韓国ドラマ2014放送予定ドラマが期待される理由は?

韓国ドラマ2014放送予定ドラマが期待される理由は?

クォン・サンウ、チェ・ジウ、チョ・インソン、コン・ヒョジンがキャストを決めたSBSの夏が期待される
SBSが全く異なる二つメロドラマで、2014年の夏のお茶の間を攻略する。 
SBSは月火ドラマ「ドクター異邦人」(脚本:パク・ジヌ、キムジュ、演出:チンヒョク、製作:オーラメディア)と水木ドラマ「君らは包囲された」(脚本:イ・ジョンソン、演出:ユインシク、製作:HBエンターテインメント)を前面に出して、地上波ドラマの競争で優位を占めている。 
月火ドラマの場合、前作「神の贈り物-14日」の残念な不振(視聴率面では残念だったが、ドラマの内容や俳優たちの演技は高くかいたい)を払い、逆転に成功して、「君らは包囲された」も前作「星から来たあなた」の人気が続いている。 
両作品とも10%序盤台の視聴率を記録して1位の座を守り続けている。





SBSは平日ミニシリーズ競争でずっと優位を占めることができるか注目される。
今のところ、期待するに値する。 
まず、クォン・サンウとチェ・ジウの再会が目を引く。 
二人は「ドクター異邦人」の後続で編成された新しい月火ドラマ「誘惑」でそれぞれチャソクフンとユセヨン役で呼吸を合わせる予定だ。 
クォンサンウが引き受けたチャソクフンは常勝疾走している実業家であったが、危険な事件に巻き込まれ、彼の妻を担保に運命的な取引をする主人公であり、チェジウが演じるユセヨウンは、その取引を提案する女性である。





二人が秘密の取引をする映像が気軽に簡単に描かれない。 
先立って、「天国の階段'」を通じて悲恋の恋人で呼吸を合わせて切ないラブストーリーを描いた二人だからだ。 
「誘惑」予告動画で登場したクォンサンウとチェジウの姿は「天国の階段」での切なさとは全く違う、魅惑的で強烈なオーラが感じられた。

ここにチャソクフンの妻ナホンジュ役にパク・ハソンが合流して新たな魅力発散を予告した。 
映画「マルチュク青春通り」でクォンサンウと一緒に呼吸を合わせたイ・ジョンジンは裕福な家庭の王子カンミンウとして登場するなど、「誘惑」はキャスティングラインナップでも視線を集めている。 
2014年の夏を盛り上げる「誘惑」への期待が高い理由の一つでもある。
ジウ姫の魅力を存分に楽しめる「誘惑」は、7月14日、1話が放送される予定だ。

誘惑&大丈夫、愛だ

水木ドラマでは「君らは包囲された」が伝えたコミックメローを「大丈夫、愛だ」の濃い感性メローで続けて雰囲気の反転を狙う計画だ。
一方、「大丈夫、愛だ」は、ロマンチックなミステリー小説作家と人間的な精神科医が恋に落ちる話を盛り込んだ。
両方の役割全てが独特ながらも風変わりな視線を持った人物だからこそ、各自描き出すエピソードと二人が絡み合いながら作るラブストーリー、すべてが特別なロマンスを生み出すのに十分な条件を備えている。
女心をひきつけるミステリー小説作家チャンジェヨル役はチョインソンが、人間的な魅力の精神科医者チヘス役はコンヒョジンが引き受けた。
先立って、「その冬、風が吹く」を通じて感性メローの新しい章を開いたキムギュテPDとノ・ヒギョン作家が「大丈夫、愛だ」を通じて2014年の夏お茶の間に甘さを伝えるか注目される。
「大丈夫、愛だ」は7月23日初放送される予定だ。

韓国ドラマ2014放送予定ドラマが期待される理由は、クォン・サンウ、チェ・ジウの再会とキムギュテPDとノ・ヒギョン作家のカムバックだと言えよう。

And theorists are associated with a trusted http://www.essaysheaven.com/ academic, professional, or government.

関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ