ヤギョンクン日誌 キャスト・あらすじ・登場人物 ユノユンホ・チョンイル主演

 

ヤギョンクン日誌 キャスト・あらすじ・登場人物 ユノユンホ・チョンイル主演

ヤギョンクン日誌 キャストの知らせで東方神起ユンホのファンたちは晴れの日!
チョンイルとユンホ主演のヤギョンクン日誌あらすじは、朝鮮時代を背景に、夜9時から午前5時までの外出禁止時間にパトロールを回って悪霊を捕まる防犯パトロールのヤギョンクン(夜警人)の物語を描いたドラマだ。
夜警人日誌登場人物は、ドハ(女/男装女)光海君のそばを守る紅一点、インオ(男)冷徹なエリート夜警人、ムジン(男)の女性を敵視するイケメン、チョルジュ(男)聴覚障害を持っているにもかかわらず、ヤギョンクンになった田舎出身が主要人物である。
放送関係者によると、チョンユノ、チョンイルはMBC月火ドラマ「トライアングル」の後続作である「ヤギョンクン日誌」の出演を確定し、2014年6月頃から撮影準備に突入する。
ヤギョンクン日誌を通じて、スターへの道を歩むチョンイル、チョンユノへの期待が高いのは成均館スキャンダルの成功がもたらせた結果でもある。
時間があったら、アクシデントカップルと成均館スキャンダルdvdレンタルや韓国ドラマサイトを通じてもう一度見るのも良いかも。





ユノユンホが引き受ける役割は、冷徹で無愛想な性格の秀麗な容貌で女性に人気が多いが、一人の女性だけを見つめる純情男だ。
冷徹なエリート夜警人であるインオ(男)役か、あるいは女性を敵視するイケメンであるムジン(男)役なのかは現在のところ確定したものはない。
チョンイルが演じる役が王子イリンであるため、ユンホが演じる役はインオかムジンになる可能性が多い。
女を敵視するがその内愛に陥る役も似合いそうで、冷徹でエリートな人だからこそ一人の女性だけを見つめる純情男も似合いそう。





ユンホ(ユノ)は、2004年に東方神起のリーダーとしてデビューし、所属グループである東方神起はデビューするやいなや韓国最高の男性グループで大変な人気を呼んだ。 
以後、日本をはじめアジアの多くの国に進出し、海外でも認められるグループになった。
歌手として成功した席に上がったチョンユノは、2009年のドラマ「No Limit 〜地面にヘディング〜 」の主人公にキャスティングされ、活動領域を広げた。 
2013年ドラマ夜王ではペクドフン役を引き受けて熱演した。

チョンユノ ヤギョンクン日誌 キャスト

チョンユノ ヤギョンクン日誌

東方神起 ユノユンホ

*東方神起ユンホ(ユノ・ユンホ、朝: 유노윤호、朝: 瑜鹵允浩、U-Know Yunho、1986年2月6日 – )

ペクドフン役 チョンユノ

戸籍には、バペチャンハクの息子とされているが、実際にはペクドキョンの隠された息子。
嘱望されるアイスホッケー選手出身であったが、交通事故で靭帯が破裂して運動をやめるしかなかった。
彼には家業を継がなければならない責任が与えられ、遠いアメリカの地で勉強する時に頼りになった人はダヘだった。
ダヘにとって、彼は愛の対象であるよりも華やかな未来へと導いてくれる存在であり、チュダヘとの結婚に成功する。 
しかし、チュダヘが過去、ハリュとダヘの間にウンビョルという子供がいるのを納骨堂から見てショック受けて以来、ダヘとは離婚になるが、チュダヘがハリュを殺そうとしたら、むしろ爆発事故で死亡する。
これにより、チョンユノは2013年4月に放映終了したSBS月火ドラマ「夜王」以来、約1年ぶりに再び演技に挑戦することになった。

チョンイル ヤギョンクン日誌 キャスト

また、先に「ヤギョンクン日誌」の出演を確定したチョンイルは、2014年3月に放映終了したMBC土日ドラマ「黄金の虹」以来、約2ヶ月ぶりにブラウン管に帰って来るようになった。 
チョンイルは「ヤギョンクン日誌」で、すらりとする容貌に、すべてを持っているが内面に痛みを持っているため、痛みを忘れるために不良王子として生きていくイリン役を演じる。 
劇の中でイリンは幽霊を見る能力が生じた後、ヤギョンクンに変身して人々の喜怒哀楽を自ら覗き込む筒王子に変わっていく人物だ。 
チョンイル、チョンユノが出演する「ヤギョンクン日誌」は、2014年7月放送される予定だ。

パクユチョン 成均館スキャンダル

パクミニョン 成均館スキャンダル

ユアイン 成均館スキャンダル

ソンジュンギ 成均館スキャンダル

ヤギョンクン日誌は成均館スキャンダルを製作したドラマ制作会社レモンレインが製作するため、第2の成均館スキャンダルとも言われている。
成均館スキャンダルが生み出したスターは、パクユチョン(元東方神起、現JYJ)、ユアイン、ソンジュンギ、パクミニョンがいる。
今回のヤギョンクン日誌を介してどのようなスターが生まれるのかも大きな関心事である。
イソンジュン(男)、ムンジェシン(男)、クヨンハ(男)、キムユンシク(キムユニ/男装女)のキャラクターは放映当時大きな人気を集めていた。
権力の中心に立っている父を持っている家柄の良いイソンジュン(パクユチョン)。
財力を持っているが身分が低い商人の息子クヨンハ(ソンジュンギ)。
成均館チャンイを勤めていたが、王の命令を行うとき命を失った兄の復讐のために生きているムンジェシン(ユアイン)。
紅一点であり、イソンジュンとムンジェシンから愛をされるキムユニ(パクミニョン)。
キムユニはキムユンシクという弟の名を借りて、男性しか入れない禁女の空間へ入城する。
後に、父が王様の忠臣であり、王の命令を行うとき、殺されたことを知るようになる人物だ。
青春ロマンス、フュジョン時代劇と言う新しいジャンルを開いた「成均館スキャンダル」は何回見ても面白いドラマだ。

アクシデントカップル

レモンレインのもう一つ代表作は2009年のアクシデントカップル(原題『ただ見守っていて』) も有名である。
キムアジュン、ファンジョンミンという名前を幅広く知らせたドラマでもあった。
アクシデントカップルのあらすじは、まったく似合いそうでない男性と女性のロマンチックな愛が始まる。
日常の繰り返し、明日が今日と変わらないと思う悲しいは、郵便局の従業員クドンバック。
小さな愛に押されて大きな愛を見られない素敵な笑顔の女優ハンジス。
後悔のない人生がどこにあるのかと毎日後悔ばかりして生きてきた、世界に溶け込めず、一人で浮かんで通っていた平凡な郵便局従業員の前に行き止まりの路地から急に現れた都市の広場のような爽やかな彼女が現れる。
しかし、韓国で一番人気のない平凡男には、韓国が愛する女優にプロポーズする自由が与えられていない。
愛をさめてしまったカプチーノに入れて苦い思い出に飲んでしまうことはできないと。
刹那のように流れてしまった彼女との6ヶ月を真夏の夜の夢で終わることができないと。
その男は慎重な顔で愛を叫ぶ。

ヤギョンクン(夜警人)日誌への期待が高い分、俳優たちもその重さを感じていると思うけど、楽しく撮影して欲しい。
成均館スキャンダルのメイキングフィルムを見ると、年代が似ていた4人は休む時間も楽しく仲良く過ごしている姿が映っていました。
チョンイル、チョンユノさんも楽しく撮影して、暑くなるのでぐれぐれも健康に気をつけて欲しいです。
時代劇なので体力一番!と言うことかも。
もっと面白い韓国ドラマヤギョンクン(夜警人)日誌がとても楽しみ・・・
ここまで、ユノユンホ・チョンイル主演のヤギョンクン日誌 キャスト・あらすじ・登場人物、そして、ドラマ制作会社の代表作品まで紹介しました

The business writers handbook, gerald alred et paper writers for college al.

関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ