンポIncリテールチームチーム長)役 チョハンチョル

仕方なく、ヒョンソクの席に座ったミンソクを補佐することになるヒョンソクの先輩。 
万年チーム長だった時、本部長席が空席となってハンイサがリテールチーム長は、どんなことがあっても、我々のラインを死守しなければならないと人材を推薦しろと言われ、高校の後輩であるヒョンソクを推薦する。

ヒョンソクが本部長に来るようになって、もう直ぐ私の人生にも日差しが来るのか!
喜んでいたのに、これは何の晴天の霹靂! 
ヒョンソクが帰国するや否や行方不明になって、いきなり彼の高校生弟であるミンソクを代打に使えというのだ。

泣く泣くその高校生を連れて来て座らせて置いたけど・・・
この大馬鹿野郎、頭も非常に悪そうな奴が言うことも聞かない。
会社での存続がかかっているだけ、ミンソクが間違いのないよう基本的な仕事、人間関係など、あらゆることを教えてサポートし、情けない奴を上司に仕えなければならストレスに・・・
もっとも細かった体が益々痩せていく。

ハンヨンソク(58歳。コンポInc取締役)役 キムウォンヘ

コンポIncの第二番目二人の中の一人だ。
ぴんと彼と他のラインを形成しているナムイサのせいで、常に頭が痛い。 
能力も実績もそんな変わらないのに、社長がどういうわけか、彼を庇護しているという感じを消すことができない。 
何か、弱点でもとれたのだろうか? 
スキとはない完璧主義、私たちの社長が?

そんな彼に、社内のパワーと領域を拡張する機会が来た。 
空席となったリテールチーム長席に自分ラインの人物を植えて入れるようになった。 
その人物がまさにハンイサの腹心であるキムチーム長が高校の先輩と後輩の縁でスカウトしたヒョンソクなのである。 
もう、コンポIncの主要パートと言えるリテール本部を掌握するのは時間の問題だ。 
しかし、予期しない地点でタックルがかかった。

イヒョンソクが突然消えて、イヒョンソクではなく、彼の高校生弟がリテール本部長の席に転がり込んできたのだ。 
このうそがいつばれるのか・・・
薄氷を歩くよう危機に瀕した日々が繰り広げられる。

ユンドンジェ(40代。リテールチーム主任)

何ラインなし獨也靑靑、一人で5年目主任の座を守っている島のような男。 
生真面目で、正しい事をよく言って、首にナイフが入ってもアブやお世辞はできないため、昇進名簿からいつも落ちこぼれるが、だからこそまた、敵がいないと言う利点もある。

若い年齢で室長できたヒョンソク(ミンソク)が気に入らず、もの事にけちをつけるが・・・
ミンソクの無邪気な靭性に徐々に心を開いてミンソクの熱血支持社員に変身する。

パクフンベ(30代。リテールチーム代理)役 チェピリップ

顔も能力もぴったりの中間である社内「ネンミョン(冷麺)クラブ」のリーダー。 
ネンミョン(冷麺)クラブとは、冷麺のように細長く組織から生き残ろうとする極めて卑屈な人々の集まり。 
ユジンウ本部長とイヒョンソク本部長(ミンソク)の間で、うろちょろしながら様子を伺うのに一日が短い人。 
どちらか一方のラインに確定編入される場合、得より損失が多いと判断し、言葉では無所属だと言いながらも、行動ではあちこちうろうろしている。

そうして、最終的にナムイサのスパイになる。 
スパイで活動、ミンソクの一挙手一投足を監視している途中、ミンソクの怪しい事を発見、疑問を最初に抱くようになる。
ミンソクの会社生活の中で、まさに時限爆弾のような人物。

チデハン(20代。企画チーム社員)

気づい速く、アイディアに優れ、世渡りに強い、すばしこい最近の若者。 
気の利いた奴が生き残ると言う哲学を持っている。

この一身を捧げて会社のために生きる思いは一ぽっちもなく、ジャスト退勤して運動で自己管理して、時々クラブを出入りしてストレスも解く、他人に被害を与えず、自分も被害を受けない男。
事態把握の後、すらすらとイヒョンソク本部長(ミンソク)ラインに編入しようとする。

ハンサンヒ(33歳。企画チーム代理)役 イアリン

自分がすごく知的だと思って自分が偉いと思い込んでいるゴールドミスだ。 
鼻が高く、能力、ルックス、性格まで完全な男でなければ関心も持ったない。
ユジヌ室長と新しく来たミンソクの間で心情的両足をかける。 
契約社員で賢くないから無視していたスヨンが二人の男のマドンナになっていく状況に驚愕する。

コユンジュ(29歳、社員)

華やかで、セクシーで、率直さが美徳だと勘違いして生きる女性。 
表現がすごく露骨的だ。 
祖父母に親に兄まで、医者の家の末娘として不足なく育った。 
故に、会社内の存続に構わず、好きなように会社生活をする。

ユンドジ(28歳、社員)役 チョンイスル

頭が悪くて空気読めず。
何も考えず話す明るいスタイル。 
多くない給料を服、バッグ、靴、化粧品など・・・
自分を飾るために全部使い、結局、生活費はカードローンを受ける対策のない女、ショッパーホリックだ。

ここまで、高校世渡り王 キャスト・あらすじ・登場人物・相関図について詳細な内容を和訳及び翻訳をかねて説明しました!
この夏!
笑いたい人は集まれ!って・・・

In this section of the handbook youll find a guide to essayprofs.com citing sources in different.

関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ