韓国ドラマ2014年放送キーワードは再会カップル?チェジウ・クォンサンウの誘惑?

 

韓国ドラマ2014年放送キーワードは再会カップル?チェジウ・クォンサンウの誘惑?

再会を通じて栄光をもう一度?韓国ドラマおすすめ!
2014年上半期韓国ドラマのキャストのキーワードは「再会」だった。 
MBC週末ドラマ「ホテルキング」のイドンウク、イダヘをはじめ、MBC水木ドラマ「運命のように君を愛してる」のチャンヒョク、チャンナラ、KBS2「朝鮮ガンマン」のイジュンギ、ナムサンミカップルまで、久しぶりに再会して演技呼吸を合わせたものだった。
チェジウ、クォンサンウ主演の誘惑は天国の階段以降の最下で断然、話題を集めている。
初放送を控えている最後の再会カップルだ。
韓国ドラマ2014年放送キーワードは再会?チェジウ・クォンサンウの誘惑?について書きながら、「マイガール」、「明朗少女成功記」、「犬とオオカミの時間」、「天国の階段」、「ケセラセラ」のdvdをもう一度見ている。





再会のカップルの中で最も先にお茶の間に出撃した「ホテルキング」のイドンウクとイダヘは、いきいきとした「マイガール」の時とは異なり、一層重く切なく戻ってきた。 
劇序盤イダヘが演じるアモネがパーティーガールを描写して、「マイガール」当時に戻るのかと思うと、通常チャジェワン(イドンウク)との愛とホテル経営を置き、真剣に悩みながら、これまでとはさらに成熟した女性の香りを漂わせた。 
イドンウクの場合、現在「ホテルキング」が「イドンウクのためのドラマ」と呼ばれるほど、子供時代のトラウマに苦しんでいる姿から冷徹なホテル総支配人。 
そして、恋に落ち、幸せな笑顔を浮かべている男の姿まで様々な姿を見せている。
切ない愛とホテリアーとしてのイドンウクに会えるホテルキング!





面白いのは「マイガール」当時、イドンウクが財閥家の相続人だったなら、今回はイダヘがホテル相続人になって、身分が移行されたということだ。 
このように、前作との差別化を置いている「ホテルキング」は、結末に向かって走って行きながらPDが一身上の理由でいきなり変わったり、内容が山に行くという指摘もある。
しかし、少なくともイドンウクとイダヘの演技呼吸と関連して視聴者たちの反応が好評の状況である。
イドンウクは今回のベッドシーンはドラマの中で、最も長く記憶される場面になると誇りに思っているように、再会カップルの場合、キスシーンやベッドシーンが自然な感じがあるかもしれない。
仲良くなる時間が必要ない、再会カップルの長点ともいえよう。
お互いの性格や習慣まで知っているから作品を作る人々のエネルギーになると思われる。

韓国ドラマおすすめ

ホテルキング あらすじ

ホテルキング あらすじ

ホテルキング あらすじ

ホテルキング あらすじ

始めたばかりの「運命のように君を愛してる」のチャンヒョクとチャンナラは「ホテルキング」とは異なり、以前のイメージをそのまま活かして、お茶の間に出撃したカップルである。 
「明朗少女成功記」以来12年ぶりに再会したチャンヒョクとチャンナラが、2002年当時、コミカルで可愛らしい感じを活かして、視聴者たちと会っている。 
ちょっと物足りなく見えるが、気立て善良なキャンディのようなヒロイン、そのようなヒロインを愛する財閥2世という公式をそのまま借用した「運命のように君を愛してる」。
最近ジャンルドラマでさらに重くなった韓国ドラマ版図に「笑って楽しむことができる」楽しさを伝えてくれて視聴者たちの好評を受けている。

運命のように君を愛してる あらすじ

ある放送関係者は、チャンヒョクとチャンナラの出会いが好評を博している理由について、外的要因から来るケミも無視できないようだ。
比較的小さなチャンナラがボディーがよいと評判のチャンヒョクの隣に立ってかよわいながらも可愛らしい感じの女主人公の魅力をさらに加重させているようだと耳打ちした。

「朝鮮のガンマン」のイジュンギ、ナムサンミカップルも反応があつい。 
先進的な作品ドラマ「犬とオオカミの時間」で、悲劇的な運命に切ない事情を聞かせてくれたイジュンギとナムサンミは「朝鮮のガンマン」でいっそう爽やかに帰ってきた。 
好奇心が多いスイン(ナムサンミ)に変身したナムサンミは可愛らしかったし、反抗心を胸に抱いているソンビ(学徳を兼ねた人に対する古風な敬称)を演じるイジュンギはしらじらしい魅力から派手なアクション演技まで完璧に演じて視聴者たちの心を捕らえている。

朝鮮ガンマン あらすじ

朝鮮ガンマン あらすじ

朝鮮ガンマン あらすじ

朝鮮ガンマン あらすじ

朝鮮ガンマン あらすじ

朝鮮ガンマン あらすじ

イジュンギとナムサンミが「朝鮮のガンマン」によく似合うと思っていただけで「犬とオオカミの時間」の後光を狙ってキャスティングしたものではない。
前作とは違った姿を見ることができるだろうと言ったキムジョンミンPDの言葉のように、イジュンギとナムサンミは一度披露した見覚えのあるビジュアルで、風変わりな魅力をプレゼントしてお茶の間から好評を受けている。

各ドラマで再会カップルが増えている現状について、「運命のように君を愛してる」イドンユンPDは製作発表会の場で偶然のようだ。 
以前に一緒に登場したカップルなので、安定している印象を与えることができる一方、前作と比較されるリスクも大きいとし、作品によく合う顔を捜してみたらそうなるようだと説明した。

なにしろ、現在までの再会カップルたちの反応は良い。 
作品性と視聴率的な面から離れて、彼らのお茶の間の支持はまだ高く、一度、同じ作品に出演して再会した俳優たちだからそうなのか、現場での反応も良い。

 

ケセラセラ エリックとチョンユミ

恋愛の発見 あらすじ

まず、スタートを切った再会のカップルが通ると後発隊に「天国の階段」で、切ない純愛を見せてくれたクォンサンウ、チェジウカップルは、金と権力を使って結ばれるカップルとして再び会い、濃染した大人の恋愛を見せてくれる予定だ。 
一方、ひどい恋愛を扱った「ケセラセラ」のエリック、チョンユミカップルは、KBS2「恋愛の発見」でさらに爽やかなイメージで戻ってくる見込みである。 
過去の熱い支持を受けた栄光のカップルは、現在の再会カップルのバトンを受け継いで明るく笑うことができるかどうか。
そして、さらに「再会カップル不屈の神話」を強固に守ることができるだろうか。 
2014年放送予定の韓国ドラマ「誘惑」と「恋愛の発見」の再会カップルに課題として残された。

韓国ドラマおすすめ 誘惑

クォンサンウ チェジウ 誘惑

クォンサンウ チェジウ 誘惑

韓国ドラマ2014年放送キーワードは再会?チェジウ・クォンサンウの誘惑?についてまとめながら、意外と再会カップルの視聴率成績が良かったことに気がついた。
イドンウク、イダヘの「マイガール」、チャンヒョク、チャンナラの「明朗少女成功記」、イジュンギ、ナムサンミの「犬とオオカミの時間」、クォンサンウ、チェジウの「天国の階段」、エリック、チョンユミの「ケセラセラ」まで魅力的なカップルの日本放送を待っている。
韓国ドラマ2014年放送予定の再会カップルの中で最も期待されているのは、クォンサンウ、チェジウの「天国の階段」から成熟した愛を見せてくれるクォンサンウ、チェジウ主演の「誘惑」だ。
個人的には、2014年韓国ドラマのおすすめは「誘惑」と決めておきたい。
まだ、早いかも知れないけど・・

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ